古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)

情報元 : 古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00001095-fminpo-l07
 福島民報社が公募で選んだ二〇一八(平成三十)年度ふくしま復興大使の委嘱・結団式は十五日、福島県郡山市の郡山ビューホテルで行われ、十五人の新大使が国内外訪問などへの決意を新たにした。
 新大使は中学生五人、高校・高専生八人、大学・短大生二人。福島民報社の花見政行常務が「国内、海外で多くの人に思いを伝えネットワークをつくり、限りない可能性を広げてきてほしい」とあいさつし、一人一人に委嘱状を手渡した。
 復興大使事業を後援している県の宇佐見明良風評・風化対策監兼知事公室長が期待の言葉を寄せ、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後の県内の現状と課題を説明した。
 新大使を代表して最年少の菅野優空(ゆあ)さん(12)=福島市、北信中一年=が「震災で支援してくれた方々に元気な姿を見せたい」と決意表明した。二〇一七年度から復興大使として活躍する山城留以(るい)さん(17)=須賀川市、須賀川桐陽高三年=がこれまでの活動を紹介し、今年度の大使を激励した。
 昼食を囲んで懇親を深め一人一人が自己紹介し抱負を述べた。
 復興大使の派遣は二十六日から三泊四日の日程で台湾を訪れる三人の活動を振り出しにグループに分かれ国内を訪問する。秋には歴代の復興大使と協力して県内の地域づくりを盛り上げる実践活動も繰り広げる。

“古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)” の続きを読む

サクラ開花 花見客でにぎわう

情報元 : サクラ開花 花見客でにぎわう広島ニュースTSS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000002-tssv-l34

ポカポカ陽気となった25日の県内。

広島市の平和公園では、花見客で賑わいました。

元安川ぞいのサクラ並木は、まだつぼみや咲き始めといった感じですが、

午後には、大勢の人が花見を楽しんでいました。

【花見客は】「(ちょっとまだ平和公園の桜)早かったですね。

1週間間違えましたよね天気がいいので助かりました」

「フィリピンからです。(フィリピンに花見は?)ないです。

「サクラはやっぱり日本だけかな」

25日の県内の最高気温は、広島市で17・7度と4月上旬並みとなったほか、

各地でも最高気温が平年に比べおよそ1度から6度上回る暖かい1日となりました。

“サクラ開花 花見客でにぎわう” の続きを読む