【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)

情報元 : 【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000019-san-l15
 第100回全国高校野球選手権新潟大会は8日目の18日、4球場で4回戦計8試合が行われ、甲子園常連校の中越や加茂暁星、新潟産大付などがベスト8に進出した。新潟市中央区の鳥屋野球場では、昨夏の甲子園出場校、日本文理が3-5で新潟に敗れる波乱があった。(松崎翼)
 新潟は、プロ注目の相手エース・鈴木を初回に攻略。1番・松永の右前打、2番・中川の四球、3番・木村の左前打で無死満塁のチャンスをつくると、敵失で早々と先制点を挙げる。さらに暴投と5番・小野の犠飛でこの回一挙3点を奪う。
 追う日本文理は二回、4番・相場、6番・鈴木の2本の左越え本塁打で1点差まで詰め寄る。三回以降はスコアボードにゼロが並び、3-2で迎えた六回、新潟は2死から5番・小野、6番・佐藤の連続内野安打などで、一、三塁の好機を演出。主将の7番・伊部が右前適時打を放ち、1点を追加する。
 2点ビハインドで迎えた日本文理は七回、2死一塁から9番・新谷の右中間適時二塁打で再び1点差に。対する新潟は八回、5番・小野の会心の左越え本塁打で日本文理を再び突き放す。
 後がなくなった日本文理は九回、9番・新谷の中前打、2番・長坂の四球などで1死一、二塁とするも、3番・先川が併殺に倒れ、試合終了。新潟が一度もリードを許すことなく逃げ切った。
 新潟の後藤桂太監督は「丈夫(ますらお=勇気のある強い男)魂ここにあり。やばいです。よく頑張りました」と下馬評を覆す大金星に涙。「文理を倒したからには大きな責任がある。次(の新発田との対戦)に向けて心と体を整えたい」と甲子園出場に向けて決意を新たにしていた。
 大会9日目の21日は、同区のハードオフエコスタジアムで準々決勝4試合が行われる。
                   ◇
 ◆新潟3年・熊倉智也投手 緊急登板「仲間を信じ攻めた」
 強打の日本文理打線を相手に6回を投げ1失点。観衆の度肝を抜く力投で大金星を呼び込んだ左腕は「いつ打たれるか分からない恐怖はあったけど、周りの仲間を信じて攻め続けました。とにかくうれしい」と喜びを爆発させた。
 昨夏の県大会では文理戦に先発するも、「手も足も出なかった」と0-10のコールド負け。リベンジに向けて闘志を燃やし続けてきた。
 エース・竹石が二回途中にけがで降板し、巡ってきた登板機会。「逃げたら負ける。気持ちで負けないように投げた」との言葉通り、伸びのある直球で打者の内角を攻め続け、文理打線を翻弄した。後藤桂太監督は「過去は精神的な弱さがあったが、きょうは文理相手に堂々と強気で攻めてくれた」と手放しで力投をたたえた。
 「次の試合は学校のみんなも応援に来てくれると思う。応援してくれる人の思いも背負って自分たちの野球で勝ちたい」。自分に言い聞かせるように力を込めた。

“【高校野球新潟大会】新潟金星、日本文理を破る(産経新聞)” の続きを読む

【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)

情報元 : 【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000031-san-l19
 第100回全国高校野球選手権山梨大会は第9日目の18日、山日YBS球場(甲府市小瀬町)で準々決勝2試合が行われた。3連覇を目指す山梨学院は、好機を逃さない試合運びで得点を重ね、3人の継投で都留の追撃を抑えた。12年ぶりの頂点を目指す甲府工は、八回の猛攻で日本航空を逆転し、主戦・渡辺が完投した。山梨学院と甲府工は21日の準決勝で対戦する。(昌林龍一)
                   ◇
 ◆都留3点先制も…
 都留は初回、程原の左中間二塁打で3点を先制。これを追う山梨学院は三回、清水の左前打などで2点を返し、五回に佐古の内野安打を足がかりに中尾の左越二塁打などで逆転。七、九回にも追加点をあげた。
 都留は六回、四球に盗塁を絡め、萩原の中前打で1点を返したが、八回から登板した山梨学院の主戦垣越に6三振を奪われるなど、相手の継投に抑えられた。
 ◆甲府工八回に逆転
 甲府工は初回、田中の右越二塁打で1点を先制後、七回まで無得点。一方、日本航空は同点後の六回、柏木の右前打で逆転し、さらに2点を加えて試合を決めたかに見えた。
 しかし、甲府工は八回、武田が左越二塁打、渡辺が左中間二塁打、和田も右越三塁打と3連続長打で追撃。風間の中前適時打で逆転した。渡辺は奪7三振で完投した。
                   ◇
 ▽準々決勝
 【山日YBS球場】
 都 留  300 001 000-4
 山梨学院 002 030 21×-8
 日本航空 000 013 000-4
 甲府工  100 000 04×-5
                   ◇
 ■都留3年・金丸大輝主将 8強の裏に地道な積み重ね
 「力の差はあったが、強い気持ちで臨んだ。強豪相手に序盤に3点取れた。チームが今までやってきたことが実った」
 負けはしたが、後悔はなかった。
 柏木洋和監督(38)の方針で、練習メニューや対戦相手の研究を部員が主体的に考えてきた。
 「打撃マシンを使った練習では、得点圏での相手の球種やコースを想定し、実戦を意識した練習を重ねてきた」。序盤では読みが当たったという。
 試合中、いつも元気の良い声でチームメートを鼓舞している。
 野球を始め、父親の裕之さん(50)から「何でもいい。得意なものを1つ作りなさい」とアドバイスを受けた。声を出すことが主将のリーダーシップと思っている
 「後輩には練習で積み重ねてきたことが試合で出る。野球だけでなく日々の学校生活すべてが野球につながると伝えたい」
 実家は甲州市の果実農家。「コツコツやる仕事は野球にもつながると思っている。実ができるのは年1回だが、それまでの下積みが大事だ」。地道な積み重ねでベスト8をつかんだ。

“【高校野球山梨大会】山梨学院、甲府工4強(産経新聞)” の続きを読む

銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)

情報元 : 銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010000-chibatopi-l12
 千葉県総合SC野球場の第1試合、銚子商-成田戦の前に銚子商OBで元プロ野球選手の木樽正明さん(71)による始球式が実施された。母校のユニホーム姿でマウンドへ上がると、大きく振りかぶった。捕手へノーバウンド投球となり大きな拍手が送られ、「野球をやってきて最高の栄誉。誇りです」と笑顔で話した。
 木樽さんは銚子市出身。銚子商では右腕エースとして活躍し、3年時の1965年夏に県勢初の甲子園決勝へ進んだ。卒業後は東京(ロッテ)オリオンズでプレー。現在は銚子市の行政アドバイザーとしてスポーツを通じた市の活性化に尽力している。
 長身で体形が似ている同校の沢田洋一監督(37)にユニホームを借り、妻に背番号「1」を縫ってもらったという。節目の100回大会に出場中の県内球児に向け、「時代は違えど甲子園という目標は今も一緒。燃え尽きるまでプレーしてほしい」とエールを送った。

“銚子商OB・木樽さんが始球式 高校野球千葉大会(千葉日報オンライン)” の続きを読む

政治と向き合う若者の79日間 映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」公開(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 政治と向き合う若者の79日間 映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」公開(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00027760-kana-l14
 香港の若者らが、民主主義を求めて立ち上がった雨傘運動。79日間に及ぶデモの様子を追ったドキュメンタリー映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」が14日、公開される。陳梓桓(チャンジーウン)監督(31)は「政治と向き合う若者たちがいることを、多くの人に伝えたい」と語る。
 街におびただしい数のテントが張られ、人々が通りを占拠する。カメラには、台湾警察と市民が衝突する最前線の状況など、デモの様子がありありと映る。
 「デモに参加して、現場で多くの人が捕まる姿を見てショックを受けたのがカメラを回したきっかけです」
 大学では政治学を学び、社会運動には興味があった。新聞やインターネットでデモの情報を得ていたが、実際に参加してみると、目の前で繰り広げられる暴力的な光景に言葉を失った。
 「撮影していれば警察官が暴力を振るわず、デモに参加する市民を守れると思いました」
 自身も仕事の合間にデモに参加し、現場で知り合った同世代の若者らの姿を追った。香港大で法律や英語を学ぶ大学生、仕事を終えてデモに来る青年、クラスメートと運動に参加する中学生。主要メディアが追う運動の学生リーダーたちではなく「自由が欲しいだけ」と話す、ごく普通の若者らを撮り続けた。
 一方で、若者らの行動に理解を示さない人々もいる。「道をふさいで迷惑」「家に帰りなさい」と諭す大人たちだ。
 「僕の父も公務員だったので考え方が保守的で、運動の理解は得られなかった」と陳。編集の際、返還年の1997年のホームビデオの映像を使い、自分の生い立ちに合わせて香港の歴史をナレーションで吹き込んだ。
 「父は、香港の過渡期にあの映像を撮ったので、おそらくいろいろなことを考えていたと思う。その時の子どもたちが、今は街に出て運動をしている。どうしてなのかを上の世代の人たちに考えてほしいと、映像を使いました」
 日本でも学生団体「SEALDs(シールズ)」が結成され、台湾でもひまわり学生運動が起こるなど、アジア各国で、若者が政治に関わり始めている。
 「民主主義は当たり前にあるものではなく、社会への参加を通して築くものです。この映画を見て、香港の若者たちが政治に対してどういうふうに参加しているのか知って感動してほしい。そして、自分たちの地域で政治にどう参加していくのか、考えるきっかけになればうれしいです」

“政治と向き合う若者の79日間 映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」公開(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

宮城・名取市の小学校 熱中症で児童38人搬送(KHB東日本放送)

情報元 : 宮城・名取市の小学校 熱中症で児童38人搬送(KHB東日本放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-khbv-l04
宮城県名取市の小学校で児童38人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。重症の児童はおらず、全員快方に向かっているということです。
18日午前11時20分ごろ、名取市の下増田小学校で児童の具合が悪くなったと教師から消防に通報がありました。
学校によりますと、児童38人が熱中症の疑いで病院に運ばれたということです。重症の児童はおらず、全員快方に向かっているということです。
下増田小学校では午前9時ごろから1時間ほど全校児童と教職員合わせて800人以上が、市政60周年の記念事業の一環で航空写真を撮影するために校庭で人文字を作っていました。
学校では児童全員に水筒を持たせ、帽子をかぶらせる対策を取っていたと説明しています。
名取市の午前10時の気温は29.1度で、グラウンドの温度は30度を超えていたとみられます。
下増田小学校・芳賀孝志校長「(活動が)ちょっと長かったかもしれない。途中休憩があったら違ったかもと思う」
名取市は18日、市内の小中学校など15校で撮影を予定していて、午前中に行われた他の複数の学校では合わせて16人が体調不良を訴えたということです。名取市は午後の撮影を中止にしました。
名取市は「指導・監督が不十分であったことをおわびいたします。屋外での活動や部活動において、児童・生徒の体調を十分に配慮し行うよう指導を徹底します」とコメントしています。

“宮城・名取市の小学校 熱中症で児童38人搬送(KHB東日本放送)” の続きを読む

重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)

情報元 : 重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010007-chibatopi-l12
 Bシードを倒し、昨夏の16強に並んだ四街道。チームメートとハイタッチを交わした村田裕希主将(17)にとって、ここまでの道のりは平たんではなかった。チームメートとの軋轢(あつれき)。練習方法変更への戸惑い。重圧を背負い理想の“主将像”を探し続けた日々で見つけたのは「自分らしさ」と、仲間と分かち合うことの大切さ。「きょうの勝利は通過点」と言い切った主将が新しい歴史を切り開く。
 昨年秋、先輩たちの投票で主将に選ばれた。やる気は十分にあった。しかし同学年は個性派がそろい、チームの運営を巡って意見が衝突。かじ取りに悩んだ。統率力のあった前主将とも比べられ、同学年から「代わった方がいいんじゃないか」と厳しい言葉を浴びせられたことも。
 「自分は人をまとめるのはうまくない」。それでも主将を辞めることは考えなかった。「自分らしい主将とは」。考え抜いて見つけた答えは、仲間と悩みや苦労を分かち合うこと。チーム内で意見がぶつかった時は納得がいくまで話し合いを重ねて、選手一人一人と徹底的に向き合った。
 新監督の就任で練習方法も大幅に変更。決められたメニューをこなせば良かった練習から、自分たちで考え練習することを求められた。戸惑うチームにあって、副主将と力を合わせ今何をすべきかを模索。春からは新監督に自ら考えた練習メニューを提案するまでにチーム全体が成長した。
 チームの目標に掲げたのが「誰かが本塁打を打つよりも、全員が打って得点する」こと。その言葉通り、この日の試合でも3ランを浴びた直後に打線をつないで逆転。昨夏の成績に並んだ。「この勝利はあくまでも通過点。一戦一戦目の前の試合に向き合っていくだけ」。先輩たちが見ることができなかった地平を目指し、全員で作り上げた自慢のチームとの夏は終わらない。

“重圧も“主将像”模索 苦労分かち新たな地平 四街道・村田選手<高校野球千葉大会>(千葉日報オンライン)” の続きを読む

レノファ、ヴェルディに敗れ4位に(宇部日報)

情報元 : レノファ、ヴェルディに敗れ4位に(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010000-ubenippo-l35
 サッカーJ2リーグのレノファ山口はリーグ戦第23節の15日、東京都調布市の味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦し、1-3で敗れた。チームは、この試合を含め4試合連続で勝ち星なしと足踏みが続き、前節より順位を一つ下げて4位になった。東京から期限付き移籍のため出場できないFW高木大輔に代わってMF山下敬大が入るなど、前節から先発5人を入れ替えたレノファは、前半6分、スローインで奪われたボールを一気にゴール前まで運ばれて失点。DF前貴之のミドルシュート、MF小野瀬康介の絶妙なクロスにMF清永丈瑠が合わせるなどレノファにも決定機はあったものの、無得点のまま前半が終了した。
 0-1で迎えた後半開始早々、レノファは続けざまに相手ゴールを脅かしたものの、同24分にセットプレーで追加点を奪われた。その5分後の同29分には、MF三幸秀稔からのロングパスを後半途中から入ったFW岸田和人がGKの足元を抜く低軌道のシュートをゴールへと蹴り込んだ。岸田にとっては第14節の対東京戦以来、約2カ月ぶりのゴール。後半だけで4点を奪って大逆転劇を演じた前回の対戦同様、ここからのゴールラッシュが期待されたが、同33分に東京に追加点を許し、突き放された。霜田正浩監督「選手たちは最後まで勝利を目指して戦い続けてくれたが、まだまだ何かが足りないという結果になった。失点をしない、得点を先にする、そういうゲームができるようにならないと、本当の強いチームにはまだまだなれない」と話した。

“レノファ、ヴェルディに敗れ4位に(宇部日報)” の続きを読む

熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000024-at_s-l22
 連日、熱戦が繰り広げられている第100回全国高校野球選手権静岡大会。9日の梅雨明け以降の猛暑の影響で、熱中症などでプレー中に足にけいれんを起こすなどして治療を受ける選手や応援団、観客が続出している。静岡県高校野球連盟は適切な対策を呼び掛ける。
 県高野連メディカルサポート部のまとめでは、7日の開幕後、試合が行われた4日間で熱中症で処置したのは81件。昨年は大会期間の10日間合計で22件、近年最も多かった95回大会でも計34件だった。同部の甲賀英敏部長は「例年の大会を通じた10日間の合計数字を今年は4日間で大幅に上回った。対策が追い付かない状況」と困惑する。
 県内8球場で16試合が行われた15日、浜松球場では静岡西高の外野手が両脚をけいれんさせて治療を受けた。「おそらく熱中症の影響だと思う」とチーム関係者。あしたか球場では応援に来ていた浜松修学舎高の生徒1人が熱中症で救急搬送され、静岡大成高の選手が足にけいれんを起こして途中交代。掛川球場でも、常葉大菊川の2選手が終盤に足に違和感を覚えて交代した。
 県高野連メディカルサポート部は開幕前の責任教師・監督会議で熱中症の原因と予防対策を説明し、多くのチームが実践している。浜松修学舎高の藤田圭司監督は「水分はもちろんブドウ糖のタブレットを全員に食べさせている」と話す。応援団も体調に気を配る。富士市立高吹奏楽部の新明正樹顧問は「普段は室内練習で、今年は急激に暑くなった」と対応の難しさを指摘し、「部員には凍らせたペットボトル2~3本を持ってくるように伝えている」と言う。
 大事な試合に臨む選手の緊張感も体調に影響するだけに、日大三島の川口剛監督は「球場の高温は避けられない。常に選手に気を配るしかない」と語る。

“熱中症続出 猛暑の熱戦、球児ら苦闘 高校野球静岡大会(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)

情報元 : 100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-ubenippo-l35
 第100回全国高校野球選手権記念山口大会が13日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアム(ヤマスタ)で開幕した。午前10時からの開会式では、出場全58チームが大観衆の拍手を受けながら堂々と入場行進。聖地「甲子園」を懸けた熱い戦いがいよいよ始まる。開会前には、西日本豪雨災害の犠牲者に1分間黙とうした。県高野連の栗林正和会長は「今大会のキャッチフレーズは『本気の夏、100回目』。先輩たちが積み重ねてこられた努力に感謝し、一球入魂のプレーで感謝のメッセージを発信してほしい」とあいさつ。選手宣誓は慶進の安達尚輝主将(3年)が務め「私たちの熱いプレーで山口を盛り上げ、新たな100年の歴史を刻むことができるよう最後の一球まで全力で戦い抜く」と力強く宣言した。
 司会は慶進の淺川詩乃さん(3年)、宇部高専の錦彩花さん(3年)ら4人が担い、選手たちをサポートした。日本高野連などが高校野球の発展を支えた人に送る育成功労賞などの表彰式もあり、同賞の元厚狭野球部監督の長尾孝信さん(66)、県高校野球功労賞に輝いた元宇部商野球部監督の玉国光男さん(70)ら3人が出席した。開会式終了後には、選手ら1324人で100とボールの形の人文字をを作った。開幕試合の厚狭―西市戦は午後1時半プレーボール。

“100回目の夏、甲子園への戦い始まる(宇部日報)” の続きを読む

ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)

情報元 : ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010000-doshin-hok
 北海道の富良野市を拠点にプロ野球選手を育てる塾「北海道ベースボールアカデミー」を主宰する出合(であい)祐太さん(35)が、西アフリカ・ブルキナファソの野球代表チームの監督に内定した。2008年から2年間、国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として同国で野球を指導。帰国後も同国選手を日本に招くなど、10年にわたって競技力の向上を支えてきた。19年に代表選手が道内に遠征して実戦を重ねる計画で、20年の東京五輪出場を目指す。【動画】南西沖地震25年 奥尻高生がスキューバで避難訓練 同国の野球ソフトボール連盟が決めた。出合さんは年に数カ月、現地に滞在するほか、選手を富良野に呼ぶなどして監督を務める。
 出合さんによると、旧フランス領の同国に野球が伝わったのは1994年ごろ。04年に野球連盟が設立されたが、出合さんの赴任当時も競技人口は少なく、ルールも広く知られていなかった。協力隊員の指導を受け、現在の競技人口は約500人まで増えた。
 出合さんは富良野市出身。富良野高から札幌大に進み、野球部に所属した。同国で指導を終えた後も、富良野市で「ブルキナファソ野球を応援する会」を立ち上げ、寄付を募って選手を日本に招いたり、現地に野球用具を贈ったりして野球を広めてきた。15年には同国の2選手が日本の独立リーグ入りを果たした。
 東京五輪に向けては、19年11~12月ごろに西アフリカ大会、20年2月にアフリカでの予選大会などが開かれる見込み。出合さんは「現時点では野球の出場国枠が少ない可能性が高く、厳しい戦いが予想される。選手には現在、身体能力を上げてもらっており、来年からチームとして形づくっていきたい」と話している。(岩崎あんり)

“ブルキナファソ野球代表監督に富良野の出合さん 選手育てる塾を主宰(北海道新聞)” の続きを読む