東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)

情報元 : 東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000024-san-l04
 東北地方の外国人延べ宿泊者数が昨年、100万人泊(1人2泊なら2人泊とカウント)を上回ったことが、東北運輸局がまとめた平成30年1~11月の調査結果で分かった。東北での“100万人”超えは19年の統計開始以来初めて。全国で最も伸びが顕著な地域となっており、「航空機の直行便の増便などを背景に、アジアを中心とした外国人旅行客の注目が、東北にも集まってきている」(同局国際観光課)と話している。(高梨美穂子)
                   ◇
 東北運輸局は観光庁「宿泊旅行統計調査」から、東北6県分の1~11月の外国人延べ宿泊者数を集計(従業員数10人以上の施設が対象)。30年1~11月の外国人延べ宿泊者数は112万1210人泊で、前年同期(89万3170人泊)と比べて26%増加。震災前の22年同期と比較しても136%増となっていた。
 前年同期比の伸び率を全国の地域別で比べると、(1)東北26%増(2)北信越18・1%増(3)中国16・9%増で、2割を超えたのは東北だけ。東北の中でも宮城県の伸びは35・9%と群を抜き、全国1位だった。
 理由について、同課は「立地的にも宮城に泊まって東北を周遊することが多い。昨年10月に台湾から仙台空港にLCC(格安航空会社)便が増えるなど、直行便があるアジア圏からの旅行客が増えた」という。
 30年1~11月の国・地域別の外国人宿泊者数は多い順に(1)台湾47万610人泊(前年同期比27%増)(2)中国17万5990人泊(同21%増)(3)韓国7万5290人泊(同4%増)(4)香港6万4810人泊(同26%増)(5)タイ5万7670人泊(同39%増)。以下、米国、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシアと続く。おおむね、2桁台の伸びで推移していた。
 「全国の傾向からみて韓国、台湾、香港の旅行客の日本滞在期間は1週間かそれ未満。東北には直行便や北海道からの周遊が多い。欧米の旅行客は東京、成田、関西空港から入り、10日間ほどの滞在でも東北にいるのは2、3日程度が多いようだ」(同局)。
 昨年11月単月では福島県は前年同月比42%増の1万4600人泊と急増。SNSを駆使したタイ、台湾に向けたPRに県が力を入れており、同局は「タイでは多くのフォロワーがおり、それが影響したのでは」と話す。これらの国・地域からの紅葉観光が増加を後押しした。一方、青森県の11月は前年同月比11%減の2万5020人泊。昨年9月の北海道胆振東部地震の影響が残ったとみられる。

“東北の外国人宿泊者数、初の100万人超え アジアから直行便増が追い風(産経新聞)” の続きを読む

全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)

情報元 : 全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00122040-kitanihon-l16
■県内から一人地道に努力   
 富山商業高校情報処理科3年の稲生朱里さん(18)は、全国商業高校協会(東京)が主催する9種目の検定試験で全ての1級に合格した。同協会から表彰状が届き、稲生さんは「充実した3年間だった」と話す。
 検定は簿記や珠算、英語、ビジネス文書などの分野がある。多くは授業に準じた難易度だが、試験は年1、2回と機会が限られている。本年度、全種目1級合格を達成したのは全国で61人で、県内は稲生さんのみだった。
 経理部に所属する稲生さんは1年で電卓と簿記の1級に合格。9種目で挑戦した昨年11月の珠算では、珠算部の教諭にそろばんの使い方から教わった。合格を知り「先生や家族に感謝した」と笑みを見せる。経理部顧問の武田浩司教諭は「地道にこつこつと勉強する努力が素晴らしかった」と言う。
 稲生さんは4月から新潟県の専門学校に進学する。将来は県内でサイバー犯罪を防ぐ警察官を目指しており「高校生活での経験や勉強過程を今後の資格取得に生かしたい」と意気込んだ。

“全商検定 全9種目1級 富山商業高3年稲生さん(北日本新聞)” の続きを読む

意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)

情報元 : 意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010004-saitama-l11
 車にはねられ、意識のなかった女性に心臓マッサージを施すなど適切な措置を行い、一命を取り留めたとして、埼玉県の朝霞署は、和光市に住むイムス富士見総合病院・救急外来の看護師酒井加奈子さん(40)に感謝状を贈呈した。走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は 同署と酒井さんによると、2月5日午後6時35分ごろ、志木市中宗岡3丁目の市道交差点で、犬の散歩中に横断歩道を渡っていた同市、女性(65)が乗用車にはねられ、道路中央付近にうつぶせに倒れた。
 直後に現場を買い物に向かう途中、乗用車で通り掛かった酒井さんは路上に女性が倒れているのを発見。近くに車を停車し、女性に駆け寄った。声をかけたところ、うめき声を上げるが、脈も感じにくく、意識がない状態だった。
 このため、心臓マッサージによる蘇生措置を敢行するとともに、カラーコーンを配置するなど通行人らとともに現場の安全確保を図った。数分後、救急車が到着した際、女性の意識は戻った。救急隊員は「蘇生措置がなかったら、救命率は下がった」と話していたという。
 感謝状を受け取った酒井さんは「命を救えたことは本当によかったと思う。救命は私一人だけのことではなく、周囲にいた協力者のおかげであり、その一次救命に対する意識の高さが非常にうれしかった。感謝状はこうした人たちの代表として受け取りたい」と話した。

“意識不明の女性が道に…偶然通った看護師が心臓マッサージ、通行人もカラーコーン置く…意識戻る 県警表彰(埼玉新聞)” の続きを読む

高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)

情報元 : 高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000005-tbcv-l04
 宮城県登米市の高校生が生産したコメを原料につくられた甘酒が、3月に期間限定でアイベックスエアラインズの機内ドリンクとして無料提供されることになりました。
 これは、甘酒を製造販売している宮城県登米市内の農業法人などが、記者会見して明らかにしたものです。国内線の機内で無料提供されることになったのは、甘酒「初恋さくら」です。登米総合産業高校の生徒たちが、農薬を通常の半分以下に抑え、化学肥料を使わず育てた「ひとめぼれ」を原料に、伊豆沼のススキから採取した乳酸菌を加えてつくられました。甘さを控えたスッキリとした味わいが特徴です。甘酒「初恋さくら」は、3月1日から30日までの1か月間、アイベックスが運航する仙台空港発着の6便で機内ドリンクとして無料で提供されます。

“高校生のコメ原料 アイベックスの機内ドリンクに“甘酒”提供(TBC東北放送)” の続きを読む

市議会控室の図書コーナー、議員活動一助に まちづくり、防災… 定例議会ごとにテーマ 佐賀・伊万里(佐賀新聞)

情報元 : 市議会控室の図書コーナー、議員活動一助に まちづくり、防災… 定例議会ごとにテーマ 佐賀・伊万里(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-03341859-saga-l41
 伊万里市議会の議員控室に、議員向けの推薦図書コーナーがある。議員活動に生かしてほしいと市民図書館が5年前に設置した。年4回の定例議会ごとにテーマを変えて展示しており、まちづくりや防災、高齢化対策など地域課題を考える一助になっている。
 定例議会が間近に迫った2月中旬の議員控室。準備や打ち合わせで出入りする議員の一人が、図書コーナーの前で足を止めた。「SDGs(持続可能な開発目標)を知る」として紹介された本の1冊を手に取ると、しばらくぱらぱらとめくった。
 コーナーの開設は2014年、市民図書館が「市民の代表である議員のアンテナをさらに広げてほしい」と議会側に提案した。佐賀県内の議会では他に例がなく、「思想誘導の恐れアリ」と難色を示す声もあったが、今ではすっかり定着している。
 コーナーには常に本や雑誌が50点ほど並び、定例議会が始まる前に総入れ替えする。「消滅可能性都市」「オレンジプラン(国の認知症対策)」など旬な話題を特集し、関連する統計資料や新聞雑誌の切り抜きもファイルして置いている。
 ある議員は「時事問題を身近に引き寄せるヒントになる。伊万里の図書館はレファレンス(調べもの)サービスも充実しており、とても助かっている」と評価する。
 担当司書の中村由紀子さんは「どんな本が並んでいるか見てもらうだけでもコーナーを設置した意味はあると思う。新着図書情報のメール配信など、もっと興味を持ってもらうための工夫もしたい」と話している。

“市議会控室の図書コーナー、議員活動一助に まちづくり、防災… 定例議会ごとにテーマ 佐賀・伊万里(佐賀新聞)” の続きを読む

市道の鳥居、見納め 地区のシンボル、倒壊懸念で撤去 佐賀・鹿島「大手の鳥居」(佐賀新聞)

情報元 : 市道の鳥居、見納め 地区のシンボル、倒壊懸念で撤去 佐賀・鹿島「大手の鳥居」(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-03339925-saga-l41
 佐賀県鹿島市の市街地で市道上にまたがって立つ「大手の鳥居」の撤去が進められている。築90年以上たって老朽化の懸念から、地元が対策を求めていた。危険性を考慮した市の判断で21日ごろまでに撤去作業を終える。
 鳥居は1927(昭和2)年の建立とされ、市街地内の生活道路に立つ珍しい立地だ。地元は、熊本地震を受けて鳥居の倒壊を懸念、市に対策を相談した。市によると、鳥居の所有者は不明。政教分離の観点から対策を講じることもできないため道路管理者として「撤去が望ましい」と判断し、新町大手線安全対策工事費約300万円を予算に組んでいた。
 地元には「昔からあった地区のシンボル」と保存を望み、取り壊しを惜しむ声もあったが、昨年7月までに、撤去の方針でまとまり、市に要望書を提出していた。

“市道の鳥居、見納め 地区のシンボル、倒壊懸念で撤去 佐賀・鹿島「大手の鳥居」(佐賀新聞)” の続きを読む

華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000005-hokuriku-l15
 つるしびなで春の訪れを彩る「つり飾り展」が、新潟県見附市学校町1のネーブルみつけで開かれている。会場は赤やピンク、黄色などのカラフルなつるしびなが並び、華やかな雰囲気に包まれている。
 市が主催し、ことしで4回目。市内外の五つの手芸団体が着物地を手縫いして作った、約200点を展示している。
 つるしびなには、家族の幸せや子どもの健やかな成長を願う思いが込められている。会場では、干支(えと)の動物たちや草花、鶴や亀などの縁起物がつるされ、市内外から訪れた人たちがじっくりと鑑賞していた。
 長岡市の主婦(74)は「去年も見に来たけど、より華やかに感じる。こいのぼりのつるしびながすてきで気に入りました」と目を細めていた。また会場には「今町べと人形」や「栃尾手まり」など地元に伝わる手芸作品も展示されている。
 同展は3月7日まで。2月23日は手作り体験会(有料)、3月3日は手作り品の販売会がある。
 つるしびなの展示は5月にかけて、長岡市、出雲崎町、柏崎市でも開かれ、各会場を巡るスタンプラリーも行う。問い合わせは見附市まちづくり課、0258(62)7801。

“華やぐ春の彩り一面 見附でつるしびな展示(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)

情報元 : 「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00346927-sbcv-l20
県内のスキー場にある飲食店の料理コンテスト「ゲレ食バトル」で、阿智村のヘブンスそのはらのスタミナラーメンが1位に選ばれました。
チャンピオンとなったヘブンスそのはらが提供する「ヘブ二郎」は、豚骨しょうゆ味のラーメンに大量のもやしやニンニク、それに厚さ2センチ近いチャーシューが乗っています。
表彰式ではヘブンスそのはらを運営する阿智昼神観光局の白澤裕次社長に賞状などが贈られ、白澤社長は「スキー客は体力を使うので、とにかく満足してもらい体力回復に努められるように開発した」と話していました。
6回目を迎えた今シーズンは県内25のスキー場の合わせて46のメニューがエントリーし、「ヘブ二郎」がスキー客から最も高い評価を受けました。
きょうは試食会も行われ、食べた人は「力が湧き出る味」「チャーシューもやわらかく食べやすい」などと話していました。
「ヘブ二郎」は税込み1100円で、ヘブンスそのはらのレストランで来月下旬まで販売されます。

“「ゲレ食コンテスト」で阿智村のスキー場のメニューがチャンピオンに(SBC信越放送)” の続きを読む

「ひきこもり」テーマにアプリ開発 白浜でイベント(紀伊民報)

情報元 : 「ひきこもり」テーマにアプリ開発 白浜でイベント(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00366095-agara-l30
 システムエンジニアやプログラマーらが短期間でアプリケーションの開発に取り組む「ハッカソン」という催しが15~17日、和歌山県白浜町で開かれた。テーマは「ひきこもり」。その解決につながる手段になるようなアプリの原型を参加者が考え、製作した。ユニークな内容のものが多く生まれた。
 白浜町中の「クオリティソフト」本社で開かれた初めての催しで、実行委員会が主催した。ハッカソンの取り組みはIT業界ではよく知られているが、ひきこもりをテーマにするのは珍しいという。
 催しには、県外を含め学生や社会人ら約50人が参加した。うち10人は、ひきこもりの経験者で、オンラインで参加した「現役」のひきこもりの人もいた。
 参加者はグループに分かれてアプリの内容を検討。最終日の17日は、グループごとの成果発表があった。
 運動不足を解消するため、一定時間ごとにスマートフォンが操作できなくなり、解除するには筋力トレーニングを必要とするアプリのほか、ストレス発散のために落書きができ、描いた人のプロフィルが見られて、そこで趣味が合えばつながることができるアプリなどが紹介された。

“「ひきこもり」テーマにアプリ開発 白浜でイベント(紀伊民報)” の続きを読む

福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)

情報元 : 福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00001275-fminpo-l07
 県は県内の魅力を発信する新たな動画「もっと 知って ふくしま!」を制作し、十八日にインターネット動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた。特産品や名所、方言などの基本情報と魅力を六秒間のアニメに凝縮した二十五編のシリーズで、JR山手線の車内や首都圏の街頭ビジョンでも流す。
 内堀知事が定例記者会見で発表した。県クリエイティブディレクターの箭内道彦さんが監修し、イラストレーターの寄藤文平さんが作画・監督を務めた。
 味わい深い画と楽しげな音楽に合わせ、キビタンや赤べこをモチーフとしたキャラクターが「朝ラー」「常磐もの」「馬刺し」などの食文化や民謡の会津磐梯山、祭礼の相馬野馬追などを紹介。アクアマリンふくしま、Jヴィレッジなどの名所や「さすけねえ」など方言もPRしている。
 内堀知事はユーチューブなどで浸透している秒単位のPR動画を広報戦略に用いたと狙いを説明。「福島を応援してくれる企業や自治体に活用してもらい、福島の魅力を身近に感じてほしい」と語った。
 三月上旬以降、風評払拭(ふっしょく)に協力している大手企業や九都県市首脳会議の構成自治体が放映に協力する。特設サイト(http://ch.pref.fukushima.lg.jp/shitte/)で閲覧できる。
■3月8日からPR動画放映 東邦銀全営業店
 東邦銀行は三月八日から、「もっと知ってふくしま!」を同行全営業店で放映する。県と締結した包括連携協定に基づき、PRに協力する。

“福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)” の続きを読む