国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-iwanichi-l03
 岩手県は21日、奥州市江刺梁川-北上市口内町で整備を進めている国道107号梁川口内トンネルが3月28日に開通すると発表した。北上市街地方面と釜石道江刺田瀬インターチェンジ(IC)へのアクセスが大幅に改善され、物流効率化や産業振興、観光活性化、交通円滑化など多方面の効果が期待される。開通へ膨らむ期待 梁川-口内町の現道は急カーブや急勾配が連続。特に冬場は事故が多発し、大型車は坂を上れなくなるなど運行に支障を来していた。県は国道107号を復興支援道路に位置付け、県南広域振興局土木部が2013年度に事業着手した。全体事業費は約50億円。
 17年2月からトンネル(1022メートル)の築造工事に着手し、18年10月までに本体工事が完了。現在はトンネル内の舗装と電気、防災設備などの工事、トンネル前後の接続路の道路改良工事を手掛けている。順調に進み、目標としていた18年度内の開通にめどが立った。
 開通後は現道より約250メートル短くなり、所要時間は1分ほど短縮される。18年度内には釜石道が全線開通の予定で、梁川口内トンネルの開通と合わせ内陸部と沿岸部とのアクセスが格段に向上すると見込まれる。
 同局土木部の木村智道路整備課長は「トンネル開通で冬期間の交通難所が解消され、釜石道と一体で三陸沿岸の復興を力強く後押しできる。年度内開通に向け、残る工事も全力で進めていく」としている。開通式典や開通時間は未定。同部はトンネル開通後も、梁川側190メートル区間の道路拡幅工事を続ける。

“国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)

情報元 : 冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010000-niigatatvv-l15
県内は18日も冬型の気圧配置が続き、雪や雨が降りやすい天気となっています。積雪およそ160センチと県内で最も積雪がある津南町では、18日朝も断続的に雪が降るものの比較的落ち着いた状況で、除雪作業を進める住民の姿がみられました。県内は18日も冬型の気圧配置で、雪や雨が降りやすい状況となっています。19日朝までの24時間の降雪量は、山沿いで最大15センチから20センチ、平野部で5センチの予想ですが、19日は冬型は緩む見込みです。一方海上は18日夜遅くにかけてしけとなり、予想される波の高さは下越と佐渡で5メートル中越と上越で4メートルとなっています。

“冬型続き雪降りやすい天気 19日は緩む(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)

情報元 : 大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000003-nagasaki-l42
 一年で最も寒いとされる「大寒」の20日早朝、長崎県雲仙市千々石町の千々石川で恒例の「橘神社寒中みそぎ」があり、男女34人が冷たい川の中で心身を清めた。
 地元有志でつくる橘神社みそぎ会(宮本三平会長)が毎年開き21年目。県内外から21~69歳が参加した。
 男性は白いふんどし、女性は白装束の姿で本殿に参拝した後、たいまつを手に川へ移動。「エイ」と大声で気合を入れながら川の中に身を沈めた。
 この日、午前4時の気温は11度、水温は11・6度で例年よりやや高め。参加者は約5分間、手を合わせて寒さに耐え、“汚れ”が落ちるように祈った。
 みそぎを終えた参加者は、社務所に戻り七草がゆで体を温めた。初めて参加した佐世保市の会社員、吉田謙一さん(44)は「就職活動を控えた子どもの願掛けも込めて挑戦した。気合が入った」と晴れ晴れとした表情で話した。

“大寒に男女34人 川で心身清める(長崎新聞)” の続きを読む

ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)

情報元 : ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00001237-fminpo-l07
 全国高校ダンスドリル冬季大会は十八、十九の両日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれ、郡山商高チアリーディング部がPOM(ポン)部門(Large編成)で五連覇を果たした。学法石川高チアリーディング部がミリタリー部門で初優勝した。
 ポン部門は手に小道具の「ポンポン」を持ってチアダンスの難度や創造性を競う。郡山商高チアリーディング部は二十六人が臨んだ。伊東凜乃部長(二年)は「チームとしてまとまらない時期を乗り越えてきたのでうれしい。練習の成果を発揮できた」と喜びを語った。
 学法石川高が優勝したミリタリー部門は、腕やフットワークなど、きびきびとした動きと隊列の統一性などで競った。このほか郡山高がバレエテクニックを中心とした動きを競うジャズ部門で、学法石川高はポン部門(Small編成)で、ともに二位に輝いた。

“ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)” の続きを読む

米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010001-iwanichi-l03
 第20回米・食味分析鑑定コンクール国際大会で、北上市飯豊の兼業農家でNPO法人東北どまんなか理事長の八重樫哲哉さん(59)が出品した2018年産ひとめぼれ2点、ミルキークイーン2点が一定の基準に達し、主催者の米・食味鑑定士協会からプレミアムライセンスクラブ「ベストファーマー」の一員に認定された。全国トップクラスのコメに位置付けられ、認定は16、17年産に続き3年連続。今回は4点全て基準を超え、八重樫さんは19年も高品質米生産へ意欲を新たにしている。
 大会は18年11月下旬、岐阜県高山市で開かれ全国各地、中国、台湾などの海外からえりすぐりの5717点が出品された。ベストファーマー認定には1次審査の食味値(100点満点)で所定の基準以上となり、2次審査の味度値(同)を合わせて計170点以上が必要。名だたる出品者全体でも認定者は8%程度と狭き門だ。
 八重樫さんが出品したひとめぼれは172・7点(食味値86点、味度値86・7点)と171・3点(同85点、同86・3点)、ミルキークイーンは173・3点(同85点、味度値88・3点)と171・4点(同84点、同87・4点)を獲得。16年はひとめぼれ、17年はコシヒカリをベースとした低アミロース品種のミルキークイーンで各1点が基準を突破しているが、複数は初となる。
 八重樫さんは住宅設備機器販売卸会社を個人経営しながら、飯豊地内の数カ所合わせて3ヘクタールの圃場(ほじょう)で米作りにいそしむ。有機肥料活用と減農薬に努め、畦畔(けいはん)の草刈りや水田の草取りを欠かさない。昨年は6月の低温、出穂後の8月以降の多雨で苦慮したというが「どの圃場でも安定した品質で四つ取れたのは自信になる。3年間クリアでき、この地域でも高品質米が生産できることを証明できた」と喜びつつ「より一層精進し、今年も良質米生産へ挑戦していく」と意欲を示す。
 昨年、県内のコメ生産農家らと共にNPO法人を立ち上げた。「一人でも多くの担い手に米作りを推奨したい」と語り自身の経験、ノウハウを伝えていくつもりだ。

“米食味で高評価 八重樫さんベストファーマー 3年連続認定【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)

情報元 : 解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00440740-iwatenpv-l03
 大槌町の旧役場庁舎解体を巡り、保存を求める住民団体の代表ら2人が平野公三町長に対し、解体工事と解体のための公金支出差し止めを求めた住民訴訟の判決で、盛岡地裁(中村恭裁判長)は17日、原告の請求を退けた。平野町長が解体を決めた過程について「裁量権の著しい逸脱や乱用があるとは言えない」とした。原告は控訴を検討する。平野町長は、18日に本体解体に着手する方針を改めて示した。
 旧庁舎解体の決定過程で地方財政法上の違法性があったかが主な争点。原告は「町は震災遺構として旧庁舎の価値を調査する義務がある」と主張し、町長側は「調査義務は原告独自の主張に過ぎず、地方財政法違反はない」と反論した。
(18日の紙面で詳報)

“解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)” の続きを読む

今春の三重県知事選 鈴木知事、出馬表明へ あすの本会議で(伊勢新聞)

情報元 : 今春の三重県知事選 鈴木知事、出馬表明へ あすの本会議で(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000101-isenp-l24
 鈴木英敬三重県知事(44)が任期満了(4月20日)に伴う知事選に3選を目指して立候補する意向を固めたことが15日、関係者への取材で分かった。17日の県議会本会議で正式に表明する見通し。
 関係者によると、鈴木知事の後援会が15日夜に津市内のホテルで開いた会合で、3選出馬に向けた鈴木知事の意向が伝えられたという。鈴木知事は東京に出張中で会合には出席しなかった。
 鈴木知事は既に、自民党県連の幹部らにも出馬の意向を伝えている。自民、公明両党は鈴木知事を推薦などで支援する見通し。自民党県連は19日にも役員会を開き、知事選への対応を協議する。
 一方、前回知事選で鈴木知事を推薦した旧民進党系の県議会会派「新政みえ」は「鈴木知事の政策集や2期8年の評価を踏まえて対応を検討する」と説明。地域政党「三重民主連合」も対応を決めていない。
 知事選を巡っては、共産党など22団体でつくる市民団体「県民本位のやさしい三重県政をつくる会」の新人で、元玉城町議の鈴木加奈子氏(79)が昨年12月、無所属での立候補を表明している。
 鈴木知事は兵庫県出身で東大経済学部卒。経済産業省の職員を経て平成21年の衆院選三重2区に出馬し、落選。23年の知事選で全国最年少知事として初当選し、27年に再選した。

“今春の三重県知事選 鈴木知事、出馬表明へ あすの本会議で(伊勢新聞)” の続きを読む

新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)

情報元 : 新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010001-chibatelev-l12
 千葉市動物公園でサルたちに暖を取ってもらおうと「サル山」で焚き火のサービスをしました。さて、サルたちの反応は?
 千葉市動物公園のサル山では現在、30頭のニホンザルが飼育されています。冬の寒い時期には数頭で身を寄せ合って、暖を取っています。そこで動物公園では、一年の中でもっとも寒いとされるこの時季に、サル山で焚き火のサービスを行おうというものです。
 焚き火をみたサルたちがどのような反応を見せるのか、焚き火で焼いた熱々の焼き芋をどのように食べるのか、興味をそそるところです。このイベント、2月24日までの毎週日曜日に行われ、日によって来園者に焼き芋の販売も行われるということです。

“新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)” の続きを読む

進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000003-ibaraki-l08
連日の厳しい冷え込みで、大子町の袋田の滝の凍結が平年より進み、神秘的な姿を見せている。
袋田観瀑施設管理事務所によると、滝は年末から凍り始め、年明けも最低気温は氷点下が続き、11日は約8割が凍結している。同事務所は「平年と比べて1週間程度、凍結が早い」と話す。
水量が少ないため、黒い岩肌が透き通って見える箇所もあるが、観光客は驚きの声とともに写真を撮っていた。千葉県松戸市の鈴木成宜さん(53)は「至近距離での凍結した滝は、見応えがある」と満足げだった。
31日までは、午後7時までライトアップ。昼とは違った幻想的な姿が浮かび上がる。 (蛭田稔)

“進む凍結 威容あらわ 大子・袋田の滝(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)

情報元 : 農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-03148356-tokushimav-l36
 資材置き場にするとの名目で転用された徳島県阿南市内の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、一部の地権者が徳島新聞の取材に対し「市農業委員会から資材置き場での転用の手法を指南された」と証言した。違法転用が横行している一因になっている可能性がある。市農業委事務局は「そういう事実はない」と否定している。
 阿南市の60代の農業男性は2018年、転用が原則許可されない優良農地で太陽光発電事業を始めたいと考え、市役所の農業委事務局に相談。その際、応対した職員から「資材置き場で転用申請をしてもらい、完了検査が終われば(農地法の規制を受けないため)農業委の手を離れる。その後なら太陽光発電をできる」と説明されたという。
 男性は、転用許可が出るまでの期間や具体的な審査手順についてもこの職員から教わっており「親切な対応だった」と語る。職員からは「他の農地でも同じようにしている」という趣旨の話も聞いたが、手法が脱法的だと思って申請を取りやめた。
 同市の女性会社役員は15年に市内の1種農地を資材置き場名目で転用し、太陽光発電事業者に貸している。「太陽光発電をしたいと農業委に相談したところ、資材置き場目的にすると転用許可が出やすいと言われたのでそうした」と証言した。
 農業委の完了検査の際も「農業委からは『検査時にはちゃんと資材を置いてもらわないと困る』と言われ、会社から木材やパレットを持って行った」と断言。「農業委に従って転用手続きをしており、問題があるとは思っていない」と振り返った。
 市農業委事務局の担当者は徳島新聞の取材に「太陽光発電を目的とした転用ができない農地については『できない』と伝え、適切に対応している」と主張する。その一方で「太陽光発電所になっている農地を『どうやって転用したのか』と聞かれると、知らないとは言えない。(資材置き場にする目的なら転用できると)ヒントを与えるようなやりとりになることはある」とも釈明した。
 県が農業委に事実確認要請
 阿南市の優良農地に太陽光発電所が相次いで建設されている問題で、県は10日、市農業委員会に事実確認を要請した。来週末をめどに調査結果を報告してもらう。他市町村の農業委に同様の調査を依頼するかどうかについても検討する。
 県はこの日、農林水産省中国四国農政局からの通知を正式に受け、農政局の通知文書と調査表を市農業委にメールで送信した。調査項目については「内部文書のため公表できない」としている。
 市農業委事務局は「文書の内容に従い、できるだけ早く対応する」とした。
 県は11日にも阿南市を含む24市町村の農業委に、資材置き場を目的とした転用審査を慎重に行うよう求める通知を出す。

“農地転用「市農業委が指南」と地権者 徳島・阿南の太陽光発電 農業委は否定(徳島新聞)” の続きを読む