振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)

情報元 : 振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)テレビ静岡https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000004-sut-l22
住宅街にフクロウとみられる鳥が現われました。
撮影されたのは長泉町です。
野生でしょうか?飼われていたものでしょうか?
木の支柱にたたずむ大きな鳥。
近づくと、飛び立ちました。
記者「長泉町本宿ですが、交通量も多く、鳥の姿はほとんど見られません。しかし、こちらで1月にフクロウとみられる鳥の姿が見られました」
フクロウとみられる鳥が目撃されたのは、1月13日の早朝。
長泉町で美容院を経営する白井敬人さんが目撃し、動画を撮影しました。
白井敬人さん「こっちを向いて目が合うまでは全然分からなくて、何だこれって近づいたら、そいつがバッと振り向いて、お互いびっくりした感じでした」
この日は成人式。
早朝から営業していた白井さんは、普段見かけないカラスが20羽以上集まっていることを不審に思っていたところ、鳥を見つけました。
白井敬人さん「僕を見てババッと飛んで行ったのですが、カラスもそれ追ってバッと」
一斉に後を追うカラス。
これ以降、この鳥を見かけたことはないということです。
先週から、都内ではミミズクとみられる鳥が目撃され、やはりカラスに追われていました。
ペットが逃げ出したのでは?とみられていますが、長泉町で撮影されたフクロウについて専門家は。
掛川花鳥園 バードスタッフ 片岡武尊さん
「種類としては、ウラルアウル、いわゆるフクロウだと思います。日本に元々生息している種類なので、あそこにいてもおかしくはないです。エサをとっていたなどの理由で、もしかしたらカラスの縄張りに入ってしまって、追いかけられたのかなと思います」
フクロウは鋭い爪があり、くちばしも強いので、基本的にはあまり近づかない方が良いと言われます。
日本の野生の猛禽類は捕まえることが禁止されていて、保護する場合も県の許可が必要です。
見かけた場合は、ケガをしているのかなど特徴を見た上で、警察や自治体に連絡をして下さい。

“振り返ると…フクロウ!? 住宅街で目撃 カラス20羽集結 野生?それともペット? 静岡・長泉町 (テレビ静岡NEWS)” の続きを読む

五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)

情報元 : 五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000003-nagasaki-l42
 長崎県五島市の冬の一大イベント「第25回五島椿まつり」(実行委主催)が16日、市内で開幕した。3月3日までの期間中、市内各地で体験講座やバスツアー、盆栽展、マラソン大会など、ツバキにちなんだ多彩な催しがある。初日は東浜町2丁目の五島港公園でオープニングセレモニーがあり、多くの市民でにぎわった。
 市内のツバキは自生と植栽を合わせて約440万本。実から取れるつばき油は、料理や美容などに適した特産品として人気が高い。市内では昨年、ツバキ由来成分の研究や化粧品開発などに取り組む新会社が発足。来年2月には国際ツバキ会議と全国椿サミットの同時開催も控えるなど、ツバキを地域振興に生かす機運が高まっている。
 セレモニー会場では、地元グルメが集まる「五島うんまかもん市場」、餅まきやライブなどのステージイベントがあった。恒例となっているツバキの苗100本の無料配布は人気が高く、長い行列ができた。
 期間中のイベント案内は市のホームページなどで紹介している。問い合わせは実行委(電0959・72・2963)。

“五島椿まつり開幕 来月3日まで催し多彩に(長崎新聞)” の続きを読む

日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)

情報元 : 日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00059170-lmaga-l27
イタリアのペルージャで毎年10月におこなわれるチョコの祭典『Eurochocolate(ユーロチョコレート)』が日本初上陸。2月1日から14日まで「堂島リバーフォーラム」(大阪市福島区)で開催される。【写真】木槌でチョコを割って量り売り。ローチョコレートの「ビーウェル」は、ナッツもイタリア産のビオにこだわるイタリアでは10日間で約100万人が訪れるという、このヨーロッパ最大級のチョコイベント。日本ではあまり知られていないが、イタリアのチョコレート工房13社とともに初上陸を果たした。チョコレートアドバイザーの齋藤奈津子さんは「イタリアのチョコレートのなかでも、日本にあまり入ってきていないウンブリア州のショップを多めに選んでいます。パーム油を使用せず、品質にとことんこだわったお店ばかりです」と、出店工房の選定に自信をみせた。
現地の雰囲気を味わってほしいと、ショップの約半分が量り売り。陽気なイタリア人スタッフの呼びかけで試食をしながら、お気に入りのチョコレートを見つけて50グラムから購入できる。注目は、ウンブリア州ペルージャの「BEWELL(ビーウェル)」。非加熱製法のローチョコレートが、体にいいだけでなく、口溶けもなめらか。クコの実など栄養価が高いスーパーフードをミックスしたタブレットもあり、美容にもよさそうなチョコレートがならぶ。
イタリアならではのチョコは、チョコレートとジャンドゥーヤ(ナッツのペーストとチョコレートを混ぜたもの)が3層になったクレミーノ。クリーミーな味わいに品質の高さを感じる「TOCIOK(トチョック)」と「MELILLO(メリッロ)」の2工房で楽しめる。ほかにも、カカオバターを使わず伝統的な製法で作るシチリア島「DONPUGLISI(ドンプリージ)」のモディカチョコレートは、口溶けとは無縁のザクザクした食感が新鮮。入場料は大人400円(金土日祝は500円)。
取材・文・写真/太田浩子

“日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)” の続きを読む

熊本の新成人は1万8180人(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本の新成人は1万8180人(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000004-rkkv-l43
きょうは「成人の日」です。
熊本県内では1万8180人が、大人の仲間入りをしました。
晴天に恵まれたきょう14日、熊本市総合体育館には、晴れ着に身を包んだ新成人たちが集まりました。
平成では最後となる成人式で、大西一史熊本市長は、今日14日が熊本地震の発生から2年9か月となることに触れました。
「熊本の復興を担うのはここにいる皆さんです。」(大西一史熊本市長)
人生の大きな節目、「大人の仲間入りをして今、思うこと」を尋ねました。
「感謝。20年間大きなけがや病気もなく育ててくれた両親や、今まで自分を支えてくれたたくさんの人に感謝の気持ちをもって、これから成人として社会のために頑張っていきたいと思ってこの言葉にしました」(新成人)
「美容師になる。今年から美容師になるので、立派な美容師になって親孝行できるように頑張りたいと思います」(新成人)
「日本を変えたい。平成が終わって次の時代を担うのは平成生まれだと思っている。移り変わっていく世界についていけるように、日本も変わっていけたら。変えていくのは私たちだと思う」(新成人)
「平和。寮に住んでると、いろんな国の人がいて最近は喧嘩が多くて。平和が欲しいです」(留学生の新成人)
世界の舞台で活躍を続ける、スノーボード・鬼塚雅さんも成人を迎えました。
「友達に会えたのでとても嬉しいです。」(鬼塚雅さん)
雅さんにも「今、思うこと」を聞きました。
「ひとりの社会人として、責任をもった行動をできるようになりたいと思って、こういう風にしました。もうすぐ世界選手権があるので表彰台に乗って、優勝できたらいいなと思っています」(鬼塚雅さん)
県内の新成人は、去年に比べて51人増えています。

“熊本の新成人は1万8180人(RKK熊本放送)” の続きを読む

山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)

情報元 : 山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000552-san-l06
 東北地方では生産の難しい南国産のレモンの収穫が13日、山形市南栄町で始まった。周囲に雪が残るなか、二重のビニールハウス内は無加温ながら20度ほどと暖かい。「今年は暖冬のおかげで早く実が育った」と、南国産くだものを生産する「ハンドレッドベリーズ」の石岡浩明代表(58)はほほ笑む。約1カ月早いレモンの収穫は年内いっぱい続く。
 「山形レモン」と名付けられたレモンは、オレンジとレモンの交雑種で耐寒性に優れた八丈島産の菊池レモン(マイヤーレモン)。鉢植えながら樹高約1・7メートルまで育った5~6年樹に多いもので30個近くの実がなり、今年は500個以上収穫が見込めるという。
 ガンで闘病する友人が、果物と野菜のミックスジュースの食事療法を続けていたことから、自宅に招いた際に無農薬でつくったリンゴとにんじん、レモンのミックスジュースを飲ませたら、「おいしい。僕は無農薬のリンゴを作るから、石岡さんは無農薬でレモンをつくって」と言われた。これがきっかけとなり、石岡代表は平成25年、雪国の山形ではめずらしいレモン栽培に挑戦した。
 雪国山形で南国の果実であるレモンを栽培するには、耐寒性に優れたレモンの樹、それに加えたレモンの生育環境となるビニールハウスにもひと工夫が必要だった。山形県山辺町のイチゴ農家が二重のビニールハウスで無加温ながらイチゴ栽培しているのを見たのをきっかけに、「レモン栽培には、もう少し厚めのビニールを二重にしたハウスでいこう」と決断。だが、すぐに成果は出ず、25、26年と収穫はゼロ。だが27年には20個、28年は100個と徐々に成果を出してきた。
 昨年は、山形大学東北創生研究所の協力で二重のビニールハウスにもう1枚、内側にビニールを増やして室温を上げ、約50個の山形レモンを収穫。今年はさらに増やそうと、隣接する大きなビニールハウスでレモン樹を約40本に増やし、大きいもので300グラムほどの山形レモンをならせた。
 無加温で二重のビニールハウスのみの生育環境で山形レモンが育つことに「雪は降りますが、降った雪は晴れると日光を照り返し、ビニールハウス内は40度近くになるんです」(石岡代表)。外気温は5~6度ながら、室温は20度を超える秘密はここにあるようだ。
 ハサミで丁寧に一個ずつ収穫した山形レモンを糖度計で計ると、「11・2」を示す。通常のレモンの糖度が7~8度なのに比べ、いかに山形レモンの糖度が高いかがわかる。酸味を抑えたマイルドな味はこの糖度の高さから生まれているようだ。
 もう1つの特徴は、皮が薄く丸ごと食べることができる点。皮には果汁の5~10倍のビタミンやカルシウムを含んでおり、生活習慣病の改善や美容効果もあるという。石岡代表は「無農薬でつくっているので、この山形レモンを皮ごと食べてほしいんです」。出荷は14日から始まり、今週末には山形市内の大沼山形本店やグリーンショップはらだなどで販売される。ハンドレッドベリーズ(023・631・0915)。

“山形レモン収穫始まる 二重のビニールハウスで栽培(産経新聞)” の続きを読む

北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)

情報元 : 北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00010005-dtohoku-l02
 青森署は13日までに、青森市の理容院や飲食店の閉店中に侵入し、現金13万円を盗んだとして、建造物侵入、窃盗未遂、窃盗の疑いで、いずれも兵庫県加古川市在住で無職の新田悠佑容疑者(29)と源天成容疑者(21)の2人を逮捕した。
 青森県警によると、9月上旬に岩手県、北海道でも同様の被害が10件以上発生している。新田容疑者は供述を拒否。源容疑者は容疑をおおむね認め、「北海道の地震後に盗みに行った」と供述しており、道警や岩手県警などと合同で両容疑者の関与を調べる方針。
 2人の逮捕容疑は9月8日午後6時半ごろから9日午後0時10分ごろまでの間、青森市千刈の理美容室に侵入し、レジスター等を物色。同市北金沢の理容院から現金13万円を盗んだほか、同地区の飲食店に侵入し、店舗内を物色した疑い。
 青森県警は3人グループとみており、共犯者とみられる1人を指名手配中。新田容疑者が「北海道、青森方面で盗みをしよう」と誘ったという。

“北海道地震の被災地も標的? 窃盗容疑で男2人逮捕/青森署 北日本を行脚か(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)

情報元 : 「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000001-webtoo-l02
 青森県内のフィットネス・スポーツジム市場が活況だ。健康志向の高まりに伴い、高齢者や初心者の利用が増えている。一部の施設は60歳以上の会員が全体の約5割を占める。各施設は、水中ウオーキングやヨガ、機能改善体操など、ニーズに合わせて多様なプログラムを用意。かつては若い人が通うイメージがあったジムは、健康寿命延伸を望む中高年の受け皿となり、コミュニティー形成の場になっている。
 青森市浜館のウイング青森。午前10時の開店と同時に、健康体操プログラム目当ての会員がスタジオに次々と入ってきた。参加者30人のうち、9割が中高年の女性。約40分間、ゆったりしたストレッチからハードな筋トレまで真剣な表情で取り組んでいた。
 八戸市に本部を置くフィットネスクラブウイングは1984年に創設し、県内で6店舗を運営する。佐藤義仁青森店長によると、近年はシニア層が増え、現在、青森店の会員約1200人のうち5割近くが60歳以上。ストレッチ、エアロビクス入門、水中歩行など初心者向けプログラムを増やしている。
 「最近は、健康寿命を延ばそうと入会する中高年が多い」と佐藤店長。
 会員の中堀亜都子さん(75)は「友達とおしゃべりするのが楽しい」、週5日来ているという田村良一さん(69)は、プールをよく利用する。「みんな仲良く話ができるのがいい」と笑顔を見せた。
 弘前市の「ホリデイスポーツクラブ弘前」(本部・愛知県)も、初心者や女性向けに、ヨガやダンス、体幹トレーニングなどのプログラムを組む。夜12時までの営業やプール・入浴施設、ネット対応の自転車トレーニング機器など最新マシンも“売り”にし、利用者数を伸ばしている。
 会員の佐藤京子さん(63)は「20年先の健康を見越して通っている。腰痛が改善した」。定年後に通い始めた木村康宣さん(62)は午前と午後、1日2回来店。10カ月で8キロ痩せた。「最初は抵抗があったが、今は来て良かったと思う」と話した。
 「キシヤメディカルフィットネス」は15年、青森市金沢の整形外科クリニックの2階に開設された。医師や看護師(助産師)、管理栄養士らのアドバイスを受けられるほか、会費(利用料)が医療費控除の対象となるのが特徴だ。会員の約7割が50歳以上。2年間通った女性が25キロも減量した事例もあるという。
 「丸大サクラヰ薬局」(本社・青森市)は、女性専用フィットネスチェーン「カーブス」とフランチャイズ契約を結び、青森、弘前、むつの3市で5店舗を運営。このうち2店に併設されている同社運営のドラッグストア「ハッピー・ドラッグ」では、健康・美容商品の売り上げが伸びているという。
 カーブスは、女性が30分程度、円形に並ぶ筋トレ器具を使い、異性を気にせず気軽に運動できるのが特徴。「今後は、団塊ジュニア世代(45歳前後)にもPRしていきたい」と新規事業部の櫻井均さん。フィットネス市場拡大の可能性を見越して、8月には青森市浜館にも出店を予定するなど、今後も店舗を増やす計画だ。

“「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)” の続きを読む

ヘアメーク技競う 県美容技術コンテスト(宮崎日日新聞)

情報元 : ヘアメーク技競う 県美容技術コンテスト(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00013684-miyazaki-l45
 ヘアメークの技術を競う「第43回県美容技術コンテスト大会」(県美容業生活衛生同業組合主催)は16日、宮崎市のMRTmiccであった。県内の美容専門学校の生徒や美容師ら73人が参加し、美容師を目指す高校生や業界関係者ら約400人の前で、鍛錬した腕を披露した。

“ヘアメーク技競う 県美容技術コンテスト(宮崎日日新聞)” の続きを読む