「また帰ってくるね」 県内Uターンラッシュ(宮崎日日新聞)

情報元 : 「また帰ってくるね」 県内Uターンラッシュ(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00013953-miyazaki-l45
 「元気でね」「また帰ってくるね」。県内でUターンラッシュが15日から始まり、宮崎市の宮崎ブーゲンビリア空港出発ロビーでは、盆に古里へ帰った家族連れや友人同士がまた会う日まで、しばらくの別れを惜しんでいた。

“「また帰ってくるね」 県内Uターンラッシュ(宮崎日日新聞)” の続きを読む

尾崎大顕氏が死去 延暦寺一山行光坊住職、天台宗大僧正(京都新聞)

情報元 : 尾崎大顕氏が死去 延暦寺一山行光坊住職、天台宗大僧正(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000026-kyt-l26
 尾崎 大顕氏(おざき・だいけん=延暦寺一山行光坊住職、天台宗大僧正)6日、大津市坂本4の6の4の自宅、習禅院で死去、86歳。兵庫県出身。葬儀は延暦寺一山葬として29日午前11時から大津市坂本6の1の17、生源寺で。葬儀委員長は水尾寂芳延暦寺副執行。喪主は兄弟弟子の横山照泰(よこやま・しょうたい)氏。
 比叡山西塔浄土院に12年間こもり、天台宗の厳しい行の一つ、籠(ろう)山行を1980年に満行、昭和に入って5人目だった。

“尾崎大顕氏が死去 延暦寺一山行光坊住職、天台宗大僧正(京都新聞)” の続きを読む

静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000019-at_s-l22
 静岡県などは14日、静岡空港から韓国・釜山へのチャーター便運航と、韓国・忠清南道との友好提携5周年を記念した企画ツアーをPRする街頭キャンペーンを、JR静岡駅北口で行った。
 県職員と静岡空港利用促進協議会、旅行会社の関係者計10人が、乗降客や通行人にパンフレットを配った。
 静岡-釜山間のチャーター便運航は2012年以来6年ぶりとなる。運航は韓国の航空会社「エアプサン」で、10月13~15日に双方向チャーター便を予定する。
 釜山での観光や買い物を楽しむフリープラン、釜山の名所や慶州の世界遺産を巡るツアーなどの旅行商品も用意されている。
 忠清南道へのツアーは静岡空港のソウル定期便を利用する。10月1日に出発し、忠清南道の世界遺産を巡る3泊4日の「県民友好交流団 世界遺産の公州扶余」と、11月1日出発の4泊5日「ウオーキングフェスタin百済」がある。

“静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

秋田で「漁師」になりませんか 県が漁業就業体験会 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で「漁師」になりませんか 県が漁業就業体験会 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000037-minkei-l05
 秋田県が現在、男鹿市内で9月15日~17日に開催予定の「漁業就業体験」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)
 漁業就業人口の確保や移住促進などを目的に、漁師になることを検討する主に県内在住者を対象に開く体験会。県の委託を受け、NPO法人「あきた地域資源ネットワーク」(秋田市土崎港相染町)が実施する。
 日本海に面する男鹿市と潟上市の漁港などで「大型定置網漁」「刺し網漁」「一本釣り」などの漁業体験や、秋田県水産振興センター(男鹿市)など水産関連施設や漁港で行われる競りの見学、魚のさばき方や現役漁師との談話会など、2泊3日の日程で行う。
 応募条件は、県内在住で漁業就業を検討する健康な高校生以上であることなど。18歳未満の場合は、保護者の同意が必要。参加無料。開催地までの交通費や体験期間中の食費、宿泊費などは県が負担する。応募締め切りは8月31日。問い合わせは、同NPO(TEL018-816-0610)まで。

“秋田で「漁師」になりませんか 県が漁業就業体験会 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

町田ゼルビア、屋外パブリックビューイング初開催 J2松本戦で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 町田ゼルビア、屋外パブリックビューイング初開催 J2松本戦で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000011-minkei-l13
 町田ターミナルプラザ市民広場で8月18日、FC町田ゼルビア対松本山雅FCのパブリックビューイングが行われる。ゼルビアと町田市の共催で、DAZNが映像協力する。(相模原町田経済新聞)
 屋外での公式戦パブリックビューイングは初開催。当初、7月29日のレノファ山口戦で実施する予定だったが、台風の影響で延期されていた。
 J2昇格同期の好カード。町田は暫定3位、松本は同1位で、今シーズンは町田がホームで先勝している。
 当日は、元JリーガーでクラブPRリーダーの平本一樹さんがトークイベントに参加。グッズやチケットの販売ブースなどが出店する。
 開催時間は18時30分~。入場無料。

“町田ゼルビア、屋外パブリックビューイング初開催 J2松本戦で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000001-hokuriku-l17
県無形民俗文化財「二俣いやさか踊り」(北國新聞社後援)は15日、二俣町の真宗大谷派本泉寺で行われ、住民や帰省した出身者ら約300人が調べに合わせて伝統の踊りを繰り広げた。
 浴衣やはかま姿の子どもからお年寄りまでが境内で輪になり、歌や鈴の音に合わせて、男性の勇壮な「太刀踊り」「鈴踊り」、女性のたおやかな「手踊り」「扇踊り」など6種類で踊りの輪を広げた。
 二俣いやさか踊りは、1183(寿永2)年、木曽義仲が倶利伽羅峠の合戦で平家の軍勢を破り、勝利を知らせるのろしを見た住民が喜び、踊ったのが始まりと伝えられる。

“調べに合わせ勇壮に 二俣いやさか踊り(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

アマゴつかみに歓声 大紀町 親子ら300人楽しむ 三重(伊勢新聞)

情報元 : アマゴつかみに歓声 大紀町 親子ら300人楽しむ 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000508-isenp-l24
 【度会郡】三重県大紀町崎の大内山川支流、三ケ野川で14日、「アマゴつかみ大会」があり、約300人の家族連れらでにぎわった。
 ふるさとの自然と触れ合い、川に親しみを持ってもらおうと、大内山川漁業協同組合紀勢支部(里村康広支部長)が主催。6回目の今年は、体長20―30センチのアマゴ1000匹と天然ウナギ5匹を放流した。
 川を4つに区切り、幼児―大人が年代別に分かれて川に入った。子どもらは始まりの合図とともに夢中になって魚を追い掛け、アマゴを両手でつかむと歓声を上げて喜んだ。絵が描かれた石を見つける宝探しもあった。
 京都府から家族で帰省した村田千香さんは「たくさん魚がいて楽しめた。子どもも喜んでいた」と話していた。

“アマゴつかみに歓声 大紀町 親子ら300人楽しむ 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000005-minkei-l13
 秋葉原で8月5日、「ロボットガールズNEO完成披露上映イベント」が開かれた。(アキバ経済新聞)
 「マジンガーZ」をはじめとする歴代スーパーロボットを美少女キャラ化し、2014年1月から「ロボットガールズZ」アニメーション作品として本格始動。「ロボットガールズNEO」は、「ロボットガールズZ」の新展開としてスタートした。
 廃虚と化した超未来の練馬を舞台に、「効率の悪い前時代のエネルギー」と呼ばれる光子力を使って2人きりで生活するZちゃん(=マジンガーZ)とグレちゃん(=グレートマジンガー)。人々の生活を脅かす機械仕掛けの獣「マジン」を狩り、採取したマジンのパーツを売りさばくのをなりわいとする2人の元にグレンダちゃん(=グレンダイザー)が転がり込んできた。Zちゃんたちが住むボロボロの「光子力ハウス」とは雲泥の差の、きらびやかな特別地域から逃げてきたという彼女の正体は…というストーリー。
 今回開催されたイベントは、同作品Blu-ray発売時に、映像特典として「『ロボットガールズZ』新作ぷちキャラアニメーション」を制作するために実施したクラウドファンディング出資者への返礼品の一つ。
 司会進行に「ロボットガールズZ」Zちゃん役の声優・本多真梨子さんを迎えてイベントはスタート。まずは完成したばかりの「ロボットガールズNEO」2話を上映した。続いて、「ロボットガールズNEO」のキャスト・木野日菜さん(Zちゃん)、萩原あみさん(グレちゃん)、井澤美香子さん(グレンダちゃん)の3人が登場。完成作品を見て、「制作予算に対してお金の使い方のメリハリが効いている」などのコメントを3人が述べた後、アフレコまでのせりふ練習の話や、アフレコ現場にクラウドファンディング出資者が見学に来た緊張のエピソードを披露した。
 クラウドファンディングで集まった金額「1,115万1,005円を自由に使えたら?」という質問に、萩原さんから「同作品のその後のエピソードを制作」という回答が発せられたほか、「端数の5円をおさい銭に」(木野さん)、「全身脂肪吸引してよりゴージャスに」(井澤さん)という回答も寄せられた後、締めの本多さんによる「投資信託・貯金」という現実的な回答で幕を閉じた。
 合わせて、オンラインゲーム「ロボットガールズZオンライン」に「ロボットガールズNEO」の「ニューチームZ」3人が参戦すること、「『ロボットガールズZ』新作ぷちキャラアニメーション」にキャラクター「ポセス02(オミクロンツー)」が登場することが発表された。
 「ロボットガールズNEO」の放送はANIMAXonPlayStationで8月18日から始まる。

“歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

徴兵の実態、役場の資料語る 滋賀・長浜で日露戦争企画展(京都新聞)

情報元 : 徴兵の実態、役場の資料語る 滋賀・長浜で日露戦争企画展(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000016-kyt-l25
 日露戦争(1904~05年)の徴兵の様相を伝える終戦記念企画展「明治の村からみた戦争~大郷(おおざと)村役場文書にみる日露戦争」が滋賀県長浜市大依町の浅井歴史民俗資料館で開催されている。軍の指示で徴兵業務に当たった村役場兵事係の書類が並び、庶民生活に忍び寄る戦争の恐ろしさをうかがわせる。
 大郷村(現長浜市)では同戦争の際、196人が徴兵されてロシア軍の旅順要塞(ようさい)攻略などに従事、10人が戦死したとされる。
 展示では、1945年の太平洋戦争終結時に村役場兵事係だった西邑仁平氏(故人)が同館に寄託した明治期の兵事関係文書約160点のうち、26点を初公開している。
 村の動員計画や業務遂行内容を詳しく記した「動員手簿」(04年)には、長浜駅で出征兵士が家族らに見送られて出発する様子を役人が見届けたとの報告を記載。「陸軍召集ニ関スル書類」(同)からは、05年2月11日に軍の召集令状5通を役場が受け取り、対象者宅に届けた業務が52分で完了したことがわかる。
 西邑氏は終戦時に文書の廃棄を命じられたが、徴兵の実態を後世に伝えようと保管していたという。
 企画展担当者は「働き盛りの農民が徴兵され、村に多大な負担がかかった。戦争に翻弄(ほんろう)された人々の思いを感じ取ってほしい」と話している。
 9月2日まで(月曜休館)。入館有料。同館0749(74)0101。

“徴兵の実態、役場の資料語る 滋賀・長浜で日露戦争企画展(京都新聞)” の続きを読む

岸本英雄・玄海町長が退任 人口減、歯止めできず悔い(佐賀新聞)

情報元 : 岸本英雄・玄海町長が退任 人口減、歯止めできず悔い(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-03256985-saga-l41
 玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の町長を3期務めた岸本英雄氏(65)が8日、退任した。退任式では「ついこの間、町長になったばかりのよう。12年が思った以上のスピードで通り過ぎていった」と振り返り、参加した職員約80人に「誇りを持って町民のため、ひいては自分のために仕事をして」とエールを送った。
 人口減に歯止めがかからなかったことに触れ「私の責任。今後も自分の悔いとして死んでいくのかなと思う」と述べた。その上でこれからの町づくりについて、職員に「10年、20年後にどういう町にしていけばいいのかをきちんと考えて」と促した。
 式後、職員から花束を受け取った。中には町長の似顔絵が描かれた手作りのうちわを振る職員もいた。岸本氏は「町で見かけたら声を掛けてほしい。寿命が延びる気がする」と笑顔を見せた。

“岸本英雄・玄海町長が退任 人口減、歯止めできず悔い(佐賀新聞)” の続きを読む