逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)

情報元 : 逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)鹿児島テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000003-kts-l46
去年11月、鹿児島市で義理の母の遺体を軽自動車に遺棄した疑いで逮捕された男の続報です。
逮捕された北川真吾容疑者(37)は、逮捕5日前KTSの取材に対し事件当日を含め義理の母と最近は会っていなかったという趣旨の話をしていました。
記者「亡くなった西野さんとは会ったことはある?」
北川容疑者「前ね」
記者「最近は全然あってなかった?」
北川容疑者「うん」
記者「(西野さんの)葬式とか…」
北川容疑者「行けるわけなかろう、こんな状況なのに」
この事件は去年11月5日、鹿児島市南栄5丁目の市道で軽自動車の助手席から鹿児島市和田2丁目の西野郁子さん(当時61歳)の遺体が発見され、13日、義理の息子にあたる鹿児島市平川町のトラック運転手北川真吾容疑者(37)が死体遺棄の疑いで逮捕されたものです。
警察は北川容疑者の認否を明らかにしていません。
記者「当日も事件には関与していないということなんですよね?」
北川容疑者「うん」
記者「早く解決してほしい?」
北川容疑者「そりゃそうよ」
記者「もちろん、犯人に早くつかまってほしい?」
北川容疑者「そうだね」
北川容疑者はKTSの取材に対し事件当日を含め最近は西野さんと会っていなかったという趣旨の話をしていますが、捜査関係者によりますと逮捕前の任意の調べで事件当日、西野さんと会ったことだけは認めているということです。
警察は北川容疑者を15日、鹿児島地方検察庁に送検することにしています。

“逮捕4日前「義母と最近は会ってない」死体遺棄容疑で逮捕の男語る 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)” の続きを読む

山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000003-utyv-l19
山梨県甲州市にある国の重要文化財「甘草屋敷」で、江戸時代から現代まで約4000点のひな飾りの展示が始まりました。
ひな飾りの展示は、甲州市の「ひな飾りと桃の花まつり」のイベントとして行われているものです。
メイン会場の甘草屋敷には、江戸時代に流行した浮世絵風の顔立ちが特徴の「古今雛」や御殿の中に人形を飾る「御殿飾り雛」、そしてなじみの深い段飾りまで約4000点が展示されています。
また、11日は琴の演奏も披露され、大勢の人が春の雰囲気を楽しんでいました。
このひな飾りの展示は、4月18日まで行われています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)” の続きを読む

宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000043-minkei-l45
 宮崎県日南市の油津商店街にサテライトオフィスを置くIT企業「ポート」(東京都)が1月25日、東京証券取引所、福岡証券取引所に上場したことを記念して、同商店街のコミュニティースペース「油津yotten」(日南市岩崎3)で上場セレモニーを開催した。(ひなた宮崎経済新聞)上場を体験できる鐘 2016年4月に商店街の空き店舗に入居した同社。当初の社員数は9人だったが、現在は25人の社員が所属している。常時、東京本社とサテライトオフィスとをネット接続をするなどして距離感を感じさせない就業環境を整えるなど、IT企業ならではの工夫も見られる。2017年12月には宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが共同で設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」から5,000万円の出資を受けるなど、地域に密着した資金調達も行っている。
 2018年11月に東京証券取引所、福岡証券取引所への新規上場が決まり、12月21日に株式公開された。今回はサテライトオフィスで働く社員や地元市民にも株式公開の報告と感謝の気持ちを伝えたいと企画。セレモニーは上場の時にたたく鐘を再現し、希望者は誰でもたたくことができるようにし、お土産には株にちなんでカブを手渡した。当日は地元アイドル「ボニート・ボニート」がダンスを披露し、3人の経営陣にTシャツとタオルを贈呈する場面も。
 春日博文CEOは「日南オフィスで順調に人員を確保でき、3つの事業、10の職種を担ってもらっている。非常に心強い存在。上場はしたが、これからもコーポレートミッションである『世界中にアタリマエとシアワセを作って』いけるようにまい進していきたい」と話した。

“宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ごみ収集車から突然火が出る けが人なし 大阪・八尾市(ABCテレビ)

情報元 : ごみ収集車から突然火が出る けが人なし 大阪・八尾市(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00020456-asahibc-l27
23日昼前、大阪府八尾市で、ごみ収集車の荷台が燃える火事がありました。けが人はいませんでした。
午前11時前、大阪府八尾市で、ごみ収集担当の作業員の男性から「収集車の荷台から火が出ています」と消防に通報がありました。消防車7台が消火活動にあたり、約1時間後に消し止められました。けが人はいませんでした。八尾市によりますと、作業員の男性3人が不燃ごみの収集を終えて、ごみの搬入先に向かっていたところ、火が出ていることに気づいたということです。不燃ごみには、使用済みの乾電池やライターなども含まれているということで、消防が出火原因を調べています。

“ごみ収集車から突然火が出る けが人なし 大阪・八尾市(ABCテレビ)” の続きを読む

鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)

情報元 : 鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000017-san-l31
 鳥取県八頭町産の高級甘柿「花御所柿」を生かした柿バター「TOTTORI FRUIT BUTTER(花御所柿)」を、飲食店やゲストハウスなどを経営する「トリクミ」(同町)が開発、販売を始めた。
 花御所柿の規格外品と大山バター(大山乳業農協)とを合わせ、糖度が高い花御所柿の上品な甘さを濃厚なバターに加えた。ミキサーにかけて食感を残した柿を、バターと馴染ませながらじっくり煮込んで作った。あつあつのトーストに塗って食べると、やさしい風味が楽しめる。
 花御所柿は、同町で200年以上前から生産されている大変希少性の高い柿。「こおげ花御所柿」として農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」に登録されたが、生産が難しく、出荷できない規格外品になる率は高い。
 柿農家から規格外の柿を何とかしたいとの相談を受けたトリクミの古田琢也社長が、奈良県で作られている柿バターをヒントに、高級柿の柿バターの商品化を思いついたという。
 「風味を出すのに一番苦労しました。八頭町の特産品として全国へ情報発信していきたい」と同社広報担当の北村直人さんは言う。
 同商品は1個120グラム入りで800円。
 同社が運営する飲食店などで限定500個を販売する。同社は今後、梨やスイカなどを使った県産フルーツバターの開発を手掛ける予定。

“鳥取・八頭町産「花御所柿」の規格外品、柿バターに(産経新聞)” の続きを読む

秋田のホテルが「鬼に金棒」スイーツ 洋菓子で節分イメージ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田のホテルが「鬼に金棒」スイーツ 洋菓子で節分イメージ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000036-minkei-l05
 秋田キャッスルホテル内「キャッスル・デリカ」(秋田市中通1、TEL0120-834-055)は1月28日、「節分スイーツ」を期間限定販売する。(秋田経済新聞)
 例年、節分に合わせ、「恵方巻き」に見立てたスイーツを販売する同店。
 今年は、フルーツにカスタードクリームと生クリームをサンドし、「金棒」をイメージした長さ20センチほどのココア生地のエクレア「金棒エクレア」と、「鬼」に見立てたシュークリーム「鬼シュー」のセット「鬼に金棒セット」(1,300円)を販売する。「鬼シュー」(350円)は単品でも販売する。
 「節分にはもちろん、『鬼に金棒』の験(げん)を担いで、受験生など勇気を贈りたい人への差し入れにもいいのでは」と同店担当者。
 営業時間は10時~19時。2月3日まで。

“秋田のホテルが「鬼に金棒」スイーツ 洋菓子で節分イメージ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

長崎から碓井 期限付き加入 カターレ(北日本新聞)

情報元 : 長崎から碓井 期限付き加入 カターレ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00118480-kitanihon-l16
 J3カターレ富山は26日、来季J2降格の長崎からMF碓井鉄平(27)が期限付きで加入すると発表した。移籍期間は来年2月1日から1年間。
 碓井は東京都出身で身長174センチ、体重68キロ。今季は長崎と期限付き移籍先のJ3群馬で計21試合に出場し、1得点だった。「安達監督の下、J2昇格に少しでも貢献したい」とコメントした。
 また、今季J1昇格を決めた松本から期限付きで加入していたGK永井堅梧(24)の移籍期限が満了したことも発表された。
 永井は富山に4年在籍し、今季リーグ全32試合に出場。来季はJ2徳島に期限付き移籍する。

“長崎から碓井 期限付き加入 カターレ(北日本新聞)” の続きを読む

板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)

情報元 : 板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00096041-gifuweb-l21
 岐阜県が関市板取の板取川支流に整備を進めていた小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成し5日、運転を開始した。
 農業用水として利用する同川支流の岩本谷川で24メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。最大出力は52キロワットで、年間発電量は一般家庭約120世帯の使用電力量に相当する43・1万キロワット時を想定する。総事業費は3億900万円。
 関市が管理運営主体で、地元自治会が実際の管理を担う。発電した電気は電力会社に売る。農業用水を活用する小水力発電所としては県内11施設目で、同市では初。売電による収入は最大で年間約1400万円になる見込みで、施設の管理費や市内の土地改良施設の維持管理費に充てる。
 通電式があり、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元関係者らが出席。尾関市長は「東日本大震災以来、自然エネルギーの必要性を実感していた。市も管理に力を尽くしたい」と述べた。続いて出席者がボタンを押し、通電を開始した。

“板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)” の続きを読む