県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震

情報元 : 県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震静岡放送(SBS)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-sbsv-l22

 6月18日朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震がありました。県内でも袋井市や菊川市で震度3を観測しました。

 18日午前7時58分ごろ大阪府北部を震源とする地震がありました。震源の深さは約13km、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。この地震で県内では袋井市や菊川市で震度3の揺れを観測したほか、広い範囲で震度1から2の揺れを観測しました。

 JR東海によりますと、この地震の影響で東海道新幹線は午前8時頃から現在まで県内でも大幅な遅れが出ています。なお、県内の在来線は通常通り運行しています。

 県の危機管理部によりますと県内でこの地震による被害は今のところ確認されていないということです。

“県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震” の続きを読む

上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認

情報元 : 上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010001-jomo-l10

 JR東日本高崎支社は14日深夜から15日未明にかけて、上越新幹線上毛高原―熊谷間で異常時訓練を実施した。JRと高崎市等広域消防局、群馬県警鉄道警察隊の約250人が緊急時の手順を確認した。

 高崎駅では地震の影響により駅の800メートル手前で列車が緊急停車した想定で実施。1、2号車にはしごをかけて消防隊員がけが人役を担架で運び出し、JR職員は他の乗客役をホームへ誘導した。

 対策本部長を務めた中山浩明高崎駅長(57)は9日夜に東海道新幹線内で発生した殺傷事件を受けて、「座席を外して防御するなど、より実戦的な訓練も考えたい」と話した。

 訓練は列車火災や地震を想定して2000年から毎年行われている。

“上越新幹線緊迫の訓練 JR高崎駅で異常時避難誘導を確認” の続きを読む