自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))

情報元 : 自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))静岡放送(SBS)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010001-sbsv-l22
 小学生が自転車の運転技術などを競い合う「子供自転車全国大会」で優勝した浜松市の小学校が8月27日、県警の本部長などに成果を報告しました。
 県警本部を訪れたのは「交通安全子供自転車全国大会」で団体優勝を果たした浜松市立平山小学校の自転車部の子どもたちです。平山小学校は8月8日、東京で開かれた全国大会に出場し、高い運転技術と交通ルールの知識で全国47校の頂点に立ちました。
 県警の小嶋典明本部長は、交通安全教育に熱心に取り組んだとして児童に感謝状を手渡し、「交通安全リーダーとして活躍してほしい」と激励しました。
 平山小では今後も児童の交通安全意識を高めていきたいとしています。

“自転車全国一の小学校に感謝状 県警本部長が贈呈(静岡放送(SBS))” の続きを読む

最新の工具、資材PR 幕張メッセでDIYショウ 国内外490社出展(千葉日報オンライン)

情報元 : 最新の工具、資材PR 幕張メッセでDIYショウ 国内外490社出展(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010004-chibatopi-l12
 ホームセンター業界最大の総合展示会「ジャパンDIYホームセンターショウ2018」が23日、千葉市美浜区の幕張メッセで始まった。国内外の約490社が出展し、最新の工具や建築資材など約20万種類のアイテムを売り込む。25日までの会期中、約12万人の来場を見込む。
 「探そう!明日を変える暮らしの“ヒント”」をテーマに、家具などを自分で作るDIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)に関連するメーカーや卸・小売業が集合。業界関係者のほか、一般消費者も入場できる。
 県内からも数社がブースを出展し、製品をPR。台湾から工具を輸入販売しているオリエントオーバーシーズ(千葉市)の吉田邦雄社長(73)は「台湾製品は海外製品の中でも高品質」と話していた。
 さまざまなアイデア商品を開発し、ネット通販で販売している一心助け(柏市)は、パンクしにくい自転車タイヤや、目の錯覚を利用して立体的に見える駐車禁止ポールのステッカーなどを紹介。鈴木英雄社長(71)は「早速ホームセンターから引き合いがあった」と喜んでいた。中国や台湾などからも多くの企業が参加していた。
 会場には来場者がDIYを体験できるコーナーも開設。「男の工房」では男性が趣味に没頭できる「小屋」のある生活を提案する。女性向けのコーナー「キラリ!DIY女子」ではSNS映えを意識した内容を盛り込む。展示会の入場料は一般500円。中学生以下無料。
 主催する日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会によると、DIYという言葉は、第2次世界大戦後のロンドンで廃虚と化した街や家を自分たちの手で復興しようという市民運動の中から生まれ各国に伝わった。日本ではホームセンターなどの出店が始まった1970年代前半から急速に発展し、市場規模は4兆円と言われるまでに成長している。

“最新の工具、資材PR 幕張メッセでDIYショウ 国内外490社出展(千葉日報オンライン)” の続きを読む

バイクで自転車に衝突、逃走 滋賀・ひき逃げ容疑で逮捕(京都新聞)

情報元 : バイクで自転車に衝突、逃走 滋賀・ひき逃げ容疑で逮捕(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000031-kyt-l25
 滋賀県警彦根署は19日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、彦根市平田町、無職の男(35)を逮捕した。
 逮捕容疑は7月30日午後4時半ごろ、彦根市西沼波町の国道8号でバイクを運転し、自転車で横断していた同市正法寺町の男性(82)に衝突し、肘や膝に軽傷を負わせ、そのまま逃走した疑い。

“バイクで自転車に衝突、逃走 滋賀・ひき逃げ容疑で逮捕(京都新聞)” の続きを読む

ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)

情報元 : ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000536-san-l12
 自転車に追突して男性にけがを負わせたのに、その場から逃走したとして、千葉県警君津署は14日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、千葉県南房総市和田町下三原の自称学習塾経営、鈴木文彦容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、「ガードレールにはぶつかったが、人にはぶつかっていない」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は3日午後1時ごろ、同県君津市豊英の国道410号のトンネル内で、乗用車で自転車に追突したにもかかわらず、逃走したとしている。自転車に乗っていた東京都の男性(41)は右足を捻挫するなどの軽傷を負った。
 同署によると、現場に鈴木容疑者の乗用車から落ちたとみられる左サイドミラーが残されていたことから、鈴木容疑者を特定した。

“ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)” の続きを読む

「1時間半、逃走に気づかず…」大阪府警の「失態」も明らかに 富田林署から容疑者逃走(関西テレビ)

情報元 : 「1時間半、逃走に気づかず…」大阪府警の「失態」も明らかに 富田林署から容疑者逃走(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-20020905-kantelev-l27
12日夜、大阪府富田林市の警察署から逃走した樋田淳也容疑者(30)。全国に指名手配され大阪府警が3000人態勢で行方を追っていますがまだ見つかっていません。
【記者】
「富田林署近くの河川敷では両岸で機動隊が草を掻き分け捜索を行っています」
窃盗や強盗傷害などの罪で起訴されていた樋田容疑者は先週、強制性交未遂の疑いでも逮捕され、富田林警察署で留置されていました。近隣住民には不安が広がっています。
【近隣住民】
「犯人が逃げたというので不安ですね。ちっちゃい子もいるので怖いですね」
「うちの塾生の中にも女子が多く、この通りが人通りが少ないので不安です」
警察署で留置されている容疑者が逃走する異例の事態…。そこには大阪府警のいくつもの失態がありました。
== “遅すぎた”逃走の発覚 ==
事件の発端は12日、午後7時半ごろ。樋田容疑者は弁護士との接見のため面会室に入りました。しかし、2時間以上が経った午後9時45分ごろになっても接見が終わらないことを不審に思った署員が面会室に入ると、2人の姿がなくなっていたのです。大阪府警のその後の調べによると、弁護士は午後8時ごろには接見を終えていて、実に1時間半以上逃走の猶予を与えていたことになります。
== “緩すぎた”警備体制 ==
これはある警察署の面会室の映像です。容疑者と面会者とのスペースは3枚のアクリル板を鉄製のサッシでつなぎとめる形で仕切られていて、富田林署も同様の形が取られていました。大阪府警によると、このうち真ん中のアクリル板が押し破られるようにして隙間が開いていたということで樋田容疑者は弁護士側の面会室のドアから外に出て、前室を通って逃走したとみられています。面会室と前室の間のドアに鍵はかけられておらず、ドアが開いた際に鳴るはずのブザーも電池が外されていたため、署員たちは弁護士が外に出たことにさえ気づいていませんでした。
大阪府警の幹部は「ドアの外に署員を置き、接見を終えたら弁護士が知らせるのが通常だ」としつつも、これらの運用について「明文化された規定はない」とコメントしています。
樋田容疑者が以前住んでいた大阪・松原市では
(樋田容疑者を知る人)
「おとなしい。目立って悪い子じゃなかった」
一方、ことし5月、羽曳野警察署内で起きた放火事件も、樋田容疑者の関与が疑われています。
ひったくり事件で使われた自転車が捜査車両に積まれていたところを樋田容疑者が証拠隠滅を図るために燃やしたものと見られます。
今も逃走中の樋田容疑者。
富田林警察署は付近の住民に戸締りなどの警戒を呼びかけています。

“「1時間半、逃走に気づかず…」大阪府警の「失態」も明らかに 富田林署から容疑者逃走(関西テレビ)” の続きを読む

全国高校総体・第4日 ウエイトリフティング 山口完全V2(新居浜工男子56キロ級)(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 全国高校総体・第4日 ウエイトリフティング 山口完全V2(新居浜工男子56キロ級)(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-05002001-ehime-l38
 全国高校総体(インターハイ)第4日は4日、三重県伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢などで行われ、愛媛勢は重量挙げ男子56キロ級の山口優人(新居浜工)がスナッチとトータルで大会記録を塗り替え、2年連続の完全優勝を果たした。陸上女子走り幅跳びは河添千秋(松山北)が準優勝。男子400メートル障害の大舘侑弥(松山南)は7位に入った。相撲個人の久国颯治(津島)が5位となった。
 自転車4000メートル団体追い抜きの松山城南は7位、チームスプリントの松山工は8位だった。弓道男子団体の今治工は準々決勝に進出した。ボクシングはピン級の武市大樹(新田)、フライ級の矢野利哉(松山工)、ウエルター級の守屋龍之介(新田)が準々決勝に進んだ。

“全国高校総体・第4日 ウエイトリフティング 山口完全V2(新居浜工男子56キロ級)(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)

情報元 : 高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000036-san-l10
 上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の近くの路上で31日昼、69歳の女が運転する軽乗用車が親子連れに突っ込んだ死傷事故は、夏の余暇を楽しみにしていた観光客らに衝撃を与えた。高齢ドライバーが起こす交通事故が県内でも後を絶たない中、悲劇は繰り返された。藤岡署が詳しい原因を調べている。
 公園を管理する上野振興公社の滝沢延匡常務(38)が現場に駆けつけると、死亡した太田市宝町の獣医師、内山明彦さん(49)とともにはねられた小学2年の息子(8)の救出活動が行われていたという。
 車を運転していた上野村新羽丙の同社パート従業員、飯塚ふさみ容疑者=自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕=の様子について、滝沢常務は「放心状態だった」と証言した。
 飯塚容疑者は、近くのコテージの清掃業務を終え、管理事務所に戻る途中だった。現場は公園近くの道路で、飯塚容疑者からみて下り勾配だった。
 公園には、コテージやキャンプ場を併設。巨大つり橋「上野スカイブリッジ」などの観光スポットに近く、親子連れなど多くの観光客が訪れる。
 県内では、前橋市で85歳の男が運転する乗用車が自転車で登校中の女子高生2人をはねて死傷させる事故が1月に発生。県警が高齢者に運転免許の自主返納を促すなど事故の再発防止策を探っている。

“高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)” の続きを読む

夏休みの子どもたちが流しそうめん  三重・川越町(三重テレビ放送)

情報元 : 夏休みの子どもたちが流しそうめん  三重・川越町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010001-mietvv-l24
 じりじりとした日差しが照り付ける中、三重郡川越町では夏休みに入ったばかりの子どもたちが「流しそうめん」を楽しみました。
 朝明商工会の青年部と女性部が毎年、恒例の行事として開いているもので、23日は川越町と朝日町の子どもたちとその保護者あわせて約500人が参加しました。
 参加者たちは、地元の竹林から切り出してきた約10メートルの竹を使った5つのレーンでスタンバイ。
 地元の名産「大矢知そうめん」が流されると、歓声をあげながらすくい取っていました。
 中には、箸でつかみにくいミニトマトや、ぶどうなども流され、子どもたちが悪戦苦闘しながら夏の味覚を味わっていました。
 また、23日は夏休み中の子どもたちが交通事故にあわないようにと、会場となった川越自動車学校の職員による交通安全教室も開かれ、参加した子どもたちが正しい自転車の乗り方や横断歩道の渡り方を学んでいました。

“夏休みの子どもたちが流しそうめん  三重・川越町(三重テレビ放送)” の続きを読む

「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)

情報元 : 「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000001-webtoo-l02
 青森県内のフィットネス・スポーツジム市場が活況だ。健康志向の高まりに伴い、高齢者や初心者の利用が増えている。一部の施設は60歳以上の会員が全体の約5割を占める。各施設は、水中ウオーキングやヨガ、機能改善体操など、ニーズに合わせて多様なプログラムを用意。かつては若い人が通うイメージがあったジムは、健康寿命延伸を望む中高年の受け皿となり、コミュニティー形成の場になっている。
 青森市浜館のウイング青森。午前10時の開店と同時に、健康体操プログラム目当ての会員がスタジオに次々と入ってきた。参加者30人のうち、9割が中高年の女性。約40分間、ゆったりしたストレッチからハードな筋トレまで真剣な表情で取り組んでいた。
 八戸市に本部を置くフィットネスクラブウイングは1984年に創設し、県内で6店舗を運営する。佐藤義仁青森店長によると、近年はシニア層が増え、現在、青森店の会員約1200人のうち5割近くが60歳以上。ストレッチ、エアロビクス入門、水中歩行など初心者向けプログラムを増やしている。
 「最近は、健康寿命を延ばそうと入会する中高年が多い」と佐藤店長。
 会員の中堀亜都子さん(75)は「友達とおしゃべりするのが楽しい」、週5日来ているという田村良一さん(69)は、プールをよく利用する。「みんな仲良く話ができるのがいい」と笑顔を見せた。
 弘前市の「ホリデイスポーツクラブ弘前」(本部・愛知県)も、初心者や女性向けに、ヨガやダンス、体幹トレーニングなどのプログラムを組む。夜12時までの営業やプール・入浴施設、ネット対応の自転車トレーニング機器など最新マシンも“売り”にし、利用者数を伸ばしている。
 会員の佐藤京子さん(63)は「20年先の健康を見越して通っている。腰痛が改善した」。定年後に通い始めた木村康宣さん(62)は午前と午後、1日2回来店。10カ月で8キロ痩せた。「最初は抵抗があったが、今は来て良かったと思う」と話した。
 「キシヤメディカルフィットネス」は15年、青森市金沢の整形外科クリニックの2階に開設された。医師や看護師(助産師)、管理栄養士らのアドバイスを受けられるほか、会費(利用料)が医療費控除の対象となるのが特徴だ。会員の約7割が50歳以上。2年間通った女性が25キロも減量した事例もあるという。
 「丸大サクラヰ薬局」(本社・青森市)は、女性専用フィットネスチェーン「カーブス」とフランチャイズ契約を結び、青森、弘前、むつの3市で5店舗を運営。このうち2店に併設されている同社運営のドラッグストア「ハッピー・ドラッグ」では、健康・美容商品の売り上げが伸びているという。
 カーブスは、女性が30分程度、円形に並ぶ筋トレ器具を使い、異性を気にせず気軽に運動できるのが特徴。「今後は、団塊ジュニア世代(45歳前後)にもPRしていきたい」と新規事業部の櫻井均さん。フィットネス市場拡大の可能性を見越して、8月には青森市浜館にも出店を予定するなど、今後も店舗を増やす計画だ。

“「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)” の続きを読む

はがきに「訴訟通告」…不審に思い女性が通報 偽の現金を送付、少年が受け取る…警官が容疑で逮捕/狭山署(埼玉新聞)

情報元 : はがきに「訴訟通告」…不審に思い女性が通報 偽の現金を送付、少年が受け取る…警官が容疑で逮捕/狭山署(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010000-saitama-l11
 埼玉県の狭山署は20日、詐欺未遂容疑で、住所不定、無職少年(16)を現行犯逮捕したと発表した。走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は 逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀し、狭山市の無職女性(70)方に「総合消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ」と記したはがきを送付。7月18日から数回、国民訴訟通達センターの職員や弁護士らを名乗り、女性方に「保証協会を含めて手続きは全て取る」「これが終われば金が戻ってくる」「宅配便で訴訟取り下げ費用を送って」と電話をかけて現金100万円をだまし取ろうとした疑い。
 不審を抱いた女性が同署に届け出て、7月19日にはがきに記載された東京都豊島区のアパートに偽の現金を入れた宅配便を送付。警戒していた同署員が受け取った少年を逮捕した。

“はがきに「訴訟通告」…不審に思い女性が通報 偽の現金を送付、少年が受け取る…警官が容疑で逮捕/狭山署(埼玉新聞)” の続きを読む