全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)

情報元 : 全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00122040-kitanihon-l16
■県内から一人地道に努力   
 富山商業高校情報処理科3年の稲生朱里さん(18)は、全国商業高校協会(東京)が主催する9種目の検定試験で全ての1級に合格した。同協会から表彰状が届き、稲生さんは「充実した3年間だった」と話す。
 検定は簿記や珠算、英語、ビジネス文書などの分野がある。多くは授業に準じた難易度だが、試験は年1、2回と機会が限られている。本年度、全種目1級合格を達成したのは全国で61人で、県内は稲生さんのみだった。
 経理部に所属する稲生さんは1年で電卓と簿記の1級に合格。9種目で挑戦した昨年11月の珠算では、珠算部の教諭にそろばんの使い方から教わった。合格を知り「先生や家族に感謝した」と笑みを見せる。経理部顧問の武田浩司教諭は「地道にこつこつと勉強する努力が素晴らしかった」と言う。
 稲生さんは4月から新潟県の専門学校に進学する。将来は県内でサイバー犯罪を防ぐ警察官を目指しており「高校生活での経験や勉強過程を今後の資格取得に生かしたい」と意気込んだ。

“全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)” の続きを読む

華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000005-hokuriku-l15
 つるしびなで春の訪れを彩る「つり飾り展」が、新潟県見附市学校町1のネーブルみつけで開かれている。会場は赤やピンク、黄色などのカラフルなつるしびなが並び、華やかな雰囲気に包まれている。
 市が主催し、ことしで4回目。市内外の五つの手芸団体が着物地を手縫いして作った、約200点を展示している。
 つるしびなには、家族の幸せや子どもの健やかな成長を願う思いが込められている。会場では、干支(えと)の動物たちや草花、鶴や亀などの縁起物がつるされ、市内外から訪れた人たちがじっくりと鑑賞していた。
 長岡市の主婦(74)は「去年も見に来たけど、より華やかに感じる。こいのぼりのつるしびながすてきで気に入りました」と目を細めていた。また会場には「今町べと人形」や「栃尾手まり」など地元に伝わる手芸作品も展示されている。
 同展は3月7日まで。2月23日は手作り体験会(有料)、3月3日は手作り品の販売会がある。
 つるしびなの展示は5月にかけて、長岡市、出雲崎町、柏崎市でも開かれ、各会場を巡るスタンプラリーも行う。問い合わせは見附市まちづくり課、0258(62)7801。

“華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)

情報元 : 立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000543-san-l15
 立憲民主党の西村智奈美衆院議員名義だった民主党新潟県第1区総支部(当時)の口座から政治資金の現金38万1千円を横領したとして、新潟地検は、業務上横領の罪で、同総支部で経理を担当していた元職員の女(68)=さいたま市北区=を在宅起訴した。起訴は8日付。
 起訴状などによると、被告は平成24年5月~同11月ごろ、同総支部交付金受入口の口座から3回にわたり現金90万円を引き出し、そのうちの38万1千円を自身の名義の口座に移し替え、横領したとしている。
 元職員は、西村氏の後援会など3団体の会計事務を担当。18~24年ごろにかけ、総支部のほか、西村氏が代表を務める政治資金管理団体と後援会の政治資金約3360万円を抜き取り着服したと西村氏が29年3月の記者会見で指摘していた。
 起訴を受けて西村氏の事務所は18日、コメントを発表し、起訴における被害金額が実際よりも少額になっている点について「弁護士から『時効の点や捜査および裁判における立証の確実さなどから一部のみが起訴されたのではないか』と聞いている」とした上で、「関係者の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを改めておわびし、再発防止に努める」としている。

“立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)” の続きを読む

新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000005-hokuriku-l15
 新潟開港150周年を記念し、新潟市中央区の新潟小5年生がせんべいの絵柄をデザインした。児童らは18日、市役所に中原八一市長を訪ね、「新潟の魅力を感じながらおいしく食べてもらいたい」とPRした。せんべいは、1袋9枚入りで600円。19日から古町通6の商店街10店舗で計500袋が販売される。
 同校が総合学習で取り組む地域貢献活動の一環。古町地区を活性化させようと、昨年9月から開港150周年にちなんだせんべいのデザインを考え、栗山米菓(同市北区)と協力して作り上げた。
 デザインは、約100人の児童が描いたイラストから選ばれたせんべいの絵柄9種類とパッケージ1種類。せんべいには、北前船や古町芸妓(げいぎ)などが青やピンクで色鮮やかにプリントされている。
 中原市長は、せんべいを試食し、「開港の歴史を勉強していて素晴らしい。市民にPRできるのでありがたい」と感謝した。
 北前船の柄をデザインした同小5年の女児(11)は「デザインを見て新潟の歴史を感じてもらえたらうれしい」と話した。

“新潟開港150年 せんべいに歴史の風味 新潟小デザイン(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

平野部でも最大25センチ降雪予想 冬型続く(UX新潟テレビ21)

情報元 : 平野部でも最大25センチ降雪予想 冬型続く(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010003-niigatatvv-l15
新潟県内は冬型の気圧配置が続いています。13日朝までに平野部でも最大25センチの降雪が予想されていて、交通機関への影響など注意が必要です。魚沼市では朝から断続的に雪が降り続いていました。午前11時までの24時間降雪量は、魚沼市小出で11センチ、妙高市関山で21センチ。積雪は多いところで津南町で232センチ、湯沢町で160センチとなっています。13日朝までに予想される24時間降雪量は、平野部でも山沿いでも最大25センチ。下越と佐渡では12日夕方まで高波に注意が必要です。

“平野部でも最大25センチ降雪予想 冬型続く(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)

情報元 : 吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010526-cbcv-l24
 引退を発表したレスリングの吉田沙保里さんが、三重・津市役所と三重県庁を訪問しました。
 そこで語った新たな目標とは。
 吉田沙保里さんは15日午前、母・幸代さんらと共に三重・津市役所を訪問、入口に設置された吉田さんの功績を称えるパネルにサインをしたほか、津市民らに感謝の気持ちを伝えました。
 「津市のみなさんの応援が、私の最大の力になりました」(吉田沙保里さん)
 午後には三重県庁で鈴木知事に引退を報告しました。
 「どんな立場でどんな活動しても、三重県民は変わらずこれからも吉田さんを応援します」(鈴木三重県知事)
 「次は結婚ですね。相手を探してですね。(手ごたえは?)全く無いですね」(吉田さん)
 このほか吉田さんは、東京オリンピックの聖火リレーにも挑戦したいと話していました。

“吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)” の続きを読む

新潟市の新年度予算案3922億円(UX新潟テレビ21)

情報元 : 新潟市の新年度予算案3922億円(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010000-niigatatvv-l15
新潟市の中原市長が就任して初めての新年度予算案が発表されました。厳しい財政状況ながら2年ぶりの増額です。新年度の一般会計当初予算案は3922億円で、前の年度に比べ3・2%、額にして120億円増えました。事業の見直しなどで財源を確保したうえで、子どもの医療費の助成を現行の「小学6年まで」から「中学3年まで」に広げるなど、子育て支援などに力を入れました。中原八一市長は「限られた時間の中で活力ある新潟市のための取組みと、市民の安心感を得る点でバランスのとれた予算編成ができた」と話しました。市の貯金にあたる基金残高は5億円積み増し、40億円になる見込みですが、中原市長は厳しい財政状況に変わりはないとしています。予算案は市議会の2月定例会で審議されます。

“新潟市の新年度予算案3922億円(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

北陸地方に春一番(UX新潟テレビ21)

情報元 : 北陸地方に春一番(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010001-niigatatvv-l15
新潟地方気象台は新潟県を含む北陸地方で「春一番」が吹いたと発表しました。記録を始めた1999年以降もっとも早い観測です。春一番はこの時期に吹く南寄りの風です。北陸地方では低気圧が日本海にあり発達しながら東北東へ進んだためやや強い南よりの風が吹きました。「春一番」は去年より10日早く記録のある1999年以降最も早い観測です。新潟市秋葉区では午前3時53分に23.2メートルの2月の観測史上最大となる最大瞬間風速が観測されています。また多くの地点でけさはきのうより高い気温でしたがこの後は寒気の影響を受け寒さが戻りそうです。

“北陸地方に春一番(UX新潟テレビ21)” の続きを読む