「銚子で会いましょう!」PR大使に吉木りささん 元AKB小嶋菜月さんも参戦【ツール・ド・ちば】(千葉日報オンライン)

情報元 : 「銚子で会いましょう!」PR大使に吉木りささん 元AKB小嶋菜月さんも参戦【ツール・ド・ちば】(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010002-chibatopi-l12
 3日間かけて自転車で北総地域を巡る「ツール・ド・ちば2018」のPR大使に、タレントの吉木りささんが就任した。また、ゲストサイクリストとして元AKB48の小嶋菜月さんの参加も決定。2人とも本県出身で、大会初日10月6日に登場する。
 事務局によると、13回目の今回は同6~8日、銚子市の銚子スポーツタウンを発着点に北総の水辺や丘陵を巡る約254キロ。このうち2人が登場する初日は周回68キロで、初心者でも参加しやすいコース設計となっているという。
 吉木さんは「エントリーした皆さんを全力で応援します。銚子で会いましょう」と応援コメント。小嶋さんは「フィニッシュ後の中夜祭にも参加します。一緒に走りましょう」と参加を呼び掛けた。
 バーベキューイベントの「中夜祭」は初日フィニッシュ後の午後3時半から2時間程度を予定。2日目は銚子から成田へ向かう周遊80キロ、最終日は銚子へ戻る同106キロとなっている。1日のみの参加も可能。問い合わせは事務局043(221)4477か、公式サイト(http://www.tour-de-chiba.jp)。

“「銚子で会いましょう!」PR大使に吉木りささん 元AKB小嶋菜月さんも参戦【ツール・ド・ちば】(千葉日報オンライン)” の続きを読む

伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000066-minkei-l22
 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」(函南町塚本)で7月22日、イベント「函南初登場!パンプトラックin伊豆ゲートウェイ函南」が初開催される。(伊豆経済新聞)
 沼津エリアを拠点とするBMXパフォーマーやスケートボーダー、DJで組織する「チームLINK」が主催する同イベント。
 当日は、自転車、スケートボード、キックスケート用の起伏のあるコース「パンプトラック」(約30メートル)を用意。無料体験できるほか、自転車メーカーによる試乗会、ステージでは日本競輪学校(伊豆市)の生徒によるトークショー、E-BIKE(高性能電動アシスト付き自転車)体験会を展開する。
 パンプトラックは現在、国内外で人気のあるアトラクションといい、県内東部ではチームLINKが「イン・ザ・パーク」(沼津市)で今年2月に行ったイベント以来の設置という。
 チームLINK代表で沼津出身のMBXパフォーマー「しまやん」は、高校時代に出合ったBMXやストリート文化に影響を受け、現在は文化の発信と理解を広げるため、自転車教室やイベントの企画などを行っている。
 しまやんさんは「オリンピックを控え、トラックやMBXやロードなどが地元で盛り上がっている。一方、地元の一般ユーザーには程遠いのが現状。今回は子どもたちを中心に、自転車の楽しさを伝えるイベントにしたい」と話す。
 「高校時代に居場所を失った自分にとって、ストリート文化は自分の新しい居場所となった。一方では危険なイメージのあるストリート文化。自身の活動を通して、理解を広げ、ゆくゆくは東部にもパンプトラックなどを常設できれば。当日は子どもだけでなく、多くの世代の参加者たちとコミュニケーションを図りたい」とも。
 開催時間は9時~16時。入場無料。雨天中止。

“伊豆で「パンプトラック」イベント BMXやスケボーの魅力伝える /静岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)

情報元 : 679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-03074081-tokushimav-l36
 県内唯一のトライアスロン大会「第19回ひわさうみがめトライアスロン」(美波町など主催)が15日、町中心部であり、県内外の男女679人が挑んだ。
 午前9時、参加者は大浜海岸を一斉にスタートし、1・5キロの水泳、南阿波サンラインを走る40キロの自転車、日和佐川沿い10キロのランニングに挑んだ。沿道では地元住民が拍手や声援を送って、過酷なレースを繰り広げる選手を励ました。
 完走者は634人(男子482人、女子90人、リレー21組=62人)で、男子は京都府舞鶴市の村中大輔さん(33)が2時間13分12秒、女子は大阪府八尾市の山内麻代さん(32)が2時間28分49秒でそれぞれ初優勝。2、3人一組で競うリレーは高松市の「Toshi道場(美女と野獣)」が2時間27分40秒で制した。
 県勢の最高順位は、男子が藍住町の堀江謙一さん(36)で13位(2時間22分48秒)、女子は北島町の先田由紀さん(45)の6位(2時間43分52秒)だった。

“679人が挑戦 徳島・美波でトライアスロン大会(徳島新聞)” の続きを読む

自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000026-at_s-l22
 高校生の自転車事故が後を絶たない中、生徒の身を守る手段としてヘルメットの着用を求める動きが静岡県内で出ている。県議会は児童、生徒らの着用を努力義務として規定する条例制定の検討に乗り出した。20日までの夏の交通安全県民運動は自転車の安全利用の推進が重点の一つ。ただ、県内高校生の着用率は1割に満たず、普及につながるかは見通せない。
 県立伊豆総合高(伊豆市)2年の古屋優太さん(16)は片道30分かけてマウンテンバイクで通学する。流線形のヘルメットは日常の光景だ。きっかけは小学5年の時の交通事故。軽乗用車にはねられたが、ヘルメットのおかげで一命を取り留めた。通学時に着用する生徒はわずか数人。古屋さんは「かっこいい、悪いじゃない。命を守るためにかぶっている」と言い切る。
 県警によると、2008~17年に県内で発生した高校生の自転車事故の負傷者のうちヘルメットを着用していたのは8%。中学生の36%を大幅に下回った。
 県教委によると生徒に着用を呼び掛けている県立高は2校だけ。道交法は児童や幼児が自転車に乗る場合は保護者にヘルメットをかぶらせるよう求めているが、中学生以上が乗車する場合の規定はない。着用するかどうかは個人の判断に委ねられているのが実情だ。
 県内で悲惨な自転車事故が相次いでいることなどを踏まえ、県議会は自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例の制定を検討。通学時のヘルメットに関し「児童、生徒は着用するよう努めなければならない」とする方向だ。
 愛媛県は15年から、全ての県立高で自転車通学時のヘルメット着用を義務付けた。購入時の助成などもあって着用率は100%。私立高校でも義務化の動きが広がっているという。担当者は「行政や学校、警察が連携した結果。着用によって命が守られたケースもある」と強調する。
 ■静岡県内、死亡2件
 静岡県内では今年に入り、高校生の自転車事故が増加している。県警交通企画課によると、1~5月の事故は396件(前年同期比32件増)、負傷者は388人(同37人増)といずれも前年を上回った。
 4月には菊川市で大型貨物車にはねられた1年の女子生徒が、5月には浜松市東区で歩行者と接触した2年の男子生徒が死亡した。
 有識者でつくる「自転車の安全利用促進委員会」の調査によると、2016年の高校生の通学中の自転車事故は静岡県が737件で全国最多だった。気候が温暖で自転車通学に適していることや交通量が多いことなどが要因という。

“自転車通学、高校生もヘルメットを 静岡県議会、条例制定の動き(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)

情報元 : コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010003-ctv-l23
 愛知県内で交通事故が多発していることを受け14日、人気コスプレイヤーの桃月なしこさん(22)が、愛知県警千種警察署で一日警察署長をつとめ交通安全を呼びかけました。
 桃月さんは、愛知県豊橋市出身で、現役の看護師として働きながら、コスプレイヤーとしても活躍し、全国に多くのファンがいます。
 愛知県内の交通事故死亡者数は、99人(7月13日現在)と全国ワースト。中でも、自転車がからむ事故が多くなっていることから、桃月さんは、自転車のマナーアップを呼びかけました。
 また、桃月さんは、会場を訪れた人に、夜道で光る反射板を配るなどしました。

“コスプレイヤー「桃月なしこ」が一日警察署長 愛知の交通死ワースト脱却目指す 千種警察署(中京テレビNEWS)” の続きを読む