1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)

情報元 : 1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000004-kyt-l25
 滋賀県野洲市小篠原にあるレストラン「SPOON野洲本店」が、対象料理1食につき20円を発展途上国の子どもたちの給食費のために寄付する「TABLE FOR TWO」(TFT)の取り組みを始めた。店長の藤田裕真さん(37)は「自分の食事を見直すとともに、世界の貧困問題にも目を向けてほしい」と話す。
 SPOONでは以前から、環境に関する知識を広めようと、国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)に関する催しを系列店で開いている。環境に配慮した製品などを紹介するため、新聞紙風のメニューに説明書きを加え、持ち帰ってもらう取り組みも行う。
 「2人の食卓」を意味するTFTは、カロリー過多による肥満や生活習慣病が問題となる先進国から、飢餓や栄養失調に苦しむ発展途上国を支援するプログラム。800キロカロリー以下に抑えたヘルシーな料理の代金から、ケニアやエチオピアなどの子どもの給食1食分となる20円を寄付する。
 SPOONでは、県産野菜8~10種類と無農薬大豆を使った豆腐のサラダや、季節の野菜を煮込んだスープなど5品が対象。大皿いっぱいに盛り付けた「豆腐とかつお節のサラダ」(税別1800円)は、しょうゆをベースにタマネギとゴマを混ぜたドレッシングをかけ、低カロリーでも食べ応え十分にした。
 藤田さんは「レストランという気軽に足を運べる場所から、社会問題を考えるきっかけを提供したい」と話した。

“1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)” の続きを読む

東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)

情報元 : 断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000021-san-l34
 災害などで断水した際に周辺住民らに生活用水を無償提供する井戸を事前登録しておく制度を、広島県尾道市が創設した。所有者の善意を頼りに災害時の「共助」を期待する取り組み。「みんなの井戸(災害時協力井戸)」と名付けて、提供に応じる個人や事業所を募集している。
 同市は、昨年7月の豪雨で一時はほぼ全域が断水。復旧までに2週間ほどかかったところもあった。断水した地域では、自衛隊や他の自治体から派遣された給水車により、飲料水だけは早期に供給されるようになったものの、洗濯や水洗トイレなどに使う水までは確保できない状態が続いた。
 その中で、上水道とは別の用途で使っている井戸水を提供した世帯や事業所もあり、生活用水が確保できた人たちに歓迎されたという。
 みんなの井戸は、この体験を「いざというとき当てにできる」共助の仕組みとして整備しようと創設。登録された井戸は順次、市のホームページなどで位置が分かるようにする。
 市は「市内のどの地域の断水にも対応できるようにするには、バランス良く分散した場合でも100カ所程度必要」と試算しており、期限を設けずに募集を続けるとしている。

“断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)” の続きを読む

渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000017-minkei-l13
 渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」を活用した社会実験プロジェクト「WORKPARKPACK(ワークパークパック)」が3月1日、始まった。主催は一般社団法人「渋谷未来デザイン」(渋谷区神宮前6)。(シブヤ経済新聞)コンテナの内部 「渋谷南街区」の再開発伴い、昨年秋に「渋谷ストリーム」と共に、官民連携で渋谷川沿いに渋谷~代官山エリアをつなぐ約600メートルの遊歩道が整備された。昨年12月には、一般公募により名称が「渋谷リバーストリート」に決まり、今後、遊歩道を中心とした渋南エリアの「にぎわい」や「良好な水辺空間」の創出に期待が寄せられている
 「遊歩道の価値づくり」の一環として行う今回のプロジェクトは、八幡橋近くの遊歩道上に設置される「PARKPACK」と呼ばれる3つのコンテナを拠点として、渋谷川沿いの遊歩道ならではの「公共空間の利活用アイデア」を実験しながら検証していくもの。ライゾマティクス(東2)などを中心に組織されるULTRAPUBLICPROJECTが手掛ける「PARKPACK」は、昨年秋に開催されたデザインイベント「DESIGNTOUCH2018」(六本木ミッドタウン)に出展され、子どもたちの遊び場やギャラリー、屋外シネマなど、公共空間の可能性を引き出す「未来の公園」「動く公園」として注目を集めた。
 「PARKPACK」第2弾を渋谷で展開する理由について、ライゾマティクスの齋藤精一社長は「遊歩道は会社も近いため、再開発の状況をずっと見守ってきた。(渋谷未来デザインのフューチャーデザイナーのメンバーとして)渋谷川沿いの遊歩道を今後どうしていくか、という話し合いの中で、僕らが昨年実施したPARKPACKを提案した」のがきっかけだったと言う。
 今回、渋谷でのプロジェクト開始に当たり、新たに「WORK(ワーク)」という要素を加え「WORKPARKPACK」とプロジェクト名称を改めた。「現在、ストリームにもベンチがあるが、みんな座ってスマホを眺めているくらい。例えば、遊歩道で仕事をしてもらってもいいし、近所の幼稚園の子どもたちの遊び場になってもいい…。老若男女が活発に活動できる場として利用してほしい。そういう活動全般をワークと捉えている」(齋藤さん)と言い、単なる憩い空間だけではない公共空間の再構築を目指す。
 プロジェクトの活動期間は3月1日~5月6日。3月1日~31日の1カ月間は、渋谷未来デザインのスタッフがコンテナ内に常駐し、「渋谷リバーストリートで実現したいアイデア」を一般から募る窓口を設けるほか、「渋谷川」「WORKPARKPACK」などに関するパネル展示も行う。4月以降は、寄せられた公共空間の利活用アイデアを一つ一つ実現していくという。渋谷未来デザインの後藤太一さんは「(遊歩道の活用について)渋谷未来デザインが地ならしをしたい。その先でエリマネならエリマネ、地域なら地域が素晴らしい使い方をしていってほしい。まずはその入り口になりたい」と話し、「ワークショップでも鍋パーティでも…あそこで何かやりたい、公共空間だからと諦めていたことを相談してほしい。それをどう自走させるか、仕組みを含めて一緒に考えていくのが僕らの仕事」と同プロジェクトの位置付けを強調する。
 今月31日まで、活用アイデアや実験パートナーに関する相談をコンテナ内で受け付けている。対応時間は11~18時。

“渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)

情報元 : 巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00704971-hokkoku-l17
 能登町柿生(かきお)の神道(じんどう)地区に伝わる「石仏山(いしぼとけやま)祭り」は2日、同地区の石川県史跡「祭祀(さいし)遺跡石仏山」で行われ、氏子9人が「前立(まえだち)」と呼ばれる巨石に今年の五穀豊穣(ほうじょう)を願った。
 祭りの世話役である当元の高井勝弘さん(56)方に集まった氏子は、触れ太鼓を打ち鳴らしながら集落を練り歩き、石仏山を登った。
 巨石前に到着後、一行は高さ3メートル、幅60センチの巨石にしめ縄を張り、ろうそくを立てて、タイや米、野菜を供えた。山中の冷たい空気の中、神職が祝詞を奏上し、氏子が深々と頭を下げた。
 古くから地元で神が宿るとされてきた石仏山は、刃物の持ち込みや女性の立ち入りを禁止する風習が今も残る。

“巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)” の続きを読む

小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000068-minkei-l14
 小田原出身のお笑い芸人でパラデル漫画家の本多修さんが、米国テキサス州オースティンで開かれる最先端テクノロジーのイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」に招待されることになった。(小田原箱根経済新聞)「First&Stadium」が試作を担当したパーカ 本多さんはパラパラ漫画に実写部分を入れて人物などが画面から出てくるように表現する「パラデル漫画」の作品を発表し続けている。
 発端は、中居正広さんがMCを担当し、2018年9月まで放送されていたTBS系番組「なかい君の学スイッチ」。番組で紹介されるとユーチューブの視聴回数も増加。昨年12月には、フジテレビ系バラエティー番組「ワイドナショー」で、事務所の先輩のダウンタウン・松本人志さんに絶賛され人気が急上昇。登場するキャラクターも注目を集め、キャラクターをあしらったパーカやTシャツの販売も始めた。
 2月21日には、デジタルメディア協会(AssociationofMediainDigital=AMD)が主催する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー18/第24回AMDアワード」で、新人賞となる「江並直美賞(NaomiEnamiaward)」を受賞した。今年は優秀賞に、DAPUMPの「U.S.A.」、テレビ朝日系人気ドラマ「おっさんずラブ」、話題の映画「カメラを止めるな!」などが選ばれている。
 3月には、米テキサス州オースティンで行われる、音楽、映画、インタラクティブコンテンツ、コメディー、ゲームなどの最先端テクノロジーのイベント「SXSW」に個人資格で招待されており、世界的にも注目され始めている。
 よしもと芸人が趣味や特技でつながり、新しい「居場所」をつくり、芸にも生かしていく「よしもと部活動プロジェクト『ブカツ!』」の発表会見が2月27日に都内で行われ、本多さんも登壇した。
 部活動には、「RGツーリングクラブ」(レイザーラモンRG、チュートリアル福田)、「料理部」(バンビーノ藤田、イシバシハザマ石橋)、「バスケ部」(麒麟・田村、大西ライオン)など総数で18部があり、記者会見には12部が参加。本多さんも「マンガ部」の部長として登壇した。
 本多さんは、登壇した芸人から「お笑い芸人として仕事しているのか」と聞かれ、「ほぼしていない」と即答。「収入比率は?」の質問には「0対10でパラデル漫画が10」と回答すると、「それでも芸人か」の声も聞かれた。本多さんは、パラデル漫画を始めたきっかけが「仕事に遅刻し、反省のため謹慎している間にやることがなくパラデル漫画を思いつき制作していた」ことを明らかにした。
 本多さんは、この日も開発したキャラクターがプリントされているパーカ姿。デザインが完成した後の試作は、小田原のアメカジ・ストリートファッションセレクトショップ「First&Stadium(ファースト&スタジアム)」(小田原市栄町2)。1枚でもプリントができるシステムを利用して納得のいくデザインを作り上げ、決定後は本多さんがメーカーに委託する方法で商品化している。
 試作を担当した佐野陽平さんは「小田原からクリエーターが世に出て行くのはうれしい。日本だけでなく世界に羽ばたき始めた。パラデル漫画と本多さんには可能性がある。いつまでも応援していきたい」と誇らしげに話す。

“小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

銅製人形など出土品90件 奈文研の資料館、発掘成果を紹介(産経新聞)

情報元 : 銅製人形など出土品90件 奈文研の資料館、発掘成果を紹介(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000013-san-l29
 奈良文化財研究所が平城宮・京跡で行った発掘調査の成果を紹介する企画展「発掘された平城2017・2018」が、奈文研平城宮跡資料館(奈良市)で開かれている。出土例の少ない銅製の人形(ひとがた)など朱雀門(すざくもん)前付近で出土した祭祀(さいし)具などを展示。最新の調査・研究成果に触れることができる。31日まで。
 平城宮跡東院地区や朱雀門周辺、法華寺旧境内、興福寺境内などの出土品約90件を展示している。このうち祭祀具では、朱雀大路西側溝から出土した人形や斎串(いぐし)、土馬(どば)などを紹介。珍しい銅製の人形は皇族らが使ったと考えられ、今回の出土品も朱雀門前という場所柄から同様の祭祀具とみられる。
 また、興福寺境内から出土した15~17世紀初頭の泥塔(でいとう)も展示。泥土を型抜きして焼いたもので、当時の信仰を考える上で興味深い。このほか、土層に確認できる地震痕跡についても紹介し、地割れの跡などが展示されている。
 開館は午前9時~午後4時半。月曜休館。無料。問い合わせは奈文研連携推進課(0742・30・6753)。

“銅製人形など出土品90件 奈文研の資料館、発掘成果を紹介(産経新聞)” の続きを読む

千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)

情報元 : 千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000012-san-l15
 NSTと長野放送の開局50周年記念特別番組「山本耕史ラブリバー~千曲川・信濃川367kmの旅」が、26日午後7時から2時間枠で放送される。
 俳優の山本耕史さんがナビゲーターを務め、NSTの真保恵理、NBSの小宮山瑞季の両アナウンサーがそれぞれの県内で同行。本県と長野をまたいでその名を変える千曲川・信濃川流域の歴史や文化、食を掘り下げる。
 本県では長岡花火と川の関係や、越後平野を日本一の田園地帯へと変えた治水の歴史を学ぶ。長野県では日本一の河川の源流を訪ね、川上村の甲武信ケ岳登山に挑戦。長野市の善光寺の再建に果たした水運の役割を探る。一部は高精細画質の「4K」専用カメラで撮影され、川の魅力を美しい映像で再発見できる。

“千曲川・信濃川の歴史掘り下げる NSTが今夜放送(産経新聞)” の続きを読む

TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000010-ibaraki-l08
つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(本社東京)は、ダイドードリンコと組んで、TXの新型車両「TX-3000系」をデザインした飲料水の自動販売機1台をTX秋葉原駅に設置した。
場所は同駅の改札横。2020年春から運行開始予定のTX新型車両を模して、青や赤色のデザインを採用した。コーヒーなどダイドー商品を販売する。
自販機は、お金を入れると、同駅に勤務する駅員の声で「つくばエクスプレスをご利用くださいましてありがとうございます」や「行ってらっしゃいませ」といった言葉を発する。商品ボタンを押すと駅の発車メロディーが流れる。
自販機横の空き容器回収箱には、TXの鉄道キャラクターの「秋葉みらい」が描かれている。TXは「新型車両への期待感を醸成できれば」と説明している。

“TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)

情報元 : 矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000029-san-l09
 任期満了に伴い、今春の統一地方選で行われる矢板市議選(定数16、4月14日告示、21日投開票)の立候補予定者説明会が27日、同市生涯学習館(同市矢板)で開かれ、現職12人、元職2人、新人4人の計18人の陣営関係者が出席した。

“矢板市議選説明会に18陣営(産経新聞)” の続きを読む