アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)

情報元 : アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00010000-jomo-l10
 過食と嘔吐(おうと)を繰り返したり、食事をほとんど取らなくなったりする摂食障害。万引したとして窃盗罪に問われ、前橋地裁太田支部で猶予判決を受けた元マラソン日本代表の原裕美子さん(36)は現役時代に発症し、現在も治療を続ける。厳しい体重管理に心身をむしばまれるアスリートは珍しくない。専門家は「極端な食事制限はかえって選手生命を縮めることになる」と警鐘を鳴らす。
 「1日に4~6回の体重測定があり、何グラム増やしてはいけないと決まっていた」。原さんは今月3日の判決後に開いた記者会見で、実業団時代に強いられた過酷な減量を明かした。「ペットをしつけるような」管理とは裏腹に、食べ物への執着が強くなったという。
 善悪の判断がつかなくなるという摂食障害の恐ろしさを語り、「幼い頃から体重管理をしたり、無理をさせたりするチームは多い。指導者は選手を長い目で見て、自分のように苦しむ選手を出さないでほしい」と訴えた。
 高校、大学で陸上部に所属した群馬県内の20代女性は「監督の前で体重計に乗るのが嫌だった」と振り返る。もともと食欲旺盛だったが、高校では体重が増えるのを恐れて食べられなくなり激やせ。その後、隠れて大食いするようになり、15キロほど太った。
 大学でも食欲は抑えられず、周りには吐いて体形を維持する部員もいた。「食べちゃ駄目、と頭ごなしに言われるから余計食べたくなる。なぜ体重管理しなくてはいけないのか、選手に分かるような丁寧な指導が必要ではないか」と話した。
 高崎健康福祉大の木村典代(みちよ)教授(スポーツ栄養学)は「過酷な食事制限は栄養素の不足を起こし、免疫力や気力、判断力まで低下させる。食べることは頑張った褒美でもあり、結果的に選手生命の維持につながる」と指摘した。
 体重測定や食事制限をあえてしないのは、ヤマダ電機陸上競技部女子中長距離部門の森川賢一監督(60)だ。体形や感覚の変化を基に本人が管理するよう指導しており、「ストイックで真面目な選手ほど摂食障害になりやすい。指導者も選手も、やせないと走れないという意識から脱却しなければいけない」と強調する。
 原さんは「摂食障害を絶対に治す」と宣言、治せる病気だと伝えていきたいとした。摂食障害を克服し、これまで約90人の相談に応じてきた沢崎聡子さん(25)=高崎市=は「摂食障害はいくつかの原因が重なって発症する場合が多く、複合的な治療が必要。原さんのように本人が覚悟を決め、周りが治療に専念できる環境をつくってあげることが大事」と話す。

“アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)” の続きを読む

迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00010003-iwanichi-l03
 ラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催実行委員会は29日、釜石会場での開催300日前に合わせ、県庁前の懸垂幕をリニューアルした。試合日程のほか、前大会の迫力の試合などをデザインし、世界が注目する大会本番への期待感を高めている。「かまリン」がキック! ボディーシールで応援 懸垂幕は、釜石開催1000日前の16年12月に初めて設置。釜石会場での対戦カードや試合日程が記載されたシンプルなものだったが、大会300日前のタイミングで全ての出場国が出そろったことから、リニューアルした。
 サイズは高さ約9・5メートル、幅約2・0メートル。富士山のイラストをバックにフィジー、ウルグアイ、ナミビア、カナダの各出場国の国旗をデザインした物と、日本代表が南アフリカを下し、「世紀の番狂わせ」と称された15年イングランド大会の一場面をあしらったものの計2枚。盛岡市内丸の県議会棟前の広告塔に取り付けられ、道行く人の目を引いている。
 釜石会場では「フィジー-ウルグアイ」(9月25日)と「ナミビア-カナダ」(10月13日)の2試合が行われる。県ラグビーW杯2019推進室の菊池太介主任は「懸垂幕は大会の華々しさとラグビーの力強さを表現したデザイン。大会本番の盛り上がりへ期待を高めてもらえれば」と話していた。

“迫力・華々しさ表現 ラグビーW杯PR懸垂幕 300日前、デザイン刷新【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

市川大祐さん「目標に全力で」 静岡・賤機北小で出前講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 市川大祐さん「目標に全力で」 静岡・賤機北小で出前講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000024-at_s-l22
 サッカーJ1清水エスパルスなどは21日、出前講座「エスパルスドリーム教室」を静岡市葵区の市立賤機北小で開いた。元日本代表でエスパルス普及部コーチの市川大祐さんが講師を務め、「目の前の目標に全力で取り組んでほしい」と子どもたちにメッセージを送った。
 市川さんは練習と食事、休息の質を高める重要性を紹介した上で「チャンスをつかむため、今できる最高の準備をしてほしい」と語った。けがなどにより両足で計13回もの手術をした自身の経験を振り返り、「苦しい時でも学び続ける姿勢を持ってほしい」と呼び掛けた。
 5、6年生計11人が参加した。女子児童(11)は「自分も習い事のバレーボールや勉強に全力で挑戦してみたいと思った」と話した。

“市川大祐さん「目標に全力で」 静岡・賤機北小で出前講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00031034-kana-l14
 事故や病気で手や足を失った人たちがプレーするアンプティサッカーの第8回日本選手権が17、18の両日、川崎市川崎区の富士通スタジアム川崎で開かれる。入場無料。スピード感あふれるドリブルや接触プレーの激しさなど、競技の魅力を体感できる。
 アンプティサッカーは7人制で、片足を失った人が杖(つえ)を使ってフィールドプレーヤーを、手を失った人がゴールキーパーを務める。日本代表も組織され、今月上旬までメキシコで行われたワールドカップでは過去最高の10位になるなど、近年普及が進んでいる。
 大会は日本アンプティサッカー協会の主催で、全国の7チームが出場。17日にリーグ戦を行い、18日に順位決定トーナメントが行われる。チアリーディングによるパフォーマンスも予定、練習ピッチでは選手や指導者による体験会も開かれる。
 共催する市は「義足を外して戦う選手たちの華麗で激しいプレーをぜひ見てもらいたい」と来場を呼び掛けている。
 17日は午前10時半~午後7時20分。18日は午前9時半~午後5時。体験会は17日午後1時半~午後2時、18日午後0時半~午後1時。問い合わせは、市市民スポーツ室電話044(200)3544。

“義足外して熱戦 障害者サッカー 17・18日に川崎で大会(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

世界デフバスケ準V報告 日本代表の越前さん、鈴木さん(福島民友新聞)

情報元 : 世界デフバスケ準V報告 日本代表の越前さん、鈴木さん(福島民友新聞)福島民友新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00010020-minyu-l07
 U21(21歳以下)のデフバスケットボール(聴覚障害者のバスケットボール)世界選手権に日本代表として出場した、越前由喜さん(19)=西郷村出身、宮城教育大2年=と鈴木陸斗さん(15)=いわき市出身、県立聴覚支援学校中学部3年=は10日、県庁に内堀雅雄知事を表敬訪問し、成績を報告した。
 同世界選手権は国際デフバスケットボール連盟主催の国際大会の一つで、7月6~14日、米国ワシントンで行われた。日本代表は初出場ながら、男女ともに準優勝の好成績を挙げた。
 懇談では、越前さん、鈴木さんともに「日本代表は出場チームの中で平均身長が最も低かったが、それでも日本らしい戦いをすることができた」などと話し、予選リーグから続いた激戦の内容を報告。
 内堀知事は「練習の先に2人の夢が現実になることを願う」などと語り、さらなる活躍に向けて励ました。

“世界デフバスケ準V報告 日本代表の越前さん、鈴木さん(福島民友新聞)” の続きを読む

桐生選手や山縣選手も練習参加 富士北麓公園に屋内練習走路が完成(UTYテレビ山梨)

情報元 : 桐生選手や山縣選手も練習参加 富士北麓公園に屋内練習走路が完成(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000003-utyv-l19
山梨県富士吉田市の富士北麓公園に、陸上競技の屋内練習走路が完成しました。
今月のアジア大会に臨む陸上男子短距離の日本代表選手が走り初めを行い、完成を祝いました。
「屋内練習場は長さが130メートルあります、床はオリンピック会場と同じウレタン素材が使われています、さらに走り幅跳びや三段跳びが出来る砂場もあるんです」(記者)。
屋内練習走路は東京オリンピックや世界大会で海外を含めた選手たちの合宿の利用を見据え、山梨県が建設しました。
3日は陸上男子日本代表の短距離チームが県内の子どもたちと屋内走路で一緒に走り、完成を祝いました。
日本陸上競技連盟によりますと、標高1000メートルの立地で100メートル以上の屋内練習場は全国でも非常に珍しく、心肺機能の強化にも適しているということです。
「(選手の)手がすごくふれていてとても速かった」「代表選手が来てくれてもっと強くなりたいと思った」(選手と走った子ども)。
その後、選手たちは今月18日にインドネシアで開幕するアジア大会に向けた練習を公開しました。
練習には日本人初の100メートル9秒台を出した桐生祥秀選手や山縣亮太選手など8人が参加し、大会に向けたフォームの確認など軽めのメニューで、およそ1時間汗を流しました。
「(富士北麓公園は)個人的にも良い思い出もあるし、ここで代表に入ったと実感がわく場所で、ここで勢いをつけて世界に出て行くというやる気の出る場所です」(山縣亮太選手)。
日本代表の合宿は今月10日まで行われます。
[UTYテレビ山梨]

“桐生選手や山縣選手も練習参加 富士北麓公園に屋内練習走路が完成(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010002-teletama-l11
2020年の東京オリンピックまでいよいよあと2年。県内でもオリンピック開催の気運を高めようと、埼玉にゆかりのあるアスリートたちによるイベントが行われました。
21日のイベントでは記念セレモニーが開かれ、出席した上田知事は「聖火リレーのコースが決まるなど着々と準備が進んでいる。オリンピックでは埼玉の伝統や文化もPRしていきたい」とあいさつしました。
続いて、毛呂山町出身で競泳男子の瀬戸大也選手や、2大会連続で銅メダルを獲得した越谷市出身で元競泳選手の星奈津美さんなど6人のオリンピアンとスペシャルゲストが登壇し、2020人の県民が参加して制作した「フォトモザイクアート」がお披露目されました。そして、瀬戸選手らに大会を盛り上げる「SAITAMAPRIDEスペシャルアンバサダー」が委嘱されました。
瀬戸選手は「東京オリンピックを現役として迎えられるのは幸せなこと。埼玉代表、日本代表として活躍できるよう頑張ります」と大会への意気込みを語りました。

“越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む

NBA入りめざし米国で注目高まる!バスケ渡辺雄太選手が香川に里帰り(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : NBA入りめざし米国で注目高まる!バスケ渡辺雄太選手が香川に里帰り(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010011-ksbv-l37
 香川県の尽誠学園高校出身で、アメリカでバスケットボールNBA入りを目指す渡辺雄太選手が、香川県の浜田知事を表敬訪問しました。
 香川県庁を訪れたのは、この春、アメリカのジョージ・ワシントン大学を卒業した渡辺雄太選手です。
 渡辺選手はバスケットボールリーグの最高峰であるNBA入りを目指す注目選手です。
 渡辺選手は7月13日までラスベガスで開かれていたNBAへの登竜門、サマーリーグに参加していました。
 15日に帰国し、16日、2年ぶりに香川県三木町に里帰りしました。
 17日は香川県の浜田知事にサイン入りのポロシャツをプレゼントし、NBAでの活躍を誓いました。
(渡辺雄太選手)
「2020年にNBA選手として日本に帰ってきて、日本代表の一員として、世界の強豪国相手にプレーできたらなと思っております。香川にいる間に、できるだけたくさんうどんを食べたいなと思っております」

“NBA入りめざし米国で注目高まる!バスケ渡辺雄太選手が香川に里帰り(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)

情報元 : 東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010013-minyu-l07
 2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした福島県産農林水産物の消費や販路の拡大に向け、県は19日、東京都のホテルで試食商談会を開き、選手村への料理提供が有力視される首都圏のケータリング会社などのバイヤーらに県産食材の高い品質をアピールした。
 商談会は、県や県内市町村、JA福島中央会、全農県本部、県漁連などが6月に発表した新たなプロジェクト「ふくしまプライド。フードアクション宣言」の第1弾となる事業。流通業者や小売店、総菜・弁当の製造販売業者、ホテル関係者ら参加した約400人に、県内30の生産団体や事業者が県産食材を売り込んだ。
 サッカー日本代表の専属シェフとしてワールドカップ(W杯)ロシア大会に帯同した西芳照さん(広野町在住)が会場でライブキッチンを披露し、県産食材のPRに一役買った。

“東京五輪で福島の食材を 都内で商談会、バイヤーらにアピール(福島民友新聞)” の続きを読む

女子バドミントン界の『金の卵』久湊菜々(15) 打つコース読ませない変幻自在の“前腕”(CBCテレビ)

情報元 : 女子バドミントン界の『金の卵』久湊菜々(15) 打つコース読ませない変幻自在の“前腕”(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010000-cbc-l23
リオオリンピックで、日本バドミントン界初の金メダルを、女子ダブルス高松礼華選手・松友美佐紀選手ペアが獲得。
さらに女子シングルスでも、奥原希望選手が銅メダルを獲得し、一気に盛り上がったバドミントン界!
2年後の東京オリンピックでもメダルが期待される中、愛知に未来の日本代表候補がいました。
まだあどけなさが残る15歳。名古屋出身の中学3年生・久湊菜々(ひさみなとなな)選手です!
小学生時代から、全国大会で好成績を収め、去年は16歳以下の日本代表選手として、アジア選手権で銅メダルを獲得!
さらに7月8日に行われた大会では、3学年上の高校3年生、愛知県ナンバー2の選手を相手に、見事セットカウント2-0で完勝!
久湊菜々選手:
「一番近くの目標は、全国中学校バドミントン大会で優勝することなので、それに向けて今回ダメだったところを修正していきたいです」
一体、彼女のどこに“強さのヒミツ”があるのでしょうか?
元全日本総合女子ダブルス5連覇の小椋久美子さんに試合映像を見てもらうと…。
小椋久美子さん:
「身体はそんなに大きくないんですが、走れる足があるから、打った後に『次ココに来るから走ろう』と思って多分打っているんですよね。なかなか読みの部分を勉強したとしても、習得するのは難しいので、“読みの才能”があると思いますね」
小椋さんも絶賛する才能!
「もっと久湊選手の事を知りたい!」と、彼女の練習拠点に鼻息荒目でやってきたのはCBCの若狭敬一アナウンサー。
久湊選手が練習する、愛知県大府市の「はりーあっぷジュニア」には、小学生から高校生まで約40人が所属。体育館は大勢の選手たちの熱気であふれていました。
そこで若狭アナが久湊選手の強さのヒミツを調査!普段から彼女を見ている子供たちに聞くと…?
女の子:「強い!」
別の女の子:「スマッシュが速い」
男の子:「動きが素早い」
別の男の子:「コースが良い」

“女子バドミントン界の『金の卵』久湊菜々(15) 打つコース読ませない変幻自在の“前腕”(CBCテレビ)” の続きを読む