博多の総鎮守 櫛田神社 大しめ縄 掛け替え 福岡県(TNCテレビ西日本)

情報元 : 博多の総鎮守 櫛田神社 大しめ縄 掛け替え 福岡県(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000002-tncv-l40
博多の総鎮守として知られる、福岡市の櫛田神社で、新年を前に大しめ縄の掛け替えが行われました。
福岡市博多区の櫛田神社では、3年に一度、本殿の大しめ縄を掛け替えています。
しめ縄の長さは4メートルほど、重さはおよそ120キロで、氏子25人が協力して、本殿の柱にくくりつけていました。
この大しめ縄は、すべて氏子たちの手作りで、今年5月の種植えから始まり、9月に稲を刈って20日間干した後、およそ30人が3日がかりで作ったということです。
23日は午前7時から掛け替え作業が行われ、最後に魔よけの御幣を飾り付けて、正午前にようやく終わりました。
例年、三が日でおよそ15万人の初詣客が訪れるという櫛田神社、無事に新春を迎える準備が整ったようです。

“博多の総鎮守 櫛田神社 大しめ縄 掛け替え 福岡県(TNCテレビ西日本)” の続きを読む

熊本市が「新市基本計画」変更へ 合併3町と策定(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本市が「新市基本計画」変更へ 合併3町と策定(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000003-rkkv-l43
熊本市は2008年から2010年にかけて合併した3つの町との「新市基本計画」を事業の遅れを理由に変更する方針です。
熊本市は「富合町、城南町、植木町」との合併に伴い、それぞれ「新市基本計画」を来年3月末までを期限として進めてきましたが、熊本地震などの影響で一部の事業で計画に遅れが出ています。
計画が遅れている事業として「小学校の校舎の改築」や「防火水槽の設置」、「道路整備」などがあり、具体的な事業の進捗状況は旧富合町で71.4%、旧城南町で82.9%、旧植木町で52.5%となっています。
「約束されたことなのできちんとやっていただきたいという思いがある一方、熊本地震の震災復興のいろいろな事業が出てきているのを承知しているので(変更に)理解はできる」(旧植木町の町長だった藤井修一さん)
熊本市は計画の変更を来年2月の定例議会に提案する予定です。

“熊本市が「新市基本計画」変更へ 合併3町と策定(RKK熊本放送)” の続きを読む

福岡知事選 出馬表明の小川氏、自民公募に応じるか焦点(産経新聞)

情報元 : 福岡知事選 出馬表明の小川氏、自民公募に応じるか焦点(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000032-san-l40
 来年春の福岡県知事選で、出馬表明に踏み切った小川洋知事に対し、自民党県連は21日から、推薦候補の公募を始める。両者の関係は冷え切っており、小川氏は今後、公募に手を挙げるかどうかの決断を迫られる。
 小川氏は20日の記者会見で「各政党、各会派、各団体からの支持、支援はありがたいと考えている」と述べる一方、公募については「具体的にどうするかは、支援者と相談しながら考えたい」と明言を避けた。
 小川氏と自民県連の関係は、冷え込んでいる。
 もともと自民県連内では、一昨年の衆院福岡6区の補選で県連推薦候補の応援に来なかったことや、宿泊税問題に象徴される「リーダーシップの欠如」を問題視する声があった。
 そんな中で小川氏は今月16日、県内視察に訪れた菅義偉官房長官に突然、出馬の意向を伝えた。
 政権中枢の菅氏を頼ることで、出馬環境を整える狙いがあったとみられる。だが、「なぜ地元の頭越しに菅氏に伝えるのか」(県連幹部)と反発を招いた。ある自民党県議団の重鎮は「絶対に議会での表明は認めない」と態度をさらに硬化させた。
 この結果、小川氏は県議会本会議での表明を諦め、議会閉会直後に記者会見を開く形に追い込まれた。
 今後、自民県連の公募に応じるかが焦点となる。小川氏が過去2回当選したのは、自民党の力が大きいからだ。
 自民県連は、小川氏以外の候補擁立を視野に入れている。公募に応じて選考から漏れれば、ダメージは大きい。一方、公募に応じない場合は、自民推薦を得た、別の候補とぶつかる可能性が生じる。
 ただ、自民県連内にも小川氏について「3期目まではやらせても良い」といった声もある。
 自民が小川氏以外を立てる場合、現職と張り合える候補が必要となる。公募に応じた小川氏を推薦するのであれば、同党県議団が宿泊税問題などを厳しく追及してきただけに、政策協定などでどう整合性を取るかが問われる。
 自民県連の公募は12月28日に締め切られる。(小沢慶太)

“福岡知事選 出馬表明の小川氏、自民公募に応じるか焦点(産経新聞)” の続きを読む

仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)

情報元 : 仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00010001-oxv-l04
フィギュアスケーター、浅田真央さんの衣装や写真などの展覧会が、仙台市青葉区で始まりました。全国から多くのファンが集まり、会場は一時、入場規制もかけられるほどのにぎわいを見せました。
記者リポート
「オープン30分前なのですが、100人以上のお客さんが長い列を作っています」
訪れた人
「東京から来ました。夜行バスで」
訪れた人
Q何時から並んでいる?
「朝4時半か5時くらいです。生で衣装を見られるということなので楽しみにしています」
青葉区の藤崎前にできた長い行列。集まった人たちが心待ちにしていたのが、浅田真央さんの展覧会、その名も「浅田真央展」です。
幼少の頃から去年、引退を発表するまでの貴重な写真や大会で使用した衣装など、約120点が展示されています。
こちらは、浅田さんが使っていたスケートシューズ。
つま先にはたくさんの傷が残り、努力を積み重ねてきた様子が思い浮かびます。
会場には「MAO(まお)シアター」と名付けられたコーナーも設置されました。
ここでしか見ることが出来ない撮り下ろしのインタビュー映像が鑑賞できます。
秋田県から来場した女性
「自分が見ていた時の状況を思い出してきて感情がよみがえってきました」
多賀城市から来場した女性
「衣装を見て、この時はこうだったあの時はこうだったといろんなシーンを思い出すので。ファンの一人としてこれからもよろしくお願いしますと伝えたい」
19日は入場規制もかけられるほど多くの人が訪れ、浅田真央さんのこれまでを振り返っていました。
この展覧会は入場無料で12月26日まで開催されています。

“仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)” の続きを読む

周防大島町・観光業を元気に「みかん祭り」(tysテレビ山口)

情報元 : 周防大島町・観光業を元気に「みかん祭り」(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000003-tys-l35
大島大橋への貨物船の衝突事故で影響を受けた観光業を元気にしようと、周防大島町で「みかん祭り」が開かれています。「みかん祭り」は、今年10月の大島大橋の事故で落ち込んだ観光客を呼び戻そうと地元の観光協会やJAなどが企画しました。橋の通行制限が解除されて初めての大型イベントです。会場には、特産のミカンが2トン用意され、1枚500円のネットに詰め放題と格安で販売されました。また、事故による断水が続いたことから「断水しない」と銘打って蛇口から出るミカンジュースが無料でふるまわれ、長い列ができていました。「みかん祭り」は、あす(16日)も開かれます。

“周防大島町・観光業を元気に「みかん祭り」(tysテレビ山口)” の続きを読む

山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000001-utyv-l19
冬の味覚の話題です。
甲府市地方卸売市場で、出荷の最盛期を迎えた山梨特産の枯露柿とあんぽ柿のPRが行われました。
今年はカキが豊作な上、高品質に仕上がり、出荷量は去年を上回る見込みです。
日の出直前の午前6時半。
甲府市中央卸売市場では後藤知事や樋口甲府市長らが、年末年始の贈り物として人気が高い山梨特産の枯露柿とあんぽ柿をPRして、市場関係者にふるまいました。
干し柿は水分が少ないほど甘味が増すといわれ、今シーズンは11月の降水量が少なく、今月に入って空気が乾燥し始めたことから甘味が強く、申し分のない出来に仕上がったということです。
また今年は原料のカキが豊作だったため、去年を上回る出荷が見込まれていて、14日朝のセリでは仲卸業者らが次々と商品をセリ落としていました。
「たくさん買った、年末のお歳暮の準備です」(セリに参加した業者)。
JAによりますと、出荷のピークを迎えている山梨の特産品では、夏の暑さと台風の影響などで富士川町のユズと市川三郷町の大塚ニンジンの出荷量が例年の半分程度に落ち込んでいるということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000008-ibaraki-l08
ひたちなか海浜鉄道湊線(ひたちなか市)で利き酒を楽しむイベント列車が1日運行され、参加者はほろ酔いになりながら、本県の地酒を味わった。
イベントは昨年に続いて2回目。鉄道の利活用を探ろうと、ひたちなか商工会議所が企画し、会員企業の関係者ら約40人が参加した。
列車は始発の勝田駅から終着の阿字ケ浦駅を1往復した。車内では酒類販売会社「和飲風土」の石川誠社長が日本酒の基礎知識を教え、参加者は風味や色などを参考に県内の地酒4種類で利き酒に挑戦し、全問正解者が出ると盛り上がった。
参加した市内在住の菊池真一郎さん(61)は「交通の足だけでなく、イベントで湊線をPRするのもいい」と話した。

“利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)

情報元 : 日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000011-san-l43
 日本プロ野球OBクラブ杯「中学生野球大会(軟式)」(全国野球振興会主催、日本中学校体育連盟、産経新聞社など後援)の熊本、宮崎両県の大会が8日、行われた。熊本、宮崎とも16チームが出場した。熊本では五霊、相良、長嶺、御船が、宮崎では西、延岡、西階、中郷が勝ち上がった。両県とも9日に準決勝と決勝が行われる。
 ≪熊本大会≫
 ▽1回戦
八代四 5-3 富合
五霊  1-0 牛深
三和 14-0 玉東・玉陵
相良 19-1 菊池北・七城
佐敷 12-1 米野岳
長嶺  2-1 維和
御船  5-0 飽田
三角  7-0 南阿蘇・高森
 ▽準々決勝
五霊 9-5 八代四
相良 6-4 三和
長嶺 9-0 佐敷
御船 7-3 三角
 ≪宮崎大会≫
 ▽1回戦
西   5-2 日向
高原  1-0 五ヶ瀬
延岡 10-3 新田
清武  2-1 串間
門川  8-1 油津
西階  3-0 飯野
加納  3-2 都農
中郷 13-2 西郷・諸塚
 ▽準々決勝
西   1-0 高原
延岡 12-0 清武
西階  5-2 門川
中郷  3-0 加納

“日本プロ野球OBクラブ杯中学生野球大会が熊本・宮崎で開幕(産経新聞)” の続きを読む

「外に出ると目の前が真っ赤」3人死亡火災で近隣住民恐怖(京都新聞)

情報元 : 「外に出ると目の前が真っ赤」3人死亡火災で近隣住民恐怖(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000058-kyt-l25
 「うちももう駄目かと思った」。田園地帯の静かな集落で起きた早朝の火災。7日午前5時20分ごろ、滋賀県長浜市大辰巳町、中嶋修治さん(79)方から出火、木造2階建て延べ約110平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の3人の遺体が見つかった。近所の住民たちは、3人の命を奪った激しい炎に身を震わせた。
 全焼した中嶋さん方の2軒隣に住む自営業の男性(74)は「犬の鳴き声で起きたら大きな炎が上がっていて、手の付けようがなかった。炎の高さはゆうに4メートル以上あった。大きな火の粉が飛んできて、うちももう駄目かと思った」と興奮気味に話した。近くの主婦(82)も「外に出ると、目の前が真っ赤でどの部分が燃えているか分からないほどだった」と振り返った。
 修治さんと中学の同級生だった自営業の男性(80)は、友人からの電話で現場に駆けつけたといい、「(修治さんは)学生時代からおとなしかった。一昨年の秋には彼の家の松の手入れをし、奥さんに食事を振る舞ってもらった。こんなことになって本当に気の毒だ」と肩を落とした。
 近所で自動車修理工場を営む女性(75)は、息子の郁夫さんについて「車検やオイル交換で来た時によく世間話をした。物静かでまじめないい子だったのに」と話した。

“「外に出ると目の前が真っ赤」3人死亡火災で近隣住民恐怖(京都新聞)” の続きを読む

宇都宮市議会 JR駅東口整備事業(18-12-06)(とちぎテレビ)

情報元 : 宇都宮市議会 JR駅東口整備事業(18-12-06)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010001-tochitelev-l09
高級ホテルなどを建設する予定のJR宇都宮駅東口地区の整備事業で現在ギョーザ店や駐車場になっているスペースが来年度中に暫定活用を中止する。事業は今年7月に優先交渉事業者が決まり事業契約に向けて施設仕様や運営計画について最終的な調整が進められている。南側の暫定駐車場スペース約2500平方メートルは6月末まで、ギョーザ店など計1万3千平方メートルのスペースは11月末まで営業。宇都宮市は2022年の供用開始を目指す。

“宇都宮市議会 JR駅東口整備事業(18-12-06)(とちぎテレビ)” の続きを読む