【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)

情報元 : 【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000003-san-l19
 来年1月27日投開票の知事選に自民党推薦で立候補を予定している長崎幸太郎元衆院議員(50)が8日、甲府市内で総決起集会を開き、菅義偉官房長官、同党の三原じゅん子女性局長が応援に駆けつけた。
 総決起集会には、県選出国会議員、県議、市町村長などを含め、全県から約4千人が参加した。
 菅官房長官は「山梨県政は停滞している」とした上で、「前に進めるのは長崎さんしかいない。国と太いパイプがあり、周辺の県とも連携できる。行動力と未来を見据える政策があり、新しい山梨のかじ取り役になれる」と支持を訴えた。
 菅氏は「経済は国力の源だ。アベノミクスの成長戦略で観光と農林水産業の改革を徹底的にやった。山梨県の有効求人倍率は(政権発足前の)0・69倍から1・66倍になった」と安倍晋三政権の地方創生の成果を強調した。
 長崎氏は決意表明で、人口減少や過疎化に強い懸念を示し、県人口が約82万人の本県より少ない約71万人の高知に対する国の補助金が、本県よりも230億円多いことを紹介。「何もしないことは山梨にとって最大の失敗だ」と後藤斎県政を厳しく批判した。
 その上で、任期の4年間で約1千億円の資金を国から調達することで「災害や救急医療、リニア中央新幹線関連など、幅広い分野で予算が使えるはずだ」と指摘。「今こそ打って出る県政をつくろう」と呼びかけた。

“【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)” の続きを読む

山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000005-utyv-l19
地元に生息する魚を学ぶ小学生の取り組みです。
山梨県市川三郷町の上野小学校の児童が、ヤマメの稚魚を地元を流れる芦川に放流しました。
この稚魚は地元住民から譲り受けた卵を児童たちが1か月かけて育てた魚です。
放流したのは約120匹で、児童たちは2センチほどの稚魚をそっと手に取って川に放流していきました。
芦川で渓流釣りが解禁されるのは来年3月ですが、放流した稚魚が成魚になるのは2年ほどかかるということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)

情報元 : 堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000562-san-l19
 山梨県富士吉田市の堀内茂市長(70)は5日、12月市議会の所信表明で、来年4月26日の任期満了に伴う市長選への立候補を正式表明した。
 堀内氏は「来たる市長選に立候補する決意を固めた」と同市長選で初の4選を目指す考えを明らかにした。出馬表明は同氏が初めて。
 さらに「常に市民中心主義を政策の中心に掲げ、しがらみのない、バランスの取れた施策を実行してきた」と実績を強調。「事業実施まで5年超の大規模事業もある。市政運営の継続性の重要さを感じている。市の発展には安定した運営が必要だ」と続投への理解を訴えた。
 また、報道陣に「大規模災害時に市民の安全を確保するため、他自治体との広域連携をさらに広げたい」と4期目の目標を語った。
 堀内氏は日本大卒業後、富士急行勤務などを経て、昭和62年の県議選で初当選し、1期を務めた。平成19年4月の市長選に無所属で初当選し、現在3期目。

“堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)” の続きを読む

「医療的ケア児者」を支援 山梨県、来年度に実態調査(産経新聞)

情報元 : 「医療的ケア児者」を支援 山梨県、来年度に実態調査(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000034-san-l19
 県は27日、人工呼吸器の装着など日常的な医療を必要とする障害者「医療的ケア児者」に適切な支援を行うため、検討会議の初会合を開いた。来年度に実態調査を行うことを決めた。今後、課題や支援のあり方を協議していく。
 会議は厚生労働省の指針に基づき設置され、保健、医療、福祉、教育などの専門家など19人の委員で構成。縦割りの壁をなくし、相談窓口の一本化などを目指す。
 県教育委員会によると、5月1日時点の公立の特別支援学校と小中学校の医療的ケア児は66人。実施している医療的ケアは重複を含め、気管支切開など「たんの吸引」62人、管を通して胃に直接栄養を送る「胃瘻(いろう)」34人-など。
 検討会議では、すべての年代について、人数や医療ケアの内容などを調査する方針を了承した。県障害福祉課は「今年度内に市町村に検討会議の設置を促す」としている。

“「医療的ケア児者」を支援 山梨県、来年度に実態調査(産経新聞)” の続きを読む

東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)

情報元 : 東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000017-san-l10
 2020年東京五輪・パラリンピックの旗が全国の都道府県で巡回展示される「フラッグツアー」が30日、県入りする。旗は12月27日まで13市町村を巡回。これまで訪れた都道府県でのイベントの様子を伝えるパネルなどとともに展示される。関連イベントには過去の大会に出場した県出身のオリンピアンも駆けつけ、五輪ムードを盛り上げる。(住谷早紀)
 県入りする30日には、前橋市の県庁県民ホールで「フラッグ歓迎イベント」を開催。千代田町出身でロンドン五輪レスリング銅メダリストの松本隆太郎さんがアンバサダーとして参加する。
 旗は翌12月1日から県庁県民ホールを皮切りに、吉岡町、川場村、草津町、嬬恋村などを巡回。同24、25日には高崎市の高崎アリーナ1階事務所前で展示され、貴重な「クリスマスプレゼント」になりそうだ。
 また、期間中の同17日には、フェアプレー精神や多様性への理解を深める「東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校」として認証を受ける桐生大付属中(桐生市小曽根町)に、オリンピアンが訪問する予定。教師役となり、自らの経験を通して大会の価値を生徒たちに伝えるという。
 ツアーは平成28年10月に東京都をスタートし、来年3月の高知、山梨両県まで全国を巡回する。
 大会開催年の3月31日と4月1日には、福島県を起点とした聖火リレーが県内を通過する予定。4~6月に開催される大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン(DC)」とともに、県の魅力をPRする絶好のチャンスになると期待される。

“東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)” の続きを読む

岡島百貨店にクリスマスツリー登場 甲府(UTYテレビ山梨)

情報元 : 岡島百貨店にクリスマスツリー登場 甲府(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000002-utyv-l19
山梨県甲府市の百貨店にクリスマスツリーがお目見えし、点灯式が行われました。
きょうは点灯式を前に甲府市にある認定こども園の園児がクリスマスにちなんだ演奏や歌を披露しました。
高さ4メートルのクリスマスツリーは約1000個の電球で装飾され、岡島北側の出入り口はクリスマスの雰囲気に包まれました。
クリスマスツリーは来月25日まで設置され、店内では県内初出店となる北欧雑貨などを扱うクリスマスマーケットも来週水曜日まで開催されています。
[UTYテレビ山梨]

“岡島百貨店にクリスマスツリー登場 甲府(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

リニア利用客を上方修正 山梨県、最大1.6倍の1万9700人に(産経新聞)

情報元 : リニア利用客を上方修正 山梨県、最大1.6倍の1万9700人に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000028-san-l19
 県のリニア環境未来都市創造本部会議(会長・中井検裕・東京工業大大学院教授)が13日、甲府市内で開かれ、今年度内にまとめるリニア新駅の周辺整備基本計画の中間とりまとめ案を示した。
 同案で県は、新駅開業8年後の1日の利用者数について、1時間に最大で上下各2本が停車するケースで1万2千~1万9700人との想定を示した。
 県は平成24年、開業8年目の1日の利用者数を、毎時1本停車で1万2300人と想定。
 今回初めて、毎時各2本を含む想定を示し、需要予測を最大約1・6倍に上方修正した。
 県リニア環境未来都市推進室は「6年前は新駅の交通結節機能が中心の想定だったが、方針が周辺整備による交流人口拡大に変わり、観光客も増えている」と説明した。
 新しい想定は、甲府駅利用者や外国人観光客のアンケート、新幹線開業から10年間は利用者が増え続けるという過去例などを加味したという。
 これに対し、委員の田中道昭・立教大教授が「停車本数を無理やり増やしても人は降りない。事業、生活、教育の環境を整備しないと人は移り住まない」と批判した。
 会議後の取材で、中井会長も「地域のサービス、新しい価値を提供できるかが大事で、それをどう作り出すかが議論の中心だ」と県の姿勢を疑問視した。
 新駅周辺整備の方針は後藤斎知事が就任後に見直したため、来年1月27日の知事選に向けた利用者想定の上方修正との見方もあるが、同室は「選挙は関係ない。見直すべき課題だった」としている。

“リニア利用客を上方修正 山梨県、最大1.6倍の1万9700人に(産経新聞)” の続きを読む

大阪城音楽堂で音楽イベント「やおーん!!」 今年で9回目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大阪城音楽堂で音楽イベント「やおーん!!」 今年で9回目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000009-minkei-l27
 大阪城音楽堂(大阪市中央区大阪城3)で9月2日、「やおーん!!2018」が開催される。(京橋経済新聞)昨年の盛り上がっている様子 同イベントは、テレビ・映像制作・ゲームなどのプロを育成する、放送芸術学院専門学校と大阪アニメーションスクール専門学校が主催する音楽イベント。プロの出演者を招き、舞台や照明、音響、撮影などは学生たちが手掛ける。開催は今年で9回目。昨年は約800人が来場した。
 今年のテーマは「sea&water」。同学院のライブイベント制作コースの学生が授業で話し合って決めた。チラシやホームページも海や水を意識したデザインとなっている。
 MCは今年も、同学院卒業生でイベントMCやナレーション、パーソナリティーとして活躍している小早川秀樹さん。MCアシスタントは、学内オーディションで選ばれた同学院のDJ&アナウンスコース2年生・石橋ほのかさん。2人がイベントを引っ張る。
 出演アーティストは5組。2012年の結成以降、数々のコンテストでグランプリを獲得している「シンガロンパレード」。メンバーそれぞれが作詞・作曲に携わり、全員が歌で楽曲に参加する「TheSongbards」。アーティストや業界からも大きな支持を得ているという神戸出身のロックバンド「alcott」。昨年NTTドコモ北海道支社のインフォマーシャルソングに抜擢され、急速に注目を集める札幌在住の4人組ロックバンド「TheFloor」。過去にフジロックフェスティバルに出演し、昨年自身初のファーストアルバムをリリースした大阪堺出身の4人組バンド「DENIMS」。オープニングアクトとして、大阪府立柴島高等学校の軽音楽部「ザクロ飴」がオリジナル曲を演奏する。
 同イベントの制作リーダーを務める、ライブイベント制作コース2年生・畠山唯乃梨さんは「昨年、先輩方が頑張っていたことや、かっこよかった姿を思い出し、今年も負けないように頑張りたい。すてきな野外フェスになると思うので、ぜひたくさんの方に楽しんでいただければ」と呼び掛ける。
 14時開場、15時開演。料金は前売り・当日共に500円。チケットは、ローソンチケット(L53736)とイープラスで販売中。小学生以下無料(要保護者同伴)。

“大阪城音楽堂で音楽イベント「やおーん!!」 今年で9回目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010000-chukaiv-l31
二十世紀梨は鳥取県が全国一の出荷量を誇る、県を代表するブランドです。二十世紀梨はハウス栽培が、今月5日から出荷されていますが、22日から露地栽培の梨が出荷されました。初日は大山町の農家からおよそ50tの梨が出荷されました。今年の梨は梅雨明け以降、1カ月以上まとまった雨が降らなかったため、全体的に小ぶりです。しかし糖度は例年より0.5度~1度ほど高く、近年にない甘さだということです。大山選果場はJAとっとり西部管内で生産される梨のうち、6割以上を出荷しています。二十世紀梨がその多くを占めていますが、栽培に手間がかかるため出荷量は年々減少しています。
一方、栽培が増えているのが、鳥取県が平成20年に開発したオリジナルブランド「新甘泉」です。新甘泉は二十世紀梨より栽培が容易な上糖度も高く、販売面でも高値が期待できます。大山町では新甘泉の生産量が20世紀梨に次ぐ全体の35%まで上がってきています。この日選果した梨は京阪神と中国地方に出荷され、店頭に並びます。

“鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)” の続きを読む

今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)

情報元 : 今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000001-utyv-l19
台風20号による山梨県内の大雨は24日昼過ぎにピークを過ぎましたが、鉄道や学校関係など様々な影響が出ました。
台風20号の影響で山梨県内は、23日の午後から全域で雨となりました。
降り始めからの雨量は山中湖で245.5ミリ、南部で189.5ミリ、大月で145ミリ、甲府で45ミリなどとなり、県東部と富士五湖を中心に各地で大雨となりました。
雨の影響でJR中央線は朝の便の特急4本など一部の列車が運休し、JR身延線も西富士宮駅と身延駅の間の上下線で、午前10時からおよそ2時間運転を見合わせました。
学校関係では上野原市と丹波山村、道志村の小中学校と身延中の合わせて13校が休校となりました。
県内の雨は24日昼すぎにピークを過ぎ、県内に出されていた土砂災害警戒情報は全て解除されています。
[UTYテレビ山梨]

“今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)” の続きを読む