世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)

情報元 : 世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000029-san-l26
 京都市上京区の同志社大学今出川キャンパスで26日、国内外の大学生らが地球環境問題について話し合う「世界学生環境サミット2018」が始まった。学生らは今月30日まで、災害対策や文化と自然との共生などをテーマに、市内各地での実地調査を行いながら議論を進める。最終日に議論をまとめた意見書を国連や環境省に提出する方針という。 (小川恵理子)
 同サミットは平成20年、同志社大の学生有志らの発案で始まり、日本や欧米を会場に開催し、今年で10回目。20年7月開催の北海道・洞爺湖サミット(主要国首脳会議)では、地球温暖化防止に向けた新技術の研究構想などをまとめた意見書を提出した。
 26日の開催初日は、同志社大で開会式が行われ、イギリスやインド、中国など世界14カ国16大学から集まった学生約100人が参加。同志社大生命医科学部4年の釣巻(つりまき)洋子さん(22)が「参加者の皆さんが母国へ成果を持ち帰り、次の世代へ引き継いでほしい」と開会宣言を行った。
 また、元国連大使の吉川元偉(もとひで)さんが基調講演。国連が進めてきた地球温暖化対策を紹介し、「自分には何ができるかを考えてほしい」と学生らを激励した。

“世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)” の続きを読む

今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)

情報元 : 今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000001-utyv-l19
台風20号による山梨県内の大雨は24日昼過ぎにピークを過ぎましたが、鉄道や学校関係など様々な影響が出ました。
台風20号の影響で山梨県内は、23日の午後から全域で雨となりました。
降り始めからの雨量は山中湖で245.5ミリ、南部で189.5ミリ、大月で145ミリ、甲府で45ミリなどとなり、県東部と富士五湖を中心に各地で大雨となりました。
雨の影響でJR中央線は朝の便の特急4本など一部の列車が運休し、JR身延線も西富士宮駅と身延駅の間の上下線で、午前10時からおよそ2時間運転を見合わせました。
学校関係では上野原市と丹波山村、道志村の小中学校と身延中の合わせて13校が休校となりました。
県内の雨は24日昼すぎにピークを過ぎ、県内に出されていた土砂災害警戒情報は全て解除されています。
[UTYテレビ山梨]

“今朝もJR中央線の特急が運休 台風20号 山梨県内は大雨のピーク過ぎる(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

豪雨被災の倉敷・真備で台風の備え 岡山県知事が緊急メッセージ(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨被災の倉敷・真備で台風の備え 岡山県知事が緊急メッセージ(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010000-sanyo-l33
 台風20号の接近に伴い、西日本豪雨による岡山県内の被災地では23日、避難所の暴風雨対策、被災家屋周辺への土のう積みなど備えが進んだ。各地とも豪雨で被災した後、台風は7月下旬の12号に続き2度目。甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区では被災者が「災害に振り回されてばかり」と不安、疲労を募らせた。
 倉敷市の被災者は、今なお1102人(午前7時現在)が隣接自治体を含む26の避難所での生活を余儀なくされている。各避難所では県や市の職員らが配膳用や物干し用のテントを撤収したほか、備品を屋内に移動させたり、ガムテープで固定したりした。新たな避難者のための受付も設け、真備町地区内では午後7時現在で27世帯50人を受け入れた。
 避難所となっている真備町地区の岡田小では男性(77)=同町地区=が「自然災害に振り回されっ放しで心身ともにぐったり」とうんざりした表情を見せた。台風に備え、まきび荘(同町市場)に避難した農業男性(59)=真備町地区=は「自宅は豪雨で床上浸水し、台風に耐えられるか不安。強い風が吹くと家が揺れて眠れないから」と話した。
 真備町地区の被災家屋の多くは乾燥や消毒のため玄関や窓を開け放しており、住民たちは窓を板でふさいだり、戸締まりを厳重にしたりと対策に追われた。市真備支所には配布用土のう約1100袋が用意され、軽トラックに積み込んでいた男性(75)=同=は「豪雨では裏山からの水で大変な目に遭った。もう自分の身は自分で守るしかない」。
 一方、小田川など豪雨で決壊した真備町地区の4河川は現在、仮復旧が終わった段階。末政川では3カ所の仮復旧箇所を覆うブルーシートが飛ばされないよう土のうなどで補強が行われた。末政川近くの男性(65)=真備町地区=は「台風が来るたび、高齢者は特に心配になる。堤防は一刻も早く本格復旧してもらいたい」と望んだ。
 また、岡山県の伊原木隆太知事は23日、台風20号の接近に伴い、県民に「ためらうことなく命を守る行動を取ってほしい」と呼び掛ける緊急メッセージを出した。
 知事は、午前9時からの県災害対策本部会議で台風の進路や接近時間などを確認した後、同9時半から県庁で会見。7月の西日本豪雨で県内各地が被災したことを踏まえ、「被災地はもとより、被害がなかった場所でも土砂災害や河川の氾濫、ため池の決壊に加え、今回は満潮時の高潮に警戒が必要」と強調した。
 高齢者や障害者といった支援が必要な人には日没前の避難を求めた上で「避難勧告などが出た場合は自分のことと受け止め、ただちに高い場所など安全な場所に避難を」と訴えた。

“豪雨被災の倉敷・真備で台風の備え 岡山県知事が緊急メッセージ(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)

情報元 : 台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)テレビ和歌山https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010001-wakayamav-l30
 強い台風20号の接近に伴い、県内では午後になって雨や風が強くなっています。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、田辺市龍神村では、午後3時10分までの1時間に25ミリの強い雨となったほか、古座川町の西川では、午後1時39分までの1時間で14ミリの雨となりました。
 また、風も強くなっていて、最大瞬間風速は、串本町の潮岬で23.6メートル、白浜町で22.6メートル、古座川町の西川で17.3メートルを記録しました。明日正午までの24時間の雨量は、近畿地方の多い所で600ミリと予想されることから、大雨による土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水やはん濫に警戒が必要です。また、明日にかけて予想される最大風速は、近畿地方では35メートル、最大瞬間風速は50メートル、波の高さは11メートルと予想されていて、暴風や高波にも厳重に警戒するよう呼び掛けています。
 さらに、和歌山市の安原、名草、三田地区、新宮市に避難勧告が出されたほか、田辺市と那智勝浦町や串本町など25の市町村で避難準備情報が出されています。夜にかけて、雨や風がさらに強くなると予想されることから、県や市町村では、今後の情報に注意しながら早目に避難するよう呼びかけています。
※新宮市、和歌山市からの中継動画あり
(23日18:00)

“台風20号接近 早めの避難を 夜にかけて雨や風が強まる【新宮市、和歌山市からの中継動画あり 23日18:00】(テレビ和歌山)” の続きを読む

紀伊半島豪雨から7年 十津川村で慰霊式典(読売テレビ)

情報元 : 紀伊半島豪雨から7年 十津川村で慰霊式典(読売テレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000000-ytv-l29
2011年9月に、奈良県と和歌山県の紀伊半島を襲った集中豪雨では、奈良県十津川村では7人が死亡し、現在も6人が行方不明。十津川村では明治22年にも大規模な水害で壊滅的な被害を受けている。式典で参列者は慰霊碑に花を手向けて、過去の災害を含めた犠牲者を悼み、一刻も早い行方不明者の発見を祈り、防災への誓いを新たにした。

“紀伊半島豪雨から7年 十津川村で慰霊式典(読売テレビ)” の続きを読む

西日本豪雨 心のケアを山梨から派遣の2教諭が報告 「話を聞くこと」重要(産経新聞)

情報元 : 西日本豪雨 心のケアを山梨から派遣の2教諭が報告 「話を聞くこと」重要(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000046-san-l19
 7月の西日本豪雨で被災した広島県の要請で、同30日から8月4日まで三原市の避難所で支援していた県立中央高校の教諭2人が23日、市川満教育長に状況を報告した。
 派遣されたのは、臨床心理士の資格を持つ一瀬英史教諭と、特別支援学校免許を持つ吉村清志教諭。
 市内6カ所の避難所を回り、土砂崩壊の心理的ショックで音に過敏になったという高齢者のほか、子供ら約20人から被災状況を聞きながら、心理面のケアを行った。
 一瀬教諭は「話を聞くことは被災者の心のケアにつながる」と強調。「大人は自分の気持ちを話せるが子供たちは表現しきれず、強いストレスの影響が現れることを想定しておく必要がある」と語った。
 吉村教諭も「日常生活で当たり前にできたことができなくなることが、子供たちにとってどれだけつらいことなのか、考えさせられた」と振り返った。
 市川教育長は「本県でも多くの人に話をしていただき、災害時の対応を考えるきっかけになればと思う」と述べた。

“西日本豪雨 心のケアを山梨から派遣の2教諭が報告 「話を聞くこと」重要(産経新聞)” の続きを読む

台風20号今夜県内に最接近(岐阜新聞Web)

情報元 : 台風20号今夜県内に最接近(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00067869-gifuweb-l21
 非常に強い台風20号は日本の南を北上し、23日午後にも近畿や四国付近に上陸する見通し。岐阜県内には、23日夜から24日の明け方にかけて最も接近し、雷を伴った激しい雨が降る見込み。岐阜地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などへの警戒を呼び掛けている。
 23日に予想される1時間当たりの雨量は、多い所で美濃地方、飛騨地方ともに50ミリの見込み。同日午後6時から24日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で美濃地方、飛騨地方ともに200~300ミリを予想している。

“台風20号今夜県内に最接近(岐阜新聞Web)” の続きを読む

水害対策考える 沼津、狩野川台風60年でシンポ(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 水害対策考える 沼津、狩野川台風60年でシンポ(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000022-at_s-l22
 「第23回水シンポジウムinふじのくに・沼津」(実行委員会主催)が23日、沼津市のプラサヴェルデで開かれた。発生から60年の節目を迎える狩野川台風と水害対策をテーマにパネル討論や、防災や地質の専門家による基調講演を通じ、水との付き合い方について考えた。
 パネル討論は、岩田孝仁静岡大教授や小野登志子伊豆の国市長、藤井和久国土交通省沼津河川国道事務所長ら6人が参加。1958年の狩野川台風や近年の豪雨災害を教訓に、水害対策について意見を出し合った。
 討論では、ハード整備が進む中で、地域住民の防災意識低下が課題として挙がった。岩田教授は、住民の災害に対する想像力が低下していると指摘し、「自分の命は自分で守るという原点に立ち返るべき」と訴えた。
 藤井所長も、防災意識の低下に懸念を示した。
 基調講演で小池俊雄水災害・リスクマネジメント国際センター長は「住民が『逃げて損した』ではなく『逃げたけど何もなくて良かった』と思える社会にすべき」と呼び掛けた。

“水害対策考える 沼津、狩野川台風60年でシンポ(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

被災小学校で夏休み明けの授業「心のケアも…」(テレビ新広島)

情報元 : 被災小学校で夏休み明けの授業「心のケアも…」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000001-tssv-l34
7月の豪雨災害で被害を受けた広島市安芸区の小学校では、予定を1週間早めて20日、夏休み明けの授業が始まりました。
広島市安芸区の瀬野小学校では先月6日に大雨のため臨時休校して以来、そのまま夏休みに入ったため予定より1週間早め、およそ1カ月半ぶりに授業が再開されました。
瀬野小学校の学区内では大雨による土砂災害で死者が出るなど大きな被害が出ました。
授業を前にテレビ朝会で樋口恒充校長は水道や鉄道などが当たり前にあることに感謝したいと話しました。
このあと子供たちは宿題を提出したり、夏休みの思い出を披露したりしていました。
【瀬野小学校・樋口恒充校長】
「災害が本地区ありましたので(児童の)メンタル面のケアも考えながら、この1週間、8月いっぱいはやっていこうと思っています」

“被災小学校で夏休み明けの授業「心のケアも…」(テレビ新広島)” の続きを読む

【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-ksbv-l37
豪雨に台風、猛暑と自然災害が相次ぎ、野菜が打撃を受けています。旬を迎えた夏野菜の値上がりに消費者だけでなく販売する側も頭を抱えています。
 (コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「夏野菜と言われる果菜類、キュウリであったりトマトであったり、そちらの方が若干高い気がします」
 高松市のコープ扇町店では果菜類と呼ばれるトマトやキュウリの価格が上がっています。取材した日はキュウリ1本68円、トマトは1個148円でした。
 また値上がりだけではなく、ナスは擦れが目立ったり、トマトは日持ちせずすぐに皮にしわが寄ったりと品質が安定しません。
(コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「急に頼んでいた物が入ってこなかったり入ってきても品質が悪かったりしたときにどうしても売り場を埋めなければならないので、そういうときにちょっと苦労したりします」
(田嶌万友香リポート)
「スーパーでは商品がなかなか揃わないため、関連する調味料などを並べることで商品棚を埋めています」
(買い物客は―)
「結構半額商品を狙っているので例えばキャベツなんかでも4分の1とかでも60円とか半額で、そんなときに2つまとめて買ったりとか」
「だいぶ高いなとは思いますけど仕方がないことだなと思っています。いろんなところの雨の被害だとかお天気だとか。採れない、腐っちゃうというのをテレビで見ますので農家さん大変だなという思いなので」
 野菜を飲食店や施設などに販売している河野商店では、注文を受けた分だけ量を揃えられなかったり、商品があっても高すぎるために原価で販売せざるを得なかったり対応に苦慮しています。
(河野商店/河野江津子さん)
「今までで一番、お嫁にきて40年近くになるんですけど、初めてです。こんなにキャベツの値段が高かったり、青物類が高いのは初めてです。とっても高くてお客様に申し訳ないくらい。量が取れなくて、だから注文いただいてもそれをそろえるのが大変です」

“【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む