東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)

情報元 : 市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-ibciwatev-l03
 岩手県盛岡市の商業施設「ななっく」が5月末で閉店することがわかりました。「ななっく」はガス爆発事故の影響で閉店した旧・中三をリニューアルした店舗で、再び中心部の核店舗が無くなることに衝撃が走っています。
 複数の関係者によりますと「ななっく」を運営している会社の担当者から一部のテナントに対し、5月末での閉店が伝えられたということです。盛岡市中ノ橋通の「ななっく」は、東日本大震災が原因のガス爆発事故で休業していた旧・中三盛岡店を東京にある投資会社マイルストーンターンアラウンドマネジメントが譲り受けて、2012年に開業しました。運営はこの投資会社の100%子会社が行っています。
 東京商工リサーチによりますと、2013年度から昨年度まで毎年度23億円前後の売り上げを計上していましたが、開業以来すべての年度で赤字決算となっていました。
 出店しているテナントのオーナーはIBCの取材に対し「安くない設備投資をして出店したので閉店されるのは困る。働いている人だけでなく地域の人たちも動揺している」と話しました。
 
一方「ななっく」を利用する近隣住民も驚きを隠せません。
「閉店するんですか?大変だ。私たちは不便だ。買い物するのにいいんですよ、ここは来やすくて。5月で!?本当に?(よく利用される?)もう常にです。だから無くなるなんてことになったら大変です。無くなったらおばあちゃんたち、どこに行くってね。かわいそう」
「私たちもここがあるから(肴町に)来ている。どうなるか想像つかないですが大変だと思いますよ」
(リポート)
「こちらでは急遽、市が呼び掛け、市とななっく周辺の商店街関係者が集まり、情報共有のための会議が行われています」
 盛岡市は28日午後、「ななっく」近辺の商店街の関係者など20人あまりを交えて会合を開きました。会合は非公開で40分ほど行なわれましたが、盛岡市によりますと、28日現在、市をはじめ会合の参加者に「ななっく」側から閉店の連絡はないということです。
(盛岡市商工観光部経済企画課・小原勝博課長)
「ななっくは肴町・河南地区の核店舗だったので、閉店という報道が出て正直困惑しているところです。日々買い物などで使っている方々が直接的には影響を受けると思います」
 盛岡市は今後「ななっく」側から正式に閉店の報告があれば対応していくとしています。

“市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)” の続きを読む

徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)

情報元 : 徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-03148977-tokushimav-l36
 四国大生が徳島駅前の活性化を目的としたイベント「四国大学 徳島駅前にぎわいキャンパス」を企画した。駅周辺の3会場をキャンパスに見立て、若者や親子連れを対象にした催しを行う。期間は12日から3月7日まで。
 徳島市から駅前のにぎわい創出への協力を求められ、四国大生活科学科の学生57人が企画した。徳島駅クレメントプラザとアミコ専門店街、ポッポ街商店街を会場に、バルーンアート体験やポスター展など六つの催し(いずれも無料)を実施する。事業費は66万円。徳島市の「市中心市街地賑わい創出事業」の補助(3分の2)を受けた。
 初日の12日は、3年生24人が、バルーンアート体験や歯磨き指導などを3会場で実施。親子連れらが大勢訪れ、犬やハート型の風船を作ったり、学生から歯の磨き方を教わったりした。
 学生が手掛けたバレンタインデー用ポップ広告の展示会(16日~2月14日)、駅前の24店を紹介するポスター展(2月15日~3月7日)を予定している。今月25、26両日は、来場者にカラーコーディネートを助言するブースを設ける。
 3年の國久真依さん(20)=徳島市多家良町=は「若い世代や子どもたちが楽しめる空間をつくり、駅前をにぎやかにしたい」と話した。

“徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)” の続きを読む

つくばで産後ママ向けピラティス体験講座 「ママに自分の時間を」 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : つくばで産後ママ向けピラティス体験講座 「ママに自分の時間を」 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000059-minkei-l08
 トレーニングスタジオ「StudioDStyle柴崎スタジオ」(つくば市柴崎)で1月18日、2月22日、3月22日の3日間、出産後の女性の心身をケアする産後ピラティスの体験会が行われる。(つくば経済新聞)自身も3児の母であるインストラクターの笹本さん 同講習会には生後1カ月~2歳未満の子どもを持つ女性限定で参加可能。エアロビクス・ピラティスインストラクターの笹本綾子さんと特別講師の健幸エンターテインメント社長・守屋俊甫さんが、出産で消耗した心身を回復する方法を紹介する。
 自身も第3子出産後に体の衰えを感じピラティスを始めたという笹本さん。つくば市とつくばみらい市を中心にインストラクターとして活動。「子どもを持つとどうしても自分が後回しになってしまいがちだが、自分の体と心に向き合う時間も必要。女性が安心して自分の時間を持てるようにしたい」との思いから、今回の講座を開講。会場の隣室では保育士による無料保育も行う。
 開催時間は10時~11時と11時30分~12時30分の2部制。参加費は2,000円、要事前申し込み。ヨガマット無料貸し出し有り。申し込み方法などは産後リカバリークラスのフライヤーで確認できる。

“つくばで産後ママ向けピラティス体験講座 「ママに自分の時間を」 /茨城(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む