「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)

情報元 : 「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00120031-kitanihon-l16
■2月4日から東京で展示販売
 立山町の越中瀬戸焼の四つの窯元でつくる「かなくれ会」(釋永由紀夫代表)は、会のブランド「かなくれ」をつくり、2月4日から東京・日本橋室町の県アンテナショップ「日本橋とやま館」で開く同会の陶芸展で初めて出品する。越中瀬戸焼に親しんでもらおうと、日常の生活で使うご飯茶わんや銘々皿など5種類を1セットとして販売する。(立山・上市支局長 広田明)
 越中瀬戸焼は約430年の歴史がある。かなくれ会は2011年に結成され、メンバーは伝統工芸の魅力を発信している。今回、越中瀬戸焼を知ってもらうきっかけにしようと共同で普及活動に取り組み、「かなくれ」ブランドをつくることにした。
 メンバーと会の研修生計5人がご飯茶わんと銘々皿、湯飲み茶わん、日本酒などを注ぐ片口、杯の5種類をそれぞれ制作した。陶芸家個人の名前は作品に記さず、「かなくれ」印に統一。5人の作品を1点ずつ組み合わせ、5種類を1セットとする。10日まで日本橋とやま館で開くかなくれ会の陶芸展に合わせ出品する。
 会のメンバーらは25日、展示会に向け、立山町瀬戸新の陶農館でかなくれ印の作品の梱包(こんぽう)作業をした。今後は茶会など同会の県内外のイベントで販売する。釋永代表は「それぞれの陶芸家の仕事にも関心を深めてもらうきっかけになってほしい」と期待している。

“「かなくれ」ブランド設立 立山町の越中瀬戸焼4窯元(北日本新聞)” の続きを読む

火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010001-iwanichi-l03
 400年以上の歴史を持つ岩手県奥州市江刺伊手の熊野神社蘇民祭は、19日夜から20日未明にかけて同神社などで行われた。下帯姿の男たちが燃え盛る歳戸木に登り気勢を上げたほか、激しい蘇民袋争奪戦を繰り広げ、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願った。
 総代や保存会役員、厄年代表らが祭りの無事執行を祈る「ご膳上げ」で始まり、角灯を手に行列を組んで供物や祭り道具一切を神社に運ぶ「四角登り」、神社での例大祭が行われた。
 火たき登りでは、丸太を井桁積みした歳戸木に火が付けられると、下帯姿の厄男らが次々と登り、火の粉と煙を浴びながら角灯を高らかに掲げて掛け声を上げた。その後、男たちは歳戸木から燃え差しを引き出し、地面や神社の壁、床に力いっぱいたたき付け、飛び散る火の粉で邪気を払った。
 別当が行列を従えて蘇民袋を神社に奉納する別当・袋登り、鬼子登りに続き、蘇民袋争奪戦がスタート。蘇民袋の口前をめぐり、男たちが堂内、境内、参道、地区内でもみ合いながら激しい肉弾戦を展開した。
 2019年度江刺甚句まつり42歳年祝連燎仁(りょうじん)会からは吉田智哉会長(40)=同市江刺西大通り=ら19人が参加した。吉田会長は「蘇民祭で心を一つにして厄を落とし、(5月のまつりに向けて)団結して会員が一つになっていければ」と語っていた。

“火片浴び男衆気勢 熊野神社蘇民祭 豊作、息災願う 江刺伊手 激しい争奪戦も展開【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

書き初め作品1600点展示 毎年恒例「新春子ども会書き初め展」 /八街市(チバテレ)

情報元 : 書き初め作品1600点展示 毎年恒例「新春子ども会書き初め展」 /八街市(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010003-chibatelev-l12
 八街市で、毎年恒例の「新春子ども会書き初め展」が行われています。
 八街市の「新春子ども会書き初め展」は、日本の伝統文化である書き初め作品を一堂に集めて展示、観賞する場を作り、子ども会会員と市民の交流を図ろうと、毎年この時期に行われているもので、今回で56回目になります。
 会場の八街市中央公民館には、市内の子ども会の作品をはじめ、小中高校生、一般、さらには教職員や八街書道会の作品まで、およそ1600点の作品が所狭しと展示され、訪れた市民は作品を熱心に鑑賞していました。この展示会、今月27日まで行われています。

“書き初め作品1600点展示 毎年恒例「新春子ども会書き初め展」 /八街市(チバテレ)” の続きを読む

乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)

情報元 : 乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)鹿児島テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000005-kts-l46
生後1カ月の次女の体を揺さぶるなどして、大けがをさせたとして傷害の罪に問われている阿久根市の男の初公判が、17日、鹿児島地方裁判所で開かれ、検察側は懲役5年を求刑しました。
傷害の罪に問われているのは、阿久根市赤瀬川の会社員 須崎拓也被告(31)です。
起訴状によりますと、須崎被告は、おととし8月、自宅で当時、生後1カ月の次女の体を3回にわたって前後に揺さぶったり、頬を平手で2回殴るなどして脳出血や脳神経障害などの大けがをさせたとされています。
鹿児島地方裁判所で17日、開かれた初公判で須崎被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
検察側は「被告は仕事や家庭のことでストレスをためていたなかで泣きやまない次女をあやしていた」と当時の状況を説明しました。
裁判は結審し、検察側は、「無抵抗の乳児への対応として危険で悪質、その責任は極めて大きい」として懲役5年を求刑しました。
一方、弁護側は「被告は深く反省している」として執行猶予付きの判決を主張しました。
判決は今月31日に言い渡されます。

“乳児揺さぶり大けがさせた罪 父親に懲役5年求刑 鹿児島(KTS鹿児島テレビ)” の続きを読む

神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00032736-kana-l14
 インフルエンザの患者発生数が神奈川県内で増加していることを受け、県は17日、インフルエンザ流行警報を発令した。
 県健康危機管理課によると、定点観測している県内345の医療機関で、1月第2週(7~13日)の1医療機関当たりの患者報告数が36・50となり、警報の基準値(30)を超えた。昨季は昨年1月第3週に基準値を上回り、同月25日に発令した。
 地域別(保健所管内)では、厚木の55・38が最多で、秦野の42・70、大和の38・27が続いた。同課はこまめな手洗いによる予防に加え、せきやくしゃみが出るときはマスクをする「せきエチケット」の徹底を呼び掛けている。

“神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

炎高く 願い届け(北國新聞社)

情報元 : 炎高く 願い届け(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00688771-hokkoku-l17
 小正月の15日、石川県内は曇りとなり、南から暖かい空気が吹き込んだ影響で気温が上昇した。正午までの最高気温は金沢13・1度、小松12・4度など3月下旬並みとなった。白山市の白山比咩神社では左義長祭が営まれ、参拝者が正月飾りや書き初めなどを燃やし、無病息災や書の上達を願った。
 拝殿で祭典が行われ、村山和臣宮司が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)が神楽を奉納した。神職が火鑽(ひき)り具で起こした忌火を地元の中学生7人がたいまつに移し、青竹とわらで組み上げた高さ約10メートル、直径約6メートルの「どんど」に点火した。

“炎高く 願い届け(北國新聞社)” の続きを読む

名古屋城天守EV問題で人権救済を申し立て 障害者らが日本弁護士連合会に(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 名古屋城天守EV問題で人権救済を申し立て 障害者らが日本弁護士連合会に(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00192695-nbnv-l23
 木造復元される名古屋城天守にエレベーターを設置しない名古屋市の方針に対し、人権救済の申し立てです。
 日本弁護士連合会に対し申し立てを行ったのは、障害者団体などでつくる「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」です。
 名古屋市にエレベーターを設置しない方針の撤回を促すために「警告」するよう求めています。
 名古屋市はエレベーターに代わる新しい昇降技術を2019年度にも公募する予定です。

“名古屋城天守EV問題で人権救済を申し立て 障害者らが日本弁護士連合会に(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000006-minkei-l05
 東京タワー(東京都港区)で12月28日から展示する「出前かまくら」向けの雪の積み込み作業が26日、夏油高原スキー場(岩手県)で行われた。(横手経済新聞)東京タワーでの出前かまくらのチラシ 雪で作った室(むろ)をまちなかに設ける横手市の小正月行事「かまくら」。積雪の少ない地域で披露する「出前かまくら」向けの雪は例年、市内の候補地で積み込み作業を行うが、25日の市内の積雪量が13センチと例年の半分以下だったことから、今年は隣県のスキー場で行った。
 「出前かまくら」に使われる雪の量は20~30トン。10トントラック3台に満載した雪は、約8時間かけて東東京タワーの正面玄関前に運ぶ。長年かまくら作りに携わる「かまくら職人」3人が、27日午後から制作を始め、高さ3メートルのかまくら1基を作って展示する。
 横手市秘書広報課の高橋良明さんは「日本を代表する観光名所東京タワーの60年記念の年に、かまくらを披露できることは誇らしく思う。多くの国内外の観光客に横手をPRできるチャンス。冬の横手の雰囲気を楽しんでいただき、冬の横手を訪れるきかっけになってくれれば」と話す。
 展示は同30日まで。横手市の雪まつり「かまくら」本番は、2月15日・16日。

“横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)

情報元 : 帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010000-niigatatvv-l15
高校バスケ日本一を決めるウインターカップの男子・準決勝。帝京長岡はインターハイ準優勝の中部大第一に敗れ、決勝進出を逃しました。帝京長岡は序盤から愛知の中部大第一に速攻を許し、リードを奪われます。第2クォーターに入ると品川の3ポイントなどで食い下がります。後半も外国人留学生のシュートで追い上げますが、反撃も及ばず。79対58で敗れ、県勢初の決勝進出はなりませんでした。帝京長岡は29日の3位決定戦で愛知代表・桜丘と対戦し65対76で敗れました。

“帝京長岡 決勝進出逃す(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

初詣客迎える竹灯籠 氷見・粟原諏訪社、住民有志製作(北日本新聞)

情報元 : 初詣客迎える竹灯籠 氷見・粟原諏訪社、住民有志製作(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00118651-kitanihon-l16
 タケノコの産地として知られる氷見市粟原地区で31日夜から元日未明にかけ、地元の粟原諏訪社の参道を竹灯籠や門松で彩るイベントが開かれる。29日は住民の有志10人が粟原公民館に集まり、竹を加工するなど準備に励んだ。
 2年前に地区で実施したインターンシップに参加した学生から「地域資源を生かしたイベントを企画しては」との提案を受けて始まり、今回で3回目。「幻想的な雰囲気できれい」と住民に好評で、毎年続けている。
 この日は、地元の竹林から切り出した材料に穴を開けて新たに竹灯籠20本を製作。高さ30~60センチで、おわら踊りのデザインや「2019」の文字を入れ、中から照らすと暗闇に浮き上がって見えるようにした。門松2基を組み立てる作業も行った。
 例年ろうそくで照らしているが、今回は悪天候に備えてランプも準備した。これまで利用した竹灯籠を加えて計80本を神社の階段や境内に置き、初詣客を迎える。澤田憲三粟原区長(70)は「若い世代の参加者も募りながら、地域活性化イベントとして継続していきたい」と話した。

“初詣客迎える竹灯籠 氷見・粟原諏訪社、住民有志製作(北日本新聞)” の続きを読む