初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)

情報元 : 初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010011-tochitelev-l09
商業施設では初売りが行われ、福袋を求める買い物客でにぎわった。FKD宇都宮店では午前10時の開店とともに福袋を求める人たちが足早に進んだ。福袋の整理券を求めて午前4時から並んだ人もいたという。今年は人気の洋服のほか、食料品など約2万5千個の福袋が用意された。店の中は、目当ての福袋を手にした人たちで活気にあふれた。

“初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)” の続きを読む

外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)

情報元 : 外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010001-asahibc-l26
商売繁盛の神様として知られる京都の伏見稲荷大社で、正月三が日に集まったさい銭を数える「さい銭開き」が始まりました。
午前9時、白衣に身を包んだ銀行員が、境内から集めたさい銭箱を一斉に開け、慣れた手つきでさい銭を勘定していきます。外国人旅行者の定番の観光地となった伏見稲荷大社には、今年も多くの人が初詣に訪れ、なかには外国の紙幣や「福よ来い(2万9451円)」「いい年(1万1104円)」といった、縁起のいい語呂合わせの金額が書かれた小切手などもありました。このさい銭開きには、5日ほどかかるということです。

“外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)” の続きを読む

「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)

情報元 : 「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-03144627-tokushimav-l36
 澄んだ歌声で情感豊かに歌い人気急上昇中の中学生シンガー、丸山純奈さん(15)=徳島市。高校生になる春には、バンドPOLUの活動にひと区切り付け、シンガー・ソングライターを目指して拠点を東京に移す。夢を追って挑戦を続ける丸山さんが、新年の抱負を語った。
 子どもの頃から歌うことが大好きで、ふとした瞬間にも口ずさんでいます。
 歌うときに大切にしているのは、自分の気持ちを込めた声で歌詞を届けること。同じ曲でも歌い手によって印象は変わります。有名なアーティストの歌い方をまねるのではなく、自分の心に歌詞の世界を描いて歌うことを心掛けています。
 ゼロからの曲作りや聴いてくれる人と一緒に楽しめるステージング。大勢で音楽をつくり上げることの楽しさを教えてくれたのは、POLUのみんなです。歌うこと以外にも音楽には大きな魅力があることに気づき、世界が広がりました。
 毎週のようにライブで歌っています。どれだけライブを重ねても、初めてステージに立ったとき、頭が真っ白になりながら何とか歌いきったことはいつも心に留めています。緊張しやすいタイプですが、歌いながらお客さんの反応を見て次のことを考えることができるようになり、自分なりの成長を感じています。
 ひとつひとつのライブをしっかりとやり遂げ、その経験を反省してステージに生かすことで、次のチャンスをつかむきっかけになる。
 2018年は憧れのアンジェラ・アキさんが古里を思い描いて作った曲を歌う機会に恵まれ、紅白歌合戦の舞台であるNHKホールにも立つことができました。一歩ずつ夢に近づけているのかな。
 全国から応援の声や歌の感想が届くようになりました。「感動した」「励まされた」と言ってくれることが不思議で仕方ありません。自分で自分の歌声を聴いても元気になったりしないから。でも、皆さんの言葉に勇気づけられ、もっと頑張ろうと温かい気持ちになります。
 春には高校生になります。いろいろな楽器に挑戦してみたり、知識を深めるために勉強をしたり。今まで以上に自分を伸ばせる一年にしたい。夢は、人の心を動かせるアーティスト。いつか自分が誰かにとっての憧れの存在になれるように、挑戦を続けます。

“「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)” の続きを読む

帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)

情報元 : 帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010000-niigatatvv-l15
高校バスケ日本一を決めるウインターカップの男子・準決勝。帝京長岡はインターハイ準優勝の中部大第一に敗れ、決勝進出を逃しました。帝京長岡は序盤から愛知の中部大第一に速攻を許し、リードを奪われます。第2クォーターに入ると品川の3ポイントなどで食い下がります。後半も外国人留学生のシュートで追い上げますが、反撃も及ばず。79対58で敗れ、県勢初の決勝進出はなりませんでした。帝京長岡は29日の3位決定戦で愛知代表・桜丘と対戦し65対76で敗れました。

“帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

国士舘大・田村高卒トリオ…「もっと走れた」 箱根駅伝・往路(福島民友新聞)

情報元 : 国士舘大・田村高卒トリオ…「もっと走れた」 箱根駅伝・往路(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010010-minyu-l07
 第95回を迎えた東京箱根間往復大学駅伝は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107.5キロで往路が行われ、県勢最多の4選手がエントリーした国士舘大で「田村高卒トリオ」が継走した。
 昨年と同じ1区を任された住吉秀昭(4年)は、元五輪マラソン代表の新宅雅也(新宅永灯至(ひさとし)に改名)さんに師事、最後の箱根駅伝へ走り込んできた。昨年の区間15位から9位に成績を上げたものの、「区間賞を狙っていた。もっと走れた」と満足はなかった。
 4区の戸沢奨(4年)は当日のエントリー変更で内山武(4年、郡山高卒)に代わって出場。中継所でたすきの受け渡しに手間取り、挽回しようと粘走した。

“国士舘大・田村高卒トリオ…「もっと走れた」 箱根駅伝・往路(福島民友新聞)” の続きを読む

熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000001-rkkv-l43
今シーズン一番の強い寒気の影響で、県内は雪が降っている所があり、日中も厳しい寒さが続きそうです。
阿蘇郡南小国町の標高およそ900メートル瀬の本高原では、今シーズン初めての雪となり、朝から断続的に雪が降っています。
28日朝の最低気温は、南小国町で氷点下3.9℃観光レストランの駐車場などでは、うっすらと白くなったところもあり、訪れた観光客も寒そうにしていました。
「九州って暖かい所って思って来たので震え上がっています」(埼玉県からの男性)
「えっとなんかすごい冷たくてざらざらする」(大分県からの女の子)
気象台は28日熊本市でも初雪を観測しています。
強い寒気の影響で日中も気温が上がらず、最高気温は阿蘇市乙姫で0℃熊本市で5℃の予想です。
28日は、天草市でも雪がちらつき午後も雪が降る厳しい寒さとなりそうです。

“熊本県内各地で雪 日中も厳しい寒さ(RKK熊本放送)” の続きを読む

相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)

情報元 : 相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00010007-minyu-l07
 「健康面から相馬を元気にしたい」。新地町の渡部拓也さん(28)は12月25日、相馬市中村に24時間営業のスポーツジム「GYM+(ジムプラス)」をオープンした。
 ジムにはベンチプレスやパワーラックなど11種類の器具をそろえた。高負荷の機材も多く、部位別のトレーニングにも対応できる。渡部さんは「長期的に見れば筋肉を付けて基礎代謝を上げることがダイエットや健康につながる」と話す。
 学生時代から相馬市に通っていた渡部さん。相馬青年会議所での活動や相馬の海水浴場再開に合わせたイベントに積極的に関わる中で、地域振興への思いを深めていった。多くの人が集えるような場所をつくることを夢に、念願のジム開設を果たした。

“相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)” の続きを読む

年末年始ガイド(6)高知(徳島新聞)

情報元 : 年末年始ガイド(6)高知(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-03144501-tokushimav-l36
 ◆神峯寺(安田町唐浜)四国霊場27番札所。鐘突きは31日23時45分から。参拝客も突くことができる。駐車場は30台分。近くには太平洋の初日の出が見える「神峯山・空と海の展望公園」がある。
 [メモ]高知市から国道55号を東へ約1時間30分。国道から寺まで車で15分ほど。土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の最寄り駅は唐浜駅。同寺TEL0887(38)5495。
 ◆潮江天満宮(高知市天神町)主祭神は菅原道真公。31日15時から大はらい式。23時半から除夜祭、福火祭と続く。1月1日は4時から歳旦祭、9時から奉納居合、10時から新年祭がある。3日10時からは尺八の奉納演奏。
 [メモ]高知自動車道・高知インターチェンジ(IC)から車で約20分。JR高知駅からは「とさでん交通」の路面電車に乗り、「大橋通」か「梅ノ辻」で下車し徒歩10分。同寺TEL088(832)2896。
 ◆岩本寺(四万十町茂串町)四国霊場37番札所。本堂は全国から寄せられた575枚の格天井(ごうてんじょう)画で知られる。除夜の鐘は31日22時13分~1月1日0時、新年の鐘は参拝者が自由に突ける。12月31日22時から般若心経を唱え、年越しそばやお神酒、ぜんざいで接待。古いお守りやお札を燃やして供養する「お焚(た)き上げ」も。1月2日は10時と13時から「特別祈とう」を行う。
 [メモ]高知自動車道・四万十町中央ICから車で約10分。駐車場(協力金あり)もある。最寄り駅はJR窪川駅で徒歩約10分。同寺TEL0880(22)0376。

“年末年始ガイド(6)高知(徳島新聞)” の続きを読む

伊賀鉄道上野市駅に愛称 2月から「忍者市駅」に(産経新聞)

情報元 : 伊賀鉄道上野市駅に愛称 2月から「忍者市駅」に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000005-san-l24
 伊賀流忍者発祥の地とされる伊賀市は、伊賀鉄道上野市駅に愛称を付け、来年2月から「忍者市駅」にする。市はこれまでも忍者を観光振興に活用。「聖地」をアピールし、さらなる誘客につなげるのが狙いだ。
 市によると、正式名称は上野市駅のまま、駅舎正面の入り口上部の壁に「忍者市駅」と併記する。ホームや路線図の駅名表示、車内アナウンスは、現在のところ変更する予定はないという。
 伊賀鉄道は平成29年4月から公有民営方式に移行した。市が車両や駅舎などの施設を保有して維持管理を担い、伊賀鉄道が運行している。
 市は昨年度、施設の維持管理費や鉄道事業の赤字の穴埋め分として、約6400万円を負担した。駅周辺には伊賀流忍者博物館などがあり、鉄道利用者を少しでも増やして収益の改善につなげたい考えだ。
 市の担当者は「忍者というキラーコンテンツを生かすことで、国内外からさらに多くの観光客を呼び込みたい」と話している。
 伊賀市は16年に上野市や伊賀町など6市町村が合併して誕生した。自治体名としての「上野市」はなくなったが、駅名は残った。

“伊賀鉄道上野市駅に愛称 2月から「忍者市駅」に(産経新聞)” の続きを読む

自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)

情報元 : 自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000019-ryu-oki
 多様な働き方を提案する「OKINAWA仕事マルシェVol.1」が26日、宜野湾市普天間の共有スペース「ガクアルベース」で開かれ、約30人が参加した。琉球銀行法人事業部の崎山寛弥さん(31)、農産物直売所に勤める大湾絵梨子さん(31)、不動産などで副収入を得ているコアラ太郎さんがそれぞれの働き方を紹介した。司会を務めた石川廉さん(31)は「選択肢はたくさんある。自分に合うかどうかで判断してほしい」と呼び掛けた。
 崎山さんは石垣市出身。沖縄のためになる仕事をしたいと考え、琉球銀行に就職。現在は台湾台北市在の現地コンサルタント(業務提携先)に派遣され、沖縄から台湾へ展開する県内企業を支援している。崎山さんは「これまでの銀行業務の枠にとらわれず、県内企業の成長・発展と課題解決に向けたサポートをしていきたい」と話した。
 大湾さんは宜野湾市出身。大阪府の病院で栄養士、靴販売の仕事をした後に沖縄に戻り、宜野湾市志真志の農産物直売所ハッピーモア市場に転職した。現在は店長として運営だけでなく店の情報発信や、生産者と消費者をつなぐイベントも企画する。大湾さんは「子育て世代などさまざまな客層を巻き込んだコミュニティーづくりにも取り組みたい」と意気込んだ。
 コアラ太郎さんは本業の傍ら、不動産収入などで副収入を得る。ネットを活用し自分のアイデアや技術を提供して稼ぐ方法や節約術なども紹介した。「副収入を得る知識を広めて県民の所得の底上げや、家計改善にも貢献できれば」と話した。
※注:崎山寛弥さんの「崎」は、「大」が「立」の下の横棒なし

“自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)” の続きを読む