ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)

情報元 : ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000007-kyt-l25
 大阪府北部地震でブロック塀が倒壊し、女児が死亡した事故を受け、滋賀県内の19市町が、管理する公共施設や危険なブロック塀を急点検したところ、少なくとも106施設で不適合が確認されたことが、京都新聞社の調べで分かった。一部は既に撤去しており、他も撤去・補強を検討しているという。
 集計によると、建築基準に合わないブロック塀が確認されたのは112カ所。内訳は、控え壁の無設置が99カ所あり、控え壁の間隔が広すぎる塀が22カ所あった。基準で定められた高さ2・2メートルを上回ったのは10カ所、厚み不足は2カ所だった。
 大津市の学校施設では1カ所、上田上小(平野1丁目)で控え壁の間隔が基準を満たさなかった。隣接の歩道は通学路ではないが、地域住民が利用するという。また二つの中学で、不適合の疑いが見つかった。市教委は代替壁のめどが立った時点で撤去する方針という。
 甲賀市では8施設で不適合が見つかり、甲南図書交流館では、玄関前にある長さ60メートルの塀の高さが最大で3・2メートルあった。利用者が行き来する場所にあり、撤去する方針。
 長浜市相撲町の緑ケ浜自治会貸付地では、控え壁の間隔が約5メートルあり、通路や公園に隣接していた。今月中に撤去する。
 また、建築基準法の対象となるブロック塀ではないが、小中学校の敷地内でボールを当てる投てき板と呼ばれるブロック積みの壁などが4市で31カ所あり、倒壊の危険があるためいずれも撤去を予定している。
 彦根市、草津市、湖南市、日野町では公共施設のブロック塀は調査中としている。

“ブロック塀、106施設で不適合 滋賀、撤去や補強検討(京都新聞)” の続きを読む

秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05
 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。
 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。
 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。
 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。
 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000021-minkei-l05
 横手駅東口の「よこてイースト・にぎわいひろば」(横手市駅前町)で7月13日、ビアガーデン営業が週末限定で始まる。(横手経済新聞)会場の「にぎわいひろば」で来場を呼び掛ける高橋幹夫さん 横手駅前商店街振興組合が「夏の夜の駅前を活性化したい」と2014年から「よこてイーストビアガーデン」と銘打ち、週末限定で開くビアガーデンは今年で5年目。昨年は9日間で会社員や家族連れを中心に約500人が利用した。
 約700平方メートルの屋外広場に72席を設け、生ビール(500円)のほか、駅前商店街で営業する「横手プラザホテル」「La炭之助」「七兵衛」が屋台を出店し、看板メニューを中心に提供する。今年は、地元バンドの日替わり出演に加え、フラダンスやベリーダンスなど地元で活動するダンスサークルも踊りを披露するなどしてステージショーの充実を図る。
 同組合事務局長の高橋幹夫さんは「横手市内では数少ない夏の夜を屋外で楽しめる場所。横手で活動するグループの発表の場にもなっている。ショーを楽しみながら作りたての料理とお酒を楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。
 営業日は7月13日~15日、20日・21日、27日・28日、8月3日・4日。営業時間は17時~21時。横手プラザホテルが販売する生ビールチケット(5杯分2,000円)も利用できる。

“横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000026-at_s-l22
 高校生の自転車事故が後を絶たない中、生徒の身を守る手段としてヘルメットの着用を求める動きが静岡県内で出ている。県議会は児童、生徒らの着用を努力義務として規定する条例制定の検討に乗り出した。20日までの夏の交通安全県民運動は自転車の安全利用の推進が重点の一つ。ただ、県内高校生の着用率は1割に満たず、普及につながるかは見通せない。
 県立伊豆総合高(伊豆市)2年の古屋優太さん(16)は片道30分かけてマウンテンバイクで通学する。流線形のヘルメットは日常の光景だ。きっかけは小学5年の時の交通事故。軽乗用車にはねられたが、ヘルメットのおかげで一命を取り留めた。通学時に着用する生徒はわずか数人。古屋さんは「かっこいい、悪いじゃない。命を守るためにかぶっている」と言い切る。
 県警によると、2008~17年に県内で発生した高校生の自転車事故の負傷者のうちヘルメットを着用していたのは8%。中学生の36%を大幅に下回った。
 県教委によると生徒に着用を呼び掛けている県立高は2校だけ。道交法は児童や幼児が自転車に乗る場合は保護者にヘルメットをかぶらせるよう求めているが、中学生以上が乗車する場合の規定はない。着用するかどうかは個人の判断に委ねられているのが実情だ。
 県内で悲惨な自転車事故が相次いでいることなどを踏まえ、県議会は自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例の制定を検討。通学時のヘルメットに関し「児童、生徒は着用するよう努めなければならない」とする方向だ。
 愛媛県は15年から、全ての県立高で自転車通学時のヘルメット着用を義務付けた。購入時の助成などもあって着用率は100%。私立高校でも義務化の動きが広がっているという。担当者は「行政や学校、警察が連携した結果。着用によって命が守られたケースもある」と強調する。
 ■静岡県内、死亡2件
 静岡県内では今年に入り、高校生の自転車事故が増加している。県警交通企画課によると、1~5月の事故は396件(前年同期比32件増)、負傷者は388人(同37人増)といずれも前年を上回った。
 4月には菊川市で大型貨物車にはねられた1年の女子生徒が、5月には浜松市東区で歩行者と接触した2年の男子生徒が死亡した。
 有識者でつくる「自転車の安全利用促進委員会」の調査によると、2016年の高校生の通学中の自転車事故は静岡県が737件で全国最多だった。気候が温暖で自転車通学に適していることや交通量が多いことなどが要因という。

“自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)

情報元 : 川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-san-l11
 川越市は、昨年10月の台風21号による大雨で、下水路の水を新河岸川に流せず、水があふれた内水氾濫で、400軒を超す家屋が浸水した寺尾地区について、内水氾濫に対する避難勧告などの発令基準を定めた。これまで市には、内水氾濫への避難情報を出す基準がなかった。昨年も避難情報を出さなかったことが被害拡大につながったとの批判を浴びていた。
 避難の発令基準は、市が新たに作成した寺尾地区の「内水氾濫タイムライン」に盛り込んだ。タイムラインは、大雨・洪水注意報が発表された段階のレベル1から、浸水被害発生の恐れがあると判断するレベル5まで5段階で、関係部局の対応を時系列で整理した。
 市の対応は、レベル1で気象情報収集▽レベル2で重点箇所の巡視や避難所の開設準備▽レベル3で避難準備・高齢者らへの避難開始発令▽レベル4で避難勧告発令▽レベル5で避難指示-など。住民には防災無線や自治会長への連絡などを通じて周知を図る。
 市全体の防災体制も合わせて見直し、災害対応を一カ所で行うオペレーションルームを設置。新設する情報整理班に情報を集中させ、災害対策本部長に必要な情報を迅速に伝達するように改めた。川合善明市長は「訓練を積み重ね、万全な災害対応をしたい」と話している。

“川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)” の続きを読む

狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)

情報元 : 狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000079-san-l13
 セクハラ問題による高橋都彦(くにひこ)前市長の辞職に伴う狛江市長選が15日、告示される。
 これまでに共産党の田中智子市議(60)と元副市長の松原俊雄氏(66)がいずれも無所属で立候補する意向を表明、新人2人の争いとなる見込み。22日に投開票される。
 田中氏は平成9年から都議を1期務めた後、19年に市議に初当選して現在3期目。前市長のセクハラ問題を追及した女性市議らのグループの一員で「セクハラやパワハラをなくし職員、市民の人権が守られる市を目指す」という。共産党と狛江生活者ネットワーク、社民党の推薦を受ける。
 松原氏は昭和49年に狛江市職員となり、平成20年から4年間、副市長を務めた。「人の尊厳を傷つけるハラスメント行為は断じて許せない。職員の混乱を早急に収め、市民参加を基本に再発防止に取り組む」としている。自民党と公明党の推薦を受ける。
 選挙人名簿登録者数(6月1日現在)は6万9500人。

“狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球栃木大会】県都対決はシード宇南に軍配(産経新聞)

情報元 : 【高校野球栃木大会】県都対決はシード宇南に軍配(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000032-san-l09
 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は大会11日目の16日、宇都宮清原球場などで3回戦4試合が行われ、ベスト8が出そろった。青藍泰斗、文星芸大付はコールド勝ちを収め、宇都宮南、白鴎大足利も安定した試合運びで快勝。それぞれ準々決勝に進んだ。
 文星芸大付は初回に松嶋の左前打などで2点を先制し、その後も順調に加点。五回には打者12人を送る猛攻で7点を奪って宇都宮清陵にコールド勝ち。宇都宮清陵の主将、高橋は「勝てばベスト8という緊張感と相手応援団の迫力にプレッシャーを感じた。動きが固くなって守備でミスをし、流れを持っていかれた」と悔やんだ。その敵失を逃さなかった文星芸大付の集中力に軍配が上がった。
 青藍泰斗は1、2回戦を後半に逆転して勝ち上がったが、この日は茂木相手に初回から打線に勢いがあった。四回には益子の走者一掃の二塁打などで6点を獲得するなど、17安打12得点で大勝。宇都宮南と宇都宮北の県都対決はシード・宇都宮南に軍配。初回に金枝の左前打などで4点を先制した後も中盤、終盤に効果的な追加点があった。白鴎大足利は初回に中山の先頭打者本塁打で先制。先発の熊谷は大田原打線を完封してベスト8へ進んだ。
 17日は試合がなく、18、19日に宇都宮清原球場で準々決勝が行われる。

“【高校野球栃木大会】県都対決はシード宇南に軍配(産経新聞)” の続きを読む

地震被災の街に活気 京都・八幡で「太鼓まつり」(京都新聞)

情報元 : 地震被災の街に活気 京都・八幡で「太鼓まつり」(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000006-kyt-l26
 京都府八幡市の夏の風物詩として親しまれている高良神社の「やわた太鼓まつり」のクライマックス、宮入りが15日、同市八幡の同神社や石清水八幡宮頓宮であった。太鼓を載せた屋形御輿(みこし)が威勢良く練り、6月の大阪府北部地震での被災が目立つ街に、勇壮な音を響かせた。
 高良神社は石清水八幡宮の摂社で、太鼓まつりは例祭の宵祭りとされている。疫病退散を願う祭りとして江戸時代後期に始まり、一度は途絶えたが、1987年に復活した。
 屋形御輿4基と子ども御輿3基は、ブルーシートを被る瓦屋根の家が目立つ各地区を巡行し、午後5時半すぎから続々と頓宮に集結した。式典で太鼓まつり連絡協議会の森田義博会長は、地震で同市の住宅被害が大きかったことに触れ、「少しでも皆さんを元気づけられれば」とあいさつした。
 その後、御輿が約500基の提灯(ちょうちん)に照らされた石清水八幡宮参道に繰り出した。屋形御輿の上の太鼓が打ち鳴らされる中、「ヨッサー、ヨッサー」の掛け声とともに、担ぎ手たちが参道を往復した。集まった市民らは大きな拍手と歓声を上げて見守った。

“地震被災の街に活気 京都・八幡で「太鼓まつり」(京都新聞)” の続きを読む

夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)

情報元 : 夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010000-gtv-l10
 夏の高校野球群馬大会は14日、猛暑の中、2回戦6試合が行われました。上毛新聞敷島球場の第2試合は、春ベスト8のシード桐生第一と伊勢崎勢初の甲子園を目指す伊勢崎清明の対戦です。
 桐生第一は3回ウラ、4番立石が先制のライト前タイムリー。4回にも1点を追加し、2点のリードを奪います。
 一方の伊勢崎清明は5回表。ランナー2人を置いて1番キャプテン木島。右中間を深々と破るタイムリー3ベース。同点に追いつきます。さらに2番猪股のタイムリー内野安打でこの回逆転に成功します。
 桐生第一は7回に同点に追いつき、8回には連続ヒットで1アウト満塁と勝ち越しのチャンスを迎えます。しかし1番小坂井の打球はショートへ。6-4-3のダブルプレーで得点なりません。
 ピンチを凌いだ伊勢崎清明は9回表。2アウトながら2塁3塁で、8番ピッチャーの安原。ライト前にはじき返し、勝ち越しに成功します。少ないチャンスをものにした伊勢崎清明がシード桐生第一を下し、3回戦進出です。
健大高崎 8-1 高崎 (7回コールド)
伊勢崎清明 5-3 桐生第一
高崎東 5-2 利根商
関学大附 22-2 群馬高専 (7回コールド)
藤岡中央 8-0 安中総合 (7回コールド)
桐生市商 13-0 明和県央 (5回コールド)

“夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)” の続きを読む

夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)

情報元 : 夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000002-hakoshin-hok
 函館新聞社主催の第22回函館港花火大会が15日、函館港豊川埠頭をメイン会場に開かれた。夜空に約3000発の花火が色鮮やかに打ち上がり、夏の到来を待ちわびた大勢の観客を楽しませた。
 本紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催し、道南地域で夏の先陣を切る花火大会。小笠原金哉社長は「今年の夏は、港まつり、GLAYのコンサートなどイベントも盛りだくさん。函館が活性化し、元気なまちであり続けるよう、微力ながら努力していく」とあいさつした。
 今年は2部全14プログラムで構成。函館空港との調整のため、打ち上げに遅れがあった。カウントダウンに合わせて、午後7時50分ごろにワイドスターマイン「佳麗(かれい)」の打ち上げで開幕。「海上夢花壇」では、毎年好評の函館港ならではのロケーションを生かし、上空と水上を飾る競演で楽しませた。海をイメージした青を主体にした花火で魚やイカ、イルカを作り出す創作スターマインでは子どもたちの歓声が上がった。
 色が変化する「光のイリュージョン」、最大で直径320メートルにもなる大玉の競演「天空絢爛華」などでクライマックスに向かい、大きな音でも観客を圧倒。グランドフィナーレ「美麗」では、最大9カ所から打ち上がるパノラマ大スターマインの連発が約5分続き、黄金のきらめきで夜空を埋め尽くした。
 会場では今年も「FMいるか」とケーブルテレビ局「NCV」による実況生中継が行われ、花火と音楽を合わせて届けた。

“夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)” の続きを読む