国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-iwanichi-l03
 岩手県は21日、奥州市江刺梁川-北上市口内町で整備を進めている国道107号梁川口内トンネルが3月28日に開通すると発表した。北上市街地方面と釜石道江刺田瀬インターチェンジ(IC)へのアクセスが大幅に改善され、物流効率化や産業振興、観光活性化、交通円滑化など多方面の効果が期待される。開通へ膨らむ期待 梁川-口内町の現道は急カーブや急勾配が連続。特に冬場は事故が多発し、大型車は坂を上れなくなるなど運行に支障を来していた。県は国道107号を復興支援道路に位置付け、県南広域振興局土木部が2013年度に事業着手した。全体事業費は約50億円。
 17年2月からトンネル(1022メートル)の築造工事に着手し、18年10月までに本体工事が完了。現在はトンネル内の舗装と電気、防災設備などの工事、トンネル前後の接続路の道路改良工事を手掛けている。順調に進み、目標としていた18年度内の開通にめどが立った。
 開通後は現道より約250メートル短くなり、所要時間は1分ほど短縮される。18年度内には釜石道が全線開通の予定で、梁川口内トンネルの開通と合わせ内陸部と沿岸部とのアクセスが格段に向上すると見込まれる。
 同局土木部の木村智道路整備課長は「トンネル開通で冬期間の交通難所が解消され、釜石道と一体で三陸沿岸の復興を力強く後押しできる。年度内開通に向け、残る工事も全力で進めていく」としている。開通式典や開通時間は未定。同部はトンネル開通後も、梁川側190メートル区間の道路拡幅工事を続ける。

“国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)

情報元 : 水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00364368-agara-l30
 和歌山県串本町大島にある水門(みなと)神社の例祭「水門祭」(2月8、9日)に向け、獅子舞の稽古始め「獅子出し」が15日、紀伊大島開発総合センターであった。祭り関係者約50人が集まる中、地元の青年らでつくる「大同会」が獅子舞を披露した。
 祭りは大島の北、北中、南、南中の4組が順番で当番を務めており、今年は南中組(宮下漁次組長)が当番。祭典執行委員長は浜口平さん(54)が務める。
 獅子出しでは、大島区の稲田賢区長(69)が「今日から祭りの準備が始まる。若い人の力なくして祭りを執行することは難しい。協力をお願いする」とあいさつ。乾杯の後、大同会が「乱獅子」を披露した。獅子舞は、総仕上げとなる「衣装付け」(2月7日)まで、ほぼ毎夜稽古する。
 大同会の吉田龍会長(32)は「若い会員が増えてきたので、しっかりと伝統を引き継いでいきたい」、大同会のOBらでつくる祭典保存会の吉田隆会長(59)は「自衛隊の力を借りながら、何とか祭りを続けている。昔は独身の男が祭りを担っていたが、今は結婚している人が多く苦労を掛けている」と話していた。

“水門祭本番に向け獅子出し 串本町(紀伊民報)” の続きを読む

BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)

情報元 : BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000077-rnb-l38
建設業関係者のシンポジウムが11日、松山市で開かれ、西日本豪雨の復旧対応にあたった建設会社から、BCP=事業継続計画の重要性などが報告された。
愛媛大学で開かれた建設業関係シンポジウムには、愛媛県の職員や建設関係者など、約170人が参加した。
まず、愛媛大学防災情報研究センターの森脇亮センター長が、西日本豪雨による被災状況や課題を説明した。
そして、復旧・復興に関わった建設会社の発表では、BCP=事業継続計画の重要性などが報告された。
BCPは、企業や組織が自然災害などの緊急事態に備え、どのように事業を継続するか事前に決めておく計画のこと。
本社が被災地・宇和島市にある浅田組の浅田春雄社長は、BCPに沿って対策本部の立ち上げがスムーズにできたことから、協定先や住民からの要請などに適切に対応できた事例などを紹介した。

“BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)” の続きを読む

高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)

情報元 : 高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-kutvv-l39
住宅の浸水や土砂崩れなどの被害が出た宿毛市では、須崎市の高校生がボランティアに参加し、災害復旧活動を手助けしました。
宿毛市を訪れたのは県外出身者が多い、明徳義塾高校のソフトテニス部や相撲部などの生徒41人と教諭らです。一行は社会貢献活動の一環で災害ボランティアに参加し、2つの班に分かれて被災した地区に入りました。このうち小深浦地区では住宅の裏山が崩れて土砂が溜まっていて、生徒達はスコップで土砂をすくって袋に詰めたり土のうを運んだりしていました。
「結構、しんどいですけど、ここの民家の人が土が無くなることによって生活が良くなると思うのでその人のために頑張りたいと思います。」
「うれしいことですよ。若い子らが一所懸命やってくれたらどれだけはかどるかわからん。」
また、もう1班は小筑紫町の内外ノ浦地区で活動しました。こちらでは住宅の裏山が崩れ、防護柵の隙間から土砂が流れ出し道路を塞いでいたといいます。生徒達はスコップやクワを使って道路から土砂をかき出したり側溝に溜まった土砂を取り除いたりしました。
「大変ですけどみんなと力を合わせてやったら楽しくできていいです。ちょっと暑いです。」
強い日差しが照りつけ汗を流して作業をする生徒達。スポーツドリンクやスイカで水分を補給しながらボランティア活動に取り組んでいました。

“高校生が災害ボランティア 高知・宿毛市(テレビ高知)” の続きを読む