変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)

情報元 : 変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010000-jomo-l10
 セーブオンの群馬県内の店舗が31日午前7時に看板を下ろし、35年の地場コンビニの灯が消える。本格的な人口減少を迎える中、コンビニが提供する「便利さ」は地域の活力維持に欠かせない生活基盤になりつつある。
 店内にみそだれの香りが漂った。今月中旬、コンビニエンスストア「セーブオン吉岡上野田南店」。店頭で調理する焼きまんじゅうを目当てに母親と共に訪れた榛東村の主婦(48)は「地元のコンビニでしょ。よく使うセーブオンがなくなるのは残念」と寂しげに注文し、焼きたてを受け取った。
 セーブオン(前橋市)は今月末、自社ブランドでの営業を終了する。県内に159店(7月末現在)ある店舗は一部の完全閉店を除き、改装を経て約1カ月後から順次、「ローソン」に変わる。同社はその後、ローソン(東京都)と2017年1月に結んだフランチャイズ(FC)契約に基づき、メガFCとしてローソン店舗の運営に当たる。
 セーブオンは地域色のある商品づくりに定評があった。県内5店で販売する焼きまんじゅう(1串150円)はその代表格。ただ、ローソンへの転換後は他のオリジナル商品も含め「扱いは協議中」(セーブオン)としており、常連客から惜しむ声が上がる。
 納入業者も不安を隠さない。セーブオンに「ぐんまちゃんヌードル」などを卸す大黒食品工業(玉村町)は転換後の出荷について、「推移を見守るしかない」としている。
 高崎市内のパスタ店が競うイベント「キングオブパスタ」では、最高位を勝ち取ったパスタを期間限定でセーブオンが商品化してきた。キングオブパスタ実行委員会の井上幸己事務局長は「継続をお願いして、ローソンの販売網で広がればうれしいが、どうなるか分からない」と困惑する。
 セーブオンは、スーパーのベイシア(前橋市)グループのコンビニとして1983年に渋川市行幸田で1号店を開いた。商品調達力を背景に低価格路線を進め、48円アイス、298円弁当、男性客に人気のボリューム感のあるメニューを並べ、エリアは最大10県、店舗数は2015年に605店へとそれぞれ広げた。

“変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)” の続きを読む

アンパンマンミュージアム移転へ 横浜駅からアクセス向上(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : アンパンマンミュージアム移転へ 横浜駅からアクセス向上(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00028908-kana-l14
 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市西区)を運営するACM(東京都)は27日、同施設が2019年夏に移転すると発表した。
 移転先は、同区みなとみらい6丁目2番。みなとみらい21(MM21)地区内で、横浜市がエンターテインメント街区と定める61街区に位置する。横浜駅からのアクセスは向上する。
 敷地面積は約5600平方メートル。建物は地上3階、地下1階建て。1階にショップやレストラン、2階にチケットカウンター、3階に有料のミュージアムを設置。地下1階には、駐車場を備える。現在は屋外で開くイベントも、屋内で対応できるようになる。現施設の営業は、同年5月末で終了する予定。
 同施設は07年4月に、10年限定の暫定施設としてオープン。今年8月には、ミュージアムの入館者が累計900万人を達成した。全国から誘致の声があがり、仙台や福岡など5カ所で展開。横浜をフラッグシップ(旗艦)として運営するため、恒常的な施設として移転する。
 同社担当者は「アンパンマンは2世代、3世代と長く親しまれているキャラクター。同じように長く愛される施設になれば」と語った。

“アンパンマンミュージアム移転へ 横浜駅からアクセス向上(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)

情報元 : ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000002-hbcv-hok
26日、オホーツクの訓子府町でクマ1頭が捕獲されました。周辺では先月末から養蜂箱が壊される被害が相次いでいました。
26日午前10時半ごろ、訓子府町美園の山林で、おとなとみられるクマ1頭がわなにかかっているのをハンターが見つけました。
周辺では、先月末から養蜂箱が壊され、中のハチミツが食べられる被害が相次ぎ、町は今月3日にわなを置いて警戒を続けていました。
クマが捕獲されたところは住宅から1キロほど離れていて、人への被害はないということです。

“ハチミツ狙ったクマ捕獲 わなに1頭 先月末から養蜂箱壊されハチミツ食べられる被害 訓子府町(HBCニュース)” の続きを読む

来年夏の参院選 高橋知事を“自民公認候補”に推す動き 高橋知事「気持ちは大変うれしい」(HBCニュース)

情報元 : 来年夏の参院選 高橋知事を“自民公認候補”に推す動き 高橋知事「気持ちは大変うれしい」(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000013-hbcv-hok
来年夏の参議院選挙の自民党公認候補として、高橋はるみ知事を推薦する動きが出てきました。
自らの去就について明言を避けている高橋知事ですが、周辺が慌ただしくなってきました。
高橋知事は現在4期目で、5選を目指すのか、それとも国政に転出するのか、その去就が注目されています。
関係者によりますと、一部の支援者から、高橋知事を来年夏の参院選の自民党の公認候補として推薦する動きが出ているということです。
自民党道連は改選数3の参院選に向けて2人を擁立する方針で、候補者の一般公募の期限が今月末に迫る中、一部の支援者がこれまで去就を明らかにしていない高橋知事の参院選出馬の可能性を残そうとしたとみられます。
24日、高橋知事に参院選出馬の可能性について聞くと…。
「気持ちは大変うれしいです。(Q:気持ちに応えるという考えは?)それはまだ熟考中」(高橋はるみ知事)
高橋知事を参院選に推薦する動きが高まれば、来年春の知事選にも影響を与えそうです。

“来年夏の参院選 高橋知事を“自民公認候補”に推す動き 高橋知事「気持ちは大変うれしい」(HBCニュース)” の続きを読む

撤退一転、駿河湾フェリー存続へ 事業者が船と設備を無償譲渡 静岡(産経新聞)

情報元 : 撤退一転、駿河湾フェリー存続へ 事業者が船と設備を無償譲渡 静岡(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000559-san-l22
 清水港(静岡市清水区)と土肥港(静岡県伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーの運営事業者が来年3月末での撤退を表明した問題で、運営事業者側から同県に対しフェリー1隻と船舶発着所、桟橋などを無償で譲渡するとの申し出があったことが分かった。同県の川勝平太知事が22日の定例会見で明らかにした。
 買い取るとなれば膨大な費用がかかるフェリーと施設一式の無償入手が決まったことで、航路存続に向けた大きな課題が解消され、同県が主体となって市町や関係団体、運航のノウハウを持つ民間事業者らと協力しながら航路を存続させることが確実になった。

“撤退一転、駿河湾フェリー存続へ 事業者が船と設備を無償譲渡 静岡(産経新聞)” の続きを読む

クマ出没続く島牧村 夜間の猟銃使用について高橋知事「見極めが必要」(HBCニュース)

情報元 : クマ出没続く島牧村 夜間の猟銃使用について高橋知事「見極めが必要」(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000014-hbcv-hok
後志の島牧村でクマの出没が相次いでいる問題で、高橋知事は、夜間の猟銃の使用について、住民の安全確保を第一に、見極めが必要との考えを示しました。
島牧村では、先月末からクマにコンポストを荒らされるなど被害が相次いでいますが、猟銃が原則使えない夜間に出没しているため捕獲には至っていません。
高橋知事は20日の会見で、夜間の猟銃の使用について、住民の安全確保を最優先する考えを示しました。
「(夜間の猟銃使用は)住民の安全とセットなので見極めが必要だ」(高橋はるみ知事)
島牧村では、21日は中学校で、22日は小学校で新学期が始まり、警察と猟友会は引き続き警戒にあたっています。

“クマ出没続く島牧村 夜間の猟銃使用について高橋知事「見極めが必要」(HBCニュース)” の続きを読む

防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)

情報元 : 防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00300437-okinawat-oki
 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が県に17日の実施を通知していた埋め立て土砂の投入は同日中に確認されなかった。菅義偉官房長官はこれまでの会見で「台風などの気象条件を踏まえる必要がある」と延期を示唆していた。土砂投入の延期を受け、県が検討する埋め立て承認の撤回も週明け以降に先送りとなった。
 政府は辺野古での作業が相次ぐ台風接近などで遅れていたことに加え、翁長雄志知事の死去で前倒しとなった9月末の知事選への影響を考慮し、土砂投入を延期したとみられる。延期の期間は不透明だが、投入が知事選後となる可能性もある。
 国は県に撤回の延期を水面下で求めているが、県は9日に実施した沖縄防衛局の意見を聞き取る「聴聞」の報告書の取りまとめを急いでいる。
 聴聞を主宰した行政管理課長が報告書を取りまとめれば、知事の職務代理者を務める富川盛武副知事による撤回が可能となるが、17日現在、報告書は完成していない。行政管理課長は「聴聞の項目ごとに主宰者の意見をまとめる果てしない作業で、時間がかかっている」としている。
 富川副知事ら県幹部は県政与党と撤回時期を協議しており、国の法的な対抗措置と知事選の時期などを踏まえて総合的に判断する。

“防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)” の続きを読む

防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)

情報元 : 防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00300437-okinawat-oki
 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が県に17日の実施を通知していた埋め立て土砂の投入は同日中に確認されなかった。菅義偉官房長官はこれまでの会見で「台風などの気象条件を踏まえる必要がある」と延期を示唆していた。土砂投入の延期を受け、県が検討する埋め立て承認の撤回も週明け以降に先送りとなった。
 政府は辺野古での作業が相次ぐ台風接近などで遅れていたことに加え、翁長雄志知事の死去で前倒しとなった9月末の知事選への影響を考慮し、土砂投入を延期したとみられる。延期の期間は不透明だが、投入が知事選後となる可能性もある。
 国は県に撤回の延期を水面下で求めているが、県は9日に実施した沖縄防衛局の意見を聞き取る「聴聞」の報告書の取りまとめを急いでいる。
 聴聞を主宰した行政管理課長が報告書を取りまとめれば、知事の職務代理者を務める富川盛武副知事による撤回が可能となるが、17日現在、報告書は完成していない。行政管理課長は「聴聞の項目ごとに主宰者の意見をまとめる果てしない作業で、時間がかかっている」としている。
 富川副知事ら県幹部は県政与党と撤回時期を協議しており、国の法的な対抗措置と知事選の時期などを踏まえて総合的に判断する。

“防衛局、新基地建設の土砂投入を延期 沖縄県の埋め立て承認撤回は先送り(沖縄タイムス)” の続きを読む

ツリガネニンジン、薄紫の花涼やかに 浜松・浜北区(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : ツリガネニンジン、薄紫の花涼やかに 浜松・浜北区(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000024-at_s-l22
 浜松市浜北区の県立森林公園西ノ谷奥池付近で、ツリガネニンジンが咲き始めた。同公園自然解説員によると、かつては里山地域のため池周辺などに咲いたが、近年は除草剤の普及で少なくなっているという。
 薄紫の釣り鐘のような形をした花を、山野草愛好家らが楽しんでいる。
 キキョウ科で草丈約50センチ、花の大きさは1~2センチ。水はけと日当たりの良い場所に咲くが、周囲の草花に比べると成長力は低いという。9月末ごろまで楽しめる。

“ツリガネニンジン、薄紫の花涼やかに 浜松・浜北区(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000010-ibaraki-l08
路上に横たわっている人が車にひかれる「路上横臥事故」が県内で相次いでいる。県警によると、今年6月末までの半年間ですでに6人が死亡。都道府県別の統計で全国ワーストだった。2013~17年の過去5年間で最も多い年間死者数の7人に迫る異常な数となり、県警は歩行者の反射材着用やドライバーの上向きライト活用などを呼び掛け、注意を促している。
県警交通総務課によると、6月末までの「歩行者」の死者25人のうち、道路に横たわって事故に遭った「路上横臥」は6人。4人に1人が路上横臥となった。酒を飲んで酔ったまま自宅に帰ろうとし、道路の真ん中で寝てしまったケースがあるという。
また13~17年の過去5年間の死者は計23人。年平均で4~5人が路上横臥で死亡している計算だが、今年はすでに半年間で6人。年間最多の15年の7人に迫っている。理由について同課の担当者は「明確な原因は分からない」とした上で、「今年は異常に多い」と警鐘を鳴らす。
発生時間を見ると、6人のうち4人が薄暮時か夜間だった。同課によると、4人の事故はいずれも車のライトが下向き(ロービーム)で、上向き(ハイビーム)なら3人の事故は回避できた可能性があるという。
車のライトの照射距離はロービームが約40メートル、ハイビームが約100メートル。時速60キロで走行した場合の停止距離は約40メートルで、ロービームだと横臥者に気付いてからブレーキを踏んでも間に合わない。県警は、運転者発見の遅れも原因の一つとみて、ドライバーにハイビーム活用を呼び掛けている。(吉原宗康)

“「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む