弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)

情報元 : 弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-19294308-kantelev-l27
大阪市で元交際相手の女性を殺害した罪に問われている男の裁判員裁判で、検察は懲役15年を求刑しました。
無職の河本智旭被告(29)は2010年12月から翌年1月の間に、大阪市阿倍野区で元交際相手の比樂あゆみさん(当時21~22)を殺害した罪などに問われています。
19日の論告で検察側は、「河本被告は、比樂さんがよりを戻してくれないことに絶望して命を奪っていて動機は身勝手で悪質」と指摘し、懲役15年を求刑しました。
これに対し弁護側は、「河本被告は以前から自傷行為をしていた比樂さんから『殺して』と頼まれ殺害した」として、より刑が軽い嘱託殺人に留まり、懲役3年以下が妥当だと反論しました。
判決は2月26日に言い渡されます。

“弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)” の続きを読む

行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : 行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-03328304-saga-l41
 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈の山中で福岡市東区唐原5丁目、無職岡田幸子さん(79)の遺体が見つかった殺人事件で、岡田さんとほぼ同時期に行方不明になっていた夫が22日、広島県大竹市内で見つかった。佐賀県警は、夫が岡田さんが行方不明になった経緯などを知っている可能性があるとみて、神埼署に移動して事情を聴いている。
 県警捜査1課によると、広島県警の警察官が、大竹市内にいる岡田さんの夫の70代男性を見つけた。
 岡田さんは昨年10月22日に夫の行方不明届を福岡県警東署に提出し、4日後には岡田さん自身の行方不明届も知人を通じて出されており、岡田さんの遺体が今月20日に発見されるまでの約3カ月、2人がどこで何をしていたのかは分かっていない。

“行方不明の70代夫を広島で発見 吉野ヶ里殺人・死体遺棄事件 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

社説:日韓の対立 知恵合わせる柔軟さを(京都新聞)

情報元 : 社説:日韓の対立 知恵合わせる柔軟さを(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000013-kyt-l26
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領がきのうの年頭記者会見で、元徴用工に対する賠償を新日鉄住金に命じた韓国最高裁判決を尊重する考えを表明した。
 その上で「日本の政治指導者が政治的な争点とし、問題を拡散させているのは賢明でない」「日本政府はもう少し謙虚な立場を持たねばならない」と注文をつけた。
 判決を巡り日本側は1965年の日韓請求権協定に基づく政府間協議を要請している。文氏の発言は、日本企業の資産差し押さえを回避すべきだと迫る日本政府に不快感をにじませ、日本の求めを事実上拒否したといえる。
 徴用工問題がこじれたまま長期化するのは必至だ。日韓関係の他の分野への影響も懸念される。
 その一方で文氏は、日韓が問題解決へ知恵を合わせるべきだとも主張した。粘り強く冷静に対話する必要性はかえって高まったのではないか。
 韓国国内では新日鉄住金の資産差し押さえ措置の効力が発生した。日本政府は韓国への対抗措置の策定作業を本格化させている。韓国製品の関税引き上げや、韓国人を対象とした査証の発給規制が取り沙汰されている。
 関税引き上げを発動すれば韓国も相応の措置に踏み切るだろう。米中貿易摩擦のように報復が報復を呼ぶことになりかねない。
 日韓請求権協定に基づく初協議についても韓国側は拒否する可能性がある。
 今年は3月に日本の植民地下で起きた「3・1独立運動」から100年の節目であり、韓国が歴史問題で日本に譲歩を示すのは難しいとみられている。
 それでも日本としては国家間の基本合意や日本企業を守ることを念頭に、国際法などに基づき、冷静な対応を重ねるしかない。
 北朝鮮の非核化や拉致問題の解決には日韓両国の緊密な連携と協力が欠かせない。海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題はじめ韓国側の対応に納得できない点も多いとはいえ、対立が泥沼化すれば、日米韓の連携を崩したい北朝鮮を利することになりかねない。
 文氏の会見では、北朝鮮との経済協力事業や国内問題に多くの時間が割かれ、日韓関係に触れたのは1回だけだった。言及を避けたがっているように感じられる。
 このままでは双方の不利益が拡大する。対立が続く事態を文氏はどう考えるのか。「日韓で知恵を合わせるべき」と言うなら韓国側も対話の姿勢を見せてはどうか。

“社説:日韓の対立 知恵合わせる柔軟さを(京都新聞)” の続きを読む

英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)

情報元 : 英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000018-san-l10
 2020東京五輪・パラリンピックに向け、県文化振興課は英語版「上毛かるた」を初めて作成すると明らかにした。来年度中の発行、発売を目指す。
 オリパラの開催で外国人旅行客の増加が見込まれることに加え、県内では平成32年度から小学5、6年生で英語が「外国語科」として教科化されることから発行を決めたという。
 同課によると、英語版の絵札44枚には従来通りの絵柄を使用し、キーワードとなる英単語を記載する。読み札の翻訳・原案作成は、県立女子大の外国語教育研究所が行う。英語版の上毛かるたは、平成25年に解散した「群馬文化協会」が10年ごろに作成したが、現在は販売されていない。
 同課は「子供たちをはじめ、県民の皆さんに親しみ楽しんでもらえれば。外国人の方にも手にとってもらえるような英語版を目指して準備を進めていく」としている。

“英語版上毛かるた作成 群馬県、来年度にも発売(産経新聞)” の続きを読む