「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000010-ibaraki-l08
路上に横たわっている人が車にひかれる「路上横臥事故」が県内で相次いでいる。県警によると、今年6月末までの半年間ですでに6人が死亡。都道府県別の統計で全国ワーストだった。2013~17年の過去5年間で最も多い年間死者数の7人に迫る異常な数となり、県警は歩行者の反射材着用やドライバーの上向きライト活用などを呼び掛け、注意を促している。
県警交通総務課によると、6月末までの「歩行者」の死者25人のうち、道路に横たわって事故に遭った「路上横臥」は6人。4人に1人が路上横臥となった。酒を飲んで酔ったまま自宅に帰ろうとし、道路の真ん中で寝てしまったケースがあるという。
また13~17年の過去5年間の死者は計23人。年平均で4~5人が路上横臥で死亡している計算だが、今年はすでに半年間で6人。年間最多の15年の7人に迫っている。理由について同課の担当者は「明確な原因は分からない」とした上で、「今年は異常に多い」と警鐘を鳴らす。
発生時間を見ると、6人のうち4人が薄暮時か夜間だった。同課によると、4人の事故はいずれも車のライトが下向き(ロービーム)で、上向き(ハイビーム)なら3人の事故は回避できた可能性があるという。
車のライトの照射距離はロービームが約40メートル、ハイビームが約100メートル。時速60キロで走行した場合の停止距離は約40メートルで、ロービームだと横臥者に気付いてからブレーキを踏んでも間に合わない。県警は、運転者発見の遅れも原因の一つとみて、ドライバーにハイビーム活用を呼び掛けている。(吉原宗康)

“「路上横臥」の事故死急増 茨城県全国ワースト 18年6月までで6人(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)

情報元 : 戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00635012-hokkoku-l17
 市遺族友の会(遺児の会)は戦中、戦後の人々の暮らしをまとめた紙芝居の制作に乗り出した。会員や地域の高齢者への聞き取りなどを基に食事や農作業の様子、終戦後に石川を訪れた米兵とのやりとりなどを21枚の紙に描いている。8月末までに完成させ、子どもたちを対象にした読み聞かせの場を設けることで、戦後73年がたち、薄れてきている戦争の記憶を語り継ぐ。
 遺児の会は、太平洋戦争で父親を亡くした遺児でつくり、現在は70~80代の約80人が会員となる。高齢化が進む中、記憶に残る当時の風景を子どもたちに伝え、平和について考えてもらおうと、柴田勝弘会長(73)が紙芝居の制作を発案し、イラストレーターの渡辺富男さん(67)に作画を依頼した。
 渡辺さんは図書館で資料を探したほか、会員や地域の高齢者に当時の生活を聞き取った。「戦中、明かりが外に漏れないように電灯に布を巻き付けて夕飯を食べた」「富山の空襲のとき、卯辰山の向こうが夕焼けのように明るかった」「戦後に森本地区を訪れた米兵に『ギブミーチョコレート』と菓子をねだった」などの証言を基に、約3カ月かけて絵を仕上げた。
 今後、語りの文章を校正し、9月8日に本多の森ホールで営む市戦没者慰霊式でお披露目する。完成後は市遺族連合会と連携し、要望に応じて学校や公民館などで子どもたちに読み聞かせるほか、貸し出しも検討する。
 柴田会長は「遺児の立場で自らの経験を多くの子どもに伝え、平和が続いていくようにしたい」と話した。

“戦時の暮らし、紙芝居に 金沢市遺族友の会(北國新聞社)” の続きを読む

高知工科大生が制作 光と音の演出 高知・香南市(テレビ高知)

情報元 : 高知工科大生が制作 光と音の演出 高知・香南市(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010002-kutvv-l39
光と音の演出が楽しめるプロジェクションマッピングが香南市のテーマパークできょうから上映されています。制作にあたったのは高知工科大学の学生らです。
プロジェクションマッピングを制作したのは、人の五感の相互作用などを研究している高知工科大学の学生ら3人です。映像では、坂本龍馬が後藤象二郎らとともに船に乗り京都に向かっている間、新政府の構想を抱いたシーンを再現しています。海や空をリアルに表現しているほか、ろう人形の龍馬が実際に話しているように見える驚きの演出も!
また、ところどころ登場する『戯画』も、「別世界から龍馬の様子を見守っている」というコンセプトのもと、新時代の幕開けに色を添えています。およそ2か月かけて制作したとあって、渾身の映像です。
「空と海と波の調整で船が動いているように、人間の知覚的に見せるというのが一番大変でした」
「最初自分たちが(映像を)作っているときは、ああいう風に見えるとは思わなかった。(実際見たときに)大勢の人に見てもらえたらいいなと思いました」
プロジェクションマッピングは今月末まで、香南市のアクトランド内の龍馬歴史館で上映されます。

“高知工科大生が制作 光と音の演出 高知・香南市(テレビ高知)” の続きを読む

子育て世帯を応援 県とならコープ、「つながる箱」プレゼント 育児用品や支援情報同封(産経新聞)

情報元 : 子育て世帯を応援 県とならコープ、「つながる箱」プレゼント 育児用品や支援情報同封(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000085-san-l29
 県と市民生活協同組合「ならコープ」(奈良市)は、1歳までの赤ちゃんがいる家庭に、育児用品を詰め合わせた「つながる箱」を手渡しでプレゼントする事業を始めている。箱の中には子育てに悩んだときの相談窓口や地域の育児サークル情報も同封されており、子育て世帯の孤立化を防ぐ取り組みとして期待がかかる。
 つながる箱には離乳食やおむつ、野菜ジュースなど、計700円相当の育児用品十数点のほか、各地域の子育て支援拠点一覧や、行政の施策の紹介チラシが入っている。ならコープの女性職員が各家庭を訪問し、原則手渡しでプレゼントするという。訪問時には育児に関する県のアンケートに協力してもらい、アンケート結果は県の子育て支援施策に活用する方針だ。
 橋本安弘県こども・女性局長は、「子育て世帯が孤立化すれば、親の負担が増えて虐待や産後うつにつながる可能性がある。防止するためにはこのような事業が必要だ」と強調。ならコープの中野素子理事長も「子育ての心のよりどころとして県や市町村、相談窓口とつながってもらうことを期待している」と話した。
 対象は申し込み時に1歳未満の子供がいる家庭。応募は来年6月末までに、ならコープホームページ申し込みフォーム(http://www.mail-member.com/mamatomo/index.html)から。問い合わせは、ならコープコールセンター(フリーダイヤル0120・577・039)。

“子育て世帯を応援 県とならコープ、「つながる箱」プレゼント 育児用品や支援情報同封(産経新聞)” の続きを読む

「ちびまる子ちゃん」が静岡市のマンホール蓋に さくらさんが寄贈(産経新聞)

情報元 : 「ちびまる子ちゃん」が静岡市のマンホール蓋に さくらさんが寄贈(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000058-san-l22
 フジテレビ系列で放映される人気アニメ「ちびまる子ちゃん」が描かれたマンホールの蓋が今月末に静岡市内にお目見えする。同市清水区出身の原作者、さくらももこさんが寄贈したもので「長く使用していただければうれしいです」とコメントした。
 蓋は直径63センチ。お茶と富士山、駿河湾をコンセプトにデザインされ、まる子ちゃんが赤色と黄色の帽子をかぶった2種類がある。全国的にオリジナル・デザインのマンホールが注目を浴びていることもあり、さくらさんが昨年、市に相談したという。清水区のJR清水駅のバス停付近と、葵区伝馬町に設置される予定。
 田辺信宏市長は「マンホールを訪ね歩く人が増えている。ちびまる子ちゃんで市に足を運んでもらい、交流人口が増えれば」と期待した。

“「ちびまる子ちゃん」が静岡市のマンホール蓋に さくらさんが寄贈(産経新聞)” の続きを読む

【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)

情報元 : 【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00010000-oabv-l44
県特産の露地カボスが旬入りを迎え、本格的な出荷が始まりました。カボスの重さに対して果汁の量が20パーセントを超えると県カボス振興協議会が旬入りを宣言します。大分市公設地方卸売市場では、臼杵や竹田などから集まった、1400キロが競りにかけられました。平均価格は1箱2キロが900円と例年並みということです。2018年は春先から気温が高かったため生育がよく、2017年の1.5倍にあたる約5800トンの出荷を見込んでいます。出荷のピークは7月末までで九州を中心に関東や関西のスーパーなどで販売されます。

“【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)” の続きを読む

“観賞用”トウガラシの出荷が最盛期 今年は晴天続き色付き具合のいいトウガラシに 三重・紀北町(東海テレビ)

情報元 : “観賞用”トウガラシの出荷が最盛期 今年は晴天続き色付き具合のいいトウガラシに 三重・紀北町(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00004383-tokaiv-l24
 三重県紀北町では鮮やかに色付いた観賞用のトウガラシの出荷が最盛期を迎えています。
 三重県紀北町古里の農業用ハウスでは、農家の人が出荷時期を迎えたトウガラシの大きさや色付き具合を確認しながら次々と運び出していきました。
 観賞用のトウガラシは、花が少ないこの時期に、紫やオレンジ、赤など、カラフルな色の変化が楽しめることから人気が高く、このハウスでは6種類が栽培されています。
 今年は晴天が続き、色付き具合のいいトウガラシが出来たということで、出荷作業は9月末まで続きます。

““観賞用”トウガラシの出荷が最盛期 今年は晴天続き色付き具合のいいトウガラシに 三重・紀北町(東海テレビ)” の続きを読む

捜索に障害の住宅取り壊し 一方で仮設住宅建設(テレビ新広島)

情報元 : 捜索に障害の住宅取り壊し 一方で仮設住宅建設(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000004-tssv-l34
豪雨災害によって大きな被害を受けた坂町では、行方不明者の捜索に伴い、障害となっている全壊の住宅を取り壊す作業が行われる一方、仮設住宅の建設も始まりました。
坂町の小屋浦地区では、まだ、高下幸子さんの安否がわかっておらず、きょうも警察などの捜索が行われました。
現場には大量の砂が積もっていて捜索を阻んでいるほか、大きく損壊した住宅は倒壊の危険があるためその中や周囲を掘れないという問題が起きていました。
このため、きょう午後、重点的な捜索ゾーンにあり、1階が大きく損壊した住宅の取り壊しが行われました。
この住宅では、2人が亡くなったということで、警察が遺族の了解を得て、重機を使って取り壊しました。
坂町によりますと、小屋浦地区の全壊状態の住宅はおよそ130棟あるということです。
豪雨災害からあすで1月になりますが、県内でまだ6人の方の安否がわかっていません。
また、同じ坂町では、きょう県内3ヵ所目となる仮設住宅の建設が始まりました。
坂町の平成ヶ浜中央公園では、58戸の仮設住宅を建設します。
県は今月末までの完成と、来月上旬の入居を予定しています。
坂町によりますときのう現在、町内では310人が避難生活を送っているということです。
ところで、県によりますと、豪雨災害によるケガのため広島市などで入院していた60代と70代の男性2人が破傷風を発症していたことが分かりました。
県では作業の際に注意するよう呼びかています。

“捜索に障害の住宅取り壊し 一方で仮設住宅建設(テレビ新広島)” の続きを読む

宮崎-香港の国際路線 10月末から運休へ(MRT宮崎放送)

情報元 : 宮崎-香港の国際路線 10月末から運休へ(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00010005-mrt-l45
 理由は赤字収支だということです。香港航空が運航する宮崎ー香港線が、10月末に始まる冬ダイヤから運休することになりました。運休するのは、香港航空が現在、週2往復運航している宮崎ー香港線で、運休は今年10月28日からとなっています。宮崎県によりますと、7月31日、香港航空から県側に赤字などを理由に運休すると連絡があったということです。宮崎ー香港線は、2015年3月28日に当初は定期チャーター便として就航、今年度の搭乗率は、77.6%と就航以来最も高くなっていました。県は、ほかの航空会社に対する誘致活動を積極的に展開し、宮崎ー香港線が早く運航されるよう取り組んでいきたいとしています。

“宮崎-香港の国際路線 10月末から運休へ(MRT宮崎放送)” の続きを読む

倉庫精練、メキシコ子会社売却決定 米の同業者に(北國新聞社)

情報元 : 倉庫精練、メキシコ子会社売却決定 米の同業者に(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00630734-hokkoku-l17
 倉庫精練(金沢市)は31日、カーシートを製造販売するメキシコ子会社を、米の同業者「SAGEAUTOMOTIVEINTERIORS」(SAGE社)に売却すると発表した。倉庫精練などが持つ全株式を9月末に譲渡する。メキシコからの撤退で国内事業に集中し、収益基盤の強化を図る。
 31日に開いた取締役会で決議し、SAGE社と株式譲渡契約を締結した。株式譲渡を予定する9月末に工場などを引き渡す。譲渡価額は現時点で確定していないという。
 倉庫精練は2013年にメキシコ子会社を設立した。資本金は日本円で約2億1600万円。現在は株式の98・5%を倉庫精練、1・5%を中前和宏社長が所有している。
 SAGE社は自動車内装材の大手メーカーで、2009年に設立された。日本や中国、ブラジル、インド、欧州などに製造・販売網を展開している。

“倉庫精練、メキシコ子会社売却決定 米の同業者に(北國新聞社)” の続きを読む