大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000021-minkei-l44
 第8回コンパルホール映画上映会・フィルムマラソン「日本映画傑作選」が1月13日・14日、大分市のコンパルホール(大分市府内町1、TEL097-538-3700)の1階文化ホールで開かれる。一日フリーパス券(1,400円)で昭和の名作4本を観賞できる。(大分経済新聞)上映する昭和の4名作 同ホール、文化庁、国立映画アーカイブの主催。同アーカイブが選定した25のプログラム(4作品セット)から毎年1つを選んで公開している。今年は、1960年代に頭角を現した4監督の作品、「心中天網島」「復讐(ふくしゅう)するは我にあり」「秋津温泉」「少年」を両日10時から立て続けに上映する。
 「心中天網島」(1969年)は篠田正浩監督作品。近松門左衛門の有名な人形浄瑠璃を映画化した。中村吉右衛門さん、岩下志麻さんらが出演している。今村昌平監督の「復讐するは我にあり」(1979年)は、実際に起こった連続殺人事件を基に描かれた。別府市の鉄輪温泉でもロケが行われた。主演は緒形拳さん。吉田喜重監督の「秋津温泉」(1962年)は戦後の日本人の精神に触れたメロドラマ。岡田茉莉子さんらが出演。「少年」(1969年)は大島渚監督作品で「当たり屋」の少年とその家族を描いた。
 いずれも35ミリフィルムで上映。同ホールイベントディレクターの安部知美さんは「作品を懐かしみ、デジタル映像とは異なる趣と『カタカタ』という音を楽しむ観客も多い」と話す。途中の出入りは自由で、同日内であれば再入場もできる。一日楽しめるようにロビーで軽食を販売する。
 13日は12時20分から映画論専門家の衛藤賢史さんとシネマ5支配人の田井肇さんによるトークイベント(チケット代金内)を開く。このほか会場ではアーカイブ選定の25プログラム(全100作品)のリストを公開。見たいプログラムを選んで投票するアンケートも行う。安部さんは「複数のフィルム映画を休憩を挟んでゆっくりじっくり観賞するといった、昔の映画館のような楽しみ方をしてもらえれば」と話している。
 13日は10時から「心中-」、13時10分から「復讐-」、15時45分から「秋津温泉」、17時50分から「少年」を上映する。14日は同じ順で10時、12時30分、15時、17時から。全席自由。チケットはコンパルホール、トキハ会館、シネマ5で販売中。

“大分市のコンパルホールで「日本映画傑作選」 一日券で昭和の名作4本じっくりと /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ジャンボ張り子(関西テレビ)

情報元 : ジャンボ張り子(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-01165404-kantelev-l30
和歌山県田辺市の川湯温泉で冬の風物詩のジャンボ張り子がお目見えしました。
クレーン車で運ばれているのは大きな打ち出の小づちです。
他にも縁起物の宝船など色とりどりの張り子が河原へと運ばれていきます。
和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉では薬師如来が年に一度、川を渡って対岸に里帰りするという言い伝えから毎年1月12日に川にしめ縄を張り、お供え物として大きな張り子を吊るします。
ことしは、干支のイノシシや絵馬などのほか去年の台風20号で大きな被害を受けた川湯温泉の復興を願う地元の小学生による応援の垂れ幕も一緒に吊るされました。
川湯温泉のジャンボ張り子は、2月中ごろまで楽しめるということです。

“ジャンボ張り子(関西テレビ)” の続きを読む

健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)

情報元 : 健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010001-nankainn-l46
 7日はナンカンセック(七日節句)。鹿児島県の奄美各地で晴れ着姿の数え年七つの子どもが神社を参拝したり、親戚宅などを回ってナンカンジョセ(七草雑炊)を頂いたりする光景が見られた。
 奄美市笠利町の大野巧さん(32)、和さん(32)の長男尊君(5)は神社参拝後、家族5人で親戚宅など7カ所を訪問。親戚の平メイ子さん(70)=同市名瀬=がナンカンジョセが入ったおわんと祝儀を手渡すと、尊君は「ありがとうございます」とはにかみながらもお礼のあいさつをしていた。
 尊君は「大きくなったら忍者になりたい。今年は体操教室を頑張る」と抱負。巧さんは「優しく元気に育ってほしい」と願った。

“健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)” の続きを読む

<盗撮の闇(5)>進まぬ法整備 罰則軽く歯止めならず(佐賀新聞)

情報元 : <盗撮の闇(5)>進まぬ法整備 罰則軽く歯止めならず(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00010000-saga-l41
 壇上のスクリーンに、「盗撮罪」の新設に向けた提言が映し出された。「全国一律に盗撮を規制する法律がない。既存の法律、条例の改正や解釈では限界。時代遅れの法整備という現状がある」。11月下旬、東京都であったシンポジウムで、性犯罪被害に詳しい上谷さくら弁護士がマイクを握り訴えた。
 日本に性的な盗撮に特化した法律や刑法の条文がない中、上谷氏ら弁護士有志でつくる犯罪被害者支援弁護士フォーラムが「盗撮罪」の試案を考えた。同意のない性的な撮影の一律取り締まり、盗撮映像の提供と受け取りの規制、インターネット上などへの拡散禁止を盛り込んでいる。
 警察が現在、性的な盗撮の摘発で主に適用するのは、各都道府県で定められた「迷惑防止条例」。1年以下程度の懲役刑から罰金まで罰則に地域差があり、盗撮の定義も異なる。
 佐賀県は2月の条例改正で公共スペースに加え、学校や会社など「特定多数」の人が利用する場所にも規制を広げた。ただ、山口県などは今も、そうした場所のトイレや更衣室は対象外。佐賀県も東京都と比べると緩く、自宅や自家用車は含まれない。
 軽犯罪法で摘発するケースもあるが、罰則は「科料1万円未満」など。盗撮犯らが盗撮映像の販売で多額の利益を上げる中、「罰則が軽すぎて歯止めにならない」と上谷氏。犯人が写真や動画を所有したままだと、ネット上に流出する恐れがあるが、現行では没収できない場合もある。
 法整備に向けた動きは過去にあった。一部の国会議員が2005年当時、性的盗撮の罰則強化や映像流出の禁止を盛り込んだ「盗撮防止法」の議員立法を提唱していた。しかし、趣旨が異なる「映画盗撮防止法」ができただけだ。
 2000年代成立の「ストーカー規制法」と「ドメスティックバイオレンス防止法」は、被害が社会問題化し立法に至った。一方、盗撮は被害が発覚しづらい特性がある。「声を上げる被害者が少なく、世論の機運が高まらないことも法整備が進まない要因の一つでは」。上谷氏は推し量る。

“<盗撮の闇(5)>進まぬ法整備 罰則軽く歯止めならず(佐賀新聞)” の続きを読む

「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : 「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-03320467-saga-l41
 元J選手が教壇へ、教え実践
 30代で教職に就いた元Jリーガーが、念願の初陣を迎える。就任6年目で全国高校サッカー選手権に初出場する龍谷の太田恵介監督(39)。学園の前理事長で昨年1月に78歳で亡くなった井浦順爾さんに誘われたことが人生の転機になった。「先生にいい報告がしたい」と晴れ舞台での全力プレーを誓っている。
 「大切なのは人を育てること。(勝ち負けの)結果が全てじゃないよ」-。太田監督は前理事長の言葉をよく思い出す。勝つことだけを考えていたが、すっと肩の力が抜け、不思議と結果も出るようになった。昨年1月、初めて県新人大会で頂点に立ったが、病気療養中だった前理事長がその2日後に帰らぬ人に。直接優勝を報告することはかなわなかった。
 太田監督は静岡県出身で、清水商高(現・清水桜が丘高)から福岡大に進み、2002年にJ2福岡でプロデビュー。195センチの大型FWとして活躍した。ザスパ草津やV・ファーレン長崎、一時は米国のチームでもプレーした。
 08年に現役引退し、福岡大でコーチを務めていた時に教職の道に導いてくれたのが前理事長だった。13年に体育教諭として赴任すると同時にサッカー部監督にも就任。県大会は新人大会で優勝するまでベスト4が最高で、「いろんな反発もあったと思うけど、先生が全部受け止めてくれた」。クラブハウスの部屋に飾ってある1枚の遺影が、いつも背中を押してくれる。
 太田監督は前理事長の教えをさまざまな形で実践。寮生活を共にしている部員たちには「身の回りの整理整頓などがサッカーのプレーにもつながる」と掃除やあいさつなど日々の生活の大切さを訴えてきた。今年6月の県総体は準優勝だったが、11月の選手権は初の決勝進出で佐賀東を3-1で破った。
 チームは1月2日、羽黒(山形)と激突。太田監督は「自分たちがやってきたことを信じ、部員たちと戦い抜きたい」と話している。

“「人を育てなさい」遺訓を胸に全国初挑戦 元Jリーガー、龍谷高サッカー部・太田恵介監督 亡き前理事長にいい報告を 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000009-kobenext-l28
 街は一気に迎春ムード。お年玉用の新札やポチ袋の準備を急がねば。慌しい中、ふと思った疑問が「そもそもお年玉は何歳まで」。けちな大人と思われたくありませんが、物事には終わりがあるはず。皆さん、どうしてますか?【図1】孫1人あたりのお年玉の金額は? 神戸新聞社公式ツイッターで、12月24日から4択アンケートしたところ、1580票が投じられました。結果は「就職するまで」35%、「高校卒業まで」32%、「成人まで」26%、「中学卒業まで」7%。高校卒業、大学卒業あたりがひとつの区切りとなるようです。
 コメント欄の一部を紹介します。
・18歳には卒業祝い、19歳には進学祝いか就職祝い、20歳には成人祝いがあるので、うちは20歳まで
・義務教育終了の中学卒業まで
・社会人になり、自分の生活設計を建てるべき時まで
・高校を出たら就職またはバイト可能なので高校卒業まで
・恥ずかしながら大学時代に祖父母からもらっていた
 中には「母は7人きょうだいで、孫とひ孫が32人。小学生は500円、中学生以降は1000円だった」「(社会人のわが子には)わずかでも祖父母にお年玉をあげなさい、と言ってます」という意見もありました。
 気になる額についても“相場”を調べました。
■小学生7700円!
 あおぞら銀行(東京都千代田区)が2018年6月、全国の男女2071人(年齢55~74歳)を対象に「孫へのお年玉金額(小学生を想定、1人あたり)」を調査したところ、2018年のお年玉相場は平均7700円、前年比400円減でした。グラフ【図1】を見ると、「5千~1万円未満」(33.9%)と「1万~1万5千円未満」(30.9%)に集中していることが分かります。
 玩具メーカー大手のバンダイ(東京都台東区)は2018年1月、小学1年生から中学3年生の子を持つ親900人(子と一緒に回答)を対象に「小中学生のお年玉に関する意識調査」を実施。
 2018年のお正月にもらったお年玉の平均金額は24424円。年齢別に見ると、小学生の平均は21382円、中学生の平均は30507円という結果に。前出のあおぞら銀行同様、平均額は同社が昨年実施した同調査よりもマイナス1287円でした。もらった平均封数は5.0封。もらった相手は祖父母が91.3%。おじ・おばが67.3%、父母が64.4%でした。
■同じ時間に価値観
 子どもたちにとって、「お正月に楽しかったこと」は何だと思いますか?
 同社によると、1位は「お年玉をもらった」56.9%、2位は「祖父母の家に遊びに行った」39.6%、3位は「初詣に行った」22.7%。4位以下も「家族みんなで年越し」や「年賀状のやりとり」など、古き良きお正月の過ごし方がランクインしていることに驚かされます。
 バンダイ広報担当者は「多くの回答に家族とみんなでというワードが入り、みんなで同じ時間を過ごす大切さを感じる調査になった」とコメントしています。
 子どもたちがこんなに喜んでいるのなら、期待に応えなくては名がすたる。今年はちょっと多めに新札とポチ袋を用意してあげよう。(ネクスト編集部)

“「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

国内最北端のバナナ産地へ・温泉熱を利用して栽培 山形・戸沢村(さくらんぼテレビ)

情報元 : 国内最北端のバナナ産地へ・温泉熱を利用して栽培 山形・戸沢村(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00010004-sakuranbo-l06
山形県戸沢村で、日本最北端のバナナの生産地を目指した挑戦が始まっている。ブランド名は「雪ばなな」。来年春からの出荷を前に、関係者に途中経過を披露した。
JAおいしいもがみでは、戸沢村に新たな特産品を作ろうと、1年前から温泉施設のぽんぽ館でバナナ栽培を始めた。20日のお披露目会にはJA全農山形や県、戸沢村などの関係者が招かれ、来年春に出荷を予定する生育途中のバナナを見て回った。
(記者)
「春ごろに植えられたバナナは、私の腰あたりまでしか背丈が無かったが、半年以上たち、ハウスを突き破るほど大きく成長した」
南国の果物であるバナナに着目した理由は、その消費量の多さにある。日本人が一番消費する果物にも関わらず、8割以上を輸入に頼っている。しかし近年、海外産のバナナは値上がりが続いていて、国内産でも勝機があると考えた。
沖縄から仕入れた苗木は、温泉熱を利用し、冬でも15℃以上に保たれる暖かいハウスの中で栽培されている。取り組みを始めたばかりの今年1月、大雪でハウスが壊れ、苗木が仮死状態となるピンチもあったが、JA職員が手間暇をかけた甲斐あって、立派な実を付けるようになった。
(JAおいしいもがみ・片岡真紀子さん)
「心配はあったが、根付いてしまえばあとは強い植物なので、まめな管理をして勝手に大きくなった」
戸沢村ではバナナを使った加工品の販売も考えていて、考案途中の料理やお菓子の試食会も行なわれた。
(参加者)
「雪国で何もない時期なので、逆転の発想で期待できる」
(戸沢村・渡部秀勝村長)
「雪国の戸沢村に行けば、安全安心なバナナが食べられる。それが最高なので、キーワードになれば。一つの戸沢村の良いアピールになる」
戸沢村の「雪ばなな」は来年春から関東を中心に1万本の出荷が計画されている。

“国内最北端のバナナ産地へ・温泉熱を利用して栽培 山形・戸沢村(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

りんごぷかっ 心も体もポッカポカ/五戸・倉石温泉で恒例の企画(Web東奥)

情報元 : りんごぷかっ 心も体もポッカポカ/五戸・倉石温泉で恒例の企画(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000007-webtoo-l02
 青森県五戸町の倉石温泉で16日、冬恒例の「リンゴ風呂」が行われ、各地から訪れた入浴客が爽やかな香りと温泉を満喫した。
 地元農家から提供された規格外の「紅玉」「ふじ」「王林」「ジョナゴールド」を、男女それぞれの浴槽に計240キロ浮かべた。浴場は湯気と一緒に上る甘酸っぱい香りで満たされ、入浴客は熱い湯に漬かりながら自然の恵みに思いをはせた。
 地元の古川福徳さん(93)は「香りが良くいい気分。元気に過ごし来年も入りたいね」と話した。
 倉石温泉は、旧倉石村経営時の1991年から地域PRのためリンゴ風呂を行っていたが数年で中止した。その後に温泉を運営している同町の指定管理者が、入浴客から要望を受け復活させた。営業時間は午前11時~午後9時。リンゴ風呂は来年1月20日にも予定している。
 

“りんごぷかっ 心も体もポッカポカ/五戸・倉石温泉で恒例の企画(Web東奥)” の続きを読む

今年も残り2週間 登別温泉第一滝本館 大浴場磨き上げ 最後にしめ縄飾り付け 北海道(北海道ニュースUHB)

情報元 : 今年も残り2週間 登別温泉第一滝本館 大浴場磨き上げ 最後にしめ縄飾り付け 北海道(北海道ニュースUHB)UHB北海道文化放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000010-hokkaibunv-hok
 2018年も残すところ2週間。各地で正月準備が始まっていますが、温泉旅館でも大浴場を磨き上げ、しめ縄が飾り付けられました。
 登別温泉の第一滝本館では毎年、年末のこの時期に大浴場の年末清掃を行います。
 17日は、温泉旅館一番の売り物の広い大浴場に、普段はフロントやレストランで働いている従業員など17人が集まり、モップで床などを丁寧に磨き上げました。
 最後に大浴場の中央にある周囲4.8メートルの柱に、重さ10キロ、長さ5.5メートルの巨大なしめ縄が飾りつけられました。
 旅館では、きれいになった大浴場で、年末年始のお客さんを迎え入れることになります。

“今年も残り2週間 登別温泉第一滝本館 大浴場磨き上げ 最後にしめ縄飾り付け 北海道(北海道ニュースUHB)” の続きを読む

大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000042-minkei-l27
 大阪ベイ経済新聞の2018年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、「USJ付近に『ユニバーサル・スタジオ・ストア』パーク外最大規模」の記事だった。(大阪ベイ経済新聞)
 「パークに入る前からドキドキワクワクしてもらいたい」と、7月20日にオープンした同店。店舗面積は1階・2階合わせて286平方メートルで、パーク外最大級。オープニングセレモニーには、TKOの木本武宏さんと木下隆行さんが登場した。
 ランキングは、今年1月1日から12月12日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集約したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。
1.USJ付近に「ユニバーサル・スタジオ・ストア」パーク外最大規模(7/20)
2.ミニオン・スヌーピーを「独り占め」USJが新フォトサービス開始へ(12/11)
3.USJの「セーラームーン」詳細発表5戦士登場、「タキシード仮面」に会える体験も(1/30)
4.USJに新ミュージカルアトラクションアニメーション映画「SING」がパーク初登場(12/5)
5.USJに「名探偵コナン・ワールド」新作脱出ゲーム、推理ライブ・レストランも(1/18)
6.USJに「ファイナルファンタジーXRライド」因縁の対決シーン遭遇も(1/19)
7.弁天町に「大阪ベイタワー」ホテルや温浴施設開業、ベイエリアのハブ機能に(3/28)
8.USJに「モンハン」アトラクションウォークスルー型で狩猟体験(1/19)
9.大阪南港で「ビートルズ×忌野清志郎」展楽器やステージ衣装など貴重作品展示(2/13)
10.2019年春、USJのハリポタエリアに新キャッスル・ショー開業5周年記念で(11/27)
 2位は、USJが来年1月に始める新フォトサービスについて報じた記事。掲載1日で年間ランキング2位に躍り出たことから、フォトサービスへの期待が感じられる。3位の「セーラームーン詳細発表」の記事は、上半期ランキング1位だった記事。4位以降も、USJの記事が大半を占めた。クールジャパンイベントの人気と、来年から始まる新アトラクション・サービスへの関心の高さがうかがえる結果となった。
 USJ関連のほかには、「大阪ベイタワー開業」と「ビートルズ×忌野清志郎展」の記事がランクイン。大阪ベイタワーは、「大阪ベイエリアの新たなハブ機能に」と3月にオープン。来年2月には、都市型温泉テーマパークを施設内にオープンする予定だ。「ビートルズ×忌野清志郎展」は、米国外では東京での開催に次ぐ2回目の開催。グラミーミュージアムが保有する、ザ・ビートルズの貴重な展示作品400点以上と、忌野さん愛用の楽器類など50点が集結した。
 10位以降は、関西空港や船など、大阪ベイエリアならではの記事がランクインする中、ホテルやリノベーション総合施設などの開業予定を報じる記事が並び、大阪ベイエリアの新しい流れに関心が寄せられた。
 11月23日に、大阪ベイエリアの夢洲(ゆめしま)で予定している2025年大阪万博の開催が決定したことから、今後万博やIRに関する大きな動きが予想される。エリア全体の大きな流れはもちろん、地元民にとって必要な記事をいち早く掲載していきたい。

“大阪ベイ経済新聞、年間PV1位は「USJストア」 パーク外最大規模に注目 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む