東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)

情報元 : 断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000021-san-l34
 災害などで断水した際に周辺住民らに生活用水を無償提供する井戸を事前登録しておく制度を、広島県尾道市が創設した。所有者の善意を頼りに災害時の「共助」を期待する取り組み。「みんなの井戸(災害時協力井戸)」と名付けて、提供に応じる個人や事業所を募集している。
 同市は、昨年7月の豪雨で一時はほぼ全域が断水。復旧までに2週間ほどかかったところもあった。断水した地域では、自衛隊や他の自治体から派遣された給水車により、飲料水だけは早期に供給されるようになったものの、洗濯や水洗トイレなどに使う水までは確保できない状態が続いた。
 その中で、上水道とは別の用途で使っている井戸水を提供した世帯や事業所もあり、生活用水が確保できた人たちに歓迎されたという。
 みんなの井戸は、この体験を「いざというとき当てにできる」共助の仕組みとして整備しようと創設。登録された井戸は順次、市のホームページなどで位置が分かるようにする。
 市は「市内のどの地域の断水にも対応できるようにするには、バランス良く分散した場合でも100カ所程度必要」と試算しており、期限を設けずに募集を続けるとしている。

“断水時に生活用水を確保 尾道市、「みんなの井戸」登録募集(産経新聞)” の続きを読む

巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)

情報元 : 巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00704971-hokkoku-l17
 能登町柿生(かきお)の神道(じんどう)地区に伝わる「石仏山(いしぼとけやま)祭り」は2日、同地区の石川県史跡「祭祀(さいし)遺跡石仏山」で行われ、氏子9人が「前立(まえだち)」と呼ばれる巨石に今年の五穀豊穣(ほうじょう)を願った。
 祭りの世話役である当元の高井勝弘さん(56)方に集まった氏子は、触れ太鼓を打ち鳴らしながら集落を練り歩き、石仏山を登った。
 巨石前に到着後、一行は高さ3メートル、幅60センチの巨石にしめ縄を張り、ろうそくを立てて、タイや米、野菜を供えた。山中の冷たい空気の中、神職が祝詞を奏上し、氏子が深々と頭を下げた。
 古くから地元で神が宿るとされてきた石仏山は、刃物の持ち込みや女性の立ち入りを禁止する風習が今も残る。

“巨石に五穀豊穣を願う(北國新聞社)” の続きを読む

春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000005-hokuriku-l18
 福井梅の産地、福井県若狭町でかれんな白い小花がほころんでいる。暖冬の影響で例年より10日ほど早く咲き始め、常神半島などの沿岸は既に見頃を迎えた。淡い白色に彩られた枝が浜風に揺れ、春の到来を告げている。
 同町では三方湖から常神半島にかけて約8万本の梅の木が並ぶ。常神半島では今月上旬から花をつけ始め、民宿経営の女性(63)=同町=の梅林には、ほんのりと甘い香りが漂っている。「夏の日照りや台風による傷みを心配していたけれど、花の数は例年より多い。実がたくさんできてほしい」と話していた。収穫した梅は梅干しや甘露煮にして客に振る舞うという。
 一方、今月中旬に咲き始めた三方五湖畔は、まだ3分咲き程度。JA敦賀美方梅の里会館によると、今後気温の高い日が続けば一気に開花し、週末に満開を迎える見込み。見頃は1週間程度続くという。
 25日の県内は高気圧に覆われて晴れ、各地で3月下旬から4月上旬並みの暖かさとなった。

“春の陽気、梅はや見頃 若狭町・常神半島(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000006-at_s-l22
 中日本高速道路は26日、中部横断自動車道の新清水ジャンクション―富沢インターチェンジ(IC)間(21キロ)の開通を前に報道向けの見学会を開き、県内区間の高速道路で初の暫定2車線通行(対面通行)に備え、安全面を重視した整備を公開した。
 山間部を通り、約8割がトンネルと橋で構成され、傾斜が大きいのが路線の特徴。県内高速道で初となるトンネルのアクセント照明や、正面衝突事故防止を図るワイヤロープ方式の防護柵などの設備を説明した。
 アクセント照明はLD照明で壁面を部分的に照らし、単調なトンネル内の景観を変化させる仕組み。ワイヤロープは道路中央部に設けることで、対向車線への飛び出し事故の減少効果が期待できるという。
 中日本高速道路の生川賀啓工務課長は「スムーズな交通により観光や物流の活性化につながれば」と話した。
 同区間は山梨県側の下部温泉早川IC―六郷IC間とともに3月10日に開通する。

“対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000008-minkei-l44
 大分怪獣クラブのオリジナル怪獣「ブゴン」が2月16日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開催中のフリマイベントに現れ、ビル群をバックに雄々しい姿を見せつけた。(大分経済新聞)子どもと握手するブゴン 「大分怪獣ブゴン」は豊後の大地が生んだご当地怪獣。頭部に唐揚げ文化をアピールする鶏のとさかがあり、顔は高崎山のサルと同様に赤くなっている。体は由布の自然を表す緑色で「背中に火山があり、口から温泉を吐く」という設定。同クラブの松本智明さんがデザインを手掛け、アドバイザーの羽田野勝利さんが2年がかりで着ぐるみを制作した。
 昨年11月に別府ブルーバード劇場で開かれた全国自主怪獣映画選手権の場で初お目見え。姿を見せるのはそれ以来2回目で、同クラブ会員が開催している映画・特撮のフリーマーケット会場に「友情出演」した。
 13時と16時の2回にわたって来襲。屋外スペースでポーズを決めたり仁王立ちしたりして、来場者との握手や記念撮影に応じた。
 今後はさまざまなイベントに姿を見せては大分をPRしていく予定。同クラブ会長の木本英輔さん(43)は「ブゴンはモンスターではなく神々しい怪獣。日本文化でもある畏怖を感じてほしい。これからはゆるキャラに成り代わって現れ、子どもたちを泣かしに行くと思う」と話す。
 17日のフリマ開場時間は10時~19時。ブゴンの登場は13時と16時。

“大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

風邪で隔離「何か、さみしいなあ…」(ミニ事件簿)

情報元 : 風邪で隔離「何か、さみしいなあ…」(ミニ事件簿)大分合同新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010000-mjikenbo-l44
 先日、風邪をひいた大分東署のベテラン署員。インフルエンザではなかったが、熱が出たため自宅のベッドでぐったり。「家族へ迷惑は掛けられない。絶対にうつすものか」。すると、隔離された2階の寝室に1階の居間から家族の楽しげな話し声が聞こえてきた。「何か、さみしいなあ…」。家族のために闘病していた数日間、真っ暗な部屋で心細くなったという。結局、家族にうつることはなかったが「もう風邪はこりごり」とため息。

“風邪で隔離「何か、さみしいなあ…」(ミニ事件簿)” の続きを読む

山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000003-utyv-l19
山梨県甲府市の山梨学院幼稚園と小学校が、国際的な教育プログラムである国際バカロレアの認定校となりました。
幼・小が連携した認定は、一般の学校としては全国初ということです。
国際バカロレアとは、スイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラムで、自ら考え、学び国際的な視野をもった人材の育成を目的としています。
山梨県甲府市にある山梨学院の幼稚園と小学校では、この認定基準に沿うため4年半かけて学習内容を改善してきた結果、今月8日に国際バカロレア機構の認定を受けました。
学習内容では、子どもたちだけで課題解決に向けて話し合う時間を設け、判断力や思考力を養うとしています。
幼・小が連携した9年間のプログラムで認定を受けたのは、インターナショナルスクールなどを除くと、一般の学校としては全国初ということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)

情報元 : 五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-nagasaki-l42
 長崎県五島市の冬の一大イベント「第25回五島椿まつり」(実行委主催)が16日、市内で開幕した。3月3日までの期間中、市内各地で体験講座やバスツアー、盆栽展、マラソン大会など、ツバキにちなんだ多彩な催しがある。初日は東浜町2丁目の五島港公園でオープニングセレモニーがあり、多くの市民でにぎわった。
 市内のツバキは自生と植栽を合わせて約440万本。実から取れるつばき油は、料理や美容などに適した特産品として人気が高い。市内では昨年、ツバキ由来成分の研究や化粧品開発などに取り組む新会社が発足。来年2月には国際ツバキ会議と全国椿サミットの同時開催も控えるなど、ツバキを地域振興に生かす機運が高まっている。
 セレモニー会場では、地元グルメが集まる「五島うんまかもん市場」、餅まきやライブなどのステージイベントがあった。恒例となっているツバキの苗100本の無料配布は人気が高く、長い行列ができた。
 期間中のイベント案内は市のホームページなどで紹介している。問い合わせは実行委(電0959・72・2963)。

“五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)” の続きを読む

労働組合員1.2%増15万4165人 パートは2.8%増1万3813人 栃木(産経新聞)

情報元 : 労働組合員1.2%増15万4165人 パートは2.8%増1万3813人 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000028-san-l09
 県がまとめた平成30年の労働組合基礎調査(6月30日時点)によると、労働組合員数は前年比1・2%増の15万4165人で、4年連続で増加した。パートタイム労働者数は2・8%増の1万3813人で、全労働組合員数に占める割合は0・2ポイント増の9・0%だった。
 調査は昨年7月1~20日、県内全ての労働組合を対象に郵送などで実施。組合数は昨年より3増の693組合で、推定組織率は0・1ポイント減の17・5%だった。
 県内主要上部団体の状況は、連合栃木が3534人減の10万6392人、栃木県労連が42人減の3072人だった。
 産業別では、製造業が5万6554人(全体の36・7%)で最も多く、次いで、卸売業・小売業1万7223人(11・2%)、公務1万4188(9・2%)など。増加数が大きかったのは、製造業の1041人増、卸売業・小売業の919人増、学術研究、専門・技術サービス業の823人増などだった。
 規模別では、5000人以上が5万8566人(38・0%)、1千~4999人が3万416人(19・7%)、国公営が2万7825人(18・0%)など。

“労働組合員1.2%増15万4165人 パートは2.8%増1万3813人 栃木(産経新聞)” の続きを読む