光と影で彩る切り絵の世界(テレビ高知)

情報元 : 光と影で彩る切り絵の世界(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00010000-kutvv-l39
光によって姿を現す切り絵の作品展が高知市で始まりました。
一枚の絵がもう一つの顔を見せる不思議な絵。光の当て方で2つの場面に切り替わる「一画二驚」という独自の手法です。
非常に薄い和紙、土佐典具帖紙を使った切り絵を幾重にも重ね合わせて作っています。
制作したのは舞台美術などを手掛ける愛知県在住のアーティスト酒井敦美さんです。
「まちあわせの木」と題されたこちらの作品。訪れた人が影を重ね合わせることで作品が完成します。また、プロジェクターなどを使った巨大な作品もあり、高知の美しい風景が再現されています。
作品展は3月3日まで高知市の横山隆一記念まんが館で開かれています。

“光と影で彩る切り絵の世界(テレビ高知)” の続きを読む

一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)

情報元 : 一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010012-mietvv-l24
 三重県紀北町の長楽寺では現在、早咲きの梅が見ごろを迎えています。
 長楽寺の裏庭に植えられている樹齢280年を超える紅梅。
 例年、年の暮れから花を咲かせますが、去年は少し早い12月中旬から咲き始め、いま見ごろを迎えています。
 地元の人たちをはじめ、県内外から梅の愛好家らが訪れ、咲き誇る濃いピンク色の花を写真に収めるなどして一足早い春を楽しんでいます。
 寺の住職によりますと、今年は例年に比べて花が少なかったということで、専門家のアドバイスを受けて来年は堆肥をまくなどして多くの花を咲かせたいと話していました。
 梅は、1月末まで楽しめるということです。

“一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)” の続きを読む

新宿「ダンダダン酒場」3店舗で「ラーメン 凪」とのコラボメニュー /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新宿「ダンダダン酒場」3店舗で「ラーメン 凪」とのコラボメニュー /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000021-minkei-l13
 「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」と「すごい煮干しラーメン凪(なぎ)」がコラボレーションした新メニュー3品が2月1日から、新宿区内にある「ダンダダン酒場」で、期間限定で提供される。(新宿経済新聞)コラボメニューより「俺たちの麻婆麺」。「凪」オリジナルの器で提供する 2011年、調布に1号店をオープンした「ダンダダン酒場」は現在首都圏、名古屋エリアに66店舗を展開する。「酒のつまみ」でも「ご飯のおかず」でも主役となり、「何度食べても飽きない餃子」を目指し開発した「肉汁焼餃子」を主力メニューとする。
 「すごい煮干ラーメン凪」は2004年、新宿歌舞伎町ゴールデン街で4坪8席、週1度の間借り営業の形態でスタート。現在は国内13店舗、海外17店舗を展開する。
 コラボのきっかけについて、同店を運営する「凪スピリッツ」の生田智志社長は「2011年に『新宿だるま製麺』を立ち上げた。ラーメンだけでなく、うどんやパスタなどのオリジナル麺の製造販売を始めた中で、ラーメン店以外の店にも麺を使っていただいたり、何か一緒にできたりしたらと考えた。親交のあった『ダンダダン酒場』に提案したところ、企画がスタートした」と振り返る。
 同酒場を運営する「NATTYSWANKY(ナッティースワンキー)」の井石裕二社長は「どちらも同一エリアに店があり、それぞれに個性の強い看板メニューを持つという共通点もあった。両店のファンに楽しんでもらえるような、酒にも合い、食事の締めにも合うような商品を考えた」と話す。
 「いったん麺刺し」(480円)は「凪」一番の人気メニュー「すごい!煮干ラーメン」のトッピングでもある幅広の「いったん麺」を刺し身仕立てで提供。メニュー開発を担当した原さんは「ツルツル、モチモチした食感が特徴。ポン酢に煮干しと大葉を合わせたさっぱりとした特製タレは女性の方にも喜んでいただけるのでは」と話す。
 ほかに「すごい煮干水餃子」と「俺達の麻婆麺」(以上580円、価格は全て税別)も。「(前者は)全国からこだわって選んだ煮干を使ったスープに当店の看板メニューである餃子の肉汁が混ざる、コラボならではの味わい。麻婆麺は凪のベーススープ、だるま製麺のモチモチちぢれ中太麺に、当店で人気の『俺たちの麻婆豆腐』をのせた、まさに3社が一堂にそろったメニュー。丸ごと入った豆腐をかき混ぜて楽しんでもらえたら」と原さん。
 「ダンダダン酒場」新宿店、西武新宿店(ともに歌舞伎町1)、新宿三丁目店(新宿2)と下北沢店の4店舗で2月28日まで提供。

“新宿「ダンダダン酒場」3店舗で「ラーメン 凪」とのコラボメニュー /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)

情報元 : 鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000005-kobenext-l28
 寒い夜の鍋料理にぴったりの篠山特産太ネギ「デカンショ太ねぎ」の収穫が、兵庫県篠山市内で最盛期を迎えている。秋から冬にかけて気候が穏やかだったことから今季は豊作といい、生産者も「緑の葉まで食べられ、焼いてもおいしい。甘みと、とろみを味わって」。2月下旬まで出荷が続く。
 軟白部の長さ25センチ、太さ2・5センチ以上の「デカンショ太ねぎ」は白ネギと下仁田ネギから育成した品種で、2007年から篠山で栽培が始まり、出荷協議会が命名した。食味の良さが特徴で、昼夜の寒暖差が大きい気候風土と生産者の土づくりのこだわりが甘くて太いネギをつくる。
 篠山市の上野一郎さん(77)は約3アールの畑で育て、約1200本の出荷を見込んでいる。「すき焼きでも、焼きねぎでもおいしいけど手間がかかる。特に土づくりが重要」と栽培歴10年の上野さん。葉が折れたり倒伏したりと台風の影響に泣かされた時期もあったが、秋以降は天気も味方して、品質の良いネギに仕上がった。
 JA丹波ささやまが運営する農産物直売所、味土里館(篠山市東吹)で扱っており、1月中は2Lサイズ330円、Lサイズ270円の特別価格となっている。味土里館TEL079・590・1185
(尾藤央一)

“鍋にぴったり、とろみと甘み抜群 兵庫・篠山特産「デカンショ太ねぎ」収穫ピーク(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)

情報元 : 飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00345120-sbcv-l20
飯綱町の霊仙寺湖でワカサギの穴釣りが解禁され、早朝から大勢の人でにぎわいました。
氷点下9度まで下がった厳しい冷え込みの中、飯綱町の霊仙寺湖には午前6時前にはおよそ200人の釣り人が集まりました。
標高860メートルの霊仙寺湖はこのところの冷え込みで氷の厚さが30センチほどに達し、例年より数日早くワカサギの穴釣りが解禁されました。
訪れた人は思い思いの場所に風よけのテントを張り、専用のドリルで直径20センチほどの穴をあけて糸を垂れ体長10センチほどに育ったワカサギを釣り上げていました。
訪れた人は「連れた瞬間の感覚がある限りはやめられない」と話していました。
霊仙寺湖のワカサギ釣りは、氷の状況を見ながら来月中旬ころまで楽しめるということです。

“飯綱町の霊仙寺湖で例年より早くワカサギの穴釣り解禁(SBC信越放送)” の続きを読む

必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)

情報元 : 必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00020537-tokaiv-l23
 南海トラフ巨大地震の発生を想定し、支援物資の搬入や、避難所へのスムーズな仕分けをする訓練が行われました。
 3年前の熊本地震の際、被災地に支援物資が届いても搬入や仕分けが円滑に行われず、必要なものが避難所に届かなかった反省を元に、去年から名古屋市が行っているこの訓練。
 南海トラフ巨大地震の発生から3日後に、2トントラック2台分、段ボール箱およそ350個の支援物資が届いた想定で、避難所ごとの仕分け作業を確認しました。
 訓練には宅配会社の担当者も立ち会っていて、「支援物資の仕分けと積み込み作業を同時に行えば、効率化を図れるのでは」などと指摘していました。
 名古屋市の防災計画では支援物資は港区や守山区など5カ所に集めることになっていて、市は今後も訓練を重ねたいとしてます。

“必要な物を避難所へ…支援物資の搬入や仕分けの訓練 南海トラフ巨大地震の発生を想定 名古屋(東海テレビ)” の続きを読む

難民の現実、克明に フォトジャーナリスト久保田さんが著書出版(岐阜新聞Web)

情報元 : 難民の現実、克明に フォトジャーナリスト久保田さんが著書出版(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00107741-gifuweb-l21
 シリアやイラクなどの紛争地や難民を取材してきた岐阜県大垣市出身のフォトジャーナリスト久保田弘信さん=東京都=が今月、初の著書「世界のいまを伝えたい」(汐文社刊)を出版した。20年以上に及ぶ戦争取材を盛り込んだ同書を手に、「危険な上に赤字続きでも、多くの人との出会い、つながりが生まれたから続けることができた」と振り返った。
 フリーカメラマンだった1998年、好奇心からアフガン難民キャンプを訪れたことが、ジャーナリズムに転じるきっかけに。「最後まで責任を持って追い続けたい」とパキスタンやアフガニスタンに通い詰めた。
 それでも、食料や医療が届かないキャンプで、次々と亡くなる子どもを撮影するのはつらかったという。「人の不幸を売るハイエナなのかと自問自答もした。だが、より多くの子どもを救うためには心苦しくても撮るのが使命だと気付いた」
 9・11同時多発テロ後のアフガン戦争では、イスラム原理主義組織タリバンの本拠地に入り込み、イラク戦争ではバグダッドの空爆を決死の思いでリポート。生死が紙一重の戦場、戦禍の中で生きる人々、そして祖国を奪われた難民の姿にレンズを向けてきた。
 「彼らが懸命に生きる姿を通して、戦争の愚かさや悲惨さを世に訴えることができる」という考えからだ。
 シリアで拘束されたジャーナリスト安田純平さん解放の際には自己責任論が再燃したが、後書きでは「僕は危険をおかしてでも取材に向かう。(中略)報道すると、例えば難民に支援の手が差し伸べられるようになるなど”何かが変わる”」と現地に赴く必要性を説いた。
 こうした取材を続ける動機として、両親の離婚で貧困やいじめを体験した自身の少年時代に理由を見出す。「この環境が、人の痛みがわかる人間に育ててくれた」
 同書では、物理学者を夢見た中学時代、教育実習での母校再訪など郷里・大垣の思い出にも触れている。四六判、207ページ。小学生高学年から読めるよう平易な文章にしてルビも振った。
 子どもたちには「世界には戦争や貧しさで勉強ができない子どもたちがいる。本を読んで世界の大変さを感じたならば、学んだスキルでそれを変える力になる仕事に就いて世界に恩返しをしてほしい」と期待している。

“難民の現実、克明に フォトジャーナリスト久保田さんが著書出版(岐阜新聞Web)” の続きを読む

ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)

情報元 : ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00001237-fminpo-l07
 全国高校ダンスドリル冬季大会は十八、十九の両日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれ、郡山商高チアリーディング部がPOM(ポン)部門(Large編成)で五連覇を果たした。学法石川高チアリーディング部がミリタリー部門で初優勝した。
 ポン部門は手に小道具の「ポンポン」を持ってチアダンスの難度や創造性を競う。郡山商高チアリーディング部は二十六人が臨んだ。伊東凜乃部長(二年)は「チームとしてまとまらない時期を乗り越えてきたのでうれしい。練習の成果を発揮できた」と喜びを語った。
 学法石川高が優勝したミリタリー部門は、腕やフットワークなど、きびきびとした動きと隊列の統一性などで競った。このほか郡山高がバレエテクニックを中心とした動きを競うジャズ部門で、学法石川高はポン部門(Small編成)で、ともに二位に輝いた。

“ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)” の続きを読む

長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)

情報元 : 長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000003-nagasaki-l42
 長崎のまちに約1万5千個の明かりがともる26回目の長崎ランタンフェスティバルが2月5日から19日まで15日間、長崎市中心部で開かれる。新地町の湊公園に置かれるメインオブジェは、吉祥に関わる霊獣、麒麟(きりん)5頭を配置した「五麟(ウーリン)」(高さ10メートル、幅4・5メートル)。16日の皇帝パレードは、サッカーJ2、V・ファーレン長崎の手倉森誠監督が皇帝役を務める。
 実行委が1月17日、イベント概要を発表した。
 長崎ランタンフェスティバルは新地町の長崎新地中華街の人々が始めた「春節祭」に由来。今年は人気アニメ「キングダム」とのコラボレーションや、江戸町の出島表門橋公園でランタンを夜空に浮かべる「スカイランタン」などもある。
 皇帝パレードは2月9日と16日。午後2時に賑町の中央公園で出発式。浜町の商店街などを通り、諏訪町の市立諏訪小へ向かった後、湊公園まで練り歩く。同校から湊公園までは、全日本マーチングコンテスト金賞の活水中・高吹奏楽部が先導する。
 9日の皇帝役は長崎ランタンフェスティバル企画幹事会相談役の林敏幸さん、皇后役は人気アイドルグループ「乃木坂46」を昨年12月に卒業した本県出身の川後陽菜さん。16日の皇后役は長崎生まれのタレント、松尾悠花さんが務める。
 10日と17日は市民約100人による「媽祖(まそ)行列」がある。
 期間中のランタンやオブジェの点灯時間は午後5時~10時。期間中の金、土曜は一部を除き点灯時間を1時間延長する。

“長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)” の続きを読む

水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)

情報元 : 水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00364368-agara-l30
 和歌山県串本町大島にある水門(みなと)神社の例祭「水門祭」(2月8、9日)に向け、獅子舞の稽古始め「獅子出し」が15日、紀伊大島開発総合センターであった。祭り関係者約50人が集まる中、地元の青年らでつくる「大同会」が獅子舞を披露した。
 祭りは大島の北、北中、南、南中の4組が順番で当番を務めており、今年は南中組(宮下漁次組長)が当番。祭典執行委員長は浜口平さん(54)が務める。
 獅子出しでは、大島区の稲田賢区長(69)が「今日から祭りの準備が始まる。若い人の力なくして祭りを執行することは難しい。協力をお願いする」とあいさつ。乾杯の後、大同会が「乱獅子」を披露した。獅子舞は、総仕上げとなる「衣装付け」(2月7日)まで、ほぼ毎夜稽古する。
 大同会の吉田龍会長(32)は「若い会員が増えてきたので、しっかりと伝統を引き継いでいきたい」、大同会のOBらでつくる祭典保存会の吉田隆会長(59)は「自衛隊の力を借りながら、何とか祭りを続けている。昔は独身の男が祭りを担っていたが、今は結婚している人が多く苦労を掛けている」と話していた。

“水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)” の続きを読む