川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)

情報元 : 川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-san-l11
 川越市は、昨年10月の台風21号による大雨で、下水路の水を新河岸川に流せず、水があふれた内水氾濫で、400軒を超す家屋が浸水した寺尾地区について、内水氾濫に対する避難勧告などの発令基準を定めた。これまで市には、内水氾濫への避難情報を出す基準がなかった。昨年も避難情報を出さなかったことが被害拡大につながったとの批判を浴びていた。
 避難の発令基準は、市が新たに作成した寺尾地区の「内水氾濫タイムライン」に盛り込んだ。タイムラインは、大雨・洪水注意報が発表された段階のレベル1から、浸水被害発生の恐れがあると判断するレベル5まで5段階で、関係部局の対応を時系列で整理した。
 市の対応は、レベル1で気象情報収集▽レベル2で重点箇所の巡視や避難所の開設準備▽レベル3で避難準備・高齢者らへの避難開始発令▽レベル4で避難勧告発令▽レベル5で避難指示-など。住民には防災無線や自治会長への連絡などを通じて周知を図る。
 市全体の防災体制も合わせて見直し、災害対応を一カ所で行うオペレーションルームを設置。新設する情報整理班に情報を集中させ、災害対策本部長に必要な情報を迅速に伝達するように改めた。川合善明市長は「訓練を積み重ね、万全な災害対応をしたい」と話している。

“川越市、寺尾地区に内水氾濫時の避難情報発令基準設定(産経新聞)” の続きを読む

繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)

情報元 : 繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010001-kutvv-l39
大雨による土砂崩れで60人が亡くなった繁藤災害から、きょうで46年になりました。香美市土佐山田町繁藤では大雨の中で慰霊祭が行われ、出席者が犠牲者の冥福を祈るとともに災害への備えを強く意識していました。
1972年・昭和47年7月5日、現在の香美市土佐山田町繁藤では降り続いた雨によって何度も山が崩れ、救助活動にあたっていた消防団員や地元の住民ら60人が命を落としました。当時、この地域では5日間の降水量が742ミリに達していました。慰霊祭は土砂崩れの犠牲者と、近くの川で流され亡くなった一人を合わせた61人の冥福を祈って毎年、行われています。きょうは大雨に見舞われ、吹き荒れる風の中でしたが、遺族らの思いを尊重し予定通り行われました。

“繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)” の続きを読む

豪雨災害の支援 和歌山からボランティアバスが出発(関西テレビ)

情報元 : 豪雨災害の支援 和歌山からボランティアバスが出発(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-12433302-kantelev-l30
西日本を中心とする豪雨災害の被災地への支援として、和歌山県からボランティア夜行バスが出発しました。
12日夜、和歌山市から西日本豪雨の被災地、広島県福山市へ夜行バスで向かうため、ボランティア20人が集まりました。
和歌山県では、ボランティア派遣を積極的に行う方針を示していて、福山市が13日からボランティアの受け入れを始めるのに合わせて、その前日に出発しました。
【ボランティアに参加した男性】
「微々たるものでも誰かがしなければならない。こうやって数の力で解決していく。ちょっとでも」
ボランティアへの参加費は無料で、13日の午前9時に福山市に到着し、建物の掃除などの活動をして、夜には帰る予定だということです。
担当者は今後も岡山県などに支援を広げたいと話しています。

“豪雨災害の支援 和歌山からボランティアバスが出発(関西テレビ)” の続きを読む

100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)

情報元 : 100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-ubenippo-l35
 第100回全国高校野球選手権記念山口大会が13日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアム(ヤマスタ)で開幕した。午前10時からの開会式では、出場全58チームが大観衆の拍手を受けながら堂々と入場行進。聖地「甲子園」を懸けた熱い戦いがいよいよ始まる。開会前には、西日本豪雨災害の犠牲者に1分間黙とうした。県高野連の栗林正和会長は「今大会のキャッチフレーズは『本気の夏、100回目』。先輩たちが積み重ねてこられた努力に感謝し、一球入魂のプレーで感謝のメッセージを発信してほしい」とあいさつ。選手宣誓は慶進の安達尚輝主将(3年)が務め「私たちの熱いプレーで山口を盛り上げ、新たな100年の歴史を刻むことができるよう最後の一球まで全力で戦い抜く」と力強く宣言した。
 司会は慶進の淺川詩乃さん(3年)、宇部高専の錦彩花さん(3年)ら4人が担い、選手たちをサポートした。日本高野連などが高校野球の発展を支えた人に送る育成功労賞などの表彰式もあり、同賞の元厚狭野球部監督の長尾孝信さん(66)、県高校野球功労賞に輝いた元宇部商野球部監督の玉国光男さん(70)ら3人が出席した。開会式終了後には、選手ら1324人で100とボールの形の人文字をを作った。開幕試合の厚狭―西市戦は午後1時半プレーボール。

“100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)” の続きを読む

被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)

情報元 : 被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000002-utyv-l19
西日本では豪雨の被害が続いていることから、国土交通省の緊急災害対策派遣隊=TEC-FORCE(テックフォース)が甲府市から中国地方へ派遣されることになりました。
TEC-FORCEの派遣は国交省の中国地方整備局の要請に基づいたもので、12日夕方、甲府河川国道事務所で出発式が行われました。
甲府河川国道事務所では被害が深刻な中国地方に2人の隊員を派遣し、被災した道路や地盤の調査、それに通行止め区間の確認など被災地の被害の調査を支援します。
「一刻も早い復旧に向けて頑張っていきたい」(派遣される隊員)。
2人は13日出発して、広島や岡山など中国地方整備局が管轄する5つの県で活動を始めます。
[UTYテレビ山梨]

“被災地へ甲府からTEC-FORCE(国土交通省の緊急災害対策派遣隊)を派遣(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)

情報元 : 山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)yab山口朝日放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010001-yabv-l35
西日本豪雨で大きな被害を受け、男性1人が死亡した岩国市周東町の獺越(おそごえ)地区を村岡知事が視察しました。知事は「1日でも早い復旧復興にむけ全力で取り組む」と話しました。
今回の豪雨では岩国市周東町獺越の宮本智さん(89)、岩国市平田の藤井好子さん(70)、周南市樋口の河村典子さん(64)の3人が亡くなりました。
13日午後、多くの土砂や流木が残る岩国市周東町の獺越地区を村岡知事が視察しました。
村岡知事は犠牲者に黙とうを捧げました。このほか現地の状況を担当者に確認しました。
☆知事「道路は?」
担当者「路肩があって舗装されていたんですけど、斜面が土砂で一気に流れ落ちて道路がやられた」
また、日本酒・獺祭を製造する酒造メーカーも大きな浸水被害を受け、清掃作業が続けられています。
☆知事「次にいつ降るかわかりませんから、二次災害が起きないようにするのと、復旧を一日も早くやっていきたい。しっかりやりますから」
村岡知事はおよそ30分間視察し、被災状況を確認しました。
☆知事インタビュー「現場に来て今回の災害の大きさ、被害の甚大さ感じている。復旧復興にみなさん全力であたっていますけれども県としても一日でも早く復旧復興を果たせるように全力で取り組んでいきたいと思います」
JRは運転を見合わせていた区間のうち山陽線の岩国-柳井間で列車本数を減らしての運転。柳井-徳山間でバス代行をそれぞれ17日から実施すると発表しました。岩徳線については運転見合わせが続くということです。
豪雨の影響で9日から休校していた岩国市の県立高森みどり中学校と高森高校は夏休みを前倒しし、14日からとしました。
きょうは1週間ぶりに生徒たちが登校しました。豪雨で裏山の土砂が崩れたほか、JRの運転見合わせなどで登校手段が確保できないため学校は夏休みを1週間前倒しし、14日からとしました。きょうは全校集会がありましたが、登校できない生徒もいたということです。
☆校長の話「みなさんには引き続き不便な思いをさせてしまいますが、ともにしっかりこの危機を乗り越えていけるようにがんばっていきたいと思います」
夏休みは8月19日までで、期間中に復旧作業が行われます。
西日本豪雨で多くの被害が出た広島県に向け、山口県警が広域緊急援助隊を派遣しました。広島県内の被災地で行方不明者の捜索や被災者の救出救助などにあたります。
出発に際し機動隊の山藤隊長は「炎天下が予想される中、体調管理に気をつけ任務を全うしてください」と送り出しました。
☆緊急援助隊の後藤中隊長インタビュー「まだ広島・岡山には多数の行方不明者がおられます。いち早くそういった行方不明者を捜索してご家族のもとにお返しできたら」
部隊は14日から3日間、被災地で活動にあたる予定です。

“山口・西日本豪雨災害県内の動き(yab山口朝日放送)” の続きを読む

豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)

情報元 : 豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000006-tssv-l34
豪雨災害の発生から1週間が経ち広島県内の死者・安否不明者が100人を超えていることについて、湯崎知事は県が進めてきた災害時に避難する意識を高める運動の県民への浸透がまだ不十分だったという認識を示しました。
【湯崎知事】
「広島県における戦後最大級の災害になっている。しかも全県的に大きな被害が広がっているという未曽有の大災害になったと」
湯崎知事は今回の豪雨災害について死者、安否不明者が100人を超え、県内の広い範囲に被害が及び、戦後最大級だとしました。
そのうえで4年前の広島市の大規模土砂災害後に進めたてきた県民の災害死ゼロを目指す県の取り組みについて次のような認識を示しました。
【湯崎知事】
「現実にですね、これだけたくさんの方々がお亡くなりになられていると」「結果としてみれば十分にそれが浸透していたとは言い難いと」
13日午後6時現在、広島県では、88人が死亡。27人の安否がわからなくなっています。

“豪雨災害・広島 湯崎知事「県民の避難する意識高めたい」(テレビ新広島)” の続きを読む

西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)

情報元 : 西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000581-san-l09
 栃木県大田原市は13日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた友好親善都市の岡山県井原市に職員2人を派遣すると発表した。派遣期間は17日~9月30日の予定。また、災害見舞金200万円を送ることも決めた。
 井原市からの人的支援要請を受け、派遣。水道課と都市計画課の男性土木技師2人で、道路や農地の設計や測量などが任務となる。
 11日時点での井原市の被害状況は、死者と行方不明者が各1人、軽傷4人。床上浸水61件、床下浸水66件に上り、公共土木や農業関係の被害通報が900件近くある。また国道や県道の13路線で交通規制がある。
 大田原市の津久井富雄市長は同日の記者会見で「被災された方にお見舞いを申し上げるとともに被災地の一日も早い復興を願っている」と述べた。
 両市は、源平合戦の屋島の戦いで扇の的を射抜いた弓の名手、那須与一にゆかりが深く、昭和59年に友好親善都市となった。東日本大震災では井原市から災害物資や義援金の支援を受けた。大田原市は与一の生誕地とされ、井原市は屋島の戦いの恩賞で得た領地や与一の墓とされる供養墓がある。

“西日本豪雨 那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣(産経新聞)” の続きを読む

佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)

情報元 : 佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)NBC長崎放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00001255-nbcv-l42
西日本豪雨災害に伴い市内全域で断水が続いている広島県呉市に飲料水を届けるためけさ、佐世保市の職員が現地に派遣されました。
呉市に提供されるのは500ミリリットルの飲料水4080本で、けさ、佐世保市消防局の職員らが170箱をバスに積み込みました。
佐世保市と呉市は旧軍港のつながりから災害時の相互応援協定を結んでいます。今回の豪雨災害で、呉市は市内のほぼ全域およそ9万3000世帯で断水が発生しているということです。佐世保市消防局の吉井課長補佐は「色々な生活物資が不足しているということだがまず第一に水が必要だと考え飲料水を提供することにした」と話しています。飲料水は今日中に呉市役所に届けられる予定で佐世保市では現地での情報収集を行い今後の支援のあり方について検討することにしています。

“佐世保市が旧軍港の広島県呉市に飲料水支援(NBC長崎放送)” の続きを読む

マツダ 12日から国内生産再開(RCC中国放送)

情報元 : マツダ 12日から国内生産再開(RCC中国放送)RCCBROADCASTINGCO.,LTD.https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00164000-rccv-l34
自動車メーカー・マツダは、今回の災害のあと中止していた本社工場と山口県の防府工場での生産を12日から再開すると発表しました。
防府工場は通常の操業で、本社工場は当面の間、昼間のみ操業します。
マツダでは部品調達と社員の出勤が困難だとして、7日から2つの工場の操業を中止していました。

“マツダ 12日から国内生産再開(RCC中国放送)” の続きを読む