本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000009-hokuriku-l18
 図書館でおみくじを引いて、職員おすすめの”ラッキー本”を借りるイベント「開運!ぶっくじ」が2月15日、福井県越前市立図書館で始まった。中央図書館は28日、今立図書館は27日まで。週末の23、24の両日には、子ども向けのラッキー本も用意されている。
 新たなジャンルの本に触れるきっかけにしてもらおうと、市立図書館が初めて企画した。期間中に本を3冊以上借りた人は、箱に入ったおみくじに挑戦できる。
 おみくじには「金運」「恋愛運」「旅行運」などの運勢が書かれ、おみくじの番号に応じたラッキー本を借りることができる。ラッキー本には和紙のブックカバーが掛けられ、中身は持ち帰ってからのお楽しみ。
 金運にはビジネス書、恋愛運には恋愛小説を割り振るなどの工夫を凝らし、どのジャンルも「運気が上がるよう気分が明るくなる本を選んでいる」(担当者)という。図書館のイベント情報、便利なサービスを紹介する「ラッキー情報」を記したおみくじもある。
 子ども向けには、おみくじの代わりに5色のスーパーボールを用意。未就学児、小学1~3年生、同4~6年生に応じたラッキー本を貸し出す。当たりの赤いボールを引いた場合は、好きな色のボールをプレゼントする。
 同館では「くじを引く楽しみに加え、どんな本に出合えるかというわくわく感も味わってもらいたい」と話している。

“本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

恵那市の小学校講師(31)逮捕 女性用下着を盗もうとした疑い 岐阜(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 恵那市の小学校講師(31)逮捕 女性用下着を盗もうとした疑い 岐阜(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00195346-nbnv-l21
 岐阜県恵那市で女性用の下着を盗もうとしたとして、公立小学校の常勤講師の男が逮捕されました。
 窃盗未遂などの疑いで逮捕されたのは、恵那市の、小学校の常勤講師、田口慎吾容疑者(31)です。
 警察によりますと田口容疑者は2018年5月、恵那市内の住宅に侵入し、干してあった女性用下着を盗もうとしたところを住民の親族の男性(68)に見つかり、逃げた疑いがもたれています。
 調べに対し田口容疑者は「敷地には入ったが下着を盗むつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。

“恵那市の小学校講師(31)逮捕 女性用下着を盗もうとした疑い 岐阜(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)

情報元 : 動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00026631-mbsnewsv-l30
 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドでは、動物に仮装したランナーらが走るイベントが開かれました。
 アドベンチャーワールドの開園40周年を記念して開かれたこのイベントには、人気のパンダをはじめさまざまな動物に扮したランナーらが参加。動物たちを見ながらの約2.3キロのコースの走りを楽しみました。途中、アシカによる“応援”もありました。
 「白浜なのでパンダ(の仮装)です。彩浜みまーす」(参加したランナー)
 イベントでは、“最も注目を集めた”ランナー1人が選ばれ、パンダの彩浜を間近で見ることができるツアーがプレゼントされました。

“動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)” の続きを読む

横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000062-minkei-l05
 「観光エキスパートEXPO」が2月15日・16日、横手市交流センター「Y2(わいわい)ぷらざ」(横手市駅前町)で開かれる。(横手経済新聞)「観光エキスパートEXPO 2018」販売ブース 横手市が、地元の魅力の再発見につなげようと、伝統文化や伝統工芸などの体験や案内に取り組む個人や団体を「観光エキスパート」に認定し、「横手の雪まつり」に合わせて2017年から「観光素材と人のふれあい」をテーマに開いている。
今年は、「十文字和紙」や「りんご染(草木染め)」などの制作に取り組む8組が出展を予定し、「組子製作」「十文字こけし絵付け」などの体験コーナーも設ける。「横手にまつわるアクセサリー」「横手縞」「浅舞絞り」「なすの花ずし」などの販売も。
 開催時間は10時~17時30分。入場無料。

“横手で体験型イベント「観光エキスパートEXPO」 伝統工芸制作体験など多彩に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)

情報元 : <野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010006-chibatopi-l12
 心愛さんの父親、勇一郎容疑者の再逮捕は、暴行とみられる様子を撮影したデータがスマートフォンに残されており、容疑を裏付ける有力な証拠になった。再逮捕で、改めて心愛さんが父親から「執拗(しつよう)に暴行され、日常的に虐待されていた」(捜査関係者)実態が浮かび上がった。
 再逮捕容疑の暴行は、顔から胸にかけた部位にけがが集中していた。顔にあざが残り、司法解剖直後は救急隊の救命処置によるものとみられていた胸部の骨折も、暴行の痕である疑いが強まった。
 県警は認否を明らかにしていないが、「黙秘ではない」としており、否認しているとみられる。
 勇一郎容疑者の最初の逮捕容疑は、1月24日午前10時ごろから午後11時20分ごろまでの間、自宅マンションで心愛さんの髪の毛を引っ張り、両手で首付近をわしづかみにし、冷水シャワーを掛けるなどして首付近にけがを負わせた疑いが持たれている。
 心愛さんを起こし立たせて眠らせなかったり、食事を与えなかったりしていた虐待の様子が、これまでの捜査関係者への取材で判明している。県警によると、心愛さんが病院に行くなど外出した様子や、第三者が年末年始に心愛さん宅を訪れた状況は確認できていない。
 勇一郎容疑者のスマートフォンに保存されていた心愛さんを暴行しているとみられる動画や画像は、撮影日が複数にわたっていた。県警は日常的な虐待を裏付ける有力な客観的証拠としてさらに解析を進める。
 また、別の傷害容疑で逮捕された母親のなぎさ容疑者は、勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとみられる一方で、心愛さんの動向を無料通信アプリLINE(ライン)で報告していたことが分かっている。捜査関係者は「単純に従属的な立場だったとは言えないのでは」としており、母親の関与の度合いも捜査の焦点の一つだ。

“<野田小4女児死亡>スマホ映像容疑裏付け 父親の再逮捕(千葉日報オンライン)” の続きを読む

「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00033441-kana-l14
 津波で多くの犠牲者を出した東日本大震災を教訓に、いざというときの行動につなげてもらおうと、高台への避難を体験するイベントが11日、法性寺(神奈川県逗子市久木)で開かれた。被災地支援活動を続ける団体「逗子災害ボラバスターズ」が主催。4回目の今年は市民ら約60人が参加し、山門から本堂正門までの急坂を駆け上った。
 中学生以上の男女で着順を競うものや、子ども連れら誰でも参加できるものなど、五つの部門で実施。「逃げろ!」の合図をもとに、児童や母親、幼児を抱えた父親らが150メートルを駆け上った。車椅子にくくり付けたひもで車椅子利用者を引っ張り上げる練習も行われたほか、避難するまでの時間を把握してもらうために全員のタイムを計測。早い人で30秒から50秒弱で本堂正門にたどり着いた。
 市内に住む男児(11)と弟(9)の兄弟は「もし津波が来たら、必死で逃げようと思った」と話し、父親(40)は「子どもたちもイベントを通し、高台へ逃げることの大切さをより理解できたと思う」と話した。団体は震災後、宮城県女川町や岩手県陸前高田市で、畑の開墾の手伝いやバスツアーの企画など復興支援を続けている。女川町内で高台への避難を体験するイベントが行われていることを知り、「海沿いの逗子でも、津波から逃げる大切さを伝承したい」とイベントを企画した。団体は「震災からもうすぐ8年。被災地を忘れず、復興への応援を続けながら、地元でもできることをしていきたい」と話している。

“「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)

情報元 : 徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-03160041-tokushimav-l36
 県警少年女性安全対策課によると、虐待の内容は、脅す、強く叱るといった「心理的虐待」が全体の70・1%に当たる226人(前年比94人増)。このうち、子どもの面前で家族に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」は199人(81人増)で88%を占めた。徳島県警が2018年に虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは322人(暫定値)で前年から108人(50・4%)増え、県警が統計を取り始めた2001年以降で最多となった。県警は「児童虐待に対する社会的な関心の高まりや、関係機関との連携を密にしていることで通報が速やかにされている」と分析している。
 次いで、殴る蹴るなどの暴力を振るう「身体的虐待」が64人(17人増)、育児放棄などの「ネグレクト」が30人(5人減)、わいせつ行為などの「性的虐待」が2人(前年ゼロ)。
 18年に県警に寄せられた虐待に関する通報は177件(72件増)だった。ここ5年、増加傾向にある。
 県警は児相に通告した事例について明らかにしていない。18年に県内で子どもが親に危害を加えられた事件としては2月、県南部の自宅で長女(3)の首を絞めたとして、殺人未遂容疑で父親(25)が逮捕された。5月には、10代の長女の体を触るなどしたとして、50代の父親に監護者わいせつ容疑が初適用され、父親は12月に同罪で実刑判決を受けた。
 刑法犯全体の認知件数が減少傾向となっている一方、この10年間で児童虐待やDV、ストーカー事件の摘発件数が増加している。全国の警察は、これらを「人身安全関連事案」として扱い、各部門が連携して寄せられる情報を分析し、事案ごとに切迫性を見極められるよう取り組んでいる。
 県警少年女性安全対策課は、子どもの身を虐待から守るために児相や市町村などの関係機関と連携を強化していくとした上で「小さな異変があれば警察に通報や相談をしてほしい」としている。

“徳島県内児童虐待通告322人 県警から児相へ 01年以降最多(徳島新聞)” の続きを読む

千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000053-minkei-l12
 「幕張新都心ビジネススクール」が2月23日、神田外語大学(千葉市美浜区若葉)で行われる。主催は、幕張新都心ビジネススクール実行委員会(TEL043-245-5278)。(千葉経済新聞)ディスカッションを行う学生(過去開催の様子) 千葉市、市原市、四街道市に在住・在学の高校生を対象に「キャッシュレスの最前線を体験しよう」をコンセプトに掲げた講義とグループディスカッションを行うもの。
 千葉市が市内の大学や企業と連携して次世代の産業を担う子どもに、ものづくりの楽しさや経済・金融の仕組みを教える取り組みの一環。ビジネスマネジメントの交渉や取引を、神田外語大学准教授の豊田聡さんとゲーム形式で体験、決済サービスの会社の担当者からキャッシュレスの現状について学ぶ。
 開催時間は10時~17時。参加無料。要事前申し込み(ホームページか電子メールで受け付け)。2月13日まで。

“千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

宮崎・門川でカンムリウミスズメ観察会 世界最大の繁殖地、枇榔島 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・門川でカンムリウミスズメ観察会 世界最大の繁殖地、枇榔島 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000027-minkei-l45
 宮崎・門川町で国の天然記念物である海鳥「カンムリウミスズメ」の観察会が3月16日、開催される。主催は門川カンムリウミスズメプロジェクト。(日向経済新聞)カンムリウミスズ観察会は船で カンムリウミスズメは冠のように見える頭の黒い羽毛が特徴の小型の海鳥。同町の枇榔島(びろうじま)が世界最大の繁殖地だが、近年絶滅の危機にひんしている。同町では町の鳥に指定しており、カンムリウミスズメがやって来る3月には毎年、シンポジウムや観察会などを行う。
 同プロジェクト事務局を担当する同町教育委員会・社会教育課の川越和子さんは「カンムリウミスズメが繁殖のために門川町に戻ってくる2月~4月は、枇榔島周辺の海を泳ぐカンムリウミスズメの姿を見ることができる。貴重な海鳥とその周辺の豊かな自然をたくさんの方に知っていただくことで、今後の保護や町の活性化につなげることができれば」と期待を込める。
 開催時間は13時30分~15時30分。定員25人。料金は2,000円(保険料、渡船料)。小学生は親とペアの参加で2,500円。申し込みは同事務局(TEL0982‐63‐1140)まで。締め切りは3月4日。

“宮崎・門川でカンムリウミスズメ観察会 世界最大の繁殖地、枇榔島 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

私的利用で全町民6300人分の個人情報持ち出し 佐賀・玄海町課長を逮捕 内部資料約35万件も発見(佐賀新聞)

情報元 : 私的利用で全町民6300人分の個人情報持ち出し 佐賀・玄海町課長を逮捕 内部資料約35万件も発見(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-03332140-saga-l41
 佐賀県警サイバー犯罪対策課と唐津署は31日、東松浦郡玄海町役場から私的利用で個人情報を持ち出したとして、玄海町個人情報保護条例違反の疑いで、町住民福祉課長の中島泰広容疑者(53)=玄海町仮屋=を逮捕した。
 逮捕容疑は、私的利用のために他人の個人情報を収集する目的で、2017年5月18日、13年3月時点の全町民に当たる約6300人の個人情報が記録されたデータを町役場から持ち出した疑い。「弁護士と接見した後で話す」と述べ、容疑の認否を保留している。
 サイバー犯罪対策課によると、持ち出されたのは住民基本台帳をもとに作られたデータで、町民の住所、氏名、生年月日、性別などが記されている。第三者への流出の有無を調べている。
 別の不正アクセス事件に絡み、昨年11月下旬に中島容疑者宅を捜索した際に押収したパソコンやスマートフォンなどを解析したところ、個人情報のデータが見つかった。外付けのハードディスクからは役場の内部資料約35万件も見つかっている。
 脇山伸太郎町長は取材に対し「今朝聞いて驚いた。詳しいことはまだ分からないので、捜査を見守りながら対応したい。職員には個人情報を慎重に扱うよう伝えた」と話した。

“私的利用で全町民6300人分の個人情報持ち出し 佐賀・玄海町課長を逮捕 内部資料約35万件も発見(佐賀新聞)” の続きを読む