1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)

情報元 : 1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000004-kyt-l25
 滋賀県野洲市小篠原にあるレストラン「SPOON野洲本店」が、対象料理1食につき20円を発展途上国の子どもたちの給食費のために寄付する「TABLE FOR TWO」(TFT)の取り組みを始めた。店長の藤田裕真さん(37)は「自分の食事を見直すとともに、世界の貧困問題にも目を向けてほしい」と話す。
 SPOONでは以前から、環境に関する知識を広めようと、国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)に関する催しを系列店で開いている。環境に配慮した製品などを紹介するため、新聞紙風のメニューに説明書きを加え、持ち帰ってもらう取り組みも行う。
 「2人の食卓」を意味するTFTは、カロリー過多による肥満や生活習慣病が問題となる先進国から、飢餓や栄養失調に苦しむ発展途上国を支援するプログラム。800キロカロリー以下に抑えたヘルシーな料理の代金から、ケニアやエチオピアなどの子どもの給食1食分となる20円を寄付する。
 SPOONでは、県産野菜8~10種類と無農薬大豆を使った豆腐のサラダや、季節の野菜を煮込んだスープなど5品が対象。大皿いっぱいに盛り付けた「豆腐とかつお節のサラダ」(税別1800円)は、しょうゆをベースにタマネギとゴマを混ぜたドレッシングをかけ、低カロリーでも食べ応え十分にした。
 藤田さんは「レストランという気軽に足を運べる場所から、社会問題を考えるきっかけを提供したい」と話した。

“1食で20円途上国の子へ レストラン「自分の食も見直して」(京都新聞)” の続きを読む

五島つばきマラソン(NBC長崎放送)

情報元 : 五島つばきマラソン(NBC長崎放送)NBC長崎放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00002173-nbcv-l42
県内唯一のフルマラソン大会、五島つばきマラソンがこの程、行われ全国から集まったランナーたちが五島の景色を楽しみながら健脚を競いました。
北海道から沖縄まで681人のランナーが五島市に集まりました。今年で19回目の五島つばきマラソンは三井楽町や岐宿町を走る県内唯一のフルマラソンのほか、ハーフとリレーマラソンも開催コースはアップダウンの激しさがありますが教会や美しい海岸など五島の景色を楽しみながら走ることができます。ランナーたちは地元の人たちが沿道からの声援に後押しされながらゴールテープをきります。この日は天候にも恵まれランナーたちは一足早く春の五島を楽しんでしました。

“五島つばきマラソン(NBC長崎放送)” の続きを読む

持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)

情報元 : 持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00366577-agara-l30
 ベトナムの森林・農業分野の行政官が26日から、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地である和歌山県田辺市内の梅林や製炭現場などで研修を始めた。28日まで滞在し持続的な森林管理について学ぶ。
 ベトナムは、人口の約3割が森林などの自然資源に依存した生活だが、過去に農地転換や違法伐採により森林自然が急激に減少したことから、現在は森林面積の拡大や持続的な森林管理を目指している。
 このため、ベトナムの農業農村開発省などが国際協力機構(JICA)と連携し、持続的な生産を続ける日本の取り組みを学ぼうと、行政官が2015年から毎年1、2回のペースで訪れている。田辺市での研修は16年の4月と10月に続いて3回目。
 今回は、農業農村開発省などの森林・農業分野の行政官12人が参加。26日に訪れた田辺市秋津川の紀州備長炭記念公園では「みなべ・田辺の梅システム」の概要を聞いた後、紀州備長炭発見館の山本晃一館長(55)の案内で館内のほか、「紀州備長炭」の窯出しを見て回った。ベトナムでも製炭は各地で行われており、備長炭の製造方法のほか、価格や原木の確保などに興味を持っていた。
 同市上芳養の紀州石神田辺梅林では、紀州田辺観梅協会の石神忠夫会長(77)の案内で梅林を見て回り、世界農業遺産や観梅の取り組み、梅干しなど加工についての話も聞いた。

“持続的な森林管理学ぶ ベトナムの行政官が梅林見学(紀伊民報)” の続きを読む

立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)

情報元 : 立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000543-san-l15
 立憲民主党の西村智奈美衆院議員名義だった民主党新潟県第1区総支部(当時)の口座から政治資金の現金38万1千円を横領したとして、新潟地検は、業務上横領の罪で、同総支部で経理を担当していた元職員の女(68)=さいたま市北区=を在宅起訴した。起訴は8日付。
 起訴状などによると、被告は平成24年5月~同11月ごろ、同総支部交付金受入口の口座から3回にわたり現金90万円を引き出し、そのうちの38万1千円を自身の名義の口座に移し替え、横領したとしている。
 元職員は、西村氏の後援会など3団体の会計事務を担当。18~24年ごろにかけ、総支部のほか、西村氏が代表を務める政治資金管理団体と後援会の政治資金約3360万円を抜き取り着服したと西村氏が29年3月の記者会見で指摘していた。
 起訴を受けて西村氏の事務所は18日、コメントを発表し、起訴における被害金額が実際よりも少額になっている点について「弁護士から『時効の点や捜査および裁判における立証の確実さなどから一部のみが起訴されたのではないか』と聞いている」とした上で、「関係者の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを改めておわびし、再発防止に努める」としている。

“立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1千円を横領 元職員を在宅起訴(産経新聞)” の続きを読む

山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000003-utyv-l19
山梨県甲府市の山梨学院幼稚園と小学校が、国際的な教育プログラムである国際バカロレアの認定校となりました。
幼・小が連携した認定は、一般の学校としては全国初ということです。
国際バカロレアとは、スイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する教育プログラムで、自ら考え、学び国際的な視野をもった人材の育成を目的としています。
山梨県甲府市にある山梨学院の幼稚園と小学校では、この認定基準に沿うため4年半かけて学習内容を改善してきた結果、今月8日に国際バカロレア機構の認定を受けました。
学習内容では、子どもたちだけで課題解決に向けて話し合う時間を設け、判断力や思考力を養うとしています。
幼・小が連携した9年間のプログラムで認定を受けたのは、インターナショナルスクールなどを除くと、一般の学校としては全国初ということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨学院の幼・小学校が全国初の認定 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

親子で楽しく料理、松山で教室 ひな祭りを彩るメニューに挑戦(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 親子で楽しく料理、松山で教室 ひな祭りを彩るメニューに挑戦(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-18002401-ehime-l38
 ひな祭りをイメージした料理に親子で取り組むクッキング教室が17日、愛媛県松山市若草町の市総合福祉センターなどで開かれた。約100人が桃の節句を彩る華やかなメニューに挑戦した。

“親子で楽しく料理、松山で教室 ひな祭りを彩るメニューに挑戦(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)

情報元 : 【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000017-san-l08
 平成28年9月、作詞家、高野公男の没後60年のコンサートが水戸市内で開かれた。無二の親友だった作曲家の船村徹の呼びかけに、北島三郎や船村の門下生らが駆けつけた。茨城と栃木という隣県のよしみで築かれた「男の友情」は、多くのファンの共感と涙を誘った。
 船村は栃木県船生(ふにゅう)村(現在塩谷町)出身。東洋音楽学校(現東京音大)で高野と出会う。笠間市出身の高野は、故郷を思うヒット曲「別れの一本杉」の作詞を手がけた後、26歳という若さでこの世を去った。
 そもそも、2人にはわずか7年間という交友しかない。しかし、売れなかった時代に苦楽をともにしてきたせいか、互いの才能を認め合っていたという。
 作家、瀬戸内みなみさんが船村の晩年にインタビューした「わが人生に悔いなし」(月刊「Hanada」)によると、船村は「高野との出会いがなければ今の自分はなかった」と人生の“相棒”を慕った。茨城出身の高野の言葉は、船村の栃木弁に通じ、お互いが影のようにそばにいたという。「見てろ、今に地方の時代が来る。おれは茨城弁で詩を書く。おまえは栃木弁で作曲しろ」と激励した。
 船村は高野の夭逝をだれよりも悲しんだ。ぽっかり穴が空いたようにショックを受けた。命日には友が眠る笠間に足を運んでは、大衆音楽の普及に努めた濃密な時間を懐かしんだ。享年84。今月16日、船村の三回忌を迎える。 (日出間和貴)

“【黄門かわら版】隣県の絆、出会いと別れ(産経新聞)” の続きを読む

ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000060-minkei-l41
 「ゆめタウン佐賀」(佐賀市兵庫北5)2階に2月8日、「楽天モバイルゆめタウン佐賀店」がオープンした。(佐賀経済新聞)「楽天モバイル」店内に並ぶスマートフォン 「楽天モバイル」では今年10月、国内4社目の移動体通信事業者(MNO)としての参入を予定している。インターネットのほか、専門ショップや量販店など全国約420店舗で新規契約を受け付けている。
 九州では「博多駅地下街店」(福岡市博多区)に次ぐ4店舗目、佐賀県では初の楽天モバイル専門店となるゆめタウン佐賀店は、「楽天モバイル」の新規契約やMNPを含む機種変更、SIMカードのサイズ変更、スマートフォンアクセサリーの販売を行う。利用者に代わり初期設定を行うサービス(有料)も用意する。
 同社担当者は「佐賀で集客力あるゆめタウンへの出店が果たせた。オープン前から問い合わせも入っており、今後にも期待したい。店内に展示した端末を手に取って自由に試すことができるので、ぜひ来店してほしい」と話す。
 営業時間は10時~21時。

“ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-utyv-l19
中国で旧暦の正月に当たる春節の大型連休が4日、始まりました。
山梨県側の富士山の麓の遊園地も観光客の受け入れを図ろうと、この春節に合わせて4日、免税店をオープンさせました。
富士急ハイランドに新しくお目見えしたのは、外国人観光客に人気の日本のお菓子や化粧品などおよそ600種類を取り揃えた免税店、「富士山商店」です。
初日の4日は、早速中国からの観光客がお土産の品定めに訪れていました。
富士急ハイランドへ訪れる外国人ツアー客のおよそ8割が、中国や台湾からということもあり、店内には中国語を話すことが出来るスタッフが接客を行います。
富士急ハイランドでは春節の商戦に合わせて、今月8日まで午前中に園内利用者は富士飛行社など4つのアトラクションの半額キャンペーンも行い、観光客の呼び込みを図る予定です。
[UTYテレビ山梨]

“中国は春節、富士急ハイランドに免税店がオープン 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

高砂・松陽高で1年間取り組んだ「課題研究・防災学習報告発表会」 /兵庫(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 高砂・松陽高で1年間取り組んだ「課題研究・防災学習報告発表会」 /兵庫(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000002-minkei-l28
 県立松陽高校(高砂市曽根町)の商業科と生活文化科の3年生が1年間取り組んできた課題研究と防災学習の報告会が1月30日、同校体育館で全校生徒約560人と保護者の前で行われた。(高砂経済新聞)会場の様子 2回目となる今年は6グループ25人が発表。内容は、学校の広報活動として動画CMを制作したもの、商品開発や融資に関するプレゼンテーションも行う販売実習などがあった。
 防災学習を行ったグループは、被災地でのボランティア体験から、被災者の食事で野菜が不足することに着目。カボチャを練り込んだパンの缶詰を開発し市の防災訓練で配布したことを発表した。
 被服技術では地元の特産品、竜山石を使った歯止め石の製作について、少子化が進む中、子ども向け商品を作ることを目的としていたことなどを発表。発表した元田唯奈さんは「子ども向け商品は肌が荒れないよう気をつけた。私たち商品で相手が笑顔になってくれることに達成感を感じた」と話す。
 宮脇菜々子さんは「普段人前で話すことが少ないので、どのように話すとみんなに聞いてもらえるかいっぱい考えて緊張した」と発表会の感想を話す。
 同校商業科科長の北川欽一さんは「今回の発表は本校だけの取り組みではなく、多くの方々の支援・つながりができ、点と点を線でつなげる活動ができたのが大きな財産。今後も、このような活動・発表を通じて、生徒の成長につながるような活動を続けていきたい」と抱負を話す。

“高砂・松陽高で1年間取り組んだ「課題研究・防災学習報告発表会」 /兵庫(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む