比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)

情報元 : 比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000012-ryu-oki
 【東京】比嘉酒造(読谷村)は、シークヮーサーを使ったリキュール「残波 青切りシークヮーサー」のボトルデザインの開発で、SNS(会員制交流サイト)上の「インフルエンサー(影響力のある人)」を活用した取り組みを新たに始めている。写真動画投稿サイト「インスタグラム」で4万~10万人のフォロワー数を持つインフルエンサーを招いた試飲会を4、5の両日、都内の沖縄料理店で開き、彼女たちの意見を聞いた。
 比嘉酒造は観光客に好まれるよう新たにボトルデザインを検討している。県内の若手デザイナーたちが制作した複数のデザインについてインフルエンサーから意見を聞き、写真で拡散してもらう。比嘉酒造の太田敏・取締役営業統括本部長は「泡盛がおしゃれで、おいしいよというイメージを広めていけるよう取り組みたい」と話した。
 4日、都内の飲食店で開いた試飲会には、インフルエンサー8人が思い思いに新ボトルをスマホで撮影。沖縄料理と残波の水割りを味見し「思ったより酸っぱくなく、甘くておいしい」「お土産に買いたい」などと話していた。
 さらに28日まで、残波のインスタグラム公式アカウント@awamori.zanpaに投稿された新デザイン3種から好みのデザインを選び、SNS上で検索しやすくするハッシュタグ「#」で投稿するキャンペーンも始める。最も多かったデザインを投稿した人は抽選で旅行券などが当たる。
 昨年度は、ハッシュタグをつけて泡盛をおしゃれに飲んでもらうキャンペーンを実施した。「味はおいしいが、このボトルでは買わない」など厳しい意見が寄せられ、本年度は新ボトル開発に取り組んだ。

“比嘉酒造「残波」 新デザインへSNS活用 発信力ある人招き試飲会(琉球新報)” の続きを読む

吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000033-at_s-l22
 レスリング女子で活躍した吉田沙保里さんが同名の縁で吉田町のPRを担う「まちづくり応援大使」に就任することが決まった。9日、同町総合体育館で開かれた「よしだ未来フォーラム」で、田村典彦町長の要請に吉田さんが快諾。来年度中に就任式を行う。
 名前が同じという縁で、昨秋から町と吉田さんの交流がスタート。昨年末から応援大使の就任に向け、両者で調整を進めてきた。町の応援大使は吉田さんが第1号。具体的な活動内容は今後検討する。
 フォーラムでのトークショー後、田村町長が「ぜひとも応援大使をやっていただきたい」と求め、吉田さんは「光栄なこと。ありがとうございます」と笑顔で応じた。担当する町企画課は「子どもが将来に希望の持てるまちの実現に向け、応援してほしい」と話した。
 また、トークショーで吉田さんは「金メダルを取るという目標ができたのは中学生のとき。『やらされている』練習が『やらなければいけない』に変わった」と夢を持つことの大切さを訴えた。
 フォーラムは町女性団体連絡協議会と町が主催。当初の定員は千人だったが、申し込みが殺到したため席を増やした。

“吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)

情報元 : NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010000-tokushimav-l36
 皆さん、こんにちは! NMB48チームB2の愛媛県出身、「しおり」こと水田詩織です。今回が17回目の連載です。今回は同じチームB2のキャプテン、「りなっち」こと久代梨奈(くしろ・りな)さんを紹介させていただきます。【動画】♪水田詩織さんインタビュー 私と同い年で20歳のりなっちさんは、チームB2のキャプテンに17歳という若さで就任されました。キャプテンというのは自分のこと以上にチームのことを考え、まとめなくてはならない大変な役割だと思います。
 それでもりなっちさんは、悩みながらもいろんな重圧に負けずにその役割をこなしてチームを引っ張ってくださっていて、強くてかっこいいと思います。常に後輩のことを気にかけてくださる優しさもお持ちです。
 ハムスターを飼われているのですが、そのハムちゃんがそれはもうかわいいことかわいいこと…! ツイッターやインスタグラムに写真をよく載せられているので、どれほどかわいいかぜひ見ていただきたいです!!
 りなっちさんといえば、印象的なのが口もとにあるセクシーなホクロ。顔からセクシーさがあふれ出ているので、周囲から子どもっぽく見られがちな私からすればすごくうらやましいです。
 そして、りなっちさんは歌がお上手です。私は公演終わりにインターネット配信されている動画を毎回見ますが、りなっちさんの歌声が好きでソロパートを何回も巻き戻して聴きます。それくらいすてきな歌声です。
 ダンスもしなやかでお美しいです。激しめの曲では、しなやかさの中にしっかりと力強さもあって、そこがまたすてきです。演技にも挑戦されていて、舞台で主演を務められたこともあるほどの実力の持ち主です。
 NMB48劇場での公演では、こうした美しい歌声としなやかなダンス、豊かな演技力が一体となった魅力的なパフォーマンスを披露されていて、表現の面でもチームを引っ張ってくださっています。
 他にも、パワーポイント作りがお好きで、NMB48の紹介資料を作ってインターネット動画配信サービス「SHOWROOM」で披露されたり、ソロで劇場公演をされたりと、さまざまなことに挑戦されています。
 20歳の誕生日を祝う「生誕祭」では「ドラマに出演したい」「物語を考えるのが好きなので、脚本を書いたり、私の脚本でメンバーと一緒にお芝居ができたりしたらいいと思います」と目標を語られていました。
 夢をたくさん持ち、いろんなことにチャレンジする姿はかっこいいです。何事もやってみなきゃ分からない! これを読んだそこのあなたも、これを機にNMB48の応援に足を突っ込んでみては?! まずは片足からでも、小指からでもどうぞ!
 NMB48にはまだまだ魅力的なメンバーがたくさんいます。チェックよろしくお願いします! 2月20日にはNMB48の20枚目シングル「床の間正座娘」が発売されますので、そちらもチェックよろしくお願いします。
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。次回もお楽しみに!

“NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)” の続きを読む

「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)

情報元 : 「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00020651-asahibcv-l27
東大阪市の養豚場で「豚コレラ」の感染が確認されたことを受けて開かれた住民説明会で、大阪府は処分が難航していると明らかにしました。
大阪府は7日夜に東大阪市内で開いた説明会で、「豚コレラ」が人に感染しないことや、養豚場にいる約730頭のブタを殺処分することなどを説明。ただ、殺処分の方法や、処分後に埋める場所がまだ決まっていないとも話しました。住民からは「どんな処分方法があるか」「『豚コレラ』のブタが近くにいるのは不安だ」などの意見が出ました。参加した市民は「地域の人間からしたらもっと早くしてくれと思う」「(殺処分の仕方が)決まっていないっていうのは歯がゆい」などと話しています。府は殺処分後、他の場所に埋める検討をしていますが、場所の選定に難航しています。

“「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000001-utyv-l19
次は小さなプラスチック=マイクロプラスチックについてです。
分解されず海を漂い生態系への悪影響が懸念され世界的な問題となっています。
しかし富士川でもプラスチック汚染が深刻になっていることが報告されました。
マイクロプラスチックとはペットボトルやレジ袋といったプラスチックが海に流れ出て砕け、直径5ミリ以下となったもので、分解しないため、海の汚染や生態系への悪影響が問題となっています。
31日はプラスチック問題に取り組む富士河口湖町の団体が研修会を開き、帝京科学大学の仲山英之教授が、富士川、笛吹川、釜無川、桂川の山梨県内4つの河川で行った汚染状況の調査結果を報告しました。
それによりますと富士川のマイクロプラスチックの数は、1立方メートルあたり9.5個で、汚染度が高い、東京の多摩川河口の9.7個とほとんど変わらず、深刻な状況であることが報告されました。
次いで笛吹川は6.4個、釜無川は4.1個で、桂川を除き調査が行われている全国29河川の平均の1.6個を大きく上回りました。
仲山教授は「プラスチック汚染は海に流れ出す前に川でも起きている」と指摘しました。
また、きょうの研修会には県も出席し、取り組みについて報告しました。
この中でプラスチック・ストローの代わり県産木材を使った紙ストローの事業化に向け、民間業者と連携し、現在プロジェクトを進めていることを説明していました。
[UTYテレビ山梨]

“富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000050-minkei-l19
 山中湖湖畔で2月1日から、ダイヤモンド富士の期間にあわせてさまざまなイベントを展開する「山中湖ダイヤモンド富士ウィークス」が開催される。(富士山経済新聞)
 ダイヤモンド富士は、富士山の山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に太陽と山頂がぴったり重なり、ダイヤモンドのように輝く秋と冬に見られる現象。
 2月初~中旬は、比較的天候が安定しているためダイヤモンド富士が見られる日が多いことから、この期間を「DIAMONDFUJIWEEKS」としており、毎年全国からカメラマンが集まるという。
 今年は2月1日~22日の日没時に見ることができるという。2月16日には、アイスキャンドルの点灯と冬花火を行う「アイスキャンドルフェスティバル」も開催。
 山中湖村観光課公式サイトなどでは、ダイヤモンド富士撮影ポイントや日時を公開している。

“山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000021-at_s-l22
 富士市の子育て支援団体の代表者でつくるグループ「ふじママサロン」が2日、初の会合を市フィランセで開いた。約10人が子育て支援にまつわる三つのテーマを取り上げ、それぞれの立場から意見を交わした。
 ふじママサロンは、同市の「ふじ親子サークル ローズマリー」の代表で司会業の内野浩恵さんが発起人となり、「ハッピーはぐハート」代表の大貫薫子さん、「ハグっこ富士」代表の大竹真梨子さんと共に、1月に立ち上げた。子育て中の母親や子育て支援者の異なった視点で課題と環境の問題点などを語り合い、子育てをしやすい環境をつくることや団体間の交流促進などを目的としている。
 初回は「パパママの働く環境と保育園」「富士市の子ども医療費」「子育て支援の必要性の有無」をテーマに据えた。参加者は幼児から大学生までを育てる母親らで、助産師や保育教諭など立場もさまざま。
 会合では「障害児と健常児に分けると、枠から外れたグレーゾーンの子どもは行き場がない」「『子育て支援』というより『家族支援』という考え方が必要」など多様な意見が出された。
 終了後、参加者は「今後も一緒に考え合う機会がほしい」「得意分野を生かして、子育てしやすい環境づくりをしたい」などと感想を語った。

“子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000056-minkei-l05
 地域の世代間交流を目的とした冬季イベントが2月2日、秋田県南部老人福祉総合エリア(横手市大森町、TEL0182-26-3880)で開かれる。「エリア雪まつり2019」と銘打ち、同施設で例年開かれている。(横手経済新聞)「エリア雪まつり」のステージイベントの様子 そり滑りコースやミニかまくら作りなどの雪遊び向けスペースを会場内に設ける。甘酒や豚汁、コーヒーなどを振る舞うほか、お好み焼きやうどんを提供する。象潟の道の駅が海産物などを出張販売。民謡ショーや「超神ネイガー」が菓子をまいたりするステージも特設する。当日、施設内入浴場を割引価格で利用できる。
 開催時間は10時~15時(甘酒の振る舞いは9時30分~)。入場無料。入浴料は310円(小学生以下は160円)。

“横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000064-minkei-l19
 「富士急行1000系」を撮影できる「新春富士急行1000系25周年記念撮影会」が2月2日、富士急行線河口湖駅南側広場で開催される。(富士山経済新聞)
 富士山1000系は京王電鉄の5000系を譲り受け、1994年に導入され、1998年からは富士急行線初の特急列車「ふじやま」として運用された。現在、富士急行は1000系車両4編成8両を保有しており、スイスの姉妹鉄道「マッターホルンゴッタルド鉄道」の車両デザインを模した塗装の車両や観光列車「富士登山電車」などに使われている。
 イベントではこの富士急行1000系車両4編成を撮影できる。富士急行1000系車両4編成が一堂に会するのは初の試み。
 1000系車両をデザインした「富士急行1000系&岳南電車9000系コラボ入場券セット」やクリアファイルなど新グッズの販売会も行い、グッズ購入が撮影会の参加条件になっている。
 開催時間は、グッズ販売会=11時~13時30分、撮影会=12時40分~13時5分。

“富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む