高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-hokuriku-l15
 終戦後の一時期、新潟県旧高田市(現上越市)に暮らした詩人の堀口大学(1892~1981年)の足跡を紹介する案内板が、上越市南城町3の旧居跡地に設置された。関係者は「案内板を通じて、戦後の高田の文化発展に堀口大学が関わっていたことを知ってほしい」と期待している。
 堀口は、幼少期から17歳まで長岡市で過ごした新潟県ゆかりの詩人で、フランス文学者。詩訳集「月下の一群」や詩集「月光とピエロ」で昭和の詩壇に大きな影響を与えた。1979年には詩人として初めて文化勲章を受章した。太平洋戦争中の45年、妻の実家があった妙高市に疎開し、その後、46~50年に旧高田市の借家で家族と過ごした。
 当時、高田には地元出身の作家小田嶽夫や写真家の浜谷浩ら、著名な文化人が多く暮らしていた。堀口は彼らと積極的に交流したほか、高田文化協会の前身である「上越文化懇話会」の文芸雑誌「文芸冊子(そうし)」に詩を寄稿するなど、高田の文化活動にも貢献した。
 高田文化協会は83年、協会の創立20周年を記念して「詩人 堀口大学こゝに住む」と記した標柱を作り、旧居跡地に設置した。しかし、年月を経て、文字がかすれて見づらくなったことから、市の地域活動支援事業を活用して案内板を新たに作製した。
 「堀口大学仮寓(かぐう)の跡」と記された案内板は縦約70センチ、横約130センチの大きさで、堀口の経歴のほか、自宅近くの高田公園を題材にした詩や、ゆかりの詩碑についても写真入りで紹介している。
 旧居跡地の近くに住む美術家の舟見倹二さん(93)は「堀口大学先生が散歩をする姿をよく見かけた。奥さんがうちにお茶を飲みに来ていたものです」と振り返る。
 高田文化協会の藤林陽三会長(70)は「看板を通じて、高田の文化を育んだ堀口について、関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

“高田での詩作、功績知って 堀口大学の旧居跡に案内板(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

バレンタインへ菓子作り 氷見市西部中で地産食材料理教室(北日本新聞)

情報元 : バレンタインへ菓子作り 氷見市西部中で地産食材料理教室(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00119905-kitanihon-l16
 氷見市の地産食材を使った料理教室が23日、同市西部中学校で開かれ、生徒は校区内にある速川地区特産のサツマイモを使ってスイーツを作った。
 きときと氷見地消地産推進協議会が企画。元市地域おこし協力隊で、速川定住交流センター「ソライロ」の運営に当たる澤田典久さんが講師を務めた。
 バレンタインデーが近いことに合わせ、1年生28人がサツマイモとクルミのブラウニー、サツマイモのトリュフの2種類に挑戦。澤田さんが速川地区で栽培されているサツマイモの種類や料理の手順を説明した。
 生徒たちは5、6人のグループに分かれ、イモを洗って皮をむき、さいころ形に切るなどの調理を体験。材料のチョコレートを溶かすと、家庭科室に甘い香りが漂った。
 参加した河原蒼さんは「サツマイモは意外に堅くて切るのが難しかった。出来上がりが楽しみ」と話した。

“バレンタインへ菓子作り 氷見市西部中で地産食材料理教室(北日本新聞)” の続きを読む

原因菌2種が判明 18年産甘藷病原菌被害(宮崎日日新聞)

情報元 : 原因菌2種が判明 18年産甘藷病原菌被害(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00015395-miyazaki-l45
 県内の2018年産甘藷(かんしょ)に病原菌被害が相次いだ問題で、県病害虫防除・肥料検査センターは22日、原因菌としてサツマイモ基腐病(もとぐされびょう)(仮称)とサツマイモ乾腐病(かんぷびょう)を確認したと発表した。基腐病は県内で初確認。乾腐病は貯蔵中のイモでは確認されていたが、栽培中の発生は初めて確認された。

“原因菌2種が判明 18年産甘藷病原菌被害(宮崎日日新聞)” の続きを読む

乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)

情報元 : 乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)鹿児島テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000005-kts-l46
生後1カ月の次女の体を揺さぶるなどして、大けがをさせたとして傷害の罪に問われている阿久根市の男の初公判が、17日、鹿児島地方裁判所で開かれ、検察側は懲役5年を求刑しました。
傷害の罪に問われているのは、阿久根市赤瀬川の会社員 須崎拓也被告(31)です。
起訴状によりますと、須崎被告は、おととし8月、自宅で当時、生後1カ月の次女の体を3回にわたって前後に揺さぶったり、頬を平手で2回殴るなどして脳出血や脳神経障害などの大けがをさせたとされています。
鹿児島地方裁判所で17日、開かれた初公判で須崎被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
検察側は「被告は仕事や家庭のことでストレスをためていたなかで泣きやまない次女をあやしていた」と当時の状況を説明しました。
裁判は結審し、検察側は、「無抵抗の乳児への対応として危険で悪質、その責任は極めて大きい」として懲役5年を求刑しました。
一方、弁護側は「被告は深く反省している」として執行猶予付きの判決を主張しました。
判決は今月31日に言い渡されます。

“乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)” の続きを読む

炎高く 願い届け(北國新聞社)

情報元 : 炎高く 願い届け(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00688771-hokkoku-l17
 小正月の15日、石川県内は曇りとなり、南から暖かい空気が吹き込んだ影響で気温が上昇した。正午までの最高気温は金沢13・1度、小松12・4度など3月下旬並みとなった。白山市の白山比咩神社では左義長祭が営まれ、参拝者が正月飾りや書き初めなどを燃やし、無病息災や書の上達を願った。
 拝殿で祭典が行われ、村山和臣宮司が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)が神楽を奉納した。神職が火鑽(ひき)り具で起こした忌火を地元の中学生7人がたいまつに移し、青竹とわらで組み上げた高さ約10メートル、直径約6メートルの「どんど」に点火した。

“炎高く 願い届け(北國新聞社)” の続きを読む

外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)

情報元 : 外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010001-asahibc-l26
商売繁盛の神様として知られる京都の伏見稲荷大社で、正月三が日に集まったさい銭を数える「さい銭開き」が始まりました。
午前9時、白衣に身を包んだ銀行員が、境内から集めたさい銭箱を一斉に開け、慣れた手つきでさい銭を勘定していきます。外国人旅行者の定番の観光地となった伏見稲荷大社には、今年も多くの人が初詣に訪れ、なかには外国の紙幣や「福よ来い(2万9451円)」「いい年(1万1104円)」といった、縁起のいい語呂合わせの金額が書かれた小切手などもありました。このさい銭開きには、5日ほどかかるということです。

“外国紙幣や縁起の良い語呂合わせ“29451”“11104”の小切手も  京都・伏見稲荷大社で「さい銭開き」(ABCテレビ)” の続きを読む

自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)

情報元 : 自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000019-ryu-oki
 多様な働き方を提案する「OKINAWA仕事マルシェVol.1」が26日、宜野湾市普天間の共有スペース「ガクアルベース」で開かれ、約30人が参加した。琉球銀行法人事業部の崎山寛弥さん(31)、農産物直売所に勤める大湾絵梨子さん(31)、不動産などで副収入を得ているコアラ太郎さんがそれぞれの働き方を紹介した。司会を務めた石川廉さん(31)は「選択肢はたくさんある。自分に合うかどうかで判断してほしい」と呼び掛けた。
 崎山さんは石垣市出身。沖縄のためになる仕事をしたいと考え、琉球銀行に就職。現在は台湾台北市在の現地コンサルタント(業務提携先)に派遣され、沖縄から台湾へ展開する県内企業を支援している。崎山さんは「これまでの銀行業務の枠にとらわれず、県内企業の成長・発展と課題解決に向けたサポートをしていきたい」と話した。
 大湾さんは宜野湾市出身。大阪府の病院で栄養士、靴販売の仕事をした後に沖縄に戻り、宜野湾市志真志の農産物直売所ハッピーモア市場に転職した。現在は店長として運営だけでなく店の情報発信や、生産者と消費者をつなぐイベントも企画する。大湾さんは「子育て世代などさまざまな客層を巻き込んだコミュニティーづくりにも取り組みたい」と意気込んだ。
 コアラ太郎さんは本業の傍ら、不動産収入などで副収入を得る。ネットを活用し自分のアイデアや技術を提供して稼ぐ方法や節約術なども紹介した。「副収入を得る知識を広めて県民の所得の底上げや、家計改善にも貢献できれば」と話した。
※注:崎山寛弥さんの「崎」は、「大」が「立」の下の横棒なし

“自分に合う働き方を OKINAWA仕事マルシェ 30人参加、事例紹介(琉球新報)” の続きを読む

「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000009-kobenext-l28
 街は一気に迎春ムード。お年玉用の新札やポチ袋の準備を急がねば。慌しい中、ふと思った疑問が「そもそもお年玉は何歳まで」。けちな大人と思われたくありませんが、物事には終わりがあるはず。皆さん、どうしてますか?【図1】孫1人あたりのお年玉の金額は? 神戸新聞社公式ツイッターで、12月24日から4択アンケートしたところ、1580票が投じられました。結果は「就職するまで」35%、「高校卒業まで」32%、「成人まで」26%、「中学卒業まで」7%。高校卒業、大学卒業あたりがひとつの区切りとなるようです。
 コメント欄の一部を紹介します。
・18歳には卒業祝い、19歳には進学祝いか就職祝い、20歳には成人祝いがあるので、うちは20歳まで
・義務教育終了の中学卒業まで
・社会人になり、自分の生活設計を建てるべき時まで
・高校を出たら就職またはバイト可能なので高校卒業まで
・恥ずかしながら大学時代に祖父母からもらっていた
 中には「母は7人きょうだいで、孫とひ孫が32人。小学生は500円、中学生以降は1000円だった」「(社会人のわが子には)わずかでも祖父母にお年玉をあげなさい、と言ってます」という意見もありました。
 気になる額についても“相場”を調べました。
■小学生7700円!
 あおぞら銀行(東京都千代田区)が2018年6月、全国の男女2071人(年齢55~74歳)を対象に「孫へのお年玉金額(小学生を想定、1人あたり)」を調査したところ、2018年のお年玉相場は平均7700円、前年比400円減でした。グラフ【図1】を見ると、「5千~1万円未満」(33.9%)と「1万~1万5千円未満」(30.9%)に集中していることが分かります。
 玩具メーカー大手のバンダイ(東京都台東区)は2018年1月、小学1年生から中学3年生の子を持つ親900人(子と一緒に回答)を対象に「小中学生のお年玉に関する意識調査」を実施。
 2018年のお正月にもらったお年玉の平均金額は24424円。年齢別に見ると、小学生の平均は21382円、中学生の平均は30507円という結果に。前出のあおぞら銀行同様、平均額は同社が昨年実施した同調査よりもマイナス1287円でした。もらった平均封数は5.0封。もらった相手は祖父母が91.3%。おじ・おばが67.3%、父母が64.4%でした。
■同じ時間に価値観
 子どもたちにとって、「お正月に楽しかったこと」は何だと思いますか?
 同社によると、1位は「お年玉をもらった」56.9%、2位は「祖父母の家に遊びに行った」39.6%、3位は「初詣に行った」22.7%。4位以下も「家族みんなで年越し」や「年賀状のやりとり」など、古き良きお正月の過ごし方がランクインしていることに驚かされます。
 バンダイ広報担当者は「多くの回答に家族とみんなでというワードが入り、みんなで同じ時間を過ごす大切さを感じる調査になった」とコメントしています。
 子どもたちがこんなに喜んでいるのなら、期待に応えなくては名がすたる。今年はちょっと多めに新札とポチ袋を用意してあげよう。(ネクスト編集部)

“「お年玉」子どもの楽しみダントツ1位 でも金額はダウン(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00010002-teletama-l11
県内の多くの小・中学生は22日から冬休みに入りました。川越市内の高校では理科の楽しさを知ってもらおうという科学教室が開かれました。
この科学教室は川越市内の4つの高校が協力して開いたもので地元の小・中学生が参加しました。会場となった県立川越高校は、教室ごとに様々な実験や工作を体験することができます。参加した小・中学生は電子顕微鏡でミクロの世界をのぞいたり、ドライアイスや液体窒素を使った実験に取り組んだりして「サイエンス」の楽しさ・奥深さを感じ取っているようでした。

“小・中学生向け 冬休み科学教室/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む

利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000008-ibaraki-l08
ひたちなか海浜鉄道湊線(ひたちなか市)で利き酒を楽しむイベント列車が1日運行され、参加者はほろ酔いになりながら、本県の地酒を味わった。
イベントは昨年に続いて2回目。鉄道の利活用を探ろうと、ひたちなか商工会議所が企画し、会員企業の関係者ら約40人が参加した。
列車は始発の勝田駅から終着の阿字ケ浦駅を1往復した。車内では酒類販売会社「和飲風土」の石川誠社長が日本酒の基礎知識を教え、参加者は風味や色などを参考に県内の地酒4種類で利き酒に挑戦し、全問正解者が出ると盛り上がった。
参加した市内在住の菊池真一郎さん(61)は「交通の足だけでなく、イベントで湊線をPRするのもいい」と話した。

“利き酒列車で地酒4種堪能 ひたちなか海浜鉄道(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む