明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)

情報元 : 明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000567-san-l08
 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、巨人から2位指名を受けた明秀日立高(茨城県日立市神峰(かみね)町)の増田陸内野手(18)が12日、入団の仮契約を同市内のホテルで結んだ。増田は「一日でも早くレギュラーの座をつかみたい」とプロの世界での奮闘を誓った。契約金は6千万円で、年俸は600万円(金額は推定)。
 注目の背番号は、自身と同じ遊撃手で球界を代表する実力を持つ巨人の坂本勇人内野手が入団時に付けた「61」に決まった。坂本について「いつか超えたい目標の選手」と語る増田は記者会見で「希望通りの番号なのでうれしい」と語り、同席した長谷川国利スカウト部長は「坂本を超える選手に育ってもらいたい」と期待を込めた。
 大阪市出身の増田は、 高校時代の坂本を指導した同校の金沢成奉(せいほう)監督(52)から「『坂本2世』にしてみせる」と勧誘を受けて入学を決意。積極的なプレースタイルでチームを引っ張り、3年時には主将として選抜大会に初出場。「1番・遊撃」を担い、ベスト16進出の原動力となった。
 仮契約にあたって、青木高広スカウトは「魅力はアグレッシブさ。攻守ともにスケールの大きさを感じる」と評価。「技術も体力も伸びしろはまだまだある」と成長に期待を寄せていた。
 増田は「いつか巨人のキャプテンを務めるような選手になりたい」と闘志を燃やしていた。(丸山将)

“明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)” の続きを読む

国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)

情報元 : 国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00010001-fukui-l18
 福井県福井市田ノ谷町の大安禅寺が11月から、国重要文化財の木造8棟を対象に初の大規模保存修理事業に取り掛かる。建物は老朽化や福井地震の影響で破損が進んでおり、約11年かけて本堂や庫裏(くり)などを解体修理し、360年前の創建当時の姿を取り戻す。今月1日に文化庁の特殊修理事業に県内で初めて選ばれた。9日に高橋友峰住職(70)が概要を説明し「素晴らしい文化財を後世に伝えるという思い。緊張感を持って進めていきたい」と期待を込めた。
 大安禅寺は1658年、越前松平家の菩提所として第4代福井藩主松平光通が創建。歴代藩主に守られてきたため、福井城とのゆかりが深い宝物も多い。建造物の専門家で、大安禅寺の保存事業の修理委員を務める吉岡泰英さん(68)は「福井における江戸時代の初期の状況が分かる」と説明。良好な保存状態や各建物の意匠が認められ、2008年に重文に指定された。
 これまでにも高橋住職が部分的に修繕してきたが、随所で破損が進行しており、根本的な修理が必要になったという。文化財建造物保存技術協会(東京)が昨年、大規模修理に向けた調査に入り、高度な専門性などを必要とする文化庁の特殊修理事業に選ばれた。
 事業期間は2029年12月までの予定で、総事業費は約22億円の見込み。設計費などを盛り込んだ本年度事業費は1500万円で、国が75%を補助、残りを県、市、大安禅寺で3等分する。
 修理する8棟は本堂、庫裏、開山堂、開基堂、鐘楼、山門、宝庫、塀中門。各建物で柱の沈下や傾き、屋根の雨漏り、床下の腐朽が進んでおり、本堂と庫裏は特に破損の度合いが大きいという。修理は建物の大部分を解体し、柱やはりなどはそのまま活用、傷みが激しい部材は新しい材料を使う。耐震補強や防災設備の整備にも取り組む。
 修理の期間中も拝観は可能で、1996年建築の枯木(こぼく)堂を仮の本堂とする。修理現場の特別公開も行う予定。

“国重要文化財の寺、11年22億円かけ解体修理 福井の大安禅寺(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)

情報元 : ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000000-minkeiv-l11
 ウニクス上里で10月27日、映画「たった一度の歌」で本庄・児玉の魅力再発見というテーマのイベントが行われた。NPO法人未来のチカラ育成協会の佐々木輝伸副理事長が活動報告を行った。続いて、エグゼクティブプロデューサーの川上芳男さんと監督の宮武由衣さんが映画製作のエピソードを話した。最後に農業合唱団「ナレッジ・ステープル・シンガーズ」が映画の劇中歌「LIFE」や「永遠の川」などを歌った。(本庄経済新聞)

“ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)” の続きを読む

米の著名旅行作家監修 PR動画が完成(徳島新聞)

情報元 : 米の著名旅行作家監修 PR動画が完成(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-03124282-tokushimav-l36
 著名な米国人旅行作家のドン・ジョージさんが監修、出演した県西部2市2町の「にし阿波」地域をPRする動画(5分51秒)が完成した。世界農業遺産に認定された「にし阿波の急傾斜地農耕システム」が残る猿飼集落(つるぎ町)などを英語で紹介している。
 猿飼集落での豆の収穫作業のほか、ジョージさんが国重要伝統的建造物群保存地区の落合集落(三好市東祖谷)を巡る様子を収録。祖谷地区の民謡や特産のソバを楽しみながら「私にとって地球上で最もお気に入りの場所の一つ。あなたにとってもそうなることを願う」とPRしている。
 三好市の大歩危・祖谷地区は、米大手旅行雑誌「トラベル+レジャー」の「2018年に訪れるべき50の旅行地」に選ばれた。海外からの注目が集まっているチャンスを生かそうと、県が動画制作を企画し、ジョージさんに依頼した。
 ジョージさんは年2回ほど、米国の科学・教育関係の非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の会員向けツアー同行者として県西部を訪問し、協会の旅行誌にも寄稿している。
 動画は、投稿サイト「ユーチューブ」などで配信している。

“米の著名旅行作家監修 PR動画が完成(徳島新聞)” の続きを読む

日本最大級の洋菓子コンテスト 徳島県人パティシエ入賞(徳島新聞)

情報元 : 日本最大級の洋菓子コンテスト 徳島県人パティシエ入賞(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-03124006-tokushimav-l36
 全国の洋菓子職人が腕前を競う日本最大級のコンテスト「ジャパン・ケーキショー東京」で、アグネスホテル徳島(徳島市)の山本紗貴さん(26)=同市南昭和町6=が「チョコレート工芸菓子部門」で第1席の連合会会長賞と特別賞「カレボー賞」に輝いた。菓子工房みずほ(吉野川市)の山本尚矢さん(28)=阿波市土成町土成=も「ピエス・アーティスティック(アメ)部門」で第4席の銀賞を受賞した。
 山本紗貴さんの作品コンセプトは「登竜門」。急流を登り切ったコイは竜になるという伝承になぞらえ、躍動感あふれる竜とコイをデザインした。扇やシャクヤク、桜の花なども添え、高さ約90センチの大作に仕上げた。
 山本尚矢さんの作品は高さ約50センチで、ピエロが飛んでいる姿をあめ細工で表現。光沢が出るように温度や硬さを調整し、花1輪につき約100枚の花びらを付けている。
 コンテストは日本洋菓子協会連合会などが主催。10月9~11日に東京都で開かれ、15部門に全国から約2千点が出品された。チョコレート工芸菓子部門には42点、ピエス・アーティスティック部門には204点の出品があった。
 山本紗貴さんは2013年から出品しており、これまでに2部門で2度の銅賞を受けた。「もっと立体感が出せるよう腕を磨いていきたい」と前を見据える。山本尚矢さんは2回目の出品で射止めた。「次回は銀賞以上を目指して頑張る」と話した。

“日本最大級の洋菓子コンテスト 徳島県人パティシエ入賞(徳島新聞)” の続きを読む

山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000064-minkei-l06
総菜店「29DeliNakajima」(山形市相生町8、TEL023-631-5519)が移転リニューアルオープンして1カ月がたった。(山形経済新聞)「29DeliNakajima」外観 1898(明治31)年創業の食肉卸「中島商店」直営の総菜店として2010年にオープンした同店。中島商店の隣に移転し店舗を拡張した新店舗には、カウンターやテラス席を12席設け、イートインにも対応している。
 店頭では、ヒレカツ(97円)や豚メンチカツ(86円)、肉団子(48円)など、国産の牛肉や豚肉を使った自家製総菜を中心に提供。日替わり弁当(410円)をはじめ、牛丼(540円)、中華丼(540円)などの弁当も販売しているほか、事前予約でオードブルの注文にも対応する。
 中島商店専務の中島ちゑ子さんは「メニューは、『肉屋の手作りのおかず』を意識し、地元のみなさんが笑顔になる総菜を目指している。総菜や弁当の販売が地域活性化につながれば」と話す。
 営業時間は11時30分~19時。土曜・日曜・祝日定休。

“山形・相生町に総菜店「29 Deli Nakajima」 創業120年の食肉卸直営店 /山形(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

同僚の似顔絵が好評(宮崎日日新聞)

情報元 : 同僚の似顔絵が好評(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00014073-miyazaki-l45
 ◎…特徴をばっちり押さえています-。宮崎市の九州労働金庫宮崎支店の藤丸泰輔さん(30)は、趣味で同僚の似顔絵を描いている=写真。「素人の見よう見まね」と言うがかなり好評のようだ。
 ◎…約2年前、ひょんなことから当時の支店長の似顔絵を描いたのがきっかけ。「名刺代わりにお客さまの所に持っていきたい」と同僚から頼まれるようになり、他の支店からも依頼が来るほど。
 ◎…本人から「もう少し細く描けない?」と言われることもあるという。しかし、顧客からは「似てる!」と抜群の反応があり、1枚の絵を巡り、あちこちで“笑顔の貯金”がたまっているようだ。

“同僚の似顔絵が好評(宮崎日日新聞)” の続きを読む

フラッシュ暗算で優勝 杵川君ギネス更新 三重県知事に報告(伊勢新聞)

情報元 : フラッシュ暗算で優勝 杵川君ギネス更新 三重県知事に報告(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00001108-isenp-l24
 名古屋工業大工学部一年の杵川日向雅君(19)=津市河辺町=が27日、三重県庁を訪れ、鈴木英敬知事に全日本珠算選手権大会のフラッシュ暗算で優勝したと報告した。杵川君はこの大会でギネス世界記録を0・02秒更新し、近く登録される見通し。
 フラッシュ暗算は3桁の数字15個を足し算する速さと正確さを競う。杵川君は大会で1・66秒を記録。これまでの大会成績は平成28年度の2位が最高だったが、初めて日本一に輝いた上、ギネス世界記録の1・68秒から記録を塗り替えた。
 杵川君は「日本一を目標に練習してきた。、今までの努力が実を結んだ」と喜び「来年の大会でもう一度日本一になって今回のギネス記録を自分で更新したい」と述べた。鈴木知事は「そろばん全体の発展につながる。ぜひ記録を塗り替えてほしい」と祝福した。
 大会は全国珠算教育連盟が8日に京都市の国立京都国際会館で開いた。国内外から686人が出場した。

“フラッシュ暗算で優勝 杵川君ギネス更新 三重県知事に報告(伊勢新聞)” の続きを読む

変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)

情報元 : 変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010000-jomo-l10
 セーブオンの群馬県内の店舗が31日午前7時に看板を下ろし、35年の地場コンビニの灯が消える。本格的な人口減少を迎える中、コンビニが提供する「便利さ」は地域の活力維持に欠かせない生活基盤になりつつある。
 店内にみそだれの香りが漂った。今月中旬、コンビニエンスストア「セーブオン吉岡上野田南店」。店頭で調理する焼きまんじゅうを目当てに母親と共に訪れた榛東村の主婦(48)は「地元のコンビニでしょ。よく使うセーブオンがなくなるのは残念」と寂しげに注文し、焼きたてを受け取った。
 セーブオン(前橋市)は今月末、自社ブランドでの営業を終了する。県内に159店(7月末現在)ある店舗は一部の完全閉店を除き、改装を経て約1カ月後から順次、「ローソン」に変わる。同社はその後、ローソン(東京都)と2017年1月に結んだフランチャイズ(FC)契約に基づき、メガFCとしてローソン店舗の運営に当たる。
 セーブオンは地域色のある商品づくりに定評があった。県内5店で販売する焼きまんじゅう(1串150円)はその代表格。ただ、ローソンへの転換後は他のオリジナル商品も含め「扱いは協議中」(セーブオン)としており、常連客から惜しむ声が上がる。
 納入業者も不安を隠さない。セーブオンに「ぐんまちゃんヌードル」などを卸す大黒食品工業(玉村町)は転換後の出荷について、「推移を見守るしかない」としている。
 高崎市内のパスタ店が競うイベント「キングオブパスタ」では、最高位を勝ち取ったパスタを期間限定でセーブオンが商品化してきた。キングオブパスタ実行委員会の井上幸己事務局長は「継続をお願いして、ローソンの販売網で広がればうれしいが、どうなるか分からない」と困惑する。
 セーブオンは、スーパーのベイシア(前橋市)グループのコンビニとして1983年に渋川市行幸田で1号店を開いた。商品調達力を背景に低価格路線を進め、48円アイス、298円弁当、男性客に人気のボリューム感のあるメニューを並べ、エリアは最大10県、店舗数は2015年に605店へとそれぞれ広げた。

“変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)” の続きを読む

八戸の「大慈寺(糠塚)」、本堂・山門・経蔵が青森県重宝に指定 /青森(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 八戸の「大慈寺(糠塚)」、本堂・山門・経蔵が青森県重宝に指定 /青森(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000036-minkei-l02
 八戸の「大慈寺(糠塚)」(八戸市長者1)本堂、山門・経蔵が8月20日、青森県の県重宝(建築物)に指定され27日に指定書交付式が行われた。(八戸経済新聞)指定書交付式の様子 福聚(じゅ)山大慈寺は延宝年間(1673-1681)に創立され、現行の伽藍(がらん)は1805(文化2)年に本堂を再建したことに始まり、1831(天保2)年に山門、1831(安政5)年に経蔵が建立された。山門と経蔵は1963(昭和38)年に八戸市の文化財に指定されている。
 本堂は1805(文化2)年再建の棟札が残り建築年代が明確で、本堂内部の和様の意匠は青森県内にない。山門は1831(天保2)年の棟札が残り、建築年代及び棟梁が明確で、下層中央の琴柱花頭(ことじかとう)の形式を取る通路は全国にも例がないと言われている。経蔵も1858(安政5)年建立の棟札により建立の発起から完工までの経過が明確で、東北でも極めて少ない大型経蔵であることが評価され指定に至った。
 青森県教育庁文化財保護課は「大慈寺の山門、本堂、経蔵はその意匠(様式)が青森県内には他にないということで、文化財保護審議委員会への答申を経て指定となった。さらに保存に努めてもらうとともに、せっかくの文化財なのでより多くの皆さんにご覧いただくなど、活用にも合わせて努めてもらえればありがたい。市民の皆さんにも見てもらって、保存などにご協力いただければ」と話す。
 大慈寺住職の吉田隆法さんは「県重宝の指定は大変名誉なこと。相応の覚悟もしていかなければならない。今回の重宝指定を若い人にもわかりやすく説明板を設置するなど考えている」と気を引き締める。

“八戸の「大慈寺(糠塚)」、本堂・山門・経蔵が青森県重宝に指定 /青森(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む