雨なんの、手応えあり 岩手・宮古でホッキガイ漁

情報元 : 雨なんの、手応えあり 岩手・宮古でホッキガイ漁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00165960-iwatenpv-l03

 16日の県内は気圧の谷や冷たく湿った北東の風の影響で曇り、岩泉で3月下旬並みの最高気温11・8度(平年比11・2度低)を観測するなど低温となった。

 宮古市赤前の大須賀漁場では小雨の中ホッキガイ漁が行われ、漁業者は解禁の午前6時から砂浜に繰り出し、さおで海底の感触を確かめながら貝を探した。

“雨なんの、手応えあり 岩手・宮古でホッキガイ漁” の続きを読む

ハマヒルガオ 砂浜彩る/青森・八戸

情報元 : ハマヒルガオ 砂浜彩る/青森・八戸デーリー東北新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010003-dtohoku-l02

 17日の青森県八戸市内は、時々雲の切れ間から青空がのぞき、日差しが届いた。同市鮫町の大須賀海岸では、海から吹き付ける強い風をものともせず、ハマヒルガオがかれんな花を咲かせ、砂浜を淡紅(たんこう)色に彩った。

 ハマヒルガオは海岸に生えるつる性の多年草。厚い葉は水分の蒸発を防ぐ透明な細胞膜が発達し、厳しい海沿いの環境に適応している。同海岸では5~7月にかけて見頃となる。

 蕪島から種差海岸天然芝生地に向けて散策していた、東北町上北南の川上浩治さん(44)は「風が強くて大変だけど、きれいに咲くものですね」と感心していた。

デーリー東北新聞社

“ハマヒルガオ 砂浜彩る/青森・八戸” の続きを読む