「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)

情報元 : 「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000012-ryu-oki
 サッカーJ3でJ2昇格と優勝を決めているFC琉球の最終節は12月2日午後1時から、富山市の県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦する。最終戦を前にした28日、那覇市の新都心公園で琉球の選手らは練習に汗を流した。朴一圭主将は「勝って最高の形で終わりたい」と力を込める。
 28日は、フィジカルトレーニングを1時間以上行い、パス回しなど基礎練習へ。選手たちは終始和やかな雰囲気だった。その後、実戦形式のミニゲームで、攻守の連係などを念入りに確認した。
 琉球は31試合を終えた通算成績は20勝6分け5敗で勝ち点は66。得失点差は2位の鳥取と18点リードを広げる34点と、リーグ屈指の実力を誇っている。富山はリーグ12位で、今季の開幕戦も4―3で勝利している。過去3年間の対戦成績も2勝3分け。相性の良い相手で最終戦も白星が見込めそうだ。
 琉球は昇格と優勝を決めた後の23日、相模原に4―1で勝利し、約4500人の観客の前で偉業を成し遂げた。金鍾成監督は「優勝と昇格が決まったあとで、スイッチが入りづらい状態だった」と振り返るが、シーズンを通して培ってきた連係や地力の違いを見せつけた。ホーム戦無敗はJ1の浦和に次いで2例目だ。
 2日は現チームでの最終試合だ。J2に向けて選手層やチーム力の課題も見えているが、金監督は「結果も大事だが、選手がどういうサッカーを見せてくれるか楽しみだ」と焦りはなく、笑顔を見せた。
 
◆8日に交流会開催/沖縄市、入場無料
 FC琉球を運営する琉球フットボールクラブは12月8日午後6時から、沖縄市のグリーンフィールドでファンとサポーター向けの交流会を開催する。
 球団によるシーズン報告のほか、FC琉球のダンスチーム「琉球ボンバーズ」や選手のパフォーマンス、記念撮影など、様々な催し物がある。入場は無料。先着で来場した300人に琉球のオリジナルTシャツがプレゼントされる。

“「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)” の続きを読む

技能実習生3人に違法労働か 羽島市の縫製業者、賃金未払い(岐阜新聞Web)

情報元 : 技能実習生3人に違法労働か 羽島市の縫製業者、賃金未払い(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00094200-gifuweb-l21
 ものづくり産業労働組合「JAM」は28日、岐阜県羽島市内の縫製業者がミャンマー人の技能実習生3人に違法な長時間労働をさせ、約29万~187万円分の賃金が未払いであり、最賃法違反や労基法違反に当たるとして、岐阜労働基準監督署に申告書を提出する、と明らかにした。
 JAMによると、3人はいずれも20代の女性。2人は今年1月から、1人は今年9月から、技能実習生として同業者の工場に勤め、婦人服を縫う仕事をしていた。日曜以外は午前7時から午後10時まで働き、休日は月1、2日だったが、賃金は手取りで11万~13万円程度で、時間外労働と休日労働は月に計180~200時間に上るという。
 申告書では、県の最低賃金と実労働時間を基に支払われるべき賃金の最低額を算出し、手取り分や控除分などを引いても未払いの金額があると指摘した。
 また、残業代が少ないことを訴えると、強制帰国させるとの発言を業者側から受けたという。
 同工場では、他にも4人のミャンマー人実習生が同様の条件で働いており、JAMが調べている。

“技能実習生3人に違法労働か 羽島市の縫製業者、賃金未払い(岐阜新聞Web)” の続きを読む

柔道のカナダ代表Jrチームが合宿  三重・皇學館大学(三重テレビ放送)

情報元 : 柔道のカナダ代表Jrチームが合宿  三重・皇學館大学(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010004-mietvv-l24
 柔道のカナダ代表のジュニアチームが、26日から三重県伊勢市にある皇學館大学で合宿を始めました。
 皇學館大学は、カナダ柔道連盟とともに柔道を通した国際交流を図ろうと取り組みを進めていて、その一環として大学の柔道部との合宿を初めて行いました。
 合宿には、カナダの強化選手に選ばれている15歳から20歳までのジュニア選手15人が招かれ、大学の柔道部員と一緒に打ち込みや乱取りなどの練習を行いました。
 皇學館大学では、2020年の東京オリンピックに向けて、柔道のカナダ代表チームの事前キャンプを誘致しています。
 ジュニアチームのカンタン監督は「キャンプ地として素晴らしい。国に戻ったら関係者にアピールしたい」と話していました。

“柔道のカナダ代表Jrチームが合宿  三重・皇學館大学(三重テレビ放送)” の続きを読む

別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000029-minkei-l44
 「第二回Beppuブルーバード映画祭」が11月23日、「別府ブルーバード劇場」(別府市北浜、TEL0977-21-1192)で始まる。小山明子さん、加藤雅也さん、津田寛治さん、真木よう子さんら豪華ゲストを迎え、3日間で「厳選」42本を上映する。(大分経済新聞)岡村さんは映画祭仕様のネイルで窓口に 1949(昭和24)年創業の老舗映画館を守り続ける館長の岡村照さん(87)を映画でたたえるイベントで、昨年に続いて2回目。アニメ、ドラマ、ホラー、ミュージカル、特撮などのジャンルで、新作や初公開作品を含めた42本を公開する。ゲストは小山さん、加藤さん、津田さん、真木さん、高野八誠さん、須賀貴匡さん、長濱慎さん、中原翔子さん、青柳尊哉さんほか多数。各回とも上映にはゲストのトークが盛り込まれる。
 23日10時30分からの「少年」で開幕。故大島渚監督の作品で、妻の小山さんがトークショーで当時を振り返る。14時からの「フラッシュバックメモリーズ」では同劇場初の3D上映を行う。23時30分からはミッドナイトシネマとして3本をオールナイトで上映する。
 24日10時からは真木さんをゲストに迎え、新作「焼肉ドラゴン」と「さよなら渓谷」を公開。19時30分からの新作「ココロ、オドル」では加藤さんがステージに登場する。
 最終日は10時30分から新作「名前」、13時から「イズ・エー」。ゲストは津田さん。16時30分からは初公開作品「デリバリー」をプレミア上映する。長濱さん、中原さんらが登壇するほか、スペシャルメッセージムービーも用意している。
 クロージングの「プリシラ」は入場無料。女装家「ドラァグクイーン」の3人旅を70年代の曲に乗せて映像化した作品で、ゲストはブルボンヌさん。観客参加型のショーも用意している。20時からの後夜祭にはTAK∴(坂口拓)さん主演の「TEBANASANKICHI」「RE:BORN」の2本を上映する。
 ショートフィルムセレクションは3日間で4枠を用意。1枠で3本を流す。幼児虐待事件を描いた「我が名は理玖」、タレント野沢直子さんの初監督作品「MonkfishDream」、レズビアンを題材とする「きみは海」など。
 25日は「Beppu特撮フェスティバル!」も同時開催する。9時30分から「劇場版ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!」などを上映するほか、「第13回全国自主怪獣映画選手権別府大会」を行う。全国の高校、大学、社会人のアマチュア監督が撮影したショートムービー8本を紹介。大分舞鶴高放送部の「大分怪獣ブゴン」などを上映する。入退場自由。
 映画祭を切り盛りする映画ライターの森田真帆さん(38)は「気軽に足を運んでもらえるようにジャンルも時間もバラバラで誰でも何かが楽しめるようにした。特に若い世代に見てほしいという思いも強く、学生価格はできるだけ下げた。『前売り』も事前に予約して当日受け取るいう形もセーフ。とにかく映画の面白さを伝えたい」とアピールする。
 岡村さんは「みんなに支えられて今年も開けるのでありがたい気持ちでいっぱい。個人的には同年代の小山明子さんと話せるのがうれしい」と笑顔で話す。イベントに合わせてネイルも映画祭仕様に整え「窓口でチケットをやりとりするときに指先を楽しんでもらえれば。皆さんに会うのを楽しみに待っている」と来場を呼び掛ける。
 チケットは、前売り=1,000円、当日=1,500円。学生は前売り・当日とも500円。新作は一律1,500円。4回券=3,000円、3日通し券=1万円。

“別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

<静岡県市町駅伝>「一秒でも早く」 牧之原市チームが壮行会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : <静岡県市町駅伝>「一秒でも早く」 牧之原市チームが壮行会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000030-at_s-l22
 18日のまきのはら産業フェア特設ステージで、12月1日の県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に出場する牧之原市チームの壮行会があり、飯田賢悟監督は「昨年より一秒でも早く、一つでも順位を上げたい」と力強く目標を語った。
 選手一人一人が紹介された後、杉本基久雄市長が「ベストタイムを一秒でも縮め、ぜひベスト10入りを果たしてほしい。万全のコンディションで臨もう」とエールを送った。
 牧之原市チームの選手は次の通り。
 増田敬朝(川崎小6)鈴木航輝(細江小6)山村一心(同5)鈴木夢実(相良小6)大井心花(細江小6)平岡昇真(常葉大菊川中3)鈴木敦也(榛原中3)吉塲深月(同1)柳原舞琴(牧之原中1)大沢功使(島田高2)桜井健人(常葉大菊川高1)松本涼平(榛原高1)丸山鳳純(常葉大菊川高2)伊藤水麗(相良高2)鈴木怜奈(島田高1)大石由美子(会社員)藤沢はる那(京都女子大2)河守大世(東京経済大1)増田真也(公務員)藤田佳将(自営業)塩田卓也(会社員)

“<静岡県市町駅伝>「一秒でも早く」 牧之原市チームが壮行会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)

情報元 : 明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000567-san-l08
 プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、巨人から2位指名を受けた明秀日立高(茨城県日立市神峰(かみね)町)の増田陸内野手(18)が12日、入団の仮契約を同市内のホテルで結んだ。増田は「一日でも早くレギュラーの座をつかみたい」とプロの世界での奮闘を誓った。契約金は6千万円で、年俸は600万円(金額は推定)。
 注目の背番号は、自身と同じ遊撃手で球界を代表する実力を持つ巨人の坂本勇人内野手が入団時に付けた「61」に決まった。坂本について「いつか超えたい目標の選手」と語る増田は記者会見で「希望通りの番号なのでうれしい」と語り、同席した長谷川国利スカウト部長は「坂本を超える選手に育ってもらいたい」と期待を込めた。
 大阪市出身の増田は、 高校時代の坂本を指導した同校の金沢成奉(せいほう)監督(52)から「『坂本2世』にしてみせる」と勧誘を受けて入学を決意。積極的なプレースタイルでチームを引っ張り、3年時には主将として選抜大会に初出場。「1番・遊撃」を担い、ベスト16進出の原動力となった。
 仮契約にあたって、青木高広スカウトは「魅力はアグレッシブさ。攻守ともにスケールの大きさを感じる」と評価。「技術も体力も伸びしろはまだまだある」と成長に期待を寄せていた。
 増田は「いつか巨人のキャプテンを務めるような選手になりたい」と闘志を燃やしていた。(丸山将)

“明秀日立・増田陸選手が巨人と仮契約「一日でも早くレギュラーに」(産経新聞)” の続きを読む

ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)

情報元 : ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000000-minkeiv-l11
 ウニクス上里で10月27日、映画「たった一度の歌」で本庄・児玉の魅力再発見というテーマのイベントが行われた。NPO法人未来のチカラ育成協会の佐々木輝伸副理事長が活動報告を行った。続いて、エグゼクティブプロデューサーの川上芳男さんと監督の宮武由衣さんが映画製作のエピソードを話した。最後に農業合唱団「ナレッジ・ステープル・シンガーズ」が映画の劇中歌「LIFE」や「永遠の川」などを歌った。(本庄経済新聞)

“ウニクス上里で「映画で本庄・児玉地域の魅力再発見」 /埼玉(MINKEITV)” の続きを読む

高岡商ナイン帰県(北日本新聞)

情報元 : 高岡商ナイン帰県(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00109321-kitanihon-l16
 第100回全国高校野球選手権に出場した高岡商の選手が17日、同校に戻った。生徒や保護者ら約200人が出迎え、同校史上初の16強入りを果たしたナインの健闘をたたえた。
 チームは2年ぶり19度目の出場。1回戦で佐賀商、2回戦で佐久長聖(長野)を破ったが、3回戦で優勝候補の大阪桐蔭(北大阪)に1-3で惜敗した。
 選手はバスに乗り、午後5時ごろに到着。宮岸毅校長は「多くの県民に勇気を与えてくれた。本当にお疲れ様でした」とあいさつ。野球部OB会の宮田義弘会長が「高商野球部の歴史を塗り替える活躍だった」とねぎらった。
 吉田真監督は今大会の試合結果を報告。「大阪桐蔭戦では全てを出し切った。多くの人に支えてもらい、72人の部員一人一人が力を発揮したことが結果につながった」と振り返った。
 中村昂央主将は「今回の経験を生かして日本一になってほしい」と後輩に夢を託した。大阪桐蔭戦で8回11奪三振と好投した山田龍聖投手は今後の進路については未定としながらも、「最終的にはプロになってトップクラスの世界でやりたい」と話した。
 

“高岡商ナイン帰県(北日本新聞)” の続きを読む

平安に連敗中「乗り越えたい壁」(Web東奥)

情報元 : 平安に連敗中「乗り越えたい壁」(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000004-webtoo-l02
 全国高校野球選手権の2回戦(15日第4試合)で対戦する青森県代表の八学光星の仲井宗基監督と龍谷大平安(京都)の原田英彦監督が13日、東奥日報紙などの取材に応じた。光星はこれまで、平安に春のセンバツで2連敗中。仲井監督は「なんとか乗り越えたい壁だ」と意気込みを見せた。
 ■互いの印象
 初戦でサヨナラ勝ちを収め春夏通算100勝を達成した平安。仲井監督は「伝統的に守備が堅く、原田監督の強い意志がチームに浸透している」とし「主戦小寺は直球も力強く制球も良い」と警戒した。 一方、原田監督は、初戦を延長の末に競り勝った光星を「攻守ともにきっちりしている。チーム力も高く、ここ数年で一番力がある」と評価した。「投手陣の経験も豊富だし、打線は特に左打者が良いスイングをしている」と注意する。
 ■試合展開
 初戦は両校ともに先制点を挙げリードした。原田監督は「理想の展開は先制、中押しして抑えること。(光星も先制攻撃を得意とするが)うちも先制点が欲しい」。仲井監督は「展開は読めない」とし、「必ずもつれる。最後まで粘り強く戦いたい」と話した。 ■鍵を握る選手
 仲井監督は初戦無安打の主将長南を挙げ、「少し調子を落としているが、悔しさを晴らしてくれれば」と期待。投手では「(初戦で継投した)3人の力を合わせて戦う」。原田監督は「バッテリーがいかに失点を少なくするか」と語り、「京都大会のように伸び伸びと、つなげる打撃をする」ことに勝機を見いだす。「エース(の小寺)がよくやってくれている。もう少し余裕を持ってできれば」と課題も口にした。
 

“平安に連敗中「乗り越えたい壁」(Web東奥)” の続きを読む

宮崎キネマ館で「カメラを止めるな!」上映開始 全国的な人気受け2週前倒しに /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎キネマ館で「カメラを止めるな!」上映開始 全国的な人気受け2週前倒しに /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000017-minkei-l45
 宮崎キネマ館(宮崎市橘通東3)で8月11日、全国的に人気を集めている「カメラを止めるな!」の上映が始まった。(ひなた宮崎経済新聞)上映開始前の館内の様子 当初は8月25日から上映の予定だったが、26日に予定されていた上田慎一郎監督の舞台あいさつ会が満席になり、全国的な人気が高まるのを受けて、上映開始を2週間早めた。
 支配人の喜田さんは「当館では年に一度ほど自分たちから監督にお願いして舞台あいさつをしてもらっている。今回も作品の映画館上映が決定した直後に依頼した。全国で起きている『カメ止め』旋風のようなことは何年に一度あるかどうか。小規模映画でこれだけ話題になるのは本当に珍しい。自由な表現ができる映画をもっと皆さんに見ていただければ」と話す。
 上映は9月7日までを予定。

“宮崎キネマ館で「カメラを止めるな!」上映開始 全国的な人気受け2週前倒しに /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む