愛知の豚コレラ問題 3か所目の豚1180頭の殺処分進む 愛知・田原市(中京テレビNEWS)

情報元 : 愛知の豚コレラ問題 3か所目の豚1180頭の殺処分進む 愛知・田原市(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010001-sp_ctv-l23
 愛知県田原市の養豚場で県内3か所目となる豚コレラ感染をうけ、13日夕方から殺処分が行われています。
 愛知県によると、県内で3か所目の豚コレラの感染が確認された田原市の養豚場では、13日午後4時半から県の職員が1180頭の豚を殺処分しています。
 この周辺には12の養豚場があり、これまでに体調不良などの症状はないということですが、県は防疫指針に基づき血液検査を行っています。
 また、この養豚場は先週感染が確認された田原市の養豚場と同じ日に、同じ食肉処理場を使っていたということですが、今回の感染との関連は分かっていません。
 殺処分は24時間体制で行われていて、今月16日までに終え、消毒などを含めた防疫措置を今月18日までに完了させる方針です。

“愛知の豚コレラ問題 3か所目の豚1180頭の殺処分進む 愛知・田原市(中京テレビNEWS)” の続きを読む

ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)

情報元 : ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00001100-fminpo-l07
 Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズは9日、熊本県の水俣市総合体育館で熊本ヴォルターズと対戦した。今季初の延長の末、118-110で競り勝ち連敗を2で止めた。通算成績は18勝20敗。 
 ボンズは第1クオーター、序盤に一時11点差とされる苦しい展開となったが、ニカ・ウィリアムスの4連続得点で一気に追い上げると、村上慎也の3点シュートで追い付き27-27で終えた。第2クオーターは古巣対決に燃える神原裕司が得意のスティールから得点を決めるなど守備からリズムをつくり、48-44とリードを奪って折り返した。最終クオーター、村上が残り1秒で2点シュートを沈めて100-100とし延長戦に持ち込んだ。 
 延長戦は村上、武藤修平がともに6得点を挙げる活躍などで息詰まる接戦を制した。 

“ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)” の続きを読む

イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)

情報元 : イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000034-san-l12
 船橋市議会は7日、島田泰三市議(72)が辞職したと発表した。
 議会事務局によると、島田氏は今月3日、船橋市内で開催された音楽イベントに協賛金を支出した疑いがあり、公職選挙法に抵触する可能性があることから鈴木和美議長らが6日、事実確認を行った。島田氏は事実関係を認め、7日、辞職願を提出したという。議会事務局は「協賛金の金額は不明」としている。

“イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)” の続きを読む

1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)

情報元 : 1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00010000-ibciwatev-l03
 2015年に盛岡の保育施設に預けられた当時1歳の女の子が塩化ナトリウム中毒で亡くなった事件に関連して、遺族が元経営者に損害賠償を求めている裁判で、7日、両者の間で和解が成立する見通しでしたが、成立せず持ち越しとなりました。
これは、2015年、盛岡の認可外保育施設に預けられていた下坂彩心ちゃん(当時1歳)が塩化ナトリウム中毒で死亡したものです。遺族は「元経営者による傷害致死である」として、元経営者に6270万円の損害賠償を求めています。
前回、裁判所は、元経営者が和解金の一部を事前に遺族に支払うことで和解するよう提案し、原告・被告ともにこれを受け入れていました。
しかし、支払い期日の7日に開かれた和解協議に出席した元経営者は和解金を持参せず、和解は成立しませんでした。
原告側の弁護士によりますと、元経営者は和解金について「今後の支払いのめどが立たない」と話したということです。
(原告側弁護士)
「とりあえず誠意を示してもらいたいと。(遺族は)いまだかつて誠実に謝ってもらったっていう風に思っていない。それだと判決で傷害致死だとはっきり認定してもらいたい」
和解協議は今月26日に再度行われますが、この日に和解が成立しなければ28日に裁判所が判決を言い渡します。この事件の刑事裁判では去年、盛岡地裁が元経営者に、業務上過失致死の罪で禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡し、刑が確定しています。

“1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)” の続きを読む

松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)

情報元 : 松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00400114-kantelev-l30
和歌山県新宮市で、松明を持った男たちが一斉に神社の参道を駆け下りる「御燈祭り」が行われました。
松明を手に集まった「上がり子」と呼ばれる約1700人の男たち。
新宮市の神倉神社で行われている「御燈祭り」です。
午後8時、門が開くと「上がり子」は勢いよく飛び出し、538段の石段を駆け下りました。
「御燈祭り」は、神武天皇がこの地を訪れた際、松明の火で迎えた事が起源と言われ、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
祭りが終わると、この地方には春が訪れるとされています。

“松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)” の続きを読む

仙台国際ホテルで「仙台いちごのスイーツビュッフェ」 開始前から満席の日も /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 仙台国際ホテルで「仙台いちごのスイーツビュッフェ」 開始前から満席の日も /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000078-minkei-l04
 旬の宮城県産イチゴ「仙台いちご」を使ったスイーツが並ぶ「仙台いちごのスイーツビュッフェ」が2月3日から、仙台国際ホテル(仙台市青葉区中央4、TEL022-268-1111)1階「コーヒーハウス」で開催される。(仙台経済新聞)仙台国際ホテル1階「コーヒーハウス」店内 昨年9月~11月に秋のフルーツやチョコレートなどを使った「スイーツビュッフェ」を初めて企画した仙台国際ホテル。利用客の好評を受け、企画第2弾となる今回は「とちおとめ」「もういっこ」「ミガキイチゴ」「にこにこベリー」の4種の「仙台いちご」を使ったスイーツをそろえる。
 メニュー例は、ミルフィーユ、ロールケーキ、ショートケーキ、フレジェ、サンデー、パリブレスト、ムース、カップケーキ、プチシュー、タルト、パンナコッタ、シャンパンジュレ、クレームブリュレ、クランチチョコ、マカロン、ベイクドチーズケーキ、ミロワールショコラ、シフォンケーキ、フルーツカクテル、フィナンシェ、スノーボールなど。出来たてを味わえる実演デザートや、サンドイッチ、パスタ、スープ、サラダなどの軽食も用意する。
 料金は事前予約=3,200円、当日=3,500円。制限時間は120分で、コーヒー・紅茶・ソフトドリンク付き。広報担当者は「材料も吟味してこだわったパティシエ手作りのスイーツをビュッフェで楽しんでいただければ」と呼び掛ける。
 開催日は、2月3日・4日・16日・17日、3月2日・3日・16日・17日。開催時間は13時~18時(最終受け付けは16時)。予約は13時・13時30分・15時30分・16時から選べる。すでに予約で終日満席の日もあり、「残席も少なくなっているので、お早めに予約いただければ」。

“仙台国際ホテルで「仙台いちごのスイーツビュッフェ」 開始前から満席の日も /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000062-minkei-l40
 福岡三越(福岡市中央区天神2)の地下2階で1月19日、バレンタイン商品の展開が始まった。(天神経済新聞)「グマイナー」の「チェリーボンボン」 今年のテーマは「EncounterofValentine~出会い~」。花の国日本協議会が推進する「フラワーバレンタイン」に注目し、チョコレートと共に花を贈る提案や話題のチョコレートとの出会いを提案する。
 ラインアップは、アカデミー賞公式ギフトにも選ばれた「ショコラティン」の「ジュエリーシリーズギフト」(20点限定、4個入り、5,400円)、創業100年を超えるドイツのチョコ「グマイナー」の「チェリーボンボン」(4個入り、1,944円)などが初登場するほか、バラの花びらが入った「玖島ローズ」の「パヴェドローズ」(972円)、「ピエールマルコリーニ」の「バレンタインセレクションリミテッドエディション」(9個入り、3,780円)、「テオムラタ」の「ビーンズショコラ」(38グラム~40グラム、各720円~)など、新規11ブランドを含む全51ブランドを展開する。
 期間中、会場には「ショコラコンシェルジュ」が常駐し商品選びをサポートするほか、「フラワーバレンタイン」を知ってもらうため、同館1階・ライオン広場のライオン像をフラワーバレンタイン仕様にデコレーションする。
 営業時間は10時~20時。2月14日まで。

“福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)

情報元 : 広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000001-tssv-l34
ローマ法王が今年11月に日本を訪問する考えを具体的に述べたことを受け、広島市の松井市長は平和のメッセージの発信や青少年との交流に意欲を示しました。
【広島市・松井一実市長】
「広島平和記念資料館で被爆の実相をみていただく。重要なのは広島から平和のメッセージ。
発信ですね」
松井市長はこのように述べローマ法王が今年11月に被爆地の広島と長崎を訪れる考えを表明したことに強い期待感を示しました。
実現すればローマ法王として1981年2月のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり、2度目の広島訪問となります。
ローマ法王は広島と長崎から世界に向け核兵器廃絶を発信し、被爆者への祈りを捧げる意向です。
カトリック広島司教区は今月中にも準備委員会を立ち上げ受け入れに向けた準備を進めることにしています。

“広島市・松井市長 ローマ法王「被爆地から発信」に期待感(テレビ新広島)” の続きを読む

大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000015-minkei-l44
 大分市の大分県護国神社(大分市牧)で1月7日、七草がゆが無料で振る舞われた。参拝客300人が素朴な味わいに舌鼓を打ち、1年の無病息災を願った。(大分経済新聞)参拝者に振る舞った七草がゆ 五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」に合わせて毎年行っている。七草はいずれも大分市内で採れた「地物」で、前日に具材を切りそろえて用意し、7日朝からの調理でかゆに仕立てた。同神社で採れた豊後梅を使った梅干しやお茶も提供した。
 7日は暖かな日差しに包まれ、配布開始の10時前から大勢の参拝客でにぎわった。大分市内から訪れた30代女性は湯気の立つかゆを味わいながら「素朴な味がいい。今年1年、みんな健康でいられればうれしい」と笑顔で話していた。
 同神社では1月11日に鏡開きを行う。正月のお供え餅を先着300人に福餅として振る舞う。

“大分県護国神社で七草がゆ 300人が無病息災願い舌鼓 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

広島・大瀬良投手ら小学生200人指導(長崎新聞)

情報元 : 広島・大瀬良投手ら小学生200人指導(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000007-nagasaki-l42
 「第9回プロ野球長崎県人会スマイル少年野球教室」が27日、大村市野球場などで開かれ、今季セ・リーグで最多勝に輝いた広島の大瀬良大地投手(長崎日大高出身)ら長崎県ゆかりの選手やコーチと、長崎県内の小学生約200人が交流した。
 大瀬良投手、広島の今村猛投手(清峰高出身)、オリックスの宮崎祐樹外野手(長崎日大高出身)、ソフトバンクの釜元豪外野手(西陵高出身)と松田遼馬投手(波佐見高出身)、阪神の江越大賀外野手(海星高出身)、ロッテの堀幸一コーチ(同)のほか、10月のドラフト会議で阪神から5位指名された創成館高の川原陸投手が参加した。
 子どもたちはキャッチボールの後、ポジションごとに練習。守備は1歩目を大事に素早く打球に反応すること、下半身の使い方で打球の力強さが変わること、成長期の今のうちは決して無理をしないこと-などを選手から優しく教わった。
 プロの仲間入りをした川原投手も人気。「まだ慣れない」と苦笑いを浮かべながらも、サインをプレゼントしたり、握手に応じたり、少年球児に夢を与える大切な“仕事”をしっかりとやり遂げた。
 大瀬良投手と「一打席勝負」をしてサイン入りユニホームをもらった大村ベアーズの古賀心季朗君(6年)は「家に飾る。選手はみんな大きくてかっこよかった。自分もプロになれるように頑張る」とうれしそうだった。
 選手を代表して大瀬良投手が全員に「きょうよりもあした、あしたよりもあさってうまくなるように努力を続けて」とエール。技術指導後は大村小体育館でチーム対抗の玉入れや綱引きなどレクリエーションもあり、憧れの選手との連係プレーに子どもたちの笑顔は絶えなかった。

“広島・大瀬良投手ら小学生200人指導(長崎新聞)” の続きを読む