茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)

情報元 : 茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00695380-hokkoku-l17
 2月最初の週末の2日、石川県内は日中の最高気温が金沢10・0度など前日より5~7度高くなった。穏やかな天気の中、金沢市のひがし茶屋街は、中華圏の旧正月「春節」の休みを利用する外国人旅行者でにぎわった。
 台湾・台北市から家族で来た王堯鈞さんは「街並みが落ち着いていて良い。金箔ソフトクリームを楽しみに来ました」と笑顔を見せた。
 金沢地方気象台によると節分の3日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りで夕方から雨の見込み。南から暖かい空気が入り、最高気温は金沢12度、輪島11度と3月下旬並みを予想する。

“茶屋街、春節のにぎわい 金沢、中華圏から観光客(北國新聞社)” の続きを読む

立春寒波が来る! でも北日本限定?(北海道ニュースUHB)

情報元 : 立春寒波が来る! でも北日本限定?(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000012-hokkaibunv-hok
 来週2月4日は『立春』、暦の上では春が始まる頃とされていますが、北海道の春はまだ先の話…厳しい寒さが続いていますね。
 しかも、最新の予報をみると、来週は『立春寒波』と呼べるほどの強い寒気が『北日本限定』でやって来そうなんです。
 現在、非常に強い寒気がシベリアで成長していて、ちょうど立春のあたりから北日本へと流れ込む予想となっています。
 7日が寒波のピークとなり、稚内の上空約1,500メートルの予想気温は-28℃と、過去60年あまりで最も低い記録を更新するかもしれません。
 それほど強い寒気がやってきますので、もちろん地上も極寒!!
 札幌の最高気温は4日の日中から急降下して、その後は-6℃くらいの日が続く見込みです。水道管の凍結や体調管理など、寒さに対する十分な注意が必要です。
 ただ、今回の寒波は、寒気の中心は非常に強いものの、南への張り出しは限定的となりそうなんです。関東~九州・沖縄は南からの暖気に覆われやすく(今年の冬の特徴)、上空の気温は平年を上回る予想です。
 北海道が立春寒波に見舞われているちょうどそのころ、約1,000キロメートル南にある八丈島の上空の気温は4月上旬並み、まさに春の暖気に覆われる予想となっています。
 真冬と初春のコントラストがくっきりと表れ、本州がうらやましくなる状況ですが、北海道も2月後半には気温が上向く予想となっています。しっかりと防寒をして、『極寒の立春』を乗り切りましょう。
 (気象予報士佐藤俊和)

“立春寒波が来る! でも北日本限定?(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)

情報元 : 明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00010001-mrov-l17
29日の石川県内は、冬型の気圧配置の影響でところによって雪の降る天気となっていて、未明から朝方にかけて冷え込みも強まりました。
北陸地方の上空には寒気が流れ込んでいます。きょうの最低気温は白山河内で氷点下1・5度を観測したほか、輪島市三井で氷点下1・2度、七尾で氷点下0・8度など5つの地点で0度を下回る寒さとなりました。
冬型の気圧配置は次第に緩み、県内は次第に高気圧に覆われてきますが、引き続き寒気の影響を受ける見込みです。
日中の最高気温は、金沢と輪島でいずれも6度が予想されていて、ほぼ平年並みとなりそうです。
また、30日の朝は放射冷却の影響を受け、各地で29日より冷え込みが厳しくなる見込みです。

“明け方にかけて荒れた天気に注意…降雪は?(MROテレビ)” の続きを読む

雨上がりの別府市に虹 雲を支える七色のアーチ /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 雨上がりの別府市に虹 雲を支える七色のアーチ /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000001-minkei-l44
 別府市で1月20日午前、虹が現れた。青空と雲の間に七色のアーチが架かった。(大分経済新聞)
 雨の上がった別府の市街地をまたぐように出現。10時30分ごろには雲を支えるくっきりとした姿を見せた。大きな虹は八幡朝見神社(別府市朝見)付近からも確認でき、参拝客らが足を止めてはスマホなどで撮影する姿が見られた。
 大分地方気象台によると、21日は県内全域で晴れの予報。大分の朝の最低気温は3度で、日中の最高気温は12度。

“雨上がりの別府市に虹 雲を支える七色のアーチ /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

炎高く 願い届け(北國新聞社)

情報元 : 炎高く 願い届け(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00688771-hokkoku-l17
 小正月の15日、石川県内は曇りとなり、南から暖かい空気が吹き込んだ影響で気温が上昇した。正午までの最高気温は金沢13・1度、小松12・4度など3月下旬並みとなった。白山市の白山比咩神社では左義長祭が営まれ、参拝者が正月飾りや書き初めなどを燃やし、無病息災や書の上達を願った。
 拝殿で祭典が行われ、村山和臣宮司が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)が神楽を奉納した。神職が火鑽(ひき)り具で起こした忌火を地元の中学生7人がたいまつに移し、青竹とわらで組み上げた高さ約10メートル、直径約6メートルの「どんど」に点火した。

“炎高く 願い届け(北國新聞社)” の続きを読む

熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000001-rkkv-l43
今シーズン一番の強い寒気の影響で、県内は雪が降っている所があり、日中も厳しい寒さが続きそうです。
阿蘇郡南小国町の標高およそ900メートル瀬の本高原では、今シーズン初めての雪となり、朝から断続的に雪が降っています。
28日朝の最低気温は、南小国町で氷点下3.9℃観光レストランの駐車場などでは、うっすらと白くなったところもあり、訪れた観光客も寒そうにしていました。
「九州って暖かい所って思って来たので震え上がっています」(埼玉県からの男性)
「えっとなんかすごい冷たくてざらざらする」(大分県からの女の子)
気象台は28日熊本市でも初雪を観測しています。
強い寒気の影響で日中も気温が上がらず、最高気温は阿蘇市乙姫で0℃熊本市で5℃の予想です。
28日は、天草市でも雪がちらつき午後も雪が降る厳しい寒さとなりそうです。

“熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)” の続きを読む

大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000001-minkei-l44
 秋晴れとなった11月10日、大分市の中心街を人力車が駆け抜けた。(大分経済新聞)
 大分市が大分城址公園(大分市荷揚町4)で開いたイベント「府内城見聞食」の一貫。JR大分駅や商店街にいる市民や観光客を会場に呼び込もうと「一日限定・無料」で実施した。
 えびす屋湯布院(由布市湯布院町川上、TEL0977-28-4466)が3台を持ち込み、旧パルコ跡地(大分市府内町1)と同公園を結ぶ片道約900メートルのコースを往復。筆頭主任の津田貴之さん(35)は「こういったイベントで、大分市内で引くのは初めて。街中はどこも平らですごく走りやすかった」。
 10日の大分市の最高気温は21・1度。イベントが始まった16時も19・8度と冷え込むことはなく、乗り込んだ親子連れらが普段とは異なる目線やスピードを楽しんだ。
 
 大分地方気象台によると、11日の大分市は高気圧に覆われ晴れの予報。予想最高気温は20度。12日は曇りで所により雨の見込み。

“大分市の中心街に一日限定人力車 市民ら普段と異なる目線とスピード満喫 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

小中学校で始業式“暑さ対策”も(RKB毎日放送)

情報元 : 小中学校で始業式“暑さ対策”も(RKB毎日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010002-rkbv-l40
福岡県内多くの公立の小中学校できょう、2学期の始業式が行われました。
熱中症を防ぐため会場を変更した学校もあります。
この夏、県内の最高気温39.5度を記録した久留米市にある江上小学校では暑さ対策のため、
いつもの体育館ではなくクーラーのある多目的室で始業式が行われました。
145人の全校児童を前に古賀晃校長は
「2学期は一番長いので頑張りましょう」と呼びかけました。
福岡県内ではきょう、多くの公立の小中学校で始業式が行われました。
福岡県教育委員会によりますと、中間市と川崎町では熱中症対策のため、
きょうを予定していた始業式を1週間遅らせています。

“小中学校で始業式“暑さ対策”も(RKB毎日放送)” の続きを読む

金沢で初の『5日連続猛暑日』 小松では最高気温36.0度 26日も熱中症への注意を(石川テレビ)

情報元 : 金沢で初の『5日連続猛暑日』 小松では最高気温36.0度 26日も熱中症への注意を(石川テレビ)石川テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000132-ishikawa-l17
 石川県内は加賀地方を中心に25日も気温がぐんぐん上昇しました。金沢では観測以来初めて5日連続で35度を超える猛暑日となりました。
 南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、石川県内は加賀地方を中心に猛暑に見舞われました。
 各地の最高気温は小松で36.0度、金沢で35.2度などとなりました。金沢では8月21日から5日間、35度を超える猛暑日が続いています。猛暑日の5日連続は気象台が統計を取り始めて以来、最も長い連続日数だということです。
 26日の金沢の最高気温は35度を下回る見込みですが、引き続き熱中症への注意が必要です。

“金沢で初の『5日連続猛暑日』 小松では最高気温36.0度 26日も熱中症への注意を(石川テレビ)” の続きを読む

お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)

情報元 : お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010002-kutvv-l39
きょうは盆の入り。高知市のわんぱーくこうちは帰省客や家族連れでにぎわいました。
きょうも気温が上がり、日中の最高気温は大栃で34.7度、高知で34.5度など県内全域で真夏日に、江川崎では35.1度と猛暑日となりました。この暑さの中、高知市のわんぱーくこうちはお盆の帰省客や観光客らでにぎわい、多くの家族連れが水遊びなどを楽しんでいました。
「楽しいです。(夏休みにしたいことは)虫取り。」
また、わんぱーくこうち内にはミストが設置されている場所があり、訪れた人たちの憩いの場になっていました。
「暑いですね今年は特に。ここ(ミストの中)はすごく涼しいですね。ありがたいです。」
暑さ対策は動物たちにも。ミストの下で休むシマウマや飼育員さんにもらった氷のペットボトルにぴったり寄り添うモルモットの姿が見られました。この暑さに日陰に大集合した動物たちもぐったり。あまりの暑さに百獣の王ライオンもこの姿。
わんぱーくこうちアニマルランドではさらにホットな話題が・・・
今月10日、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生しました。名前はまだ決まっていませんがすでに展示されています。大人のニホンカモシカと違い真っ黒な毛が特徴的で、一年もすれば親離れするということです。
お母さんカモシカに甘える可愛らしい姿を見られるのも今だけです。こちらがカモシカの赤ちゃんの写真です。お母さんにぴったり寄り添う姿が愛くるしいですよね。この夏ぜひニホンカモシカの赤ちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

“お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)” の続きを読む