「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00028029-kana-l14
 1989年11月に起きた坂本堤弁護士一家殺害事件に関与し、事件解明のキーパーソンになった岡崎一明死刑囚(57)の刑が26日、他の確定死刑囚とともに執行された。坂本弁護士を知る元同僚弁護士は「彼に対してだけの特別な感情はない」と語った。
 岡崎死刑囚は、坂本弁護士=当時(33)、妻都子さん=同(29)、長男龍彦ちゃん=同(1)=の3人を殺害した実行犯の1人。一家3人の遺体は新潟、富山、長野県内の山中などに埋められたが、岡崎死刑囚が具体的な供述をしたことで遺棄現場の特定につながった。
 「95年の一家の遺体発掘時に、警察車両の中で待機する岡崎死刑囚を見掛けた」と振り返るのは、坂本弁護士が所属していた事務所の先輩に当たる小島周一弁護士(62)。遺体発見後に遺棄現場で逮捕され、車中でしょんぼりしていた姿が印象に残っているという。
 岡崎死刑囚は90年にも、龍彦ちゃんの遺棄現場を示唆する手紙を県警や弁護士事務所に匿名で送付していた。手紙を基に県警が現場を捜索したが、この時は発見に至らず、それから5年後、松本サリン事件や地下鉄サリン事件を経た95年に数メートル離れた場所で龍彦ちゃんの遺体は見つかった。
 小島弁護士は「彼の供述が解明の突破口になったのは間違いないが、それが心からの反省によるものだったのかどうかは分からない」と指摘。岡崎死刑囚の一審の公判では、坂本弁護士の母さちよさんの代わりに証言台に立ち、遺族としての厳しい処罰感情を代弁したこともあった。
 「他の死刑囚に比べ、岡崎死刑囚とは一番多くの接点があった」と小島弁護士。今回の死刑執行に特別な感情はないとしつつも、「これでよかった、ほっとしたという気持ちにはとてもならない」と、複雑な心境も明かした。
 「こういう犯罪が起こってしまう社会の根っこの部分を考え続けることが、必要ではないか。それが、事件の再発を少しでも防ぐためのすべになると思う」。一連の事件の死刑囚13人全員の執行が終わった節目に、改めて訴えた。

“「特別な感情ない」 坂本弁護士元同僚の小島さん(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

【高校野球新潟大会】新潟・伊部達大主将 勝って感謝伝えたかった(産経新聞)

情報元 : 【高校野球新潟大会】新潟・伊部達大主将 勝って感謝伝えたかった(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000038-san-l15
 昨夏の県大会優勝校で今大会も優勝候補筆頭の日本文理を4回戦で撃破し、現実味を帯びた甲子園初出場の夢をつかむことはできなかった。「いい形で先制できたけれど、自分も含めて守備が慌ててしまい、いつも通りのプレーができなかった」。大金星で8強入りした歓喜の渦から3日後の敗戦に、唇をかみしめた。
 リードしながらもすぐに逆転を許し、点差が開き続ける苦しい試合展開。「このままでは終われない」。迎えた六回、渾身(こんしん)の力を込めてバットを振り抜き、走者2人を本塁にかえすヒットを放った。だが、文字通りあと一歩及ばなかった。
 主将としてチームの屋台骨を支え、夏の大会前には野手から「扇の要」となる捕手に転身した。「全校生徒やOBら本当に多くの人が応援に来てくれた。勝って感謝の気持ちを伝えたかった…」。最後は言葉にならず、涙が頬を伝って流れ落ちた。

“【高校野球新潟大会】新潟・伊部達大主将 勝って感謝伝えたかった(産経新聞)” の続きを読む

【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)

情報元 : 【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000036-san-l15
 佐渡島。日本有数の金の産地として栄えた島であり、流刑になった人たちの悲哀が刻まれた島でもある。連綿と受け継がれる歴史、融合するさまざまな文化。人々と島をつなぎ続ける旅館「伊藤屋」を訪れた。
 新潟県に赴任してから2回目となる佐渡への出張。1週間という長丁場の取材で、どこに宿泊しようかと迷っていたとき、先輩記者から勧められた。
 相川と小木の中間地点にある伊藤屋のある場所は、古くから交通の要衝として栄えた。伊藤屋は明治初期の開業から、100年あまり続く老舗旅館で、昭和50年代に新町大神宮で大相撲巡業が行われた際は力士らも宿泊したという。
 同5年の改装から今も使われている本館は、外観を見ただけでも「和」の雰囲気を感じさせるたたずまい。フロント横にある畳敷きの「○(えん)の間」は、古物や昔懐かしい玩具が陳列されているレトロな交流スペースになっている。廊下のいたるところに、地元の民芸品や古い掛け軸などが飾られており、ちょっとした博物館の中にいるような気分になる。
 現在の番頭は5代目となる伊藤善行さん(43)。フォトグラファーとしても活動しており、さまざまなコンテストで賞を受賞している。旅館のホームページ(HP)のブログでは、佐渡の魅力を発信しており、自身が撮影した島の美しい風景を収めた写真集(1500円)も販売している。
 「佐渡はさまざまな文化が融合した多様性が魅力の島。今後も佐渡での良い出会いをつなぐ役割になりたい」と語る伊藤さん。その笑顔から、写真に賭ける情熱と、生まれ育った地元への愛がひしひしと伝わってくる。
 出張先での仕事を終えた後、伊藤屋自慢の「佐渡海洋深層水」を利用した風呂につかる。ミネラルたっぷりの湯が疲れた体を隅々まで癒やしてくれる。「やっぱり、日本人といえばお風呂だ」と改めて感じた。
 「次に佐渡に来るときは、絶対プライベートで来よう」。湯船の中で心に誓った。(太田泰)
                   ◇
 ◆「ご縁の宿 伊藤屋」 佐渡市真野新町278番。両津港から県道45号で約30分、小木港からは国道350号で約30分。大人数で利用できる宴会場があるほか、1人用の宿泊プランも用意されている。問い合わせは同館(電)0259・55・2019。

“【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)

情報元 : 【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000019-san-l15
 第100回全国高校野球選手権新潟大会は8日目の18日、4球場で4回戦計8試合が行われ、甲子園常連校の中越や加茂暁星、新潟産大付などがベスト8に進出した。新潟市中央区の鳥屋野球場では、昨夏の甲子園出場校、日本文理が3-5で新潟に敗れる波乱があった。(松崎翼)
 新潟は、プロ注目の相手エース・鈴木を初回に攻略。1番・松永の右前打、2番・中川の四球、3番・木村の左前打で無死満塁のチャンスをつくると、敵失で早々と先制点を挙げる。さらに暴投と5番・小野の犠飛でこの回一挙3点を奪う。
 追う日本文理は二回、4番・相場、6番・鈴木の2本の左越え本塁打で1点差まで詰め寄る。三回以降はスコアボードにゼロが並び、3-2で迎えた六回、新潟は2死から5番・小野、6番・佐藤の連続内野安打などで、一、三塁の好機を演出。主将の7番・伊部が右前適時打を放ち、1点を追加する。
 2点ビハインドで迎えた日本文理は七回、2死一塁から9番・新谷の右中間適時二塁打で再び1点差に。対する新潟は八回、5番・小野の会心の左越え本塁打で日本文理を再び突き放す。
 後がなくなった日本文理は九回、9番・新谷の中前打、2番・長坂の四球などで1死一、二塁とするも、3番・先川が併殺に倒れ、試合終了。新潟が一度もリードを許すことなく逃げ切った。
 新潟の後藤桂太監督は「丈夫(ますらお=勇気のある強い男)魂ここにあり。やばいです。よく頑張りました」と下馬評を覆す大金星に涙。「文理を倒したからには大きな責任がある。次(の新発田との対戦)に向けて心と体を整えたい」と甲子園出場に向けて決意を新たにしていた。
 大会9日目の21日は、同区のハードオフエコスタジアムで準々決勝4試合が行われる。
                   ◇
 ◆新潟3年・熊倉智也投手 緊急登板「仲間を信じ攻めた」
 強打の日本文理打線を相手に6回を投げ1失点。観衆の度肝を抜く力投で大金星を呼び込んだ左腕は「いつ打たれるか分からない恐怖はあったけど、周りの仲間を信じて攻め続けました。とにかくうれしい」と喜びを爆発させた。
 昨夏の県大会では文理戦に先発するも、「手も足も出なかった」と0-10のコールド負け。リベンジに向けて闘志を燃やし続けてきた。
 エース・竹石が二回途中にけがで降板し、巡ってきた登板機会。「逃げたら負ける。気持ちで負けないように投げた」との言葉通り、伸びのある直球で打者の内角を攻め続け、文理打線を翻弄した。後藤桂太監督は「過去は精神的な弱さがあったが、きょうは文理相手に堂々と強気で攻めてくれた」と手放しで力投をたたえた。
 「次の試合は学校のみんなも応援に来てくれると思う。応援してくれる人の思いも背負って自分たちの野球で勝ちたい」。自分に言い聞かせるように力を込めた。

“【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)” の続きを読む

九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)

情報元 : 九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000048-san-l42
 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備手法を検討している与党検討委員会は19日、結論を7月中には出さず、先送りすることを決めた。今後、全線フル規格かミニ新幹線方式かを選ぶ。新幹線は全国各地で整備計画や構想があり、地域間競争が激化している。決定時期の遅れによっては、長崎ルート全線の整備が取り残される恐れをはらむ。(高瀬真由子)
                   ◇
 検討委員会は、開発が難航しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入断念を正式に決めた。山陽新幹線や鹿児島ルートと同じフル規格で全線を整備するか、在来線を改良した「ミニ新幹線方式」のどちらかを選ぶ。
 検討に当たっては、山陽新幹線との乗り入れを可能とすることや、在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」が固定化しないことを前提とする。
 整備方式をめぐり、時間短縮効果の大きい長崎県や、運行するJR九州は、全線フル規格化を求めてきた。長崎県議会で、特別委員会委員長を務める八江利春議員は「段階を踏んで、フル規格に向かう方向性が固まってきている。年内の早い時期に決定してほしい」と期待した。
 ただ、フル規格実現には難しい調整が待っている。
 佐賀県が、全線フル規格では追加負担が1100億円に上るとして、難色を示す。
 検討委員会は、佐賀県の負担を軽減するため、JR九州や長崎県と検討を進めてきたが、調整がつかなかった。会合後、検討委の山本幸三委員長は「佐賀県の負担をどれだけ軽減できるか詰める必要がある。合意には時間がかかる」と記者団に述べた。
 7月に方針が固まらなかったことで、平成31年度政府予算案の概算要求に、整備に向けた環境影響調査の費用などを盛り込むことは困難となった。
                 × × ×
 新幹線計画があるのは、長崎ルートだけではない。
 昭和48年に整備計画が決まった全国5つの新幹線のうち、未着工は長崎ルートの武雄温泉-新鳥栖と、北陸新幹線の敦賀-新大阪の2区間だ。
 このほか、四国4県を結ぶ四国新幹線や、東北エリアの奥羽(福島-山形-秋田)、羽越(富山-新潟-秋田-青森)両新幹線、山陰新幹線などの構想がある。
 国、自治体の予算が限られている以上、こうした計画・構想は、財源確保のライバル関係にある。
 長崎ルートの結論が持ち越しとなった19日、北信越5県の自治体でつくる北陸新幹線関係都市連絡協議会は、東京と大阪を結ぶ全線を平成42年度末ごろまでに開通させるよう求める要望書を自民、公明両党と国土交通省に提出した。
 福井県の西川一誠知事は4月の記者会見で「北陸新幹線は東海道新幹線の代替機能を持つ。他の地域に遅れるようなことがあってはいけない」と、長崎ルートを牽制(けんせい)した。
 長崎ルートのフル規格を求める佐賀県嬉野市商工会の小原健史会長は「新幹線の整備には、多くの地域が手を挙げている。長崎ルートの整備が遅れないようにしなければいけない。地域の人口流出は深刻で、一日も早いフル規格の整備が必要だ」と訴える。
                 × × ×
 フルかミニか-。3月に国交省が発表した報告書では、全線フル規格化の優位性が明確だった。長崎-博多の所要時間は、フル規格は51分、ミニ新幹線では1時間14~20分かかる。
 利用者の便益や事業者の収益を、建設費など総費用で割った費用対効果も、フル規格が最も高かった。
 長崎県諫早市の古賀文朗(ふみあき)自治会連合会会長(78)は「フル規格でこそ効果が出る。乗車時間を短縮できれば、九州、長崎に行ってみようと多くの観光客が来る。諫早を基点にした周遊のチャンスも増えるだろう」と語った。
 長崎ルートは、長崎-武雄温泉が着工済み、武雄温泉-新鳥栖が未着工で、平成34年度に、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ対面乗り換え(リレー)方式で開業する。このリレー方式が固定化すれば、地元への経済効果が限定的になる。
 今後、佐賀県の山口祥義知事の判断が大きく影響する。だが、今年12月には知事選もあり、山口氏も出馬を表明した。県にはオスプレイ配備など国政レベルの課題も多く、関係者には、「結論は選挙後」という見方もある。

“九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)” の続きを読む

新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000006-hokuriku-l15
 新潟県は柏崎市、三条市など5市の県営ダム計7カ所を巡ってスタンプを集める「にいがたダムスタンプラリー2018」を始めた。県が指定したダム7カ所を全て訪れてスタンプを押すと、「プレミアムダムカード」が手に入る。県は「ダム巡りと観光を楽しんでほしい」と呼び掛けている。
 スタンプラリーは地域のダムを観光に活用する県柏崎地域振興局が、同様の取り組みを行う振興局に声を掛け、初めて企画した。近年は全国でダムの愛好者が増えており、柏崎振興局は「広域で行うことで宿泊する人が増え、県内の経済効果が高まる」と期待する。
 専用の冊子はダム周辺にある道の駅など観光施設で配布。スタンプを七つ集めると、枚数限定のプレミアムダムカードが贈られる。
 スタンプラリーは10月31日まで。対象のダムと、冊子を配る観光施設は次の通り。柏崎市の鵜川ダムは建設中で見学できないため、近くの綾子舞会館(柏崎市)でスタンプを押せる。
【ダム】胎内川(胎内市)、内の倉(新発田市)、下条川(加茂市)、笠堀、大谷(三条市)、鯖石川、鵜川(柏崎市)
【観光施設】道の駅胎内(胎内市)、寺町たまり駅(新発田市)、加茂土産物センター(加茂市)、道の駅漢学の里しただ(三条市)、柏崎観光協会観光案内所(柏崎市)

“新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

周囲警戒する不審な動きの男…警官が発見、女性のカードを所持 詐欺事件が発覚、容疑で逮捕/所沢署(埼玉新聞)

情報元 : 周囲警戒する不審な動きの男…警官が発見、女性のカードを所持 詐欺事件が発覚、容疑で逮捕/所沢署(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010004-saitama-l11
 埼玉県の所沢署は17日、詐欺の疑いで、新潟県新発田市荒町甲、無職の男(34)を逮捕した。札束がポケットから…中学生ら来店客に不審感、詐欺疑いコンビニ店員に「引っ掛かりそう」 小鹿野署が表彰 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して17日午後0時40分ごろから数回、所沢市の無職女性(78)方に大手百貨店員や銀行協会職員らを装って電話し、「あなたのクレジットカードが他人に使用されている」「カードを止めないといけない。職員が取りに行く」などとうそを言って、同日午後2時半ごろ、女性方で銀行のキャッシュカード2枚をだまし取った疑い。
 同署によると、市内に振り込め詐欺の予兆電話が相次いだことから、署員がコンビニなどで警戒を強化した。同市中新井の路上で、周囲を警戒する不審な動きをした男を発見。女性名義のカードを所持していたため逮捕した。口座から現金が引き出されていたという。

“周囲警戒する不審な動きの男…警官が発見、女性のカードを所持 詐欺事件が発覚、容疑で逮捕/所沢署(埼玉新聞)” の続きを読む

元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)

情報元 : 元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000562-san-l15
 アイドルグループ「モーニング娘。」の元リーダーでタレントの道重さゆみさん(29)の写真集を万引したとして、新潟県警新潟署は13日、窃盗の疑いで新潟市西区西有明町の無職の男(63)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前11時50分ごろ、同市中央区の書店で道重さんの写真集「DREAM」(2500円)を盗んだとしている。警備員が、店内でかばんの中に写真集を入れ会計せずにそのまま店を出た男を取り押さえ、署員に引き渡した。
 「DREAM」は道重さんの約3年9カ月ぶりの写真集で、米ロサンゼルスなどで撮影され、この日が発売日だった。男は「女性アイドルが好きで、家に帰って見たかった」と供述しているという。

“元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)” の続きを読む