八戸中心街に「マチニワ」グランドオープン(Web東奥)

情報元 : 八戸中心街に「マチニワ」グランドオープン(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000007-webtoo-l02
 多くの人、人、人…。青森県八戸市三日町の八戸まちなか広場「マチニワ」が21日、グランドオープンした。訪れた市民が郷土芸能発表やバンド演奏など多彩なイベントを楽しみ、終日にぎわった。
 オープニングセレモニーでは、203インチの大型ビジョンで、市民が水のしずくをリレーするプロモーションビデオを上映。続いて、水の妖精にふんした3人のダンサーが、施設中央にあるシンボルオブジェ「水の樹」に命を吹き込むという設定で華麗な踊りを披露した。
 小林眞市長が「マチニワは水、緑、光、風といった自然が感じられる開放的な空間。市民に親しんでもらい、八戸の誇りをつくっていく拠点にしたい」とあいさつ。水の樹をデザインした三沢市出身のアートディレクター森本千絵さんは「八戸は海からの恵みで育ってきた。この施設はオープンスペースなので季節や時間で表情が変わる。みなさんで育ててほしい」と呼び掛けた。
 ステージでは法霊神楽、左比代(さびしろ)虎舞を皮切りに、バトントワリングやチアリーディング、ジャズバンド演奏などが行われた。市内ホテルシェフの合作で、八戸港に揚がる魚介類などを使ったブイヤベース300食が無料で振る舞われたほか、フードブースも出店した。
 息子と訪れた八戸市の松山敬子さん(44)は「木をたくさん使っていて自然あふれる施設。明るくて入りやすい」と笑顔で話していた。
 マチニワは、中心市街地のにぎわい創出や回遊性の向上を目指す屋根付きの多目的広場で、全面ガラス張りの外観が特徴。8月末までは市が中心にイベントを開催し、9月以降は市民に貸し出す。開館時間は午前6時~午後11時。

“八戸中心街に「マチニワ」グランドオープン(Web東奥)” の続きを読む

アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)

情報元 : アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010000-kutvv-l39
ニュースポーツ=「アルティメット」の世界大会に出場する高知市の男性が、大会を前に高知市の岡崎市長を表敬訪問し意気込みを語りました。
世界大会に出場するのは高知市の吉村佑一郎さんです。アルティメットはニュースポーツ=フライングディスク競技のひとつで、1チーム7人で行ないます。円盤をパスしながら前にすすみ、得点を狙います。今月末からの世界大会に出場する吉村さんは36歳。東京の大学に進学した際に、アルティメットに出会いました。高知では県内に唯一あるアルティメットのチーム=はりまや橋sに所属しています。また、高知市の幼稚園などでフライングディスクを広める活動もしています。
吉村さんはきょう岡崎市長を表敬訪問し、世界大会への出場を報告しました。
「両手で「ハンバーガーキャッチ」とか言うんですけれども挟むのが一番安定してキャッチできる。」
吉村さんは、岡崎市長と円盤のパスを実践。世界大会への意気込みをこのように語りました。
「高知県で僕1人が参加するので体調を万全にして高知家というのを前面に押して高知家を代表して一生懸命プレーしてきたいと思います。」
世界大会「2018ワールドマスターズアルティメットクラブ選手権」は今月29日から来月4日までカナダのマニトバで開かれます。吉村さんは男子33歳以上、女子30歳以上の男女混合チームの部門で出場します。

“アルティメット世界大会出場の男性が高知市長を訪問(テレビ高知)” の続きを読む

豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010008-sanyo-l33
 七五三用の着物をまとった子ども、誕生日を祝うケーキ、笑顔あふれる家族…。西日本豪雨災害で泥水に漬かって汚れた写真は、プロの手で一枚一枚きれいに洗浄され、かつての輝きを取り戻していた。
 写真は岡山県倉敷市真備町地区と笠岡市の被災者から持ち込まれた。「かけがえのないものばかり。少しでもきれいな状態にしてお返ししたい」。洗浄を手掛ける柳生写真館(笠岡市十一番町)の柳生晋伸社長(38)は力を込める。
 写真はぬれたり汚れたりしたまま放置すると、バクテリアやカビが繁殖し劣化が進んでしまう。柳生社長は災害発生後「専門業者として、何かできるボランティアはないか」と考え、13日から自社のホームページやフェイスブックなどで受け付けを開始。20日現在、14件計約2万枚の持ち込みがあったという。
 同社駐車場に臨時作業場を設け、柳生社長と社員4人がアルバムから1枚ずつ丁寧に写真を取り出して水洗いした後、陰干ししている。1日千数百枚のペースで処理し、被災者が取りに来るまで保管する。
 柳生社長は「思い出の詰まった写真を宝物にしている被災者は多いはず。長時間泥水に漬かり洗浄しても駄目なケースはあるが、ぜひ相談してほしい」と話している。
 持ち込みは今月末までの予定で、笠岡市内の他の4つの写真店でも受け付ける。問い合わせは柳生写真館(0865―63―2161)。

“豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000008-kobenext-l28
 景観を守るため、屋上看板や突き出し看板を規制する芦屋市の屋外広告物条例が7月、施行から2年を迎えた。条例は七つの規制区域に応じて看板の色や文字の大きさなどの規制を定め、突き出し看板の規制は「日本一厳しい」とされる。市は昨年10月、改修費や撤去費の補助額を上乗せ。以降、改修や撤去の申請は増え、今年6月までに56件に上っている。(風斗雅博)
 同条例は「日本一美しいまち」を目指し、2015年12月に制定。16年7月1日に施行された。市内全域で屋上広告とアドバルーンを全面禁止し、七つの規制区域ごとに看板の大きさや色、掲示する位置などを規定。市街地や住宅地、道路や川沿いなどエリアに応じて規制の度合いを変えている。改修計画に沿って3~10年の経過措置期間は掲示できるが、それ以降は50万円以下の罰金が科される可能性がある。
 市によると、条例の規制対象となる広告物は、計1603個(17年7月時点)で、全体の約20%にあたる。当初、市は上限を100万円とし、看板などの改修費用は2分の1を、撤去費用は3分の2を設置者に補助する制度を用意したが、条例施行後の1年間で申請は17件にとどまった。
 このため市は昨年10月から、補助額の上限を100万円から200万円に増額。来年7月から罰則が適用されることもあり、改修や撤去の申請件数は伸び、今年6月末までに計56件を受け付けた。
 同市の担当者は「(補助金の)増額というよりも、周知や指導の結果ではないか。景観に対する意識が変わってきたと期待したい」と話している。

“「日本一厳しい」屋外広告物条例 施行2年で改修、撤去進む 兵庫・芦屋市(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)

情報元 : 真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010005-sanyo-l33
 岡山県倉敷市の市教委は19日、西日本豪雨の浸水被害により臨時休校している同市真備町地区の小中学校の授業を、9月3日から再開すると発表した。同地区で被災を免れた学校の敷地内にプレハブ校舎を建てるなどして対応する。プレハブ校舎の整備には時間がかかるため、最初の1カ月程度は他地区の小学校などの空き教室を活用する。
 校舎などの被害が大きい小学校、中学校各2校については、早急な復旧は難しいと判断した。プレハブ校舎は、川辺小が薗小、箭田小は二万小の敷地内に整備。中学は真備東中の運動場に、同中と真備中の2校分を建設する。
 計画では、各校のプレハブ校舎は9月末までに完成予定。同3日の授業再開には間に合わないため、当面は仮校舎として水島、玉島地区の小学校の空き教室などを活用する。
 プレハブ校舎完成までの受け入れ先は、川辺小が連島東小と連島西浦小、箭田小が玉島小と玉島南小、真備東中が霞丘小、真備中が倉敷芸術科学大。児童生徒はバスで送迎するという。担任教諭は変更しない。受け入れ先について市教委は「地理的に真備町地区から近い学校を優先して決めた」としている。
 幼稚園については、川辺は薗、箭田は二万でそれぞれ合同保育を行う。真備陵南高校は同校敷地内でのプレハブ校舎整備まで、市内の市立高校の空き教室を活用する。
 いずれも2学期が始まるまでに保護者向けの説明会を開き、周知を図る。
 19日夜、会見した伊東香織市長は「被災者が生活再建していく中で、コミュニティーの中心である地域の学校園を早期に復旧させるとともに、復旧までの道のりを示すことが大切だと考えた」と話した。市長はまた、被災校については原則、現在の場所で再建する意向も示した。
 同地区の全小中8校では9日から臨時休校が続いており、19日に予定していた1学期の終業式を行わないまま、夏休みに入った。

“真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

県民投票署名 法定超え 3万3722筆、秋以降に実施(琉球新報)

情報元 : 県民投票署名 法定超え 3万3722筆、秋以降に実施(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000005-ryu-oki
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「辺野古」県民投票の会は17日、県庁で記者会見を開き、県民投票実施に必要な署名が3万3722筆に達したと発表した。同会が県民投票条例の制定を県知事に直接請求するには、県内有権者の50分の1に当たる2万3千筆余の署名を集める必要があるが、これを約1万筆上回った。手続きが順調に進み、県民投票の条例案が10月末までに可決されれば、早くて秋、遅くとも来年4月頃までには実施される見通しだ。
 県民投票の会は今月23日まで署名集めを実施し、その後10日以内に各市町村選管に署名簿を提出する。各選管による審査を経て、同会は県知事に条例制定を請求する。県知事は請求から20日以内に県議会を招集し、条例案や関連予算案を提出する必要がある。県議会与党会派は県民投票を支持しているため、条例は可決される見通しだ。
 県民投票の条例案を県議会に提出する知事が投票日を決定する。県は市町村議会の補正予算の審議時間や県への周知など必要な手続きを踏まえると、県民投票実施の時期は最短でも12月以降と判断しており、11月18日投開票の知事選後になると想定している。

“県民投票署名 法定超え 3万3722筆、秋以降に実施(琉球新報)” の続きを読む

海の運動会 笑顔満開 渡名喜で第100回(琉球新報)

情報元 : 海の運動会 笑顔満開 渡名喜で第100回(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000005-ryu-oki
 【渡名喜】渡名喜幼小中学校で「第100回水上運動会」(同実行委員会主催)が15日、渡名喜島のあがり浜で開催された。1919年から続く大会で、島民約380人の島に多くの島出身者らが応援に駆け付け、会場には約600人が集まった。子どもたちは、水中騎馬戦や持久泳などで競った。水中綱引きなど島民参加の種目もあり、大いに盛り上がった。
 100回の節目を迎えた大会は、雲一つない晴れ渡った青空に恵まれた。「100%の笑顔で つなげ未来へ希望のバトン」をテーマに、28人の園児・児童・生徒が島民と一緒に汗を流して楽しんだ。
 この日は潮流が早く、波も少し高めだったが、子どもたちは5月末から重ねた泳ぎの成果を発揮し、400メートル以上の持久泳や潜水泳などを披露した。
 渡名喜村の上原雅志教育長は「子どもたちの努力と、それを大切に思う村民の心がこの大会の成功につながった。つながりを大切にする心は継承され、伝統は続いていくだろう」と話した。

“海の運動会 笑顔満開 渡名喜で第100回(琉球新報)” の続きを読む

観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)

情報元 : 観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000003-san-l32
 松江市美保関町の観光スポット「青石畳通り」に13日、青い風鈴がつるされ、訪れた観光客らに涼を提供している。9月末まで。
 青石畳通りは、美保神社の門前町にある細い路地。近くの海岸から運ばれた凝灰岩が敷き詰められ、雨の日にはうっすら青色を帯びることから、この名で呼ばれている。梅雨が明けて暑さが募る中、訪れた人たちに少しでも涼んでもらおうと、松江観光協会美保関町支部が初めての試みとして取り組んだ。
 通り沿いにたたずむ廻船(かいせん)問屋や旅館、醤油(しょうゆ)蔵などレトロな建物の軒先に次々と風鈴がつるされると風情がいっそう増し、同支部では「石畳の碧(あお)と風鈴の青を味わって」と話していた。

“観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)” の続きを読む

宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000060-minkei-l45
 宮崎県立延岡商業高校(延岡市桜ヶ丘、TEL0982‐32‐6348)の生徒が運用するオンラインショッピングモールの企業出店説明会が7月12日、同高で開かれた。(日向経済新聞)生徒が開催した「延商まなびや」の説明会 「延商まなびや」と名付けられた同サイトは、経営情報課の生徒が授業の一環として構築し、2017年12月26日にサービスをスタートした。
 2013年度に文部科学省の新しい学習指導要領に「電子商取引」の授業が採択されたのを機に、静岡県を先駆けに全国で取り組みがスタート。現在、全国で13の「まなびや」が開局しているが、宮崎県内の参入は同高1校のみという。
 同高では生徒の中から会長、社長、専務、部長、課長などの役職を決め、幹部スタッフと教員で構成する「延商まなびや運営委員会」を毎月開催しながら目標を設定。サイトの運営管理をはじめ、イベントの企画などに取り組む。
 現在、市内を中心に趣旨に賛同した13社が参加し、花束や陶器、漬け物、茶、眼鏡、藍染風呂敷、季節の野菜などを販売。開局から今年6月末までの実績は、売上高34万5,650円、アクセス数1万9544件。そのうち栗菓子を提供する「マロンハウス甲斐果樹園」(日之影町)の「栗きんとん栗九里」は全国1位の売り上げを誇る。
 出店説明会には17社が出席。生徒たちがモールの内容紹介、出店の利点、出店方法、決済方法などをプレゼンテーションした後、加入希望企業と個別に打ち合わせした。
 同高の山口博範校長は「学校と地元企業が一緒になって取り組み、地域を盛り上げる試みは、生徒たちにとって生きた教材であり、貴重な体験」と意義を強調する。社長を務める3年生の貴島恋さんは「本年度は年間売上60万円、新規出店20社が目標。多くの企業に支援、協力してもらい、多くの人たちに利用してもらえるよう社員一同努めていきたい。延商まなびやの取り組みを通じ、延岡のものを全国に発信し、延岡を発展させたい」と話す。
 出店の申し込みは同高へ。

“宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む