真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)

情報元 : 真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00015262-miyazaki-l45
 新春書き初め大会が6日、都城市山之口町の山之口勤労福祉センターであった。一年の始まりにきれいな文字が書けるよう、町内の子どもたち30人が一生懸命練習し、書にしたためていた。

“真剣表情「止め」「はらい」 山之口で書き初め大会(宮崎日日新聞)” の続きを読む

北九州市若松区 大型ショベルカーに追突 男性死亡 福岡県(TNCテレビ西日本)

情報元 : 北九州市若松区 大型ショベルカーに追突 男性死亡 福岡県(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000002-tncv-l40
8日朝、北九州市で普通乗用車が大型ショベルカーに追突する事故があり、乗用車を運転していた男性が死亡しました。
フロント部分が大破した車。
車内がむき出しになっています。
警察によりますと8日午前6時半ごろ、北九州市若松区安瀬の新響灘大橋で、普通乗用車が大型のショベルカーに追突しました。
この事故で乗用車を運転していた会社員の内野豪之さん(24)が車体に挟まれ、駆けつけた医師が、その場で死亡を確認しました。
事故があったのは工場などが立ち並ぶ埋立地の一角で、現場付近の道路は一時、通行止めとなったため、周辺は大型トラックなどで数キロに渡って渋滞しました。
警察はショベルカーの運転手に話を聞くなどして、事故の状況を詳しく調べています。

“北九州市若松区 大型ショベルカーに追突 男性死亡 福岡県(TNCテレビ西日本)” の続きを読む

横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000006-minkei-l05
 東京タワー(東京都港区)で12月28日から展示する「出前かまくら」向けの雪の積み込み作業が26日、夏油高原スキー場(岩手県)で行われた。(横手経済新聞)東京タワーでの出前かまくらのチラシ 雪で作った室(むろ)をまちなかに設ける横手市の小正月行事「かまくら」。積雪の少ない地域で披露する「出前かまくら」向けの雪は例年、市内の候補地で積み込み作業を行うが、25日の市内の積雪量が13センチと例年の半分以下だったことから、今年は隣県のスキー場で行った。
 「出前かまくら」に使われる雪の量は20~30トン。10トントラック3台に満載した雪は、約8時間かけて東東京タワーの正面玄関前に運ぶ。長年かまくら作りに携わる「かまくら職人」3人が、27日午後から制作を始め、高さ3メートルのかまくら1基を作って展示する。
 横手市秘書広報課の高橋良明さんは「日本を代表する観光名所東京タワーの60年記念の年に、かまくらを披露できることは誇らしく思う。多くの国内外の観光客に横手をPRできるチャンス。冬の横手の雰囲気を楽しんでいただき、冬の横手を訪れるきかっけになってくれれば」と話す。
 展示は同30日まで。横手市の雪まつり「かまくら」本番は、2月15日・16日。

“横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)

情報元 : 健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010001-nankainn-l46
 7日はナンカンセック(七日節句)。鹿児島県の奄美各地で晴れ着姿の数え年七つの子どもが神社を参拝したり、親戚宅などを回ってナンカンジョセ(七草雑炊)を頂いたりする光景が見られた。
 奄美市笠利町の大野巧さん(32)、和さん(32)の長男尊君(5)は神社参拝後、家族5人で親戚宅など7カ所を訪問。親戚の平メイ子さん(70)=同市名瀬=がナンカンジョセが入ったおわんと祝儀を手渡すと、尊君は「ありがとうございます」とはにかみながらもお礼のあいさつをしていた。
 尊君は「大きくなったら忍者になりたい。今年は体操教室を頑張る」と抱負。巧さんは「優しく元気に育ってほしい」と願った。

“健やかな成長願う ナンカンジョセ、奄美各地で(南海日日新聞)” の続きを読む

経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010006-ksbv-l37
 香川銀行の男性行員が8年近くにわたって経費を不正に請求し、約18万円を私的に使っていたとして解雇処分を受けました。
 解雇処分を受けたのは、香川銀行の50代の男性行員です。勤務していた店舗や役職などは明らかにしていません。
 香川銀行によりますと、この男性行員は、2011年1月から2018年10月にかけて20数回にわたって経費を不正に請求し、合わせて17万5000円あまりを私的に使っていました。男性行員は、取引先へのお祝いやお見舞いなどの名目で商品券や菓子折りなどを購入し、領収書を経理に提出して代金を受け取りましたが、実際には取引先に渡さず自分で
使っていたということです。
 被害額はすでに全額返済されていて、客への被害もないことなどから香川銀行は刑事告訴をしない方針です。「内部管理態勢の一層の徹底強化に努め、信頼回復にむけて全力で取り組む」としています。

“経費の不正請求で香川銀行行員を解雇処分 8年近くにわたり約18万円を私的流用(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

車衝突で男性死亡 高崎(産経新聞)

情報元 : 車衝突で男性死亡 高崎(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000036-san-l10
 2日午後8時半ごろ、高崎市吉井町池の県道で、同市寺尾町の無職、佐藤一男さん(72)の軽トラックが、駐車場から道路に出ようとした乗用車と衝突。佐藤さんは藤岡市内の病院に救急搬送されたが、間もなく死亡した。
 高崎署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、乗用車を運転していた下仁田町吉崎の会社員、瀬下嵩人容疑者(23)を現行犯逮捕。4日に釈放し、容疑を過失致死に切り替え任意で調べる。同署によると、現場は片側1車線の直線道路。瀬下容疑者は、高崎市内の職場から帰宅途中だったという。

“車衝突で男性死亡 高崎(産経新聞)” の続きを読む

初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)

情報元 : 初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010011-tochitelev-l09
商業施設では初売りが行われ、福袋を求める買い物客でにぎわった。FKD宇都宮店では午前10時の開店とともに福袋を求める人たちが足早に進んだ。福袋の整理券を求めて午前4時から並んだ人もいたという。今年は人気の洋服のほか、食料品など約2万5千個の福袋が用意された。店の中は、目当ての福袋を手にした人たちで活気にあふれた。

“初売りに長蛇の列(19-01-01)(とちぎテレビ)” の続きを読む

外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)

情報元 : 外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010001-asahibc-l26
商売繁盛の神様として知られる京都の伏見稲荷大社で、正月三が日に集まったさい銭を数える「さい銭開き」が始まりました。
午前9時、白衣に身を包んだ銀行員が、境内から集めたさい銭箱を一斉に開け、慣れた手つきでさい銭を勘定していきます。外国人旅行者の定番の観光地となった伏見稲荷大社には、今年も多くの人が初詣に訪れ、なかには外国の紙幣や「福よ来い(2万9451円)」「いい年(1万1104円)」といった、縁起のいい語呂合わせの金額が書かれた小切手などもありました。このさい銭開きには、5日ほどかかるということです。

“外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)” の続きを読む

「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)

情報元 : 「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-03144627-tokushimav-l36
 澄んだ歌声で情感豊かに歌い人気急上昇中の中学生シンガー、丸山純奈さん(15)=徳島市。高校生になる春には、バンドPOLUの活動にひと区切り付け、シンガー・ソングライターを目指して拠点を東京に移す。夢を追って挑戦を続ける丸山さんが、新年の抱負を語った。
 子どもの頃から歌うことが大好きで、ふとした瞬間にも口ずさんでいます。
 歌うときに大切にしているのは、自分の気持ちを込めた声で歌詞を届けること。同じ曲でも歌い手によって印象は変わります。有名なアーティストの歌い方をまねるのではなく、自分の心に歌詞の世界を描いて歌うことを心掛けています。
 ゼロからの曲作りや聴いてくれる人と一緒に楽しめるステージング。大勢で音楽をつくり上げることの楽しさを教えてくれたのは、POLUのみんなです。歌うこと以外にも音楽には大きな魅力があることに気づき、世界が広がりました。
 毎週のようにライブで歌っています。どれだけライブを重ねても、初めてステージに立ったとき、頭が真っ白になりながら何とか歌いきったことはいつも心に留めています。緊張しやすいタイプですが、歌いながらお客さんの反応を見て次のことを考えることができるようになり、自分なりの成長を感じています。
 ひとつひとつのライブをしっかりとやり遂げ、その経験を反省してステージに生かすことで、次のチャンスをつかむきっかけになる。
 2018年は憧れのアンジェラ・アキさんが古里を思い描いて作った曲を歌う機会に恵まれ、紅白歌合戦の舞台であるNHKホールにも立つことができました。一歩ずつ夢に近づけているのかな。
 全国から応援の声や歌の感想が届くようになりました。「感動した」「励まされた」と言ってくれることが不思議で仕方ありません。自分で自分の歌声を聴いても元気になったりしないから。でも、皆さんの言葉に勇気づけられ、もっと頑張ろうと温かい気持ちになります。
 春には高校生になります。いろいろな楽器に挑戦してみたり、知識を深めるために勉強をしたり。今まで以上に自分を伸ばせる一年にしたい。夢は、人の心を動かせるアーティスト。いつか自分が誰かにとっての憧れの存在になれるように、挑戦を続けます。

“「心に響く歌を」 中学生シンガー・丸山純奈さん 新春メッセージ(徳島新聞)” の続きを読む

帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)

情報元 : 帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010000-niigatatvv-l15
高校バスケ日本一を決めるウインターカップの男子・準決勝。帝京長岡はインターハイ準優勝の中部大第一に敗れ、決勝進出を逃しました。帝京長岡は序盤から愛知の中部大第一に速攻を許し、リードを奪われます。第2クォーターに入ると品川の3ポイントなどで食い下がります。後半も外国人留学生のシュートで追い上げますが、反撃も及ばず。79対58で敗れ、県勢初の決勝進出はなりませんでした。帝京長岡は29日の3位決定戦で愛知代表・桜丘と対戦し65対76で敗れました。

“帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)” の続きを読む