高知県内ほとんどのところで今年一番の暑さ(テレビ高知)

情報元 : 高知県内ほとんどのところで今年一番の暑さ(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010001-kutvv-l39
きょうは一段と暑くなり県内ほとんどのところで日中の最高気温が今年最も高くなりました。きょうの知っちょこはこちら。みなさんは暑さ対策どうしていますか?この暑さに水辺に涼を求める人の姿が見られました。
じりじりと肌を焼くような日差しがふりそそいだきょうは各地で気温が上がりました。日中の最高気温は江川崎で35.9度と猛暑日となったほか、本山で33.7度高知で32.6度を観測。県内16観測地点のうち12箇所で今年最も高い気温となりました。
この暑さに高知市にあるわんぱーくこうちでは水遊びをする親子連れの姿が見られました。
水遊びをする親子の周りには水が流れ落ちる音やセミの鳴き声など様々な夏の音が聞こえていました。高知の夏はまもなく本番を迎えます。

“高知県内ほとんどのところで今年一番の暑さ(テレビ高知)” の続きを読む

ねぶた灯籠一筆一筆思いはせ/青森で児童17人絵付け体験(Web東奥)

情報元 : ねぶた灯籠一筆一筆思いはせ/青森で児童17人絵付け体験(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-webtoo-l02
 青森市は16日、同市のねぶたの家ワ・ラッセで、市内の小学生を対象としたねぶた灯籠の絵付け体験教室を開いた。児童17人は8月の祭り本番を楽しみにしながら、丁寧に一筆一筆、描き進めた。
 教室はねぶた祭を身近に感じてもらおうと市が企画し、今年4回目を迎えた。縦約80センチ、幅が最大で約60センチの扇形の灯籠に張る表側の武者絵と、裏側の金魚ねぶたの絵を仕上げた。木製の灯籠の枠は、青森工業高校建築科の生徒が授業で製作。2種類ある武者絵と金魚ねぶたの下絵は、同校ねぶた部が描いた。
 児童は先生役を務めたねぶた部員13人の説明に耳を傾け、丁寧に筆を入れた。一昨年に続いて2度目の参加という浪館小4年の伊藤果乃さんは「迫力あるねぶたが好き。線の太さを(調整しながら)描くのが難しい」と話した。
 青森工ねぶた部の玉熊健佑部長(3年)は「僕たちが口を出しすぎないように、子どもたちが自主的に作業するように気を付けた」と語り、児童に優しく言葉を掛けた。
 完成した灯籠は、同市安方のラッセランドやねぶた祭前夜祭のステージなどに飾られる予定。

“ねぶた灯籠一筆一筆思いはせ/青森で児童17人絵付け体験(Web東奥)” の続きを読む