原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)

情報元 : 原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000082-san-l37
 投下された原子爆弾によって破壊され飛散した広島市の産業奨励館(原爆ドーム)の壁面レンガがこのほど、製造元の一つである讃岐煉瓦(香川県観音寺市)に寄贈された。同社への寄贈は平成29年に続き2回目。被爆樹木の苗木も合わせて寄贈された。
 寄贈したのは学生団体「広島大学原爆瓦発送之会」。国内外に原爆瓦を送ったり、被爆証言を聞くなどの活動と研究を進めている。嘉陽礼文会長(40)は「当時のドームには人々の暮らしがあった。レンガを見て、その歴史を知ってもらうとともに、平和の尊さを考える機会になれば」と話した。
 寄贈されたレンガは1点で、29年2月に原爆ドーム近くを流れる元安川から採取した。大きさは縦12センチ、横16センチ、幅8センチほどで、重さは約2キロ。同工場で製造されたことを示す刻印「松葉の菱」が施されている。
 被爆樹木は10本。シダレヤナギの苗で、現存している被爆樹木としては爆心地から最も近い370メートル地点で被爆したものという。苗の一部は、寄贈式後に同社の温泉施設「琴弾回廊」の屋外に植えられた。
 同社の川崎隆三郎社長(56)は「レンガが作られた場所にヤナギが植えられたのはとても意義深い。多くの人に見てもらえるよう展示し、平和教育に役立てたい」と述べた。

“原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)” の続きを読む

九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)

情報元 : 九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000048-san-l42
 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備手法を検討している与党検討委員会は19日、結論を7月中には出さず、先送りすることを決めた。今後、全線フル規格かミニ新幹線方式かを選ぶ。新幹線は全国各地で整備計画や構想があり、地域間競争が激化している。決定時期の遅れによっては、長崎ルート全線の整備が取り残される恐れをはらむ。(高瀬真由子)
                   ◇
 検討委員会は、開発が難航しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入断念を正式に決めた。山陽新幹線や鹿児島ルートと同じフル規格で全線を整備するか、在来線を改良した「ミニ新幹線方式」のどちらかを選ぶ。
 検討に当たっては、山陽新幹線との乗り入れを可能とすることや、在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」が固定化しないことを前提とする。
 整備方式をめぐり、時間短縮効果の大きい長崎県や、運行するJR九州は、全線フル規格化を求めてきた。長崎県議会で、特別委員会委員長を務める八江利春議員は「段階を踏んで、フル規格に向かう方向性が固まってきている。年内の早い時期に決定してほしい」と期待した。
 ただ、フル規格実現には難しい調整が待っている。
 佐賀県が、全線フル規格では追加負担が1100億円に上るとして、難色を示す。
 検討委員会は、佐賀県の負担を軽減するため、JR九州や長崎県と検討を進めてきたが、調整がつかなかった。会合後、検討委の山本幸三委員長は「佐賀県の負担をどれだけ軽減できるか詰める必要がある。合意には時間がかかる」と記者団に述べた。
 7月に方針が固まらなかったことで、平成31年度政府予算案の概算要求に、整備に向けた環境影響調査の費用などを盛り込むことは困難となった。
                 × × ×
 新幹線計画があるのは、長崎ルートだけではない。
 昭和48年に整備計画が決まった全国5つの新幹線のうち、未着工は長崎ルートの武雄温泉-新鳥栖と、北陸新幹線の敦賀-新大阪の2区間だ。
 このほか、四国4県を結ぶ四国新幹線や、東北エリアの奥羽(福島-山形-秋田)、羽越(富山-新潟-秋田-青森)両新幹線、山陰新幹線などの構想がある。
 国、自治体の予算が限られている以上、こうした計画・構想は、財源確保のライバル関係にある。
 長崎ルートの結論が持ち越しとなった19日、北信越5県の自治体でつくる北陸新幹線関係都市連絡協議会は、東京と大阪を結ぶ全線を平成42年度末ごろまでに開通させるよう求める要望書を自民、公明両党と国土交通省に提出した。
 福井県の西川一誠知事は4月の記者会見で「北陸新幹線は東海道新幹線の代替機能を持つ。他の地域に遅れるようなことがあってはいけない」と、長崎ルートを牽制(けんせい)した。
 長崎ルートのフル規格を求める佐賀県嬉野市商工会の小原健史会長は「新幹線の整備には、多くの地域が手を挙げている。長崎ルートの整備が遅れないようにしなければいけない。地域の人口流出は深刻で、一日も早いフル規格の整備が必要だ」と訴える。
                 × × ×
 フルかミニか-。3月に国交省が発表した報告書では、全線フル規格化の優位性が明確だった。長崎-博多の所要時間は、フル規格は51分、ミニ新幹線では1時間14~20分かかる。
 利用者の便益や事業者の収益を、建設費など総費用で割った費用対効果も、フル規格が最も高かった。
 長崎県諫早市の古賀文朗(ふみあき)自治会連合会会長(78)は「フル規格でこそ効果が出る。乗車時間を短縮できれば、九州、長崎に行ってみようと多くの観光客が来る。諫早を基点にした周遊のチャンスも増えるだろう」と語った。
 長崎ルートは、長崎-武雄温泉が着工済み、武雄温泉-新鳥栖が未着工で、平成34年度に、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ対面乗り換え(リレー)方式で開業する。このリレー方式が固定化すれば、地元への経済効果が限定的になる。
 今後、佐賀県の山口祥義知事の判断が大きく影響する。だが、今年12月には知事選もあり、山口氏も出馬を表明した。県にはオスプレイ配備など国政レベルの課題も多く、関係者には、「結論は選挙後」という見方もある。

“九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)” の続きを読む

前橋市、「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」を来月3日再開(産経新聞)

情報元 : 前橋市、「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」を来月3日再開(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000098-san-l10
 前橋市は20日、浴室の天井部材が落下する事故で休館していた市有の日帰り温泉施設「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」(同市富士見町石井)の営業を8月3日から再開すると発表した。
 事故は2月13日に起きた。浴室の天井からステンレス製の見切り金物(長さ4メートル、幅8センチ、重さ5.7キロ)が落下し、82歳の女性客の顔に当たった。女性客は右頬を15針縫うけがをした。市によると、見切り金物を留めていたビスが腐食し、破断したことが原因という。
 市はこれまでに、男女浴室ともに天井裏を点検し、腐食した部分のさびを落とし、さび止め塗装を施した。浴室に換気扇を増設し、湿気がたまりにくくするなど改修工事を実施した。
 事故を受け、市は市有施設の簡易点検マニュアルを改訂。温泉施設については、指定管理者による毎日の点検や、市職員による半年に1回程度の定期点検などのルールを新たに定め、再発防止に努めるとしている。

“前橋市、「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」を来月3日再開(産経新聞)” の続きを読む

<新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)

情報元 : <新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-03247935-saga-l41
 九州新幹線長崎ルートの整備方式を巡り、与党検討委員会が全線フル規格とミニ新幹線の二択で検討する方針を決めたことに対し、佐賀県の山口祥義知事は「違和感がある」との認識を示して幅広い議論を求めた。フリーゲージトレイン(FGT)の導入の正式断念を受け、県内の沿線自治体からは対面乗り換え方式(リレー方式)の長期化を懸念する声も上がった。 
 山口知事は与党検討委が結論を先送りしたことに「地元の合意は大変重く、これまで何十年も時間をかけて知恵を出し合いながらやってきた。この大事なプロセスを分かってもらった」と評価した。FGTの断念については「元々、国が責任を持って提案した話だった。どうしてわざわざ(選択肢から)下ろすのか」と疑問を投げ掛けた。
 武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り換える方式がいつまで継続するか見通せない中、山口知事は「(リレー方式の)固定化がいいとは思ってない。みんなが合意できるものを模索することは分かっているつもり」と述べた。一方で「佐賀県はこれまで西九州全体などを考えながら折り合ってきた。FGTだったら何とか県民に説明がつくだろうと、苦渋の決断を余儀なくされたことも分かってもらいたい」と主張した。
 武雄市の小松政市長はコメントを出し、「フル規格、ミニ新幹線のどちらも地元負担が大きな問題になる」と指摘した。リレー方式の長期化について「投資意欲、利用意欲、開業に向けた機運に多少なりの影響がある」と懸念し、「最終的な姿や方向性を早急に出してほしい」と求めた。
 新駅が設置される嬉野市の村上大祐市長は「FGTは従来から難しいと言われていた。国の責任で議論を進めていく必要がある」と述べた。全線フル規格を目指す考えを示しつつ、「高速鉄道網で西九州がつながるように、費用負担や財源など知恵を出し合うべき」とした。

“<新幹線長崎ルート>フルかミニか 佐賀県知事、二択に「違和感」  沿線首長、リレー方式長期化懸念も(佐賀新聞)” の続きを読む

原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)

情報元 : 原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000082-san-l37
 投下された原子爆弾によって破壊され飛散した広島市の産業奨励館(原爆ドーム)の壁面レンガがこのほど、製造元の一つである讃岐煉瓦(香川県観音寺市)に寄贈された。同社への寄贈は平成29年に続き2回目。被爆樹木の苗木も合わせて寄贈された。
 寄贈したのは学生団体「広島大学原爆瓦発送之会」。国内外に原爆瓦を送ったり、被爆証言を聞くなどの活動と研究を進めている。嘉陽礼文会長(40)は「当時のドームには人々の暮らしがあった。レンガを見て、その歴史を知ってもらうとともに、平和の尊さを考える機会になれば」と話した。
 寄贈されたレンガは1点で、29年2月に原爆ドーム近くを流れる元安川から採取した。大きさは縦12センチ、横16センチ、幅8センチほどで、重さは約2キロ。同工場で製造されたことを示す刻印「松葉の菱」が施されている。
 被爆樹木は10本。シダレヤナギの苗で、現存している被爆樹木としては爆心地から最も近い370メートル地点で被爆したものという。苗の一部は、寄贈式後に同社の温泉施設「琴弾回廊」の屋外に植えられた。
 同社の川崎隆三郎社長(56)は「レンガが作られた場所にヤナギが植えられたのはとても意義深い。多くの人に見てもらえるよう展示し、平和教育に役立てたい」と述べた。

“原爆ドームレンガ、製造元へ 観音寺・讃岐煉瓦「平和教育に役立てたい」(産経新聞)” の続きを読む

南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)

情報元 : 南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000005-rkkv-l43
熊本地震で甚大な被害が出た南阿蘇村のゴルフ場が、2年3か月ぶりに再開します。
来週の再開を前に一足早く取材しました。今月21日に営業を再開する南阿蘇村の阿蘇東急ゴルフクラブです。
43年前に開業したこのコースは、上級者も唸らせるチャンピオンコースとして、長年ゴルファーに親しまれてきました。しかし、熊本地震でクラブハウスは使えなくなり、道路やコースも崩壊して営業できない状態が続いていました。
「夢だろうと思いました。現実じゃないと思いましたね」(渡辺淳支配人)
32年間、このゴルフクラブを見守ってきた渡辺淳支配人です。渡辺支配人は熊本地震の本震のあと、南阿蘇村立野の自宅から、寸断された道路を迂回し、数時間かけてゴルフ場に駆けつけました。
「アスファルトがめくれあがって人が入っていける状況ではなかった」(渡辺淳支配人)
クラブハウスに通じる道路は崩壊。車を置いてどうにかクラブハウスにたどり着いた時、渡辺支配人の目の前には信じがたい光景が広がっていました。
「ここがクラブハウスがあった場所です。車とかも入れる状況になくボコボコの状態でした」(渡辺淳支配人)
クラブハウスの中はさらにひどい状態でした。
Q復旧できると思った?「いえ・・・正直な話。ただ茫然としていたのだけははっきり覚えています」(渡辺淳支配人)
そして、金峰山や普賢岳を望む阿蘇東急ゴルフクラブの名物ホールには・・・
「ずーっと亀裂が。元あったグリーンから真っすぐに亀裂が」(渡辺淳支配人)
川沿いのコースも一部が崩れ落ちるなど、被害はゴルフ場全体にまで及んでいました。それでも、阿蘇東急ゴルフクラブは復旧を決断。地元、南阿蘇村から受けた「残ってほしい」という強い要望もその決断を後押ししました。クラブ再開に向けてノウハウを持つスタッフを東京から呼び寄せ、コースに水を送る配水管設備もすべて一からやり直しました。一方で、従業員の多くが暮らす南阿蘇村のためにも一役買いました。
「新しい一番ホールです。震災直後、停電していた南阿蘇村に電力を送るためこちらには3基の鉄塔が建てられていました」(記者)
電力の復旧が急がれた震災直後には、応急の鉄塔を建てる場所を電力会社に提供したのです。南阿蘇村に暮らす従業員は、復旧工事が続く中、芝刈りなどをしながら再開の時を待ったといいます。
「観光客にもきてもらったりとか村の活性化につながってくれればという気持ちは地元としてあります。楽しんでいただけるように何度も来てもらえるようにがんばっていきたい」(従業員)
新しいクラブハウスは、研修施設だった場所を買い取って改装。スタート室も増設して、ゴルファーを迎える準備は万端です。
「会社もそうですし地域のみなさんもそうです感謝感謝。それしかありません。まさか再開できるとは思いもよらなかった。あの当時は」(渡辺淳支配人)
壊滅的な状況から新しく生まれ変わった阿蘇東急ゴルフクラブ。被災地の観光資源がまたひとつ戻ります。
「ここは阿蘇の玄関口になりますので、温泉とかこの地域はいっぱいありますからそういったところもみなさんきていただければありがたい」(渡辺淳支配人)

“南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)” の続きを読む