市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)

情報元 : 市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-ibciwatev-l03
 岩手県盛岡市の商業施設「ななっく」が5月末で閉店することがわかりました。「ななっく」はガス爆発事故の影響で閉店した旧・中三をリニューアルした店舗で、再び中心部の核店舗が無くなることに衝撃が走っています。
 複数の関係者によりますと「ななっく」を運営している会社の担当者から一部のテナントに対し、5月末での閉店が伝えられたということです。盛岡市中ノ橋通の「ななっく」は、東日本大震災が原因のガス爆発事故で休業していた旧・中三盛岡店を東京にある投資会社マイルストーンターンアラウンドマネジメントが譲り受けて、2012年に開業しました。運営はこの投資会社の100%子会社が行っています。
 東京商工リサーチによりますと、2013年度から昨年度まで毎年度23億円前後の売り上げを計上していましたが、開業以来すべての年度で赤字決算となっていました。
 出店しているテナントのオーナーはIBCの取材に対し「安くない設備投資をして出店したので閉店されるのは困る。働いている人だけでなく地域の人たちも動揺している」と話しました。
 
一方「ななっく」を利用する近隣住民も驚きを隠せません。
「閉店するんですか?大変だ。私たちは不便だ。買い物するのにいいんですよ、ここは来やすくて。5月で!?本当に?(よく利用される?)もう常にです。だから無くなるなんてことになったら大変です。無くなったらおばあちゃんたち、どこに行くってね。かわいそう」
「私たちもここがあるから(肴町に)来ている。どうなるか想像つかないですが大変だと思いますよ」
(リポート)
「こちらでは急遽、市が呼び掛け、市とななっく周辺の商店街関係者が集まり、情報共有のための会議が行われています」
 盛岡市は28日午後、「ななっく」近辺の商店街の関係者など20人あまりを交えて会合を開きました。会合は非公開で40分ほど行なわれましたが、盛岡市によりますと、28日現在、市をはじめ会合の参加者に「ななっく」側から閉店の連絡はないということです。
(盛岡市商工観光部経済企画課・小原勝博課長)
「ななっくは肴町・河南地区の核店舗だったので、閉店という報道が出て正直困惑しているところです。日々買い物などで使っている方々が直接的には影響を受けると思います」
 盛岡市は今後「ななっく」側から正式に閉店の報告があれば対応していくとしています。

“市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)” の続きを読む

“爆破体験”SNSにあげて筑豊を活性化 「爆破インスタ」バズーカ砲が新登場 福岡県田川市(TNCテレビ西日本)

情報元 : “爆破体験”SNSにあげて筑豊を活性化 「爆破インスタ」バズーカ砲が新登場 福岡県田川市(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000004-tncv-l40
アクション映画や刑事ドラマさながらの爆破シーンを体験してもらうことで筑豊の地域興しを目指すイベント、「爆破インスタ」の第2弾の催しが田川市で開かれました。
迫力ある爆破体験でアクション俳優の気分が味わえる「爆破インスタ」、新たに登場したのはバズーカ砲です。
このイベントは飯塚市出身の映像作家永芳健太さんが他ではできない体験をSNSに投稿してもらうことで、筑豊の知名度を高め活性化につなげようと始めた取り組みです。
2回目となる24日はバズーカ砲の発射のほか、飛び交う銃弾をくぐり抜けながらの銃撃戦の体験が用意され、九州各地から訪れた12人が挑戦しました。
◆参加者
「楽しかったですまたしてみたいです」
「こんな風に映画やドラマは作ってるんだなと思った。俳優になった気分です」
3月に予定されている次のイベントでは、平成筑豊鉄道の列車や駅を使用した銃撃戦体験が行われることになっています。

““爆破体験”SNSにあげて筑豊を活性化 「爆破インスタ」バズーカ砲が新登場 福岡県田川市(TNCテレビ西日本)” の続きを読む

大涌谷全面再開 安全対策検討へ 箱根山火山防災協議会(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 大涌谷全面再開 安全対策検討へ 箱根山火山防災協議会(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00033641-kana-l14
 県や箱根町、事業者などによる箱根山火山防災協議会は21日、火山ガスの影響で閉鎖が続く大涌谷自然研究路の再開に向け、2019年度に安全対策の検討を行うことを決めた。噴石から身を守るためのシェルターや避難路などの整備にも引き続き取り組む。
 研究路を除いたエリアでの限定的な開放にとどまっている大涌谷園地の全面再開は、ぜんそく患者など、火山ガスの影響を受けやすい「高感受性者」の安全確保が大きな課題。協議会は専門家へのヒアリングを重ねており、必要な対策についてさらに議論する。
 また、現在進めている観光客の避難誘導マニュアルなどの修正作業を18年度中に終え、訓練を実施して課題を検証する方針だ。
 協議会会長の黒岩祐治知事はこの日の会合で「監視と情報伝達、避難誘導に気を緩めることなく取り組んでいく」と表明。副会長の山口昇士箱根町長は「研究路の再開が残る課題だが、安全が第一。人的被害ゼロを継続したい」と述べた。箱根ロープウェイからは「大涌谷駅舎の拡張工事が3月末にも完了し、収容可能な避難者数が200人増の800人になる」と報告された。

“大涌谷全面再開 安全対策検討へ 箱根山火山防災協議会(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)

情報元 : 東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010007-chibatopi-l12
 昨年4月に始まった東京ディズニーリゾート35周年イベント「HappiestCelebration!」が、3月25日でフィナーレを迎える。パレードが特別バージョンになるなど、節目の最後を盛り上げるにふさわしい演出があちこちに盛り込まれている。
         ★         
 東京ディズニーランド(TDL)の35周年パレード「ドリーミング・アップ!」は、フロートが途中で停止し、ディズニーの仲間たちとゲストが一緒になって手拍子や手振りをするパートを追加。パレードを「見る」だけでなく「参加する」楽しみも加わり、フィナーレならではの特別感にあふれる。
 ワールドバザールで上演中の「セレブレーションストリート」は、夜限定でフィナーレバージョンに変更。映像に35周年のロゴやディズニーの仲間たちが登場したり、リボンテープが舞う演出を取り入れたりして、より華やかな音楽と光の世界を届けている。
 他にも、期間限定の飲食メニューやグッズもたくさん用意されている。35周年のフィナーレまであと1カ月と少し。名残惜しさを感じつつも、最後まで祝祭を楽しみ尽くそう。
(舞浜特派員・中島悠平)
 東京ディズニーシー(TDS)のレストラン「ケープコッド・クックオフ」で働き5年目を迎えた。レジ打ちや料理提供のほか、店内上演のショー「マイ・フレンド・ダッフィー」の客席案内など毎日が忙しい。
 そんな中、支えになるのがゲストからの言葉だ。「夫婦のゲストが手をこするしぐさをしていたので、おしぼりを差し出したら『今日一番うれしかった』と言っていただけた。小さなことでも喜んでもらえるんだと分かった」
 TDSでは3月25日まで「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催中だ。レストランでも記念品付きのメニューが充実する。「どれにするかゲストが悩まれたら、私も一緒に迷ってご提案します」
TDL「スウィートハート・カフェ」で販売中のフィナーレ期間限定メニュー「ミッキーパン」の耳には35周年のロゴがあしらわれている。
◆泡がミッキー形に
「35周年ビオレu泡ハンドソープ」はミッキー形の泡が出てくる商品。パーク内にもミッキー形の泡が出る施設があり、その楽しみを自宅に持ち帰れる。
◆壁面彩るパネル
TDLのトゥモローランド大規模開発エリアの壁には、ディズニーの仲間たちのパネルがフィナーレ期間限定で掲示されている。
※東京ディズニーリゾートの今がわかる「舞浜タイムズ」は毎月第3火曜日に掲載します。

“東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)” の続きを読む

競泳・池江璃花子選手の白血病公表受け 骨髄バンクのドナー登録呼びかけ 高松市(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 競泳・池江璃花子選手の白血病公表受け 骨髄バンクのドナー登録呼びかけ 高松市(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010001-ksbv-l37
 競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことで、骨髄バンクのドナー登録者が増えています。高松市でも登録を呼びかけるキャンペーンが行われました。
 競泳、池江璃花子選手の白血病公表を受けて高松市の社会奉仕団体などが行ったものです。骨髄移植は、白血病など血液の病気を治すための方法の一つです。
 ドナー登録には18歳から54歳までの健康な人で体重が男性は45キロ以上、女性は40キロ以上などの条件があります。これまでほとんど登録者がなかった高松市の献血ルームでも話を聞きにくる人や登録する人が増えています。
(ドナー登録をした48歳男性)
「手続きとか詳しく知らなくて今回テレビの報道とかで意外と簡単に(登録)できるということを知って/何か役に立てればと思って登録しました」
 日本骨髄バンクによりますと先月末時点で岡山で約8000人、香川では3500人が登録しています。一方、岡山・香川であわせて37人が骨髄移植を待っています。

“競泳・池江璃花子選手の白血病公表受け 骨髄バンクのドナー登録呼びかけ 高松市(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)

情報元 : 滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000006-kyt-l25
 滋賀県のラーメンの魅力を発信する「滋賀ラーメンWAVEスタンプラリー」が県内24店で開かれている。実行委員会は、古くから交通の要衝として多様な文化が往来してきた滋賀だけあって、ラーメンも独自の進化を遂げていると強調。「店主も味も個性的な滋賀のラーメンを楽しんでほしい」とアピールしている。
 滋賀の活性化を目指す有志が企画し、今年で2回目。参加店でラーメンを1杯食べるとスタンプがもらえる。集めたスタンプの数(5個以上)に応じてトッピング無料やラーメン1杯無料、Tシャツのプレゼントなどの特典がある。
 前回より参加店は4店増え、スタンプの上限を24個まで引き上げて特典を増やしたほか、期間も1カ月延ばして5月末までとした。正統派の塩味や、濃厚な豚骨、真っ赤な辛口のほか、創業約70年の老舗など多様な店が名を連ねている。
 実行委によると、滋賀のラーメンは札幌や博多など「ご当地ラーメン」のような統一感はないものの、全国各地の影響を受けながら、滋賀県産の小麦にこだわったり、地酒の酒かすや近江牛を使ったりと各店の独自性が際立っているという。「少し足を伸ばして、わくわくしながら新しい味との出合いを楽しんでほしい」としている。
 スタンプ台紙は参加店舗などに設置している。問い合わせは実行委(ユーストン内)077(531)1770。

“滋賀ラーメン「独自の進化」 24店スタンプラリーで味わって(京都新聞)” の続きを読む

宇都宮のバーテンダー2人、とちおとめカクテル新作(産経新聞)

情報元 : 宇都宮のバーテンダー2人、とちおとめカクテル新作(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000030-san-l09
 「カクテルのまち」を掲げる宇都宮の腕利きバーテンダーが県産イチゴ「とちおとめ」を使って考案した「とちおとめカクテル」の新作が6日、披露された。平成21年から、宇都宮カクテル倶楽部とJA全農とちぎ、キリンビール栃木支社が協力して発表しており、今回が11回目。
 今年は江崎グリコの「ポッキー」との組み合わせを提案。発表・試飲会は宇都宮市江野町の「バー・ジョージ」で開かれ、同店の宮崎裕一さん(39)がウイスキーベースの「ベリーウェル」を披露した。人気ウイスキー「ジョニーウォーカーレッドラベル」にアマレットなどを合わせ、宮崎さんは「ショートカクテルなのでアルコール感もしっかり出し、甘くて飲み応えがある」と強調。食後酒向きだ。
 一方、「パイプのけむりAOKI」(同市江野町)の青木政広さん(41)はワインベースの「おとめなマリアージュ」を考案。青木さんは「食前酒として軽めの口当たりにし、イチゴの風味もしっかり感じられるようにした」と説明した。
 いずれも、イチゴ2個をつぶして独特の食感のあるカクテルに仕上げ、グラスにはお酒の香りに合わせた特製のポッキーと飾り用のイチゴが添えられる。
 2種のカクテルは4月末ごろまで同倶楽部加盟店32店で提供される。価格は各店で異なり、1千円前後。

“宇都宮のバーテンダー2人、とちおとめカクテル新作(産経新聞)” の続きを読む

西日本豪雨から7カ月 真備町の人口は2000人以上減少…被災者がみなし仮設住宅などに(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 西日本豪雨から7カ月 真備町の人口は2000人以上減少…被災者がみなし仮設住宅などに(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010004-ksbv-l33
 西日本豪雨から6日で7カ月です。倉敷市真備町の人口が豪雨の前と比べて2000人以上減っていることがわかりました。
 住民基本台帳をもとに倉敷市がまとめたものです。それによりますと、真備町の1月末現在の人口は8138世帯、2万753人で、豪雨前の去年6月末よりも2044人減りました。
 最も流出が多かったのは去年8月で、前の月と比べて771人少なくなりました。
 倉敷市によりますと、真備町の住民が周辺地域のみなし仮設住宅などに移ったことが影響したということです。
 一方、真備町周辺では倉敷地区で1070人、玉島地区で296人増えていますが、市全体では446人減っています。

“西日本豪雨から7カ月 真備町の人口は2000人以上減少…被災者がみなし仮設住宅などに(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

熊本電鉄 全線再開後初の月曜日(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本電鉄 全線再開後初の月曜日(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000007-rkkv-l43
脱線事故を起こして1か月近く部分的な運休が続いていた熊本電鉄が3日、全線で運転を再開しました。乗客はそれを歓迎する一方で再発防止工事は1年以上続きます。
「通勤通学の利用者が次々に降りてきました」(記者)
先月9日、熊本市中央区で脱線事故を起こした熊本電鉄は、脱線した区間の復旧が終わり安全が確認できたとして3日、約1か月ぶりに全線で運転を再開しました。
4日朝の藤崎宮前駅です。
通勤や通学で熊本電鉄を利用している人達はこの間、不便を強いられたようです。
「北熊本くらいまで色々乗り換えたりと大変でした」
「バスだったのでほんと早く起きなきゃいけなかったので。(再開して)嬉しいです」(利用者)
今回、脱線した区間では、おととしにも木製の枕木の劣化が原因で脱線事故が起きています。
その事故を受け、熊本電鉄は枕木の交換を進め、去年11月に「コンクリート製に交換した」と国に報告しましたが、実際には木製が望ましい部分があると、独自に判断して一部で木製の枕木を残していたことが明らかになっています。
熊本電鉄は、先月の事故を踏まえて、来年3月末までに木製の枕木2800本をコンクリート製に交換するなど脱線の再発防止策をとるとしています。

“熊本電鉄 全線再開後初の月曜日(RKK熊本放送)” の続きを読む

2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)

情報元 : 2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-03157559-tokushimav-l36
 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは1日、JAバンク徳島スタジアムで今季初の合同自主トレーニングを行い、リーグ制覇と2年ぶりの独立リーグ日本一へ向けてスタートを切った。昨年から選手が大幅に入れ替わり、35人のうち19人が新加入。それぞれが言葉を掛け合って意思疎通を図りながら精力的にメニューをこなした。
 この日は34人が参加。牧野塁監督が「優勝を目指して元気よく頑張っていこう」と声を掛けて練習が始まった。ストレッチやランニングで体をほぐした後、投手陣はブルペンで投げ込み、野手陣はティー打撃やノックなどに汗を流した。
 センターラインを中心に守備の強化を打ち出す中で、捕手は3人全員がルーキー。25歳の横溝は「野球人生最後の1年と思っている。負けないようレギュラーを取りにいく」と決意を語った。
 板野高から加入した安藝はブルペンで30球を投げ、「思ったほど体が動かなかった。最速155キロを出せるように鍛えていく」と力を込めた。
 35人のうち19人が投手で激しい競争が予想される。牧野監督は「各自ある程度仕上げてきていて今後が楽しみ。個性を大事にして伸ばしていきたい」と話した。
 合同自主トレは月末までで、平日は鳴門市内のグラウンドでトレーニングし、週末は地域の行事などに参加する。3月4日から7日間、海陽町の蛇王球場などでキャンプに臨む。
 新主将に安井内野手
 徳島インディゴソックスの2019年シーズンの主将が安井勇輝内野手(24)に決まった。1日の練習前のミーティングで発表された。
 安井主将は大阪府出身。東海大山形高、近畿大、四国ILの愛媛マンダリンパイレーツを経て18年に入団した。1年目の昨季は48試合に出場して打率2割7厘、10打点。昨季は主に外野を守り、攻守でチームの勝利に貢献した。
 安井主将は「人生初の主将。昨季の垂井主将を手本にチームを引っ張っていく。日本一に向け前期は断トツで勝つ」と力強く語った。
 副主将は瀬口拓也内野手(24)と竹内裕太投手(22)が務めることになった。
 四国IL3月30日開幕 徳島、高松で香川戦
 四国ILは1日、2019年シーズンの開幕カードを発表した。徳島インディゴソックスは3月30日午後6時から、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦する。愛媛対高知も同日午後1時から、松山市のマドンナスタジアムで行われる。
 徳島のホーム開幕戦は31日午後6時から、JAバンク徳島スタジアムであり、香川と対戦。高知は4月6日午後6時から高知市の高知球場で徳島とホーム開幕戦を戦う。
 今季も前期・後期の2シーズン制で、前期が3月30日~6月2日。後期が7月13日~9月8日の予定。今季の各球団の年間試合数や全日程は3月上旬に発表される。

“2年ぶり日本一へ始動 徳島インディゴ合同自主トレ(徳島新聞)” の続きを読む