TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000010-ibaraki-l08
つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(本社東京)は、ダイドードリンコと組んで、TXの新型車両「TX-3000系」をデザインした飲料水の自動販売機1台をTX秋葉原駅に設置した。
場所は同駅の改札横。2020年春から運行開始予定のTX新型車両を模して、青や赤色のデザインを採用した。コーヒーなどダイドー商品を販売する。
自販機は、お金を入れると、同駅に勤務する駅員の声で「つくばエクスプレスをご利用くださいましてありがとうございます」や「行ってらっしゃいませ」といった言葉を発する。商品ボタンを押すと駅の発車メロディーが流れる。
自販機横の空き容器回収箱には、TXの鉄道キャラクターの「秋葉みらい」が描かれている。TXは「新型車両への期待感を醸成できれば」と説明している。

“TXの新型車両デザイン自販機 秋葉原駅に設置(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

高校生のイベント「てゲてゲハイスクールフェスティバル」始まる(MBC南日本放送)

情報元 : 高校生のイベント「てゲてゲハイスクールフェスティバル」始まる(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00034659-mbcnewsv-l46
鹿児島県内の高校生たちが歌やダンスなどを披露する「てゲてゲハイスクールフェスティバル」が、23日から鹿児島市で始まりました。
これは、毎週日曜午後1時からMBCラジオで放送している番組「岩崎弘志のてゲてゲハイスクール」から誕生したイベントで、ことしで4回目です。
今回はこれまでで最も多い県内42の高校からおよそ700人の生徒や教員が参加し、23日と24日の2日間、ステージでダンスや音楽など様々なパフォーマンスを披露したり、特産品を使った加工品などを販売したりします。
ゲストは、23日がロックバンドの「ココロオークション」、24日は姉妹ユニットの「チャラン・ポ・ランタン」などが出演します。
「てゲてゲハイスクールフェスティバル」は、この後も午後5時まで鹿児島中央駅前のアミュ広場で開かれます。

“高校生のイベント「てゲてゲハイスクールフェスティバル」始まる(MBC南日本放送)” の続きを読む

秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000067-minkei-l05
 メンテナンスされた古椅子の展示販売と椅子の修理相談会が2月22日から、セレクト雑貨店「blank+(ブランクプラス)」(秋田市楢山本町、TEL018-811-0171)で開かれる。(秋田経済新聞)秋田市在住の加藤直哉さんが修理を手掛けたソファー 県内外で家具職人として修業を積み、2017年に秋田市内で椅子の修理専門アトリエ「ISUKA」(寺内堂ノ沢3)を立ち上げた加藤直哉さんがメンテナンスを手掛けた、ソファーやスツールなど10脚以上を展示販売する。椅子の修理相談にも応じる。
 店主の三浦美緒理さんは「期間中、加藤さんが在廊し、皆さんが愛用する椅子や壊れた椅子の修理相談も受け付ける。座面を張り替えるだけでも見違える古椅子をご覧いただければ」と来店を呼び掛ける。
 営業時間は11時~19時。2月25日まで。

“秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)

情報元 : 振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)テレビ静岡https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000004-sut-l22
住宅街にフクロウとみられる鳥が現われました。
撮影されたのは長泉町です。
野生でしょうか?飼われていたものでしょうか?
木の支柱にたたずむ大きな鳥。
近づくと、飛び立ちました。
記者「長泉町本宿ですが、交通量も多く、鳥の姿はほとんど見られません。しかし、こちらで1月にフクロウとみられる鳥の姿が見られました」
フクロウとみられる鳥が目撃されたのは、1月13日の早朝。
長泉町で美容院を経営する白井敬人さんが目撃し、動画を撮影しました。
白井敬人さん「こっちを向いて目が合うまでは全然分からなくて、何だこれって近づいたら、そいつがバッと振り向いて、お互いびっくりした感じでした」
この日は成人式。
早朝から営業していた白井さんは、普段見かけないカラスが20羽以上集まっていることを不審に思っていたところ、鳥を見つけました。
白井敬人さん「僕を見てババッと飛んで行ったのですが、カラスもそれ追ってバッと」
一斉に後を追うカラス。
これ以降、この鳥を見かけたことはないということです。
先週から、都内ではミミズクとみられる鳥が目撃され、やはりカラスに追われていました。
ペットが逃げ出したのでは?とみられていますが、長泉町で撮影されたフクロウについて専門家は。
掛川花鳥園 バードスタッフ 片岡武尊さん
「種類としては、ウラルアウル、いわゆるフクロウだと思います。日本に元々生息している種類なので、あそこにいてもおかしくはないです。エサをとっていたなどの理由で、もしかしたらカラスの縄張りに入ってしまって、追いかけられたのかなと思います」
フクロウは鋭い爪があり、くちばしも強いので、基本的にはあまり近づかない方が良いと言われます。
日本の野生の猛禽類は捕まえることが禁止されていて、保護する場合も県の許可が必要です。
見かけた場合は、ケガをしているのかなど特徴を見た上で、警察や自治体に連絡をして下さい。

“振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)” の続きを読む

徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)

情報元 : 徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-03163330-tokushimav-l36
 北アフリカのモロッコ王国で、同国人写真家モハメッド・ベンモフタルさん(30)による日本写真展(在モロッコ王国日本国大使館主催)が開かれ、阿波踊り、祖谷渓谷など徳島県内で撮影した13点が紹介された。モハメッドさんは「徳島の美しい景色をはじめ、自分が発見した日本の素晴らしい場所を多くの人と共有したかった」と話している。
 モロッコ文化・コミュニケーション省内のギャラリーに現地時間の6~14日、伏見稲荷大社(京都市)や平和記念公園(広島市)など、2017年4月に来日した際にカメラに収めた1府4県の40点を展示。徳島の作品が最も多く、阿波おどり会館(徳島市)の公演の様子や、奧祖谷二重かずら橋(三好市)でたたずむ男性などの写真が並んだ。
 モハメッドさんはアラブ諸国のカメラマンを対象にした16年の写真コンクールで第1席となり、その副賞として日本を旅行した。自信作が多く撮れたことから、日本大使館に相談して展示会を開くことになった。
 「今回の日本旅行で徳島が気に入った。特に祖谷渓にはまた行く機会をつくり、もっと長く滞在したい」と意欲を見せている。

“徳島の魅力、モロッコ王国で紹介 写真家モハメッドさん(徳島新聞)” の続きを読む

愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)

情報元 : 愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00020946-tokaiv-l23
 今月13日に豚コレラが発生した愛知県田原市の養豚場から半径3キロ圏内の養豚場について、愛知県は16日、検査で新たな感染は確認されなかったと発表しました。
 愛知県は、田原市の養豚団地内の養豚場で豚コレラが発生したことを受け、半径3キロの移動制限区域内にある33の養豚場について感染の有無を調べていました。
 その結果、翌14日に感染が判明した隣の養豚場を除く32の養豚場は、簡易検査で陰性だったということです。
 愛知県は、豚コレラが発生した2軒の養豚場が入る養豚団地全体を対象に、合わせておよそ1万5000頭全ての殺処分を24時間体制で続けています。
 また、田原市に隣接する豊橋市内の道路6か所に通過する車のタイヤを消毒するマットを敷いたり、散水車を使った渥美半島の幹線道路の消毒を始めたりしていて、豚コレラウイルスの封じ込めを図る考えです。

“愛知の豚コレラ 発生した田原市の養豚場から半径3km圏内の施設で新たな感染は確認されず(東海テレビ)” の続きを読む

水族館や動物園も…今年10月予定の消費税増税で石川県内の公共施設が入園料等値上げへ(石川テレビ)

情報元 : 水族館や動物園も…今年10月予定の消費税増税で石川県内の公共施設が入園料等値上げへ(石川テレビ)石川テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000748-ishikawa-l17
 今年10月に予定されている消費税率のアップに合わせ、石川県内の公共施設の入園料や使用料が値上げされます。
 政府は今年10月に消費税率を現在の8%から10%に引き上げる予定です。これに合わせ、石川県内の美術館や体育館など公共施設の入園料や使用料が値上げされます。
 このうち、七尾市ののとじま水族館は高校生以上の入園料が現状の1850円から40円値上げされ、1890円となります。
 また能美市のいしかわ動物園は高校生以上の入園料が830円から840円に値上がりします。
 2つの施設ではともに中学生以下の入園料は値上げをせず、現状のまま据え置くということです。

“水族館や動物園も…今年10月予定の消費税増税で石川県内の公共施設が入園料等値上げへ(石川テレビ)” の続きを読む

下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)

情報元 : 下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000001-minkeiv-l35
 下松市笠戸島全域をコースにした「くだまつ笠戸島アイランドトレイル2019」が2月10日、開催された。(周南経済新聞)
 下松、笠戸島の魅力発信と交流人口の増加を目的とした大会で、4回目を迎える今回は全国35都府県と韓国や中国から928人がエントリーし、799人が出走した。
 笠戸島ハイツをスタート・ゴールにしたコースは32キロと19キロの2種類で、標高200メートルを超える山々や海岸沿いの断崖絶壁を駆け抜ける。島内3カ所に設けられた給水所では、地元住民を中心とした約400人のボランティアスタッフが声援を送り、地元特産品を使ったスープなどを振る舞った。
 大会には村岡嗣政山口県知事もゲストランナーとして参加し、ショートコースを完走した。ゴール後、村岡知事は「山を登った後の景色が最高。穏やかな海が広がり、きれいな島が見える。笠戸島最高」と話した。
 大会の順位結果は次の通り。ロング男子の部=中村卓也(福岡県福岡市、2時間58分55秒)、ロング女子の部=安ケ平萌子(北海道札幌市、3時間41分17秒)。ショート男子の部=山下慎一郎(福岡県福岡市、1時間41分05秒)、ショート女子の部=武居修子(下松市、2時間13分55秒)。

“下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)” の続きを読む

吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)

情報元 : 吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010526-cbcv-l24
 引退を発表したレスリングの吉田沙保里さんが、三重・津市役所と三重県庁を訪問しました。
 そこで語った新たな目標とは。
 吉田沙保里さんは15日午前、母・幸代さんらと共に三重・津市役所を訪問、入口に設置された吉田さんの功績を称えるパネルにサインをしたほか、津市民らに感謝の気持ちを伝えました。
 「津市のみなさんの応援が、私の最大の力になりました」(吉田沙保里さん)
 午後には三重県庁で鈴木知事に引退を報告しました。
 「どんな立場でどんな活動しても、三重県民は変わらずこれからも吉田さんを応援します」(鈴木三重県知事)
 「次は結婚ですね。相手を探してですね。(手ごたえは?)全く無いですね」(吉田さん)
 このほか吉田さんは、東京オリンピックの聖火リレーにも挑戦したいと話していました。

“吉田沙保里さんが三重県知事と三重・津市長に引退を報告(CBCテレビ)” の続きを読む

「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)

情報元 : 「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00001502-isenp-l24
 【亀山】亀山市と市総合環境研究センターは9日、同市若山町の市社会福祉センターで、平成30年度「環境講演会」を開き、朴恵淑・同研究センター長(三重大人文学部教授)と同大教育学部の平山大輔准教授が「今後の亀山市の環境関連計画のあり方」と題して講演。市民ら100人が聞き入った。
 講演会は、市民に環境問題への意識を持ってもらおうと毎年開催。
 朴センター長は、全世界の人らが取り組む「国連持続可能な開発目標」(SDGs)に掲げる、質の高い教育▽安全な水とトイレ▽エネルギーをクリーンに▽気候変動に具体的な対策―など17項目の目標を紹介。
 その上で「情報発信などによるピーアールが大切。亀山がトップランナーとして実践しましょう」と促した。
 平成31―32年度を計画期間とする市の環境基本計画作成に携わる平山准教授は「環境プラン実施計画、一般廃棄物処理基本計画、地球温暖化防止対策実行計画の三計画を一体化することが重要」と述べた。
 さらに「自然保護や生物多様性保全の枠組みを超え、多様な主体の参画により、自然資本を生かした取り組みが必須だ」と語った。

“「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)” の続きを読む