秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05
 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。
 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。
 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。
 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。
 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000021-minkei-l05
 横手駅東口の「よこてイースト・にぎわいひろば」(横手市駅前町)で7月13日、ビアガーデン営業が週末限定で始まる。(横手経済新聞)会場の「にぎわいひろば」で来場を呼び掛ける高橋幹夫さん 横手駅前商店街振興組合が「夏の夜の駅前を活性化したい」と2014年から「よこてイーストビアガーデン」と銘打ち、週末限定で開くビアガーデンは今年で5年目。昨年は9日間で会社員や家族連れを中心に約500人が利用した。
 約700平方メートルの屋外広場に72席を設け、生ビール(500円)のほか、駅前商店街で営業する「横手プラザホテル」「La炭之助」「七兵衛」が屋台を出店し、看板メニューを中心に提供する。今年は、地元バンドの日替わり出演に加え、フラダンスやベリーダンスなど地元で活動するダンスサークルも踊りを披露するなどしてステージショーの充実を図る。
 同組合事務局長の高橋幹夫さんは「横手市内では数少ない夏の夜を屋外で楽しめる場所。横手で活動するグループの発表の場にもなっている。ショーを楽しみながら作りたての料理とお酒を楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。
 営業日は7月13日~15日、20日・21日、27日・28日、8月3日・4日。営業時間は17時~21時。横手プラザホテルが販売する生ビールチケット(5杯分2,000円)も利用できる。

“横手駅前に週末限定ビアガーデン 地元飲食店が屋台出店、ステージショーも多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

パン・サラダ食べ放題「ブレッテリア」2号店が好調 昼間ほぼ満席 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : パン・サラダ食べ放題「ブレッテリア」2号店が好調 昼間ほぼ満席 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000006-minkei-l10
 4月27日にオープンした「ブレッテリア伊勢崎店」(伊勢崎市安堀町)が好調だ。(高崎前橋経済新聞)【写真】ベーカリーならでは、充実した食べ放題のパン ブレッテリアはベーカリー「アルファルファ」(本社=前橋市上小出2)が展開するベーカリーカフェで、伊勢崎店は前橋店(前橋市川原町)に続く2店舗目。
 メニューはパスタにパンとサラダの食べ放題、ドリンク、スイーツのセット1,290円(平日は1,190円)(税別)、ベーカリーバイキング(パン、サラダ、ドリンク)1,100円(小学生950円、6才以下600円)(税別)が軸。利用者の9割が女性だという。
 社長の須永光一さんは「前橋店のお客さまを含め店をご存知の方が多く、オープン当日から現在まで昼はほぼ満席。女性をターゲットに昼間に特化したのがよかった。夜は予約営業と割り切った」と話す。
 営業時間は11時~19時。年間7,000万円の売上を目指す。

“パン・サラダ食べ放題「ブレッテリア」2号店が好調 昼間ほぼ満席 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「イオンタウン周南」でサーカス公演 アクロバティックなパフォーマンスに歓声 /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 「イオンタウン周南」でサーカス公演 アクロバティックなパフォーマンスに歓声 /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000082-minkei-l35
 イオンタウン周南(周南市古市1)の創業10周年を記念して7月13日、同ショッピングセンター第2駐車場で「ハッピードリームサーカス周南公演」が始まった。主催はKRY山口放送。(周南経済新聞)観客参加型のショーで皿回しを体験した園児 同公演の企画製作は、ロシア、メキシコ、中国など7カ国のサーカスアーティストに加え、日本人の「嵐」さん(11歳)も活躍する「ドリームサーカス」(大阪市)。空中ブランコなどのさまざまな空中芸や、直径約10メートルのかごの中をオートバイや自動車が走り回る「スタントショー」、口から火を噴くファイヤーパフォーマンス、3つの車輪を使った大車輪など同サーカス団でしか見られない演目が楽しめる。
 
 初日のこの日は、福祉施設の利用者や近隣の幼稚園児らが招待され、目の前で繰り広げられるアクロバティックな空中パフォーマンスに目を丸くし歓声を上げていた。演目の合間に観客参加型のショーが組み込まれており、皿回しを体験した園児は「緊張したが、頑張った」と興奮気味に話していた。
 同サーカスの真枝功一会長は「夢と感動を与えるエンターテインメントサーカス。ぜひ家族や友達で楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。
 チケットは、大人・前売り=2,200円~、子ども=1,200円~。公演事務局やコンビニなどで販売する公演は1日2回~3回。木曜休演。9月3日まで。

“「イオンタウン周南」でサーカス公演 アクロバティックなパフォーマンスに歓声 /山口(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000031-minkei-l42
 長崎水辺の森公園・水の庭園エリアで「軍艦島のガンショーくん生誕1周年記念BIRTHDAYPARTY」が7月16日の海の日に開催される。(長崎経済新聞)担当の佐藤さん ガンショーくんは長崎県の世界遺産、軍艦島のマスコットキャラクターとして、2017年7月12日に「現実世界に誕生」したゆるキャラ。軍艦島へのクルーズ船を運航する「軍艦島コンシェルジュ」と、「軍艦島デジタルミュージアム」が制作しており、ユーチューブでは誕生秘話のアニメを見ることができる。担当の佐藤義太郎さんは「最初は知名度がなかったので、さまざまなイベントに参加し、次第に知名度が上がってきた。特に子どもからは人気で、よく話し掛けられたり、一緒に写真を撮影したりしている」と話す。
 今回のイベントは1歳を祝い、諫早市の「うないさん」、V・ファーレン長崎の「ヴィヴィくん」など、長崎のゆるキャラが駆け付けてお祝いをする。「ガンショーくんなりきりコンテスト」も開かれる予定。
 佐藤さんは「なりきりコンテストはガンショーくんがテーマであればどんなものでもOK。たとえ茶色のTシャツ一つでも本人がなり切っていただければ大丈夫。参加賞や優秀者には豪華景品を用意しているので、参加してほしい」と笑顔で話す。
 軍艦島上陸ツアーガイドの高橋佳子さんは「1年たって、ご存じというお客さまが増えていることを感じている。アンケートに『ガンショーくんかわいい』などと書かれていると、とてもうれしい。これからもっと知って、愛されるキャラクターなるよう応援していきたい」と、ほほ笑む。
 今年の7月5日にはオリジナルロールケーキ「ろっくんろーる」の売り上げの一部を長崎市に寄付するなど、地域にも貢献しているガンショーくん。佐藤さんは「もっと知っていただくためにイベントに呼ばれたら行くので呼んでほしい。今年は念願のゆるキャラグランプリにも出場する。もちろん優勝を目指しているので応援していただければ」と話す。
 開催時間は10時~11時。入場無料。雨天時は軍艦島デジタルミュージアムが会場になる。

“長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合 /長崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000048-minkei-l13
 拓殖大学八王子国際キャンパス(八王子市館町)で現在、学生が中心となり養蜂を行っている。(八王子経済新聞)キャンパス内に巣箱を設けて養蜂を行っている 養蜂は同大国際学部農業総合コースと同学部竹下正哲教授のゼミメンバー、合わせて約60人が取り組んでいるもの。キャンパス内の農園にミツバチの巣箱を置き育てており、6月1日には初めて採蜜を行い、瓶にして約90個分の「拓大ハチミツ」が作られた。
 発展途上国では養蜂のニーズがあることを受け、特にネパールとのフェアトレードを含めた連携を目指して、2016年にプロジェクトがスタート。八王子を拠点に都市型農業に取り組んでいるFIO(堀之内)の協力を得ながらミツバチを育て始め、昨春に独り立ち。現在は4箱の巣箱を使い育てている。
 「拓大式で蜂蜜を作ってもらって、それを現地や日本で売り、収益を彼らに渡すことで貧困で苦しんでいるコミュニティーにも貢献できる」と竹下さん。「蜂蜜を加工して化粧品にしたり、蜜ろうを使っておしゃれなものを作ったりすることで高く売れるようにもなる。ネパールの人たちと協働で商品開発をして売ることで貧困を救いたい。そういうスキームを作りたい」とも。
 採蜜の際には、約30人の学生が4時に農園に集まったという。「初めて蜜が落ちてきたときには感動した」と竹下さん。プロジェクトに携わってきた同学部国際学科4年の織田賢治さんは「思ったよりも採れたが、もっと採れた」と悔しさを隠さない。「自分たちのやり方でビジネスモデルを作ることが今後の課題。これからの主役は3年生なので、アドバイスができれば」と話す。
 「養蜂をやろうと思って大学に入っていないので、驚きの連続だった。ハチを育てる知識も経験もなく、ゼロからのスタート。チャレンジ精神はあったので、先生と協力しながら進めてきた」と織田さん。プロの養蜂家の元を訪れ教えも請うたが、「ハチが冬を乗り越えられないなど失敗の連続だった」と振り返る。「ハチを見るとけなげに頑張っているので楽しくなり夢中になった。後輩たちにはハチに対する感情を大切にしてほしいし、ハチがいることで生まれる生態系を大事にしてほしい」と呼び掛ける。
 今秋からはSNSを通じたアピールなど新たな展開も見込む。プロジェクトを引き継ぐ同学科3年の柳沼和磨さんは「『拓大ハチミツ』はまだ有名ではない。まず広めることが大事」、同学科3年の篠原エナさんは「先輩たちが一から作ってくれたものをこれからは広げる段階。国内に限らず海外協力にもつなげていきたい」と意気込む。
 「蜂蜜という切り口が一つあるだけで、座学だけではない役に立つ学びができる。社会に出た後も役立つことを身に付けてもらえれば」と竹下さん。「ハチは尊く、世界の食の3分の1はハチが作っているといわれているが、どんどん減ってきている。何とか保存しなければいけない。ここは高尾山のすぐそばで蜜源も豊富。こういう場所から広げていく大きな運動の一環としても進めていきたい」と意気込む。

“拓殖大学の学生が八王子のキャンパスで養蜂 1年がかりで初採蜜 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000066-minkei-l13
 池袋の東京芸術劇場(豊島区西池袋1)2階に6月28日、イタリア・トリノのカフェ「Bicerin(ビチェリン)」(TEL03-3981-0808)がオープンした。(池袋経済新聞)「アフタヌーンティースタンド」 1763年に創業したトリノ最古のカフェで、「三銃士」「モンテクリスト伯」の著者アレクサンドル・デュマ・ペールや、プッチーニ、ニーチェ、ヘミングウェイなどに愛された老舗として知られている。海外初進出店舗として今回、東京芸術劇場、新宿タカシマヤ、名古屋・ミッドランドスクエアに出店した。
 255年以上門外不出のレシピで作られている同店看板メニューのチョコレートドリンク「ビチェリン」は、ホットチョコレートとコーヒー、ふわりと泡立てられたミルクを小さなグラスについで作り、異なる3層のテイストをゆっくり時間をかけて味わう。
 同店担当者は「文豪ヘミングウェイに『世界で残すべき100の物』の一つに選ばれたといわれる店名を冠した『ビチェリン』をお伝えするとともに、ぜいたくなひとときをお過ごしいただけるようディスプレーなど演出にもこだわたった」と話す。
 メニューは「ビチェリン」(980円)のほか、「ブランチ」(2,160円)、「アフタヌーンティースタンド」(3,240円)、温かいアップルパイに、冷たいバニラアイスを添えた「アップルパイのバニラ添え」(1,134円)なども提供。
 2016年「G7伊勢志摩サミット」で世界のトップが口にした焼き菓子「バーチ・ディ・ダーマ」も販売。同商品はイタリア語で「貴婦人のキス」という意味で、クッキー生地でチョコレートを挟んだイタリア郷土菓子。プレーン・抹茶・エスプレッソの3種詰め合わせで、価格は6個入り=1,620円、15個=3,974円、25個=5,400円。
 店内の天井の高さは4メートル以上。立食で120人まで対応でき、企業のレセプションやパーティー需要にも対応する。担当者は、「観劇前後の喫茶利用はもちろん、落ち着いた空間での多様なパーティーシーンに対応していきたい。厳選された素材と伝統のレシピが生み出すカフェと共に上質な時間と空間をお届けする」とアピールする。
 営業時間は11時~20時。

“池袋にカフェ「ビチェリン」 トリノで250年以上続く老舗が海外初出店 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000084-minkei-l13
 牧野記念庭園記念館(練馬区東大泉6)で7月14日、夏休み特別展「ドクターマキノと道草たんけん~空飛ぶ胴乱号にのって」を開く。(練馬経済新聞)
 植物の面白さを紹介する科学絵本「ドクターマキノの植物たんけん 雑草のサバイバル大作戦」(作・画=里見和彦さん)の原画を展示する同展。絵本には、採集した植物を入れる胴乱(どうらん)を肩にかけ、野山に出掛けた牧野富太郎博士によく似たキャラクター「ドクターマキノ」が登場する。
 会場では原画のほか、作中で描かれた植物の標本や種子なども紹介。初日には、里見さん本人が登場しギャラリートークで見どころを詳しく紹介する。14時開演。
 関連イベントとして7月22日、子どもにも分かりやすく展示の見どころを解説するギャラリートークと企画展にちなんだ缶バッジ制作を行う。8月19日には、夏休み自由研究相談として名前の分からない植物の同定や牧野博士を調べる研究の手伝いなどを行う。
 観覧時間は9時30分~16時30分。火曜休園。入場無料。9月24日まで。

“牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

鶴丸城御楼門PVを小中学校に贈呈(MBC南日本放送)

情報元 : 鶴丸城御楼門PVを小中学校に贈呈(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00030691-mbcnewsv-l46
鶴丸城の御楼門の、復元に取り組む実行委員会が、プロモーションビデオを制作し、このほど子どもたちの教育に役立ててほしいと、県教育委員会に贈呈しました。
鶴丸城の大手門にあたる御楼門は現在の黎明館入り口付近にありました。1873年に火災で焼失し、県や経済界が2020年3月の復元を目指しています。
実行委員会が制作したビデオ、「すべての道は鶴丸城御楼門へ通ず」は地方の拠点と鶴丸城を結ぶ、薩摩街道と呼ばれる出水筋や日向筋などの6つの街道と周辺の史跡などを紹介しています。
贈呈式では、実行委員会の玉川文生委員長が県教育委員会に小中学校と特別支援学校分のビデオの目録を贈呈しました。御楼門復元の起工式は、9月上旬に予定されています。

“鶴丸城御楼門PVを小中学校に贈呈(MBC南日本放送)” の続きを読む

天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000083-minkei-l40
 イムズ(福岡市中央区天神1)3階に7月7日、ローカルの魅力を紹介するショップ「ローカルデベロップメントラボ」がオープンした。(天神経済新聞)
 同店は「都会を“ローカルの力で”元気にする」をコンセプトに、九州をはじめとした各地域の自然や食、アクティビティの開発や紹介、販売を行う。インターナショナル公民館「SUiTOFUKUOKA」を展開する「EAST」代表取締役・長島秀晃さんと地域ブランディング協会理事・佐藤真一さんが手掛ける同店。店舗面積は約50坪。
 「食とくらし」「野遊び」「ツーリズム」をキーワードに複数の店舗が出店する。福岡のけやき通りにも店舗があるグローサリーショップ「&LOCALS」では、地域の特産品などを販売。商品開発や生産者イベントができる「L.D.LKITCHEN」では、フードロスを解消する目的で規格外野菜を使った定食の提供や、新商品の試食・試飲ができるスペースを設ける。「エイ出版社」、「地域ブランディング協会」、「TOYODATRIKE」では、野遊びを通してローカルに興味を持ち楽しむことができるワークショップを開くほか、「VISITKYUSHU」によるモニターツアーなどを実施する。ハウスメーカー「未来工房」では、木に触れる機会を持って知ってもらおうと熊本県の木材を使った子ども部屋をイメージしたブースを用意する。
 店舗では、生産者や自治体からの相談事を話し合える打ち合わせスペースも設け、ローカルと人とをつなぐコミュニティ-の場としても活用できる。
 長島さんは「地域に行くきっかけ作りとして、地域の良いものを見せる場、紹介できる場を作りたい。生産者をどのように支援できるか、つなぎ役として会話や相談ができる場所にしていきたい」と語る。
 佐藤さんは「単なるショップではなく、地域の人と一緒に悩みや問題を解決することで『ローカルが新しい(プレミアム)』という新たな価値観に出会える場、情報発信できる場にしていきたい」と話す。
 営業時間は10時~20時。

“天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む