夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)

情報元 : 夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010001-fukui-l18
 福井県は1月7日、文豪夏目漱石の第一高等中学校(後の旧制一高、東京大教養学部の前身)在学時の成績を記した手帳が、越前市生まれの哲学者で教育者の松本源太郎が残した資料群から見つかったと発表した。松本が同校教諭時代に採点した論理学の成績とみられ、漱石がクラスでトップの優秀な生徒だったことが分かる。【画像】こちらも福井で発見、漱石直筆はがき 漱石研究者の中島国彦・早稲田大名誉教授は「今までほとんど資料がなかった第一高等中学校時代の勉学の状況を知ることでき大変貴重」としている。
 漱石が本科1年だった1888~89年の論理学の成績とみられ、1学期は「80」、2学期は「90」で合計点数はクラス最高だった。成績帳には漱石のほか俳人正岡子規や福井市生まれの国文学者芳賀矢一らの成績も記されており、各界で活躍した先人たちの若き日の様子もうかがえる。
 松本の子孫が2015年に成績帳を含む資料群を越前市に寄託し、県立こども歴史文化館が漱石研究者の中島名誉教授らに確認し貴重な資料と分かった。

“夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)

情報元 : リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-12004106-colocal-l05
■秋田の納豆専門店〈二代目福治郎〉の大人気商品
大人気の〈納豆ラーメン〉とは一体!? それは、秋田の納豆専門店〈二代目福治郎〉がつくる、すりつぶしの特製納豆付きの味噌ラーメン! 納豆と味噌のコクが相性良く、癖になっちゃうお味。【写真で見る】味噌スープを溶かすと納豆が浮いてきます。何とも美味しそう!〈納豆ラーメン〉は、2食入り864円(税込)。ラーメン専用にすりつぶしの特製納豆が付いており、みそ味のスープに溶かし、麺にからめながら食べる、生めんタイプのラーメンです。
■待ちに待った通販再開
そもそも、同店の常連客の間で密かに楽しまれていたものですが、好評のために発売を開始。テレビで紹介されたことから注文が殺到し一時販売を停止。それがこのたび、復活しました!
ポイントは、スープに浮いた「すりつぶし納豆」。麺に絡んだ納豆を一気にすすり上げれば、濃厚味噌と納豆の新しい感覚が味わえます! キムチを入れたり、ねぎをたっぷり入れるのもオススメ。
この納豆ラーメンを販売する二代目福治郎は、多品種少量生産をコンセプトにした高級納豆ブランド。商品に使用している生めんとみそ味スープは、秋田県横手市の製麺業者〈トヤマフーズ〉からアドバイスをもらい、およそ10年前に商品化しました。
販売は、2018年12月15日(金)より、秋田市の直営店のほか、Webからのお取り寄せにも対応されています。
information
納豆専門店〈二代目福治郎〉
住所:秋田県秋田市大町1-3-3
TEL:018-863-2926
営業時間:10:00~18:00
定休日:第3日曜・1月1日~4日
Web:二代目福治郎公式サイト
納豆ラーメンの通販詳細
価格:864円(税込)
セット内容:ラーメン(中太麺2食)、専用納豆2個、特製みそスープ2袋、白ごま2袋
賞味期限:発送日から12日間
保存方法:冷蔵庫にて保存
Web:納豆ラーメン通販ページ(公式サイト内)
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“リピーター続出の〈納豆ラーメン〉って!? 納豆専門店の大ヒット商品が、待望の通販再開/秋田(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)

情報元 : 「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000012-ryu-oki
 サッカーJ3でJ2昇格と優勝を決めているFC琉球の最終節は12月2日午後1時から、富山市の県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦する。最終戦を前にした28日、那覇市の新都心公園で琉球の選手らは練習に汗を流した。朴一圭主将は「勝って最高の形で終わりたい」と力を込める。
 28日は、フィジカルトレーニングを1時間以上行い、パス回しなど基礎練習へ。選手たちは終始和やかな雰囲気だった。その後、実戦形式のミニゲームで、攻守の連係などを念入りに確認した。
 琉球は31試合を終えた通算成績は20勝6分け5敗で勝ち点は66。得失点差は2位の鳥取と18点リードを広げる34点と、リーグ屈指の実力を誇っている。富山はリーグ12位で、今季の開幕戦も4―3で勝利している。過去3年間の対戦成績も2勝3分け。相性の良い相手で最終戦も白星が見込めそうだ。
 琉球は昇格と優勝を決めた後の23日、相模原に4―1で勝利し、約4500人の観客の前で偉業を成し遂げた。金鍾成監督は「優勝と昇格が決まったあとで、スイッチが入りづらい状態だった」と振り返るが、シーズンを通して培ってきた連係や地力の違いを見せつけた。ホーム戦無敗はJ1の浦和に次いで2例目だ。
 2日は現チームでの最終試合だ。J2に向けて選手層やチーム力の課題も見えているが、金監督は「結果も大事だが、選手がどういうサッカーを見せてくれるか楽しみだ」と焦りはなく、笑顔を見せた。
 
◆8日に交流会開催/沖縄市、入場無料
 FC琉球を運営する琉球フットボールクラブは12月8日午後6時から、沖縄市のグリーンフィールドでファンとサポーター向けの交流会を開催する。
 球団によるシーズン報告のほか、FC琉球のダンスチーム「琉球ボンバーズ」や選手のパフォーマンス、記念撮影など、様々な催し物がある。入場は無料。先着で来場した300人に琉球のオリジナルTシャツがプレゼントされる。

“「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)” の続きを読む