大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000008-minkei-l44
 大分怪獣クラブのオリジナル怪獣「ブゴン」が2月16日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開催中のフリマイベントに現れ、ビル群をバックに雄々しい姿を見せつけた。(大分経済新聞)子どもと握手するブゴン 「大分怪獣ブゴン」は豊後の大地が生んだご当地怪獣。頭部に唐揚げ文化をアピールする鶏のとさかがあり、顔は高崎山のサルと同様に赤くなっている。体は由布の自然を表す緑色で「背中に火山があり、口から温泉を吐く」という設定。同クラブの松本智明さんがデザインを手掛け、アドバイザーの羽田野勝利さんが2年がかりで着ぐるみを制作した。
 昨年11月に別府ブルーバード劇場で開かれた全国自主怪獣映画選手権の場で初お目見え。姿を見せるのはそれ以来2回目で、同クラブ会員が開催している映画・特撮のフリーマーケット会場に「友情出演」した。
 13時と16時の2回にわたって来襲。屋外スペースでポーズを決めたり仁王立ちしたりして、来場者との握手や記念撮影に応じた。
 今後はさまざまなイベントに姿を見せては大分をPRしていく予定。同クラブ会長の木本英輔さん(43)は「ブゴンはモンスターではなく神々しい怪獣。日本文化でもある畏怖を感じてほしい。これからはゆるキャラに成り代わって現れ、子どもたちを泣かしに行くと思う」と話す。
 17日のフリマ開場時間は10時~19時。ブゴンの登場は13時と16時。

“大分市のビル群にご当地怪獣「ブゴン」 フリマイベントに雄々しく登場 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000003-utyv-l19
山梨県甲府市の山梨学院幼稚園と小学校が、国際的な教育プログラムである国際バカロレアの認定校となりました。
幼・小が連携した認定は、一般の学校としては全国初ということです。
国際バカロレアとは、スイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラムで、自ら考え、学び国際的な視野をもった人材の育成を目的としています。
山梨県甲府市にある山梨学院の幼稚園と小学校では、この認定基準に沿うため4年半かけて学習内容を改善してきた結果、今月8日に国際バカロレア機構の認定を受けました。
学習内容では、子どもたちだけで課題解決に向けて話し合う時間を設け、判断力や思考力を養うとしています。
幼・小が連携した9年間のプログラムで認定を受けたのは、インターナショナルスクールなどを除くと、一般の学校としては全国初ということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

木村文乃さん「包容力ある米」 富山で富富富感謝祭(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 木村文乃さん「包容力ある米」 富山で富富富感謝祭(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-hokuriku-l16
 昨秋にデビューした富山米の新品種「富富富(ふふふ)」を応援した県民にさらに愛着を持ってもらおうと、県は16日、富山市のANAクラウンプラザホテル富山で感謝祭を開いた。PRキャラクターを務める女優の木村文乃さんのトークショーがあり、「何にでも合い、何でも受け入れる”包容力”のあるお米」と富富富の魅力を語った。
 木村さんは、富富富のロゴマークに合わせた赤い衣装で登場。料理好きで知られるだけに、富富富の特徴を五穀米と一緒に炊いた例を挙げて紹介。「他の米ではけんかするが、富富富は『いいよ、一緒に口に入ろう』っていうぐらいになじんでくれる」と説明した。
 普段から富富富を使っていることも明かし、「香りの良さや艶はもちろん、口に入れるとこれだけうま味が出るなんて、お米そのもののポテンシャルが高い」と述べた。途中から加わった石井隆一知事が「弾力があり冷めてもおいしいので、すし職人から『すしに合うよ』と言われた」と話すと、木村さんが「そのお店に行きたい。後で教えてください」と質問する場面もあった。
 富富富の開発に携わった県農業研究所の小島洋一朗育種課長が、デンプンが詰まっていることなどおいしさのポイントを解説。富富富やポスターが当たる抽選会をしたほか、「料理の鉄人」として知られる和食の中村孝明氏が考案したウナギ入りのおにぎりが来場者全員に配られた。
 感謝祭は富富富を応援する「アンバサダー」が対象で、県内外から360人が参加。当初は定員を300人としていたが、約千人から応募があり枠を拡大した。アンバサダーは2662人になった。
 県と全農県本部によると、18年産で収穫された富富富約2600トンのうち、一般流通する約2400トンについては卸売業者との契約がほぼ完了している。2年目の今年は、684経営体が1100ヘクタールで生産する予定になっている。

“木村文乃さん「包容力ある米」 富山で富富富感謝祭(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

感謝の気持ちを込め“針”を供養(テレビ高知)

情報元 : 感謝の気持ちを込め“針”を供養(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-kutvv-l39
高知市の手芸店の経営者らが、日ごろの感謝の気持ちを込めて、1年間使ってきた“針”を供養しました。
針供養は、江戸時代中期以降に全国で行われるようになったと言われていて、旧暦で1年の営みが始まる『事始め』とされる、2月8日に行われています。高知八幡宮では周辺で裁縫や服飾関係の仕事に携わる人が多いことから、2010年から毎年針供養を行っています。きょうは手芸店の経営者ら9人が参加。日ごろの感謝の気持ちを込めて、針を豆腐に刺し供養していきました。豆腐やこんにゃくなど柔らかいものに刺すことで針に休んでもらうという意味があります。
「初めてですのでそういうのは知っていましたけど初めて経験できてよかったです」
「感謝の気持ちの方が強いですね道具を大切にして次の新しい作品を作ってもらうという思いをこめて毎年針を刺して祈ってます」(供養に訪れた人)
きょう納められた針はおよそ300本で、高知八幡宮の境内にある塚に納めて、供養されるということです。

“感謝の気持ちを込め“針”を供養(テレビ高知)” の続きを読む

吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)

情報元 : 吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010526-cbcv-l24
 引退を発表したレスリングの吉田沙保里さんが、三重・津市役所と三重県庁を訪問しました。
 そこで語った新たな目標とは。
 吉田沙保里さんは15日午前、母・幸代さんらと共に三重・津市役所を訪問、入口に設置された吉田さんの功績を称えるパネルにサインをしたほか、津市民らに感謝の気持ちを伝えました。
 「津市のみなさんの応援が、私の最大の力になりました」(吉田沙保里さん)
 午後には三重県庁で鈴木知事に引退を報告しました。
 「どんな立場でどんな活動しても、三重県民は変わらずこれからも吉田さんを応援します」(鈴木三重県知事)
 「次は結婚ですね。相手を探してですね。(手ごたえは?)全く無いですね」(吉田さん)
 このほか吉田さんは、東京オリンピックの聖火リレーにも挑戦したいと話していました。

“吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)” の続きを読む

「鹿がせんべい食べる姿楽しい!」子ども笑う(ABCテレビ)

情報元 : 「鹿がせんべい食べる姿楽しい!」子ども笑う(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00021667-asahibcv-l29
ホルンの音色でシカを集める伝統行事の「鹿寄せ」が、奈良公園で始まりました。
9日、午前10時、奈良公園にホルンの音色が響き渡ると、約100頭のシカが一斉に駆け寄ります。「鹿寄せ」は明治25年に、シカの保護施設「鹿苑」の完成を祝い、ラッパでシカを呼び寄せたのが始まりとされています。シカの群れがごほうびのドングリやせんべいを頬張る様子は冬の風物詩です。「シカがいっぱいせんべい食べるのが楽しかった」(来場者)。「鹿寄せ」は来月13日まで月曜日をのぞく毎日、午前10時から開催されています。

“「鹿がせんべい食べる姿楽しい!」子ども笑う(ABCテレビ)” の続きを読む

吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000033-at_s-l22
 レスリング女子で活躍した吉田沙保里さんが同名の縁で吉田町のPRを担う「まちづくり応援大使」に就任することが決まった。9日、同町総合体育館で開かれた「よしだ未来フォーラム」で、田村典彦町長の要請に吉田さんが快諾。来年度中に就任式を行う。
 名前が同じという縁で、昨秋から町と吉田さんの交流がスタート。昨年末から応援大使の就任に向け、両者で調整を進めてきた。町の応援大使は吉田さんが第1号。具体的な活動内容は今後検討する。
 フォーラムでのトークショー後、田村町長が「ぜひとも応援大使をやっていただきたい」と求め、吉田さんは「光栄なこと。ありがとうございます」と笑顔で応じた。担当する町企画課は「子どもが将来に希望の持てるまちの実現に向け、応援してほしい」と話した。
 また、トークショーで吉田さんは「金メダルを取るという目標ができたのは中学生のとき。『やらされている』練習が『やらなければいけない』に変わった」と夢を持つことの大切さを訴えた。
 フォーラムは町女性団体連絡協議会と町が主催。当初の定員は千人だったが、申し込みが殺到したため席を増やした。

“吉田沙保里さん、吉田町応援大使に 同名の縁、笑顔で就任(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00033341-kana-l14
 ごみ焼却で発電した電力を活用して電気自動車(EV)のごみ収集車を走らせる実証試験を進めてきた川崎市は、今月から取り組みを本格的にスタートさせた。実用化は全国初。ごみを資源としてうまく循環させる収集業務への注目度は高く、海外からの問い合わせもあるという。
 EV収集車は約2千万円で最大積載量1・4トン。従来のハイブリッド型収集車の二酸化炭素(CO2)排出量は年間約9トンだったが、ゼロになる。1回の充電で最大60キロの走行が可能。充電に時間を要す点が課題だったが、市はごみ焼却施設「浮島処理センター」(川崎区)に約3450万円を投じて電池ステーションを開設し、電池交換だけで発車できるようにした。
 実証試験は、市とJFEエンジニアリングが2016年3月から約1年間実施。実験で使った車両と新たに購入した車両の計2台のEV収集車で、市は今月から川崎区内でごみ収集を本格的に開始した。
 8日に同区で閉幕した川崎国際環境技術展では、このうち1台を展示。「究極のごみ収集車」と賛辞を贈った福田紀彦市長は「金額の問題もあるが、今後、台数を増やしていきたい」と拡大へ意欲を示した。
 市は19年度以降、三菱ふそうトラック・バス(中原区)とも協力し、EV車を市内の収集業務で使う実証試験を行う予定。

“EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)

情報元 : 「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00020651-asahibcv-l27
東大阪市の養豚場で「豚コレラ」の感染が確認されたことを受けて開かれた住民説明会で、大阪府は処分が難航していると明らかにしました。
大阪府は7日夜に東大阪市内で開いた説明会で、「豚コレラ」が人に感染しないことや、養豚場にいる約730頭のブタを殺処分することなどを説明。ただ、殺処分の方法や、処分後に埋める場所がまだ決まっていないとも話しました。住民からは「どんな処分方法があるか」「『豚コレラ』のブタが近くにいるのは不安だ」などの意見が出ました。参加した市民は「地域の人間からしたらもっと早くしてくれと思う」「(殺処分の仕方が)決まっていないっていうのは歯がゆい」などと話しています。府は殺処分後、他の場所に埋める検討をしていますが、場所の選定に難航しています。

“「豚コレラ」東大阪で住民説明会 作業難航で大阪府が釈明(ABCテレビ)” の続きを読む

大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)

情報元 : 大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00034397-mbcnewsv-l46
6日午前2時ごろ、大隅地方で震度1の地震がありました。震源地は大隅半島東方沖で、震源の深さはおよそ60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.1と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。
鹿児島県内の震度は、震度1が鹿屋市新栄町、志布志市志布志町志布志、錦江町田代支所となっています。

“大隅地方で震度1の地震(MBC南日本放送)” の続きを読む