「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)

情報元 : 「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00020651-asahibcv-l27
東大阪市の養豚場で「豚コレラ」の感染が確認されたことを受けて開かれた住民説明会で、大阪府は処分が難航していると明らかにしました。
大阪府は7日夜に東大阪市内で開いた説明会で、「豚コレラ」が人に感染しないことや、養豚場にいる約730頭のブタを殺処分することなどを説明。ただ、殺処分の方法や、処分後に埋める場所がまだ決まっていないとも話しました。住民からは「どんな処分方法があるか」「『豚コレラ』のブタが近くにいるのは不安だ」などの意見が出ました。参加した市民は「地域の人間からしたらもっと早くしてくれと思う」「(殺処分の仕方が)決まっていないっていうのは歯がゆい」などと話しています。府は殺処分後、他の場所に埋める検討をしていますが、場所の選定に難航しています。

“「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000001-utyv-l19
次は小さなプラスチック=マイクロプラスチックについてです。
分解されず海を漂い生態系への悪影響が懸念され世界的な問題となっています。
しかし富士川でもプラスチック汚染が深刻になっていることが報告されました。
マイクロプラスチックとはペットボトルやレジ袋といったプラスチックが海に流れ出て砕け、直径5ミリ以下となったもので、分解しないため、海の汚染や生態系への悪影響が問題となっています。
31日はプラスチック問題に取り組む富士河口湖町の団体が研修会を開き、帝京科学大学の仲山英之教授が、富士川、笛吹川、釜無川、桂川の山梨県内4つの河川で行った汚染状況の調査結果を報告しました。
それによりますと富士川のマイクロプラスチックの数は、1立方メートルあたり9.5個で、汚染度が高い、東京の多摩川河口の9.7個とほとんど変わらず、深刻な状況であることが報告されました。
次いで笛吹川は6.4個、釜無川は4.1個で、桂川を除き調査が行われている全国29河川の平均の1.6個を大きく上回りました。
仲山教授は「プラスチック汚染は海に流れ出す前に川でも起きている」と指摘しました。
また、きょうの研修会には県も出席し、取り組みについて報告しました。
この中でプラスチック・ストローの代わり県産木材を使った紙ストローの事業化に向け、民間業者と連携し、現在プロジェクトを進めていることを説明していました。
[UTYテレビ山梨]

“富士川でもマイクロプラスチック汚染が深刻 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000050-minkei-l19
 山中湖湖畔で2月1日から、ダイヤモンド富士の期間にあわせてさまざまなイベントを展開する「山中湖ダイヤモンド富士ウィークス」が開催される。(富士山経済新聞)
 ダイヤモンド富士は、富士山の山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に太陽と山頂がぴったり重なり、ダイヤモンドのように輝く秋と冬に見られる現象。
 2月初~中旬は、比較的天候が安定しているためダイヤモンド富士が見られる日が多いことから、この期間を「DIAMONDFUJIWEEKS」としており、毎年全国からカメラマンが集まるという。
 今年は2月1日~22日の日没時に見ることができるという。2月16日には、アイスキャンドルの点灯と冬花火を行う「アイスキャンドルフェスティバル」も開催。
 山中湖村観光課公式サイトなどでは、ダイヤモンド富士撮影ポイントや日時を公開している。

“山中湖でダイヤモンド富士 アイスキャンドルや冬花火も /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000021-at_s-l22
 富士市の子育て支援団体の代表者でつくるグループ「ふじママサロン」が2日、初の会合を市フィランセで開いた。約10人が子育て支援にまつわる三つのテーマを取り上げ、それぞれの立場から意見を交わした。
 ふじママサロンは、同市の「ふじ親子サークル ローズマリー」の代表で司会業の内野浩恵さんが発起人となり、「ハッピーはぐハート」代表の大貫薫子さん、「ハグっこ富士」代表の大竹真梨子さんと共に、1月に立ち上げた。子育て中の母親や子育て支援者の異なった視点で課題と環境の問題点などを語り合い、子育てをしやすい環境をつくることや団体間の交流促進などを目的としている。
 初回は「パパママの働く環境と保育園」「富士市の子ども医療費」「子育て支援の必要性の有無」をテーマに据えた。参加者は幼児から大学生までを育てる母親らで、助産師や保育教諭など立場もさまざま。
 会合では「障害児と健常児に分けると、枠から外れたグレーゾーンの子どもは行き場がない」「『子育て支援』というより『家族支援』という考え方が必要」など多様な意見が出された。
 終了後、参加者は「今後も一緒に考え合う機会がほしい」「得意分野を生かして、子育てしやすい環境づくりをしたい」などと感想を語った。

“子育て支援へ「ママサロン」 富士の団体代表ら集結(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000056-minkei-l05
 地域の世代間交流を目的とした冬季イベントが2月2日、秋田県南部老人福祉総合エリア(横手市大森町、TEL0182-26-3880)で開かれる。「エリア雪まつり2019」と銘打ち、同施設で例年開かれている。(横手経済新聞)「エリア雪まつり」のステージイベントの様子 そり滑りコースやミニかまくら作りなどの雪遊び向けスペースを会場内に設ける。甘酒や豚汁、コーヒーなどを振る舞うほか、お好み焼きやうどんを提供する。象潟の道の駅が海産物などを出張販売。民謡ショーや「超神ネイガー」が菓子をまいたりするステージも特設する。当日、施設内入浴場を割引価格で利用できる。
 開催時間は10時~15時(甘酒の振る舞いは9時30分~)。入場無料。入浴料は310円(小学生以下は160円)。

“横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000064-minkei-l19
 「富士急行1000系」を撮影できる「新春富士急行1000系25周年記念撮影会」が2月2日、富士急行線河口湖駅南側広場で開催される。(富士山経済新聞)
 富士山1000系は京王電鉄の5000系を譲り受け、1994年に導入され、1998年からは富士急行線初の特急列車「ふじやま」として運用された。現在、富士急行は1000系車両4編成8両を保有しており、スイスの姉妹鉄道「マッターホルンゴッタルド鉄道」の車両デザインを模した塗装の車両や観光列車「富士登山電車」などに使われている。
 イベントではこの富士急行1000系車両4編成を撮影できる。富士急行1000系車両4編成が一堂に会するのは初の試み。
 1000系車両をデザインした「富士急行1000系&岳南電車9000系コラボ入場券セット」やクリアファイルなど新グッズの販売会も行い、グッズ購入が撮影会の参加条件になっている。
 開催時間は、グッズ販売会=11時~13時30分、撮影会=12時40分~13時5分。

“富士急行河口湖駅で新春撮影会 1000系車両4編成 /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000062-minkei-l40
 福岡三越(福岡市中央区天神2)の地下2階で1月19日、バレンタイン商品の展開が始まった。(天神経済新聞)「グマイナー」の「チェリーボンボン」 今年のテーマは「EncounterofValentine~出会い~」。花の国日本協議会が推進する「フラワーバレンタイン」に注目し、チョコレートと共に花を贈る提案や話題のチョコレートとの出会いを提案する。
 ラインアップは、アカデミー賞公式ギフトにも選ばれた「ショコラティン」の「ジュエリーシリーズギフト」(20点限定、4個入り、5,400円)、創業100年を超えるドイツのチョコ「グマイナー」の「チェリーボンボン」(4個入り、1,944円)などが初登場するほか、バラの花びらが入った「玖島ローズ」の「パヴェドローズ」(972円)、「ピエールマルコリーニ」の「バレンタインセレクションリミテッドエディション」(9個入り、3,780円)、「テオムラタ」の「ビーンズショコラ」(38グラム~40グラム、各720円~)など、新規11ブランドを含む全51ブランドを展開する。
 期間中、会場には「ショコラコンシェルジュ」が常駐し商品選びをサポートするほか、「フラワーバレンタイン」を知ってもらうため、同館1階・ライオン広場のライオン像をフラワーバレンタイン仕様にデコレーションする。
 営業時間は10時~20時。2月14日まで。

“福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)

情報元 : 一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010012-mietvv-l24
 三重県紀北町の長楽寺では現在、早咲きの梅が見ごろを迎えています。
 長楽寺の裏庭に植えられている樹齢280年を超える紅梅。
 例年、年の暮れから花を咲かせますが、去年は少し早い12月中旬から咲き始め、いま見ごろを迎えています。
 地元の人たちをはじめ、県内外から梅の愛好家らが訪れ、咲き誇る濃いピンク色の花を写真に収めるなどして一足早い春を楽しんでいます。
 寺の住職によりますと、今年は例年に比べて花が少なかったということで、専門家のアドバイスを受けて来年は堆肥をまくなどして多くの花を咲かせたいと話していました。
 梅は、1月末まで楽しめるということです。

“一足早い春 早咲きの梅が見ごろ  三重・紀北町(三重テレビ放送)” の続きを読む

習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)

情報元 : 習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010001-chibatelev-l12
 3月23日に開幕する選抜高校野球大会の出場校が25日発表され、習志野高校が10年ぶりに出場を決めました。1月25日午後3時14分、第91回選抜高校野球大会の出場連絡が、習志野高校の小西薫校長に届きました。吉報はその後、グラウンドで練習をする野球部員たちに伝えられました。
 習志野高校野球部根本翔吾主将
「選抜に選んでいただいたからには、2か月間しっかり準備して頑張って行きましょう」 
 習志野高校野球部は去年10月に山梨県で行われた秋の関東大会で群馬県の桐生第一高校などの強豪に競り勝ち、ベスト4に進出。そして、1月25日、10年ぶり4度目のセンバツ甲子園出場を決めました。
 習志野高校野球部小林徹監督
「子どもたちの夢が一つかなってホッとしている。千葉県、関東、そして習志野市を代表して、皆さんに応援してもらえるような精一杯のプレーができる準備を2か月していきたい」
竹縄俊希主将
「自分たちの全力プレーや、吹奏楽部の応援など色んな部分に注目してほしい」
根本翔吾主将
「時間が少ない中で、自分たちができる完璧な準備をして大会に臨みたい」
 習志野高校が10年ぶりに出場する春の選抜高校野球大会は、3月23日から阪神甲子園球場で12日間に渡って開催されます。

“習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)” の続きを読む