地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)

情報元 : 地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000047-san-l31
 大山乳業農協(鳥取県琴浦町)は、鳥取大などと共同で、イチゴなど地元農産品を使った新商品アイスを開発した。大学生らとコラボした初の商品開発で、中四国のローソン(約1400店)で10日、先行販売を始めた。
 新商品は「いちごあいす」。カップ入り(100ミリリットル)で1個150円。イチゴ味のアイスに、湯梨浜・北栄両町産のイチゴ「紅ほっぺ」のソースを乗せて鮮やかな見た目にし、紅ほっぺのみずみずしさを味わえるようにした。
 商品に新鮮な視点をと、大山乳業は昨年7月から鳥取大とプロジェクトを開始。農学部生や大学院生ら4人が7、8回にわたり、味や原料、包材のデザインなどについてディスカッションや試作研究などを行い、商品化につなげた。
 学生らは県庁に平井伸治知事を訪ね、新商品を披露。大学院連合農学研究科博士課程1年の岡本奈穂さんは「自分が買いたいだけでなく、販売するお店の側に立って考えた」と開発の苦労を語った。試食した平井知事は「イチゴだけにストロベリーグッド」と得意のダジャレ交じりで味を評価していた。
 「いちごあいす」は20万個の販売を計画。23日からは県内のスーパー、量販店でも販売する。

“地元産「いちごあいす」食べて! 鳥取大生と大山乳業が商品開発(産経新聞)” の続きを読む

水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)

情報元 : 水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000003-utyv-l19
山梨県の峡南地域の3つの高校を統合する新設の高校について、県教育委員会は地元の要望を受け入れて体育館を2階建てにするなど、水害時でも安全性の高い避難所として機能できるようにすることにしました。
市川、峡南、増穂商業の3つの県立高校は統合され、再来年の4月、現在の市川高校の敷地に新しい高校が設置されることになっています。
地元の市川三郷町は新設する高校への要望書を県教育委員会に提出していて、20日は県の市川満教育長らが町側に回答を伝えました。
それによりますと、新設の高校は体育館を2階建てにして浸水被害の際の安全性を向上させます。
また生徒と地域住民が交流できるよう図書室をオープンスペースにすることなど、おおむね町からの要望に沿った内容となっています。
「真摯に実行していただけると感じを持ちました、協力して県下一の高校を目指して、いい高校になってほしいと思っています」(市川三郷町久保真一町長)。
県教育委員会は来月から新しい高校の住民説明会を開始する予定です。
[UTYテレビ山梨]

“水害対策で体育館を2階建てに 避難所機能を充実 統合の新設校 山梨(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)

情報元 : 【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000031-san-l19
 第100回全国高校野球選手権山梨大会は第9日目の18日、山日YBS球場(甲府市小瀬町)で準々決勝2試合が行われた。3連覇を目指す山梨学院は、好機を逃さない試合運びで得点を重ね、3人の継投で都留の追撃を抑えた。12年ぶりの頂点を目指す甲府工は、八回の猛攻で日本航空を逆転し、主戦・渡辺が完投した。山梨学院と甲府工は21日の準決勝で対戦する。(昌林龍一)
                   ◇
 ◆都留3点先制も…
 都留は初回、程原の左中間二塁打で3点を先制。これを追う山梨学院は三回、清水の左前打などで2点を返し、五回に佐古の内野安打を足がかりに中尾の左越二塁打などで逆転。七、九回にも追加点をあげた。
 都留は六回、四球に盗塁を絡め、萩原の中前打で1点を返したが、八回から登板した山梨学院の主戦垣越に6三振を奪われるなど、相手の継投に抑えられた。
 ◆甲府工八回に逆転
 甲府工は初回、田中の右越二塁打で1点を先制後、七回まで無得点。一方、日本航空は同点後の六回、柏木の右前打で逆転し、さらに2点を加えて試合を決めたかに見えた。
 しかし、甲府工は八回、武田が左越二塁打、渡辺が左中間二塁打、和田も右越三塁打と3連続長打で追撃。風間の中前適時打で逆転した。渡辺は奪7三振で完投した。
                   ◇
 ▽準々決勝
 【山日YBS球場】
 都 留  300 001 000-4
 山梨学院 002 030 21×-8
 日本航空 000 013 000-4
 甲府工  100 000 04×-5
                   ◇
 ■都留3年・金丸大輝主将 8強の裏に地道な積み重ね
 「力の差はあったが、強い気持ちで臨んだ。強豪相手に序盤に3点取れた。チームが今までやってきたことが実った」
 負けはしたが、後悔はなかった。
 柏木洋和監督(38)の方針で、練習メニューや対戦相手の研究を部員が主体的に考えてきた。
 「打撃マシンを使った練習では、得点圏での相手の球種やコースを想定し、実戦を意識した練習を重ねてきた」。序盤では読みが当たったという。
 試合中、いつも元気の良い声でチームメートを鼓舞している。
 野球を始め、父親の裕之さん(50)から「何でもいい。得意なものを1つ作りなさい」とアドバイスを受けた。声を出すことが主将のリーダーシップと思っている
 「後輩には練習で積み重ねてきたことが試合で出る。野球だけでなく日々の学校生活すべてが野球につながると伝えたい」
 実家は甲州市の果実農家。「コツコツやる仕事は野球にもつながると思っている。実ができるのは年1回だが、それまでの下積みが大事だ」。地道な積み重ねでベスト8をつかんだ。

“【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)” の続きを読む

リサとガスパールタウンにイエローガーデンが登場 限定メニューやグッズも /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : リサとガスパールタウンにイエローガーデンが登場 限定メニューやグッズも /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000057-minkei-l19
 フランスの絵本「リサとガスパール」の住むパリの街並みを再現した「リサとガスパールタウン」(山梨県富士吉田市)で開業5周年を記念し、花畑「イエローガーデン」が登場した。(富士山経済新聞)イエローにちなんだ限定メニューも エッフェル塔のあるメイン広場に、ヒメヒマワリ、ルドベキア、メランポジウム、ケイトウ、マリーゴールドの5品種、約2万株の黄色い花が一面に咲き誇る。パリの街角にある広場をイメージした「トワトモ広場」にある「トワトモの鐘」が黄色い花でデコレーションされ、同タウン全体がイエローで彩られる。
 イエローにちなみ、レモンの形の「レモンマカロン」、レモンクリームを使った「タルトシトロン」、レモンドリンクの入った「開業5周年記念オリジナルクリアウォーターボトル」などの限定メニューやグッズも展開する。
 同タウンの担当者は「イエローガーデンと富士山、エッフェル塔のコラボはリサとガスパールタウンでしか見ることのできないスポット。一面に咲き誇る黄色いお花を見ながらさまざまな楽しみ方ができるリサとガスパールタウンにぜひ来てほしい」と話す。
 開園時間は8時30分~18時30分(季節により異なる)。9月6日まで。

“リサとガスパールタウンにイエローガーデンが登場 限定メニューやグッズも /山梨(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000001-utyv-l19
14日の山梨県内は各地で厳しい暑さとなりました。
勝沼では最高気温が37・6度などと観測5地点で35度以上の猛暑日となりました。
日中の最高気温は勝沼で37.6度、甲府で37.3度、身延町切石で36.2度などと観測8地点で今シーズン1番の暑さとなりました。
各地の消防本部によりますと午後6時までに少なくとも12人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。
いずれも命に別状はないということです。
この厳しい暑さはしばらく続く見込みで、15日の日中の予想最高気温は甲府で38度と連日の猛暑日の予想で、甲府地方気象台では熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)

情報元 : 被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000002-utyv-l19
西日本では豪雨の被害が続いていることから、国土交通省の緊急災害対策派遣隊=TEC-FORCE(テックフォース)が甲府市から中国地方へ派遣されることになりました。
TEC-FORCEの派遣は国交省の中国地方整備局の要請に基づいたもので、12日夕方、甲府河川国道事務所で出発式が行われました。
甲府河川国道事務所では被害が深刻な中国地方に2人の隊員を派遣し、被災した道路や地盤の調査、それに通行止め区間の確認など被災地の被害の調査を支援します。
「一刻も早い復旧に向けて頑張っていきたい」(派遣される隊員)。
2人は13日出発して、広島や岡山など中国地方整備局が管轄する5つの県で活動を始めます。
[UTYテレビ山梨]

“被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)” の続きを読む