台風12号接近 JR西、29日始発から運転見合わせの路線も(神戸新聞NEXT)

情報元 : 台風12号接近 JR西、29日始発から運転見合わせの路線も(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000021-kobenext-l28
 強い台風12号の接近で、兵庫県内でも28日夕方以降、広い範囲に暴風や大雨警報が発令された。一部の市町は雨の降っていない時間帯から避難勧告を出したり、避難所を設けたりと早めの対策に動いた。神戸地方気象台によると、兵庫への最接近は29日明け方から朝とみられ、交通機関を中心に影響が広がる恐れがある。【画像】命を守ろう 大雨の備え特集 宍粟市は28日午後5時すぎ、西日本豪雨で土砂崩れなどが起きた地域の1408世帯を対象に「災害が発生しやすい状況にある」として避難勧告を出した。避難準備・高齢者等避難開始の情報を出す自治体もあり、各地で避難所が開設された。
 JR西日本は一部の路線で28日の最終電車を繰り上げ、神戸線では東行き、西行きとも午後10時台で運転を打ち切った。29日も神戸線では、大阪発着が午前9時ごろまでの新快速について運転を休止する。他の路線でも始発からの見合わせが生じる見込みという。
 神戸空港と関西空港を結ぶ高速船「神戸-関空ベイ・シャトル」は29日、全32便を欠航する。
 神戸地方気象台によると、29日午後6時までの24時間雨量は県北部、南部とも多い所で200ミリと予想されている。

“台風12号接近 JR西、29日始発から運転見合わせの路線も(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

那須雪崩 遺族の弁護団結成、再発防止策再検討を要求(産経新聞)

情報元 : 那須雪崩 遺族の弁護団結成、再発防止策再検討を要求(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000024-san-l09
 昨年3月、県立大田原高校の生徒と教諭の計8人が死亡した那須町の雪崩事故で27日、遺族の弁護団(団長・原田敬三弁護士)が結成され、再発防止策の再検討や適正な損害賠償などについて県と県教育委員会に申し入れた。弁護団は、県教委が設置した再発防止策を検証する連絡協議会でなく、県主導の組織による再発防止策の検討を求めている。同弁護団には6遺族が参加している。(楠城泰介)
                   ◇
 弁護団は申し入れ後に記者会見を開き、亡くなった奥公輝(まさき)さん=当時(16)=の父、勝さん(46)は「県教委の再発防止策は形だけ。再発防止策そのものに意見するような組織が必要で、制度設計から見直す必要がある」と訴えた。弁護団は、県知事と県教委が協議する「総合教育会議」に遺族をメンバーに加える形で議題に取り上げるように求めている。
 県教委は連絡協議会を9月にも初開催し、遺族らに委員として参加することを打診しているが、勝さんは「(連絡協議会は)登山活動をした結果をチェックするだけで、再発防止策に意見を出す組織とはなっていない」と回答を保留。県教委に対して、総合教育会議の実施などを要望しており、その回答を待って参加の可否を判断するとした。
 弁護団側は、処分を受けた関係者の処分や処分規定の見直しを求めたほか、ほとんどの遺族との間で県側との損害賠償交渉が進んでいないことを批判。一方で「(県教委側が)責任を認めており、事実関係は一定程度明らかになっている」として、民事訴訟には消極的な姿勢を示した。
 また、遺族らが登山講習に参加した教員らに実施したアンケート結果を公表し、対象21人のうち11人が回答したが、冬山の危険性を踏まえ、「降雪中とその翌日は行動を中止する」とした県教育長通知を知っていたのは1人だけだったという。遺族側は危機意識の欠如の裏付けと分析した。

“那須雪崩 遺族の弁護団結成、再発防止策再検討を要求(産経新聞)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で火星観望会 天文の専門家による解説も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で火星観望会 天文の専門家による解説も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000028-minkei-l13
 六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で7月27日から、観測イベント「火星接近観望会」が期間限定で開催される。(六本木経済新聞)地球から見える火星写真(©NASA) 六本木天文クラブが主催する同企画。天文の専門家による解説の下、参加者は望遠鏡を用いて火星を観望する。東京シティビュー企画・営業グループ内田芽亜理さんは「火星は約2年2カ月ごとに地球に接近し、今回は2003年以来15年ぶりの大接近となる」と話す。
 イベント期間中は望遠鏡による火星観測が行われるほか、同企画の開催に合わせて森タワー3階「プレゼンテーションルーム」で、惑星をテーマにしたトークイベントや、天体望遠鏡や「メジャーボックス」を作るキッズワークショップも開く。
 「8月上旬には金星、木星、土星、火星が同時に見える珍しいチャンスもある」と内田さん。「天文の専門家の解説を聞きながら、15年ぶりに地球に最接近する火星の観望を楽しんでいただきたい」とも。
 開催時間は10時~22時。参加には東京シティビュー「スカイデッキ」への入場券(一般=2,300円)が必要。荒天中止。8月3日まで。

“六本木ヒルズ展望台で火星観望会 天文の専門家による解説も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)

情報元 : ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000006-kobenext-l28
 城崎マリンワールド(兵庫県豊岡市瀬戸)が毎年夏に実施している、トドに水を掛けられる人気企画「スプラッシュツアー」が、今年は「びしょ濡れツアー」と名を変えて帰ってくる。トドが前足で大量の水を打ち上げる新技「水花火」を加え、内容をパワーアップした。28日から始まる。
 水花火を披露するのは、雄のシュンタ。参加者に、より豪快に水しぶきを浴びせられるようにしようと、昨年12月ごろから練習を重ねてきたという。
 「立ち泳ぎ」のような姿勢から後ろへ倒れ、着水と同時に前足で水をドーンと打ち上げる。参加者の目の前ではじけ散る水しぶきが、「まるで花火」(担当者)のようだ。
 このほど本番前のデモンストレーションが開かれ、偶然訪れていた人たちが迫力の水花火に大喜び。歓声を上げたり写真を撮ったりして楽しんでいた。
 以前のツアーと同様、記念撮影や握手、プール裏でトドに水を掛けられるプログラムもある。子ども2人と一足早く体験した太子町の夫妻は「思ったより水をかぶるので、ひんやりした。クーラーも要らないくらい」と笑顔だった。
 ツアーは8月26日まで(12~14日休み)。1回定員10人、3歳以上500円。城崎マリンワールドTEL0796・28・2300
(黒川裕生)

“ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

保存料使わず自然な味わい 東武宇都宮百貨店で「茅乃舎」だし特別販売(産経新聞)

情報元 : 保存料使わず自然な味わい 東武宇都宮百貨店で「茅乃舎」だし特別販売(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000041-san-l09
 素材の風味を生かした和風調味料ブランドとして注目を集める「茅乃舎(かやのや)」のだしが東武宇都宮百貨店(宇都宮市宮園町)で特別販売されている。30日まで。
 食品メーカー、久原(くばら)本家(福岡県久山町)が東京都内でも展開。化学調味料、保存料を使わない自然な味わいの和風だしが特徴だ。看板の茅乃舎だしや昆布、煮干し、鶏など8種類のだしを販売。だしを試飲する来店客の行列ができ、野菜だしを購入した宇都宮市の主婦、遠藤美香さん(46)は「栃木でなかなか入手できなかったのでうれしい。スープを作りたい」と笑顔。売り場責任者の上田一成さん(58)は「だしは普段意識されることが少ないが、いいものを使うと料理の味が良くなる」と呼びかけた。

“保存料使わず自然な味わい 東武宇都宮百貨店で「茅乃舎」だし特別販売(産経新聞)” の続きを読む

船舶避難、イベント中止影響広がる 台風12号接近―賀茂地区(伊豆新聞)

情報元 : 船舶避難、イベント中止影響広がる 台風12号接近―賀茂地区(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000002-izu-l22
 ■海難、災害に注意を
 強い台風12号の本州接近に伴い、賀茂地区では漁業や観光業に影響が出始めている。27日までに、遊覧船や多くの漁船が風待ち港の下田港に避難し、各種イベントが中止・延期になるなどしている。各市町などは海難事故や土砂災害などに注意するよう住民に呼び掛けている。
 ■稲生沢川河口に遊覧船や漁船―下田
 下田市の伊豆クルーズは26日夕方から、下田港内や南伊豆町の石廊崎沖を遊覧船で巡るツアーを中止している。高波や強風を避けるため、遊覧船「サスケハナ号」を稲生沢川河口に避難させ、他の漁船やクルーズ船と共に係留している。
 静岡地方気象台によると、台風は28日夕方から夜半にかけて静岡県に最接近するとみられる。同気象台は「伊豆半島周辺海域は28日昼ごろから猛烈なしけになる可能性が高いので、高波などに十分注意してほしい」と呼び掛けており、市も「直撃の場合、水害や土砂崩れなどが発生することも考えられる」と警戒を強めている。
 ■盆踊り大会4日に延期―稲取
 東伊豆町稲取で28日に予定していた13年ぶりの盆踊り大会「ina盆(いなぼん)」は、台風12号接近に伴い8月4日に延期した。花火は中止にした。
 大会は、活気ある町づくりを目指す地元若手有志の実行委員会(西塚良恵委員長)主催の参加型イベント。町役場前海側で午後6時半~9時半、三味線や太鼓、かねの生演奏を含む盆踊り、発光ダイオード(LED)マッピングなどを繰り広げる。問い合わせは実行委〈携帯080(9111)5050〉へ。
 ■きょう、あすの祭典日程変更―下田・津島神社
 台風の接近に伴い下田市の須崎区(宮川昭男区長)は28、29日の津島神社祭典の日程を一部変更する。28日の子供神輿の巡行と津島会による露店を中止し、28日の若衆による夕刻時の太鼓巡行は当日の天候で決定、29日の神輿と太鼓巡行は予定通り決行する。
 ■きょうのカジキ釣り大会延期―下田
 台風の接近に伴い、下田市の「まちおこしカジキサポートクラブ」(佐野晃一会長)は、28日に予定していた「CABOカップ・カジキ釣り大会」を8月18日に延期した。
 【写説】台風12号の接近に備えて河口で待機する遊覧船や漁船=下田市の下田港

“船舶避難、イベント中止影響広がる 台風12号接近―賀茂地区(伊豆新聞)” の続きを読む

ベートーベン第九アジア初演100周年記念事業 徳島からも福島へ(徳島新聞)

情報元 : ベートーベン第九アジア初演100周年記念事業 徳島からも福島へ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-03076986-tokushimav-l36
 ベートーベンの交響曲「第九」のアジア初演100年に合わせ、9月24日に福島県会津若松市で開かれる記念演奏会に、認定NPO法人鳴門「第九」を歌う会の会員33人が参加する。徳島阿波おどり空港と福島空港を結ぶチャーター便が就航し、福島県などを巡る一般向けツアーも企画されている。
 記念演奏会は、第九初演を導いた板東俘虜(ふりょ)収容所の松江豊寿所長が同県会津若松市出身のため、会津第九の会が主催した。全国から募った350人の歌い手が歌うほか、同会の小熊慎司会長が「会津魂と第九」と題して講演する。
 歌う会のメンバーは、23日にチャーター便(定員82人)で福島県入りし、リハーサルを経て24日の演奏会に臨む。25日は松江所長の墓などを訪ねる。
 同会の飯原道代副理事(70)は「6月の鳴門での演奏会は、福島の人たちも盛り上げてくれた。恩返しするためにも、精いっぱい歌いたい」と意気込んでいる。
 エアトラベル徳島(徳島市)のツアーは2泊3日で、鶴ケ城(会津若松市)、五色沼(北塩原村)、日光東照宮(栃木県日光市)を巡る。定員40人。
 問い合わせはエアトラベル徳島<電088(625)0220>

“ベートーベン第九アジア初演100周年記念事業 徳島からも福島へ(徳島新聞)” の続きを読む

<連載>やまゆり園事件と強制不妊手術【下】実名 差別に克つため(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : <連載>やまゆり園事件と強制不妊手術【下】実名 差別に克つため(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00028085-kana-l14
【やまゆり園事件取材班=川島秀宜、石川泰大】津久井やまゆり園(相模原市)で入所者19人が殺害された事件から2年。起訴された植松聖被告(28)は、なおも命の優劣に偏執する。旧優生保護法(1948-96年)に基づく強制不妊手術の証言を引き、事件に潜む優生思想と向き合う。3回連載の最終回。
 秋風に乗った赤い風船が、北西から横浜市の園舎に舞い降りてきた。津久井やまゆり園が相模原市から昨年4月に仮移転して半年後。入倉かおる園長(61)は、天上の19人を思った。
 「届けてくれたのは、あなたでしたね」。今月23日の追悼式で弔辞に込めた。入所者が19色の折り紙でこしらえたヤマユリの造花が、祭壇を飾った。
 多彩な19人の「あなた」。県は実名による追悼を遺族と直前まで調整したが、ことしもかなわなかった。「機が熟していないと判断した」と黒岩祐治知事は悔やむ。家族会の大月和真会長(68)は「もう少しというより、だいぶ時間がかかるだろう」と察する。
 遺族の1人は、取材に「そっとしておいてください。お断りします」と話した。
 「根深い偏見と差別が、遺族の口をつぐませてしまっている」。長男、一矢さん(45)がひん死の重傷を負った尾野剛志さん(74)は、もどかしそうだった。被害者家族として唯一、事件直後から実名で証言を続ける。
 尾野さんは半面、障害者差別に抗(あらが)う萌芽もみていた。
 事件から1年半後、旧優生保護法に基づく強制不妊手術の被害者が相次いで名乗りを上げた。この機運を「やまゆりの反動」と確信する。

 厚生労働省によると、旧法下で少なくとも2万5千人が不妊手術を受け、うち1万6500人が強制された。神奈川県内でも、462人の被害が確認されている。
 ことし1月から、全国で7人が国に謝罪と補償を求めて訴訟を起こした。札幌市の小島喜久夫さん(77)は、初めて実名を明かして提訴に踏み切った。
 19歳のある日、不意に実家に現れた駐在所の巡査に手錠をはめられ、そのまま精神科病院に連行された。養親は「一生ぶちこんでやる」と息巻いた。医師の診断もないまま「精神分裂病」と決めつけられ、抵抗すると、頭部に電気ショックを見舞われた。精管を切断された。
 妻麗子さん(75)に不妊の原因を「おたふくかぜのせい」とごまかし続け、真相は決して打ち明けまいと決めていた。
 翻意させたのは、9歳女児まで手術を強いられたという報道だった。
 「こんな不条理を繰り返しちゃいけない」。2月に麗子さんに打ち明けると、「一緒に闘うから」と背中を押してくれた。
 58年間押し隠した忌まわしき過去を、素顔をさらしてメディアに告白するのは「胸をえぐられるようだった」。小島さんが院内で知り合った手術の被害者は、記憶の限り10人はいる。一度は挫折したが、「彼らがいつか立ち上がってくれるはず」と再起した。
 6月、熊本県の渡辺数美さん(73)が実名を公表して続いた。貫いた信念は正しかったと、勇気づけられた。
 誇大な盲信(もうしん)や、国家が立ちはだかろうとも、逃げも隠れもしない-。
 尾野さんと小島さんの揺るぎない覚悟は、一点で交わる。
 「いつか、差別に打ち克(か)つために」

“<連載>やまゆり園事件と強制不妊手術【下】実名 差別に克つため(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

<レジャー>ワニの赤ちゃん8頭誕生 来月中旬に公開―熱川バナナワニ園(伊豆新聞)

情報元 : <レジャー>ワニの赤ちゃん8頭誕生 来月中旬に公開―熱川バナナワニ園(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000001-izu-l22
 ■クチヒロカイマン 威嚇する姿は迫力
 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園でワニのクチヒロカイマンの赤ちゃんが8頭誕生した。小さいながらも、口を大きく開け「キュッキュッ」と威嚇する姿は迫力がある。同園は成長を見ながら8月中旬ごろの一般公開を検討している。
 同園で2004年にふ化した雌が4月29日に産卵、ふ卵器で温め7月18日に1頭、19日に4頭の人工ふ化に成功した。体長約20センチ、体重約50グラムで順調に育っているという。
 クチヒロカイマンはブラジルに生息する小型のアリゲーター科で体長2・5メートル以上、体重100キロまで成長するといわれる。生息地では希少種だが、同園ではこの数年、毎年赤ちゃんが誕生している。同園は1968(昭和43)年からワニ14種千頭以上の人工ふ化に成功しており「世界に誇れる業績」と言う。
 【写説】誕生したクチヒロカイマンの赤ちゃん=東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園(同園提供)

“<レジャー>ワニの赤ちゃん8頭誕生 来月中旬に公開―熱川バナナワニ園(伊豆新聞)” の続きを読む

大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000007-ibaraki-l08
住民の健康寿命の延伸を図るため、大子町は民間大手企業と連携、各企業の健康長寿のノウハウを活用した事業に着手した。企業の担当者が毎月1回、同町に出向いて講習会を開催、筋力アップ体操や口腔(こうくう)ケア、栄養指導など多方面から健康寿命をサポートする。参画するのは食品やスポーツ、音楽関係など約10社で、綿引久男町長は「高齢化が進む中、企業の健康づくりの知識を生かし、町民の健康を守りたい」と期待を寄せる。
同事業初回の19日、高齢者約40人が参加。町文化福祉会館で、カラオケ事業を展開する企業が、音楽を使った体操教室を開いた。参加者は音楽に合わせて体を動かし、ステップを踏みながら手をたたくなどした。
母音発声の練習を交えた軽い有酸素運動も実施。参加者は笑顔で、懸命に体をひねるなどしていた。同町浅川の都筑均さん(68)は「単なる筋トレと違い、音楽を聞きながらやれば、自然に体が動く」と話した。

“大子町 音楽に合わせステップ 企業と連携健康講習会 長寿へサポート(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む