豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010008-sanyo-l33
 七五三用の着物をまとった子ども、誕生日を祝うケーキ、笑顔あふれる家族…。西日本豪雨災害で泥水に漬かって汚れた写真は、プロの手で一枚一枚きれいに洗浄され、かつての輝きを取り戻していた。
 写真は岡山県倉敷市真備町地区と笠岡市の被災者から持ち込まれた。「かけがえのないものばかり。少しでもきれいな状態にしてお返ししたい」。洗浄を手掛ける柳生写真館(笠岡市十一番町)の柳生晋伸社長(38)は力を込める。
 写真はぬれたり汚れたりしたまま放置すると、バクテリアやカビが繁殖し劣化が進んでしまう。柳生社長は災害発生後「専門業者として、何かできるボランティアはないか」と考え、13日から自社のホームページやフェイスブックなどで受け付けを開始。20日現在、14件計約2万枚の持ち込みがあったという。
 同社駐車場に臨時作業場を設け、柳生社長と社員4人がアルバムから1枚ずつ丁寧に写真を取り出して水洗いした後、陰干ししている。1日千数百枚のペースで処理し、被災者が取りに来るまで保管する。
 柳生社長は「思い出の詰まった写真を宝物にしている被災者は多いはず。長時間泥水に漬かり洗浄しても駄目なケースはあるが、ぜひ相談してほしい」と話している。
 持ち込みは今月末までの予定で、笠岡市内の他の4つの写真店でも受け付ける。問い合わせは柳生写真館(0865―63―2161)。

“豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

長崎・キリスト教の歴史が物語に 市民ミュージカルが再演重ね10回目の公演 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 長崎・キリスト教の歴史が物語に 市民ミュージカルが再演重ね10回目の公演 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000038-minkei-l42
 長崎ブリックホール(長崎市茂里町)で7月21日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録支援ミュージカル「赤い花の記憶天主堂物語」が公演される。(長崎経済新聞)主演の横山浩平さん 同ミュージカルは、プチジャン神父と大工棟梁(とうりょう)の小山秀之進を軸に、長崎居留地の旧大浦天主堂建設と信徒発見、浦上四番崩れ、日本におけるキリスト教復活と浸透の324年を描く物語。今回も横山浩平さんがプチジャン神父役で主演するが、それ以外は全て一般公募で、演奏はOMURA室内合奏団による生演奏となる。
 初演は2012年にシーハットおおむらが企画した市民ミュージカル。その際、観劇した長崎自動車の社長、嶋崎真英さんが中心となり実行委員会を結成。同年12月には南島原市と熊本県天草市での公演が行われ、2015年に長崎ブリックホールでの公演が実現。2016年には2日間にわたり約2500人を動員した。
 事務局長を務める江口満さんは「2016年公演で終わりにするつもりだったが、子どもたちから『もう一回やりたい』という声がすごかった」と話す。本気度を知るために、江口さんが「感想文を書いたら再演を考える」と言ったところ、1カ月で感想文が集まった。それを読んで心を動かされた江口さんは感想文を小冊子にし、市長や知事、その他関係者などに配り、協賛金集めなどに奔走し、再演にこぎ着けた。
 江口さんは「稽古中に世界遺産登録決定の一報を受け、みんなで大喜びする一幕もあった。練習場所がなかなか確保できない状況の中で大浦小学校から体育館を提供してもらうなど、さまざまな場面で神のご加護を感じた」と話す。
 「小学生だった子が成長し、中学生になり感慨深いものがある。子どもたちがステージに立った後どういう感想を言うのか楽しみ。本よし歌よし踊りよし、3拍子そろっているからこそ続けてこられた。10回も続いている市民ミュージカルは全国的に見ても珍しいと思う」とも。
 14時と18時30分からの2回公演。チケットは前売り一般=2,000円、小中高生=1,000円、親子=2,500円(当日は各500円増し)

“長崎・キリスト教の歴史が物語に 市民ミュージカルが再演重ね10回目の公演 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

タイ首相府大臣 ものづくりの教育視察 伊勢工高で 三重(伊勢新聞)

情報元 : タイ首相府大臣 ものづくりの教育視察 伊勢工高で 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000201-isenp-l24
 日本の教育制度を学ぼうと、タイのコーブサック・プートラクーン首相府大臣が19日、三重県伊勢市神久二丁目の県立伊勢工業高校を視察した。大臣は「ものづくりが盛んな日本で、製造業の人材育成について学んで帰りたい」と話した。
 訪問団は県内の家電や半導体メーカーなど、エレクトロニクス産業の国内誘致を目的に来県。製造業従事者の育成を重視する大臣は日本の教育制度に興味を持ち、同校を訪れた。
 大臣は北村武校長らから県内の工業高校の概要の説明を受けた後、生徒が電気配線工事の実技作業をする現場などを見学。「タイでは製造業の人材が不足しているので(工業高校)の教育現場を見られて勉強になった」と語った。鳥羽市池上町の国立鳥羽商船高専も視察した。

“タイ首相府大臣 ものづくりの教育視察 伊勢工高で 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)

情報元 : 砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00626632-hokkoku-l17
 羽咋市と宝達志水町にまたがる千里浜なぎさドライブウェイの一部区間で、例年以上に好天が続いた影響で砂が乾き、車が走りにくい状態となっている。波が穏やかなため車が集中する波打ち際はタイヤ跡で踏み固められて走りやすいが、21日からの臨時交通規制では、海水浴のため車両の進入が禁止される。車はより陸側の柔らかい砂地部分を走らざるを得ず、羽咋郡市広域圏事務組合は20日、車両通行帯の表層の砂を削る対策を行う。
 今月は、梅雨明けが過去3番目の早さとなるなど天候に恵まれた日が続き、波が押し寄せる範囲も狭くなり、陸側にいくほど砂が乾き切っている。波が比較的高ければ、車はより陸側を走って路面は踏み固められるが、今年はそれもない。
 特に走りにくくなっているのは、延長8キロのドライブウェイのうち、羽咋市の千里浜インター出入り口付近から宝達志水町方面へ約1・8キロの区間と、ドライブウェイ中間にある出浜海岸付近の約1キロの区間。柔らかい砂が所々にたまったり、走行に適した湿った部分の幅が狭くなったりしている。
 車が擦れ違う際、羽咋方面から宝達志水方面へ向かう車は、左手の陸側のさらさらした砂地を通過しなければならないためハンドルを取られ、減速を余儀なくされている。19日には、砂にはまって動けなくなったりするバイクも見られた。
 ドライブウェイを通過する車はこれまで、波打ち際に近い場所を通っていたが、交通規制に伴い、車両進入禁止区域や駐車帯と重なるところも多くなる。
 規制を実施する羽咋郡市広域圏事務組合は、20日にモーターグレーダーを使って車両通行帯にたまった柔らかい砂を取り除き、走行環境を改善する計画だ。担当者は「全国で唯一、車で走行できるなぎさを訪れるドライバーをがっかりさせられない。できる限り走りやすくしたい」と話した。
 臨時交通規制は、夏場に観光客が増えるため、交通事故を未然に防ぐことを目的とする。海水浴客の安全を確保するため、波打ち際付近への車両乗り入れ禁止や時速30キロ以下での走行、トラックの乗り入れ禁止などが盛り込まれている。

“砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)” の続きを読む

「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000008-kobenext-l28
 景観を守るため、屋上看板や突き出し看板を規制する芦屋市の屋外広告物条例が7月、施行から2年を迎えた。条例は七つの規制区域に応じて看板の色や文字の大きさなどの規制を定め、突き出し看板の規制は「日本一厳しい」とされる。市は昨年10月、改修費や撤去費の補助額を上乗せ。以降、改修や撤去の申請は増え、今年6月までに56件に上っている。(風斗雅博)
 同条例は「日本一美しいまち」を目指し、2015年12月に制定。16年7月1日に施行された。市内全域で屋上広告とアドバルーンを全面禁止し、七つの規制区域ごとに看板の大きさや色、掲示する位置などを規定。市街地や住宅地、道路や川沿いなどエリアに応じて規制の度合いを変えている。改修計画に沿って3~10年の経過措置期間は掲示できるが、それ以降は50万円以下の罰金が科される可能性がある。
 市によると、条例の規制対象となる広告物は、計1603個(17年7月時点)で、全体の約20%にあたる。当初、市は上限を100万円とし、看板などの改修費用は2分の1を、撤去費用は3分の2を設置者に補助する制度を用意したが、条例施行後の1年間で申請は17件にとどまった。
 このため市は昨年10月から、補助額の上限を100万円から200万円に増額。来年7月から罰則が適用されることもあり、改修や撤去の申請件数は伸び、今年6月末までに計56件を受け付けた。
 同市の担当者は「(補助金の)増額というよりも、周知や指導の結果ではないか。景観に対する意識が変わってきたと期待したい」と話している。

“「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)

情報元 : 石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00107399-kitanihon-l16
 北陸オープンゴルフトーナメント2018は20日、富山市三熊の呉羽カントリークラブ(CC)日本海コース(6905ヤード、パー72)で開幕した。初日は予選ラウンドがあり、ハーフを終えプロの部は石川遼(CASIO)が4アンダーで単独首位に立っている。富山テレビ放送、北日本新聞社主催。
 アマの部は、冨岡宇翔(金沢学院大)と織田信亮(杉の木台)が1アンダーでトップタイとなっている。
 20回の節目を迎えた今年はプロ127人、アマ41人の計168人がエントリー。初参戦の石川ら豪華な顔触れがそろい、会場は大勢のギャラリーでにぎわっている。
 大会は2日間の計36ホールストロークプレーで争う。プロの部は予選60位タイ、アマの部は同20位タイまでが21日の決勝ラウンドに進む。

“石川遼、ハーフ終え首位 北陸オープンゴルフ(北日本新聞)” の続きを読む

【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)

情報元 : 【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000031-san-l19
 第100回全国高校野球選手権山梨大会は第9日目の18日、山日YBS球場(甲府市小瀬町)で準々決勝2試合が行われた。3連覇を目指す山梨学院は、好機を逃さない試合運びで得点を重ね、3人の継投で都留の追撃を抑えた。12年ぶりの頂点を目指す甲府工は、八回の猛攻で日本航空を逆転し、主戦・渡辺が完投した。山梨学院と甲府工は21日の準決勝で対戦する。(昌林龍一)
                   ◇
 ◆都留3点先制も…
 都留は初回、程原の左中間二塁打で3点を先制。これを追う山梨学院は三回、清水の左前打などで2点を返し、五回に佐古の内野安打を足がかりに中尾の左越二塁打などで逆転。七、九回にも追加点をあげた。
 都留は六回、四球に盗塁を絡め、萩原の中前打で1点を返したが、八回から登板した山梨学院の主戦垣越に6三振を奪われるなど、相手の継投に抑えられた。
 ◆甲府工八回に逆転
 甲府工は初回、田中の右越二塁打で1点を先制後、七回まで無得点。一方、日本航空は同点後の六回、柏木の右前打で逆転し、さらに2点を加えて試合を決めたかに見えた。
 しかし、甲府工は八回、武田が左越二塁打、渡辺が左中間二塁打、和田も右越三塁打と3連続長打で追撃。風間の中前適時打で逆転した。渡辺は奪7三振で完投した。
                   ◇
 ▽準々決勝
 【山日YBS球場】
 都 留  300 001 000-4
 山梨学院 002 030 21×-8
 日本航空 000 013 000-4
 甲府工  100 000 04×-5
                   ◇
 ■都留3年・金丸大輝主将 8強の裏に地道な積み重ね
 「力の差はあったが、強い気持ちで臨んだ。強豪相手に序盤に3点取れた。チームが今までやってきたことが実った」
 負けはしたが、後悔はなかった。
 柏木洋和監督(38)の方針で、練習メニューや対戦相手の研究を部員が主体的に考えてきた。
 「打撃マシンを使った練習では、得点圏での相手の球種やコースを想定し、実戦を意識した練習を重ねてきた」。序盤では読みが当たったという。
 試合中、いつも元気の良い声でチームメートを鼓舞している。
 野球を始め、父親の裕之さん(50)から「何でもいい。得意なものを1つ作りなさい」とアドバイスを受けた。声を出すことが主将のリーダーシップと思っている
 「後輩には練習で積み重ねてきたことが試合で出る。野球だけでなく日々の学校生活すべてが野球につながると伝えたい」
 実家は甲州市の果実農家。「コツコツやる仕事は野球にもつながると思っている。実ができるのは年1回だが、それまでの下積みが大事だ」。地道な積み重ねでベスト8をつかんだ。

“【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)” の続きを読む

金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000054-minkei-l17
 金沢・柿木畠に6月23日、グリルドチーズサンドイッチ店「#STANDBYCORNER(スタンド・バイ・コーナー)」(金沢市柿木畠、TEL090-9447-0999)がオープンした。(金沢経済新聞)【VRで読む】柿木畠にオープンしたグリルドチーズサンドイッチ店「#STANDBYCORNER」 市内で焼き鶏店「炭火焼鶏Ryo」2店舗を運営する「CLANS」(此花町2)による3店舗目。新店の店長を務める山崎大吾さんは、同焼き鶏店で人気のアイリッシュウイスキー「ジェムソン」をさらに多くの人に広めようと、当初アイリッシュパブでの出店を検討していたという。しかし、現物件に出合い、学生からビジネスマン、お年寄り、観光客まで幅広い層が行き来する立地から、日中から夜までお酒とフードを気軽に楽しんでもらえる店としてオープンすることにしたという。
 看板メニューの「グリルドチーズサンドイッチ」(14時以降提供)は、鉄板で丁寧に焼き上げる。中でも人気は、自家製ローストビーフとタマネギ、オレンジを挟んだボリュームたっぷりの「レンジビーフ」(990円)、アボカド、キュウリ、チェダーチーズなどを挟んだヘルシーな「アングリーン」(900円)だという。
 ランチタイム(11時~14時)は、ニューヨークの屋台で定番の「チキンオーバーライス」(800円)など、18時以降は自家製ローストビーフやソーセージなど、お酒にも合う食事を中心に用意する。
 ドリンクは、自家製の「レモネードソーダ」(400円)や「メロンクリームソーダ」(500円)が好評。お酒では、コーヒーやサングリア、加賀棒茶などを漬け込んだ「ジェムソン」で割ったソーダ割り(600円)がお薦めだという。
 店内にはカウンターとテーブル席合わせて18席を設け、ほぼ全ての商品テークアウト可能。
 山崎さんは「お昼から気軽にお酒を飲めて食事も楽しめる、そんな新しい感覚のお店を作っていきたい。ランチや仕事の合間、待ち合わせなど、コーヒー1杯、お酒1杯でも気軽に立ち寄ってもらえたら」と呼び掛ける。「今後はスイーツなど新しいメニューを増やしていきたい」とも。
 営業時間は11時~21時。水曜定休。

“金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「いいね!」もう5万件 木村さん「富富富」CM(北日本新聞)

情報元 : 「いいね!」もう5万件 木村さん「富富富」CM(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00107393-kitanihon-l16
 富山米の新品種「富富富(ふふふ)」のCMキャラクターになった女優の木村文乃(ふみの)さん(30)が、18日深夜に自身の「インスタグラム」(写真共有アプリ)を更新し、CMと共に富山への思いをつづった文章をアップした。19日午後8時にはフォロワー(読者)からの「いいね!」が5万件を突破。多くの人の支持を集める木村さんの起用効果が早くも表れている。
 CMは6月に上市町と黒部市宇奈月地域で撮影。インスタ内で木村さんは「日本らしい原風景をぎゅぎゅっと映像に残すことができた」と振り返り、白地に赤文字の米袋デザインは贈り物に最適と紹介。「ご賞味いただけましたら、ふふふと微笑(ほほえ)む出来事が訪れるかもしれません」と締めくくった。
 フォロワーからは「富富富が早く食べたい」「文乃ちゃんの笑顔がすてき」といったコメントが続々と寄せられている。

“「いいね!」もう5万件 木村さん「富富富」CM(北日本新聞)” の続きを読む

富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000021-minkei-l16
 富山の中心市街地にあるカルチャースペース「スケッチ」(富山市総曲輪2)で7月22日、グループ展「夏の日」が始まる。(富山経済新聞)宮崎信恵さんの作品 地元内外の作家が手掛けたイラスト作品を中心に紹介する同展。富山からアーロン・ジョセフ・セワードさん、井上佳乃子さん、林悠介さん、高森崇史さん、県外から「STOMACHACHE.」のTMTMさんと宮崎信恵さん、NANOOKさん、山田象さんが出展する。
 STOMACHACHE.はZINE制作や雑誌へのイラスト寄稿、展示会、ショップ店内のドローイングなど多岐にわたり活動している姉妹ユニット。NANOOKさんは個展やグループ展などの開催、ZINE制作や雑誌へのイラスト寄稿などで活躍している。山田さんはウェブで漫画を発信する「トーチ」の編集をはじめ、自身も短編漫画を執筆している。
 会場では、出展作家で作成したZINEや、各作家たちが過去に作ったZINEの展示も行う。出展作家の子どもたち(おんぬさん、けいさん、じょうじさん、たいちさん)による展示コーナーも設ける。作品は展示販売を行い、同展のために製作したTシャツやキャップなど「夏の思い出グッズ」もそろえる。
 同展を企画した高森さんは「子どもから大人まで楽しめる展示となっている。見てくれた方にとって、良い刺激があったり、何かを始めるきっかけになれば。作家にとっても、来てくれた人にとっても、良い夏の思い出にしたい」と話す。
 会期中、「スケッチ」に隣接するコーヒースタンド「SIXTHORTHIRDCOFFEESTAND」でも作品の一部を展示する。
 開催時間は11時~17時。入場無料。7月25日休業。今月29日まで。

“富山のカルチャースペースでグループ展 出展作家が手掛けたZINEも /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む