中高校生ボランティアが岡山・真備で作業 夏休みに入り各地から駆け付け(山陽新聞デジタル)

情報元 : 中高校生ボランティアが岡山・真備で作業 夏休みに入り各地から駆け付け(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010003-sanyo-l33
 西日本豪雨に見舞われた岡山県内の被災地は21日、夏休みに入った中学、高校生のボランティアが各地から駆け付けた。広範囲で浸水被害が出た倉敷市真備町地区では、災害の爪痕を目の当たりにしながら、猛暑の中で家屋の片付けなどに汗を流した。
 同地区への派遣窓口となる市災害ボランティアセンター(同市玉島長尾)では朝から、大人に交じって受け付けをする高校生グループの姿が見られた。「被災地の大変な状況は変わっていない。少しでも役に立つことができれば」と、クラスメイト5人と参加した高校1年の女子生徒(15)。
 受け付けを済ませた学生らは市真備支所(同市真備町箭田)などにシャトルバスで移動後、活動をスタート。家族で来た中学3年の男子生徒(14)は同町箭田の民家で泥のついたカーテンを外したり、家財を運び出したりした。「片付けはにおいもきついし、大変な作業だが、少しでも力になれれば」と話した。
 別の集合場所を経由して同町有井に入った中学1年の男子生徒(12)は、プールに行く予定を変更し父の誘いでボランティアに加わった。「被災地は想像以上の被害の大きさで驚いた」と言い、泥が残る床のモップがけに取り組んだ。
 市災害ボランティアセンターでは午前11時前までに、岡山県内や東京、大阪などの約800人が受け付けを済ませた。このうち中高生は約200人で、部活動単位での参加が目立ったという。同センタースタッフの男性(36)は「人手が足りない中で大変ありがたい。熱中症予防には十分気を配ってほしい」と話した。
 県災害対策本部の21日午前9時現在のまとめでは、死者・行方不明者は前日と変わらずそれぞれ61人と3人。住宅関係では、全壊2250棟、半壊・一部損壊189棟、床上・床下浸水約1万1640棟に上っており、約8140戸が断水。2751人が避難所生活を続けている。

“中高校生ボランティアが岡山・真備で作業 夏休みに入り各地から駆け付け(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)

情報元 : 呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000001-tssv-l34
きょう(20日)は『土用の丑の日』です。豪雨の被害を受けた呉市にあるウナギの養殖場でも出荷が始まりました。
呉市安浦町にある小谷智代登さんの養殖場では、地下水を使ってウナギを育てています。
2週間前の豪雨で、ウナギが全滅するかもしれない危機に直面しました。
【原記者】
「この地区では豪雨の際に電気が止まり、イケスに供給している地下水や酸素が止まったということです」
しかし、近所の人などから燃料を分けてもらうなどし、なんとか自家発電で乗り切ったということです。
【小谷智代登さん】
「みんなに食べてもらって元気になってもらいたい」
谷さんが養殖するウナギは市内の川を遡上するシラスウナギを捕まえて育てた純国産で、主に県内のスーパーマーケットや鮮魚店に向けて出荷されるということです。

“呉・安浦 被災免れたウナギ養殖業者「元気届けたい」(テレビ新広島)” の続きを読む

STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)

情報元 : STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-03075662-tokushimav-l36
 徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と、瀬戸内地域の観光振興に向けて7県の官民でつくられた「せとうちDMO」は19日、西日本豪雨の被災地支援を目的とした募金活動「がんばろう! 瀬戸内」を共同でスタートさせた。
 募金活動は、DMOが開設しているインターネット上のクラウドファンディングサイト「せとうちチアーズ」で行われている。義援金の額は1口1000円から10万円までの6コース。募金した人にはSTU48メンバーからのお礼メッセージと、募金活動の報告がメールで届く。
 募集期間は8月31日までの44日間。寄せられた義援金は、クレジットカード決済代行会社に支払う手数料を除いた全額が日本赤十字社に寄付され、豪雨被災地の復興支援に充てられる。
 募金受付は「がんばろう! 瀬戸内」のサイト https://setouchibrand.jp/cheers/project/s/project_id/16
 STU48は豪雨被害に配慮して、8月29日に予定していた2枚目シングル(タイトル未定)の発売を延期し、今夏に予定していた船上劇場のオープンも見送った。キャプテンの岡田奈々さんやセンターの瀧野由美子さんらは会員制交流サイト(SNS)などを通じて「被災地を支援するために私たちにできる活動をしたい」と心境を語っていた。

“STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)” の続きを読む

豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010008-sanyo-l33
 七五三用の着物をまとった子ども、誕生日を祝うケーキ、笑顔あふれる家族…。西日本豪雨災害で泥水に漬かって汚れた写真は、プロの手で一枚一枚きれいに洗浄され、かつての輝きを取り戻していた。
 写真は岡山県倉敷市真備町地区と笠岡市の被災者から持ち込まれた。「かけがえのないものばかり。少しでもきれいな状態にしてお返ししたい」。洗浄を手掛ける柳生写真館(笠岡市十一番町)の柳生晋伸社長(38)は力を込める。
 写真はぬれたり汚れたりしたまま放置すると、バクテリアやカビが繁殖し劣化が進んでしまう。柳生社長は災害発生後「専門業者として、何かできるボランティアはないか」と考え、13日から自社のホームページやフェイスブックなどで受け付けを開始。20日現在、14件計約2万枚の持ち込みがあったという。
 同社駐車場に臨時作業場を設け、柳生社長と社員4人がアルバムから1枚ずつ丁寧に写真を取り出して水洗いした後、陰干ししている。1日千数百枚のペースで処理し、被災者が取りに来るまで保管する。
 柳生社長は「思い出の詰まった写真を宝物にしている被災者は多いはず。長時間泥水に漬かり洗浄しても駄目なケースはあるが、ぜひ相談してほしい」と話している。
 持ち込みは今月末までの予定で、笠岡市内の他の4つの写真店でも受け付ける。問い合わせは柳生写真館(0865―63―2161)。

“豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)

情報元 : 地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000037-kyt-l26
 京都市は19日、大阪府北部地震と西日本豪雨により住宅に困窮する市外の被災者に対して、市営住宅を無償提供すると発表した。提供期間は半年で、最長1年まで延長できる。
 対象は二つの災害で災害救助法の適用を受けた市町村の在住者で、罹災(りさい)証明書が必要。向島市営住宅(伏見区)の30戸を無償で提供する。間取りは3DKで広さは約60平方メートルあり、単身から4、5人の世帯まで入居ができる。光熱費や水道費、共益費の負担が要るほか、家具や家電は入居者が準備する。
 申し込みは市住宅供給公社(上京区)に設けた被災者向け住宅情報センターで、先着順で受け付ける。センター075(223)0750。

“地震・豪雨被災者に市営住宅提供 京都市、市外の困窮者対象(京都新聞)” の続きを読む

真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)

情報元 : 真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010005-sanyo-l33
 岡山県倉敷市の市教委は19日、西日本豪雨の浸水被害により臨時休校している同市真備町地区の小中学校の授業を、9月3日から再開すると発表した。同地区で被災を免れた学校の敷地内にプレハブ校舎を建てるなどして対応する。プレハブ校舎の整備には時間がかかるため、最初の1カ月程度は他地区の小学校などの空き教室を活用する。
 校舎などの被害が大きい小学校、中学校各2校については、早急な復旧は難しいと判断した。プレハブ校舎は、川辺小が薗小、箭田小は二万小の敷地内に整備。中学は真備東中の運動場に、同中と真備中の2校分を建設する。
 計画では、各校のプレハブ校舎は9月末までに完成予定。同3日の授業再開には間に合わないため、当面は仮校舎として水島、玉島地区の小学校の空き教室などを活用する。
 プレハブ校舎完成までの受け入れ先は、川辺小が連島東小と連島西浦小、箭田小が玉島小と玉島南小、真備東中が霞丘小、真備中が倉敷芸術科学大。児童生徒はバスで送迎するという。担任教諭は変更しない。受け入れ先について市教委は「地理的に真備町地区から近い学校を優先して決めた」としている。
 幼稚園については、川辺は薗、箭田は二万でそれぞれ合同保育を行う。真備陵南高校は同校敷地内でのプレハブ校舎整備まで、市内の市立高校の空き教室を活用する。
 いずれも2学期が始まるまでに保護者向けの説明会を開き、周知を図る。
 19日夜、会見した伊東香織市長は「被災者が生活再建していく中で、コミュニティーの中心である地域の学校園を早期に復旧させるとともに、復旧までの道のりを示すことが大切だと考えた」と話した。市長はまた、被災校については原則、現在の場所で再建する意向も示した。
 同地区の全小中8校では9日から臨時休校が続いており、19日に予定していた1学期の終業式を行わないまま、夏休みに入った。

“真備の小中学校9月3日再開 倉敷市教委、プレハブ校舎建設へ(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

「女性ならではの視点も」 広島県警「メイプル隊」被災地で活動(テレビ新広島)

情報元 : 「女性ならではの視点も」 広島県警「メイプル隊」被災地で活動(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000009-tssv-l34
災害による避難所生活が長引くにつれ、被災者の悩みも増えてきます。そんな被災者から相談を受け付け、環境の改善につなげようと活動する広島県警の特別チームを取材しました。
災害で大きな被害を受けた広島市安芸区矢野地区。
今もおよそ90人の住民が避難所生活を送っている矢野南小学校に警察官が到着しました。
やって来た3人組は広島県警の女性警察官を中心に結成されている『メイプル隊』のメンバーです。
【土田真以巡査長】「こんにちは」
避難所のひとりひとりに声をかけます。
「その後どうですか、おかわりないですか?」「とりあえずね。でも身体が痛い」
『メイプル隊』は、主に避難所で被災者からの相談を受けたり防犯に関する注意喚起などを行ったりする特別部隊で、4年前の広島市の土砂災害の被災地でも活動しました。
話をするなかで住民ならではの地域の情報を聞き取ります。
【土田巡査長と被災者】「そのおばあちゃんの住所が矢野東で私の家の近所なんだけど、その方は歩くのが」「歩くのが大変なので避難できていない?」「そうそう」
今後の対応につなげるため、地図で場所を確認します。
【土田真以巡査長】
「こういうところでいただいた情報からお話させていただいて確認しに行かせてもらったりということは多々ありますね」
ひとりひとりの『困りごと』にも耳を傾け、対応策を考えます。
【小早川巡査部長】
「交通の便も復旧していないのでなかなかバスも1時間に一本と伺ったので、難しいですよね、病院に行かれるとなると」「歩いて行ける距離じゃないからね」
被災地特有の犯罪に対する注意を呼びかけることも大切な任務のひとつです。
【緒方巡査長と被災者】「空き巣に入られたとか、お金が無くなったとか家財道具が持っていかれたという方が結構多いからですね」
【男性】「ありがたいですね」
聞いた情報や要望はまとめて行政にも報告し、今後はその情報をもとに改善をはかることになります。そんな『メイプル隊』に子どもたちからも『要望』が・・・。
なんと、「パトカーに乗りたい」というのです。
普段はなかなか乗ることのできないパトカーに子供たちは大興奮。避難所生活が続く子供たちに笑顔が生まれました。
【子供】「たのしい!」「(将来は何になりたいの)?警察!かっこいいけえ」
【土田真以巡査長】「子供たちが喜んでくれてうれしく思います」「少しでも避難されている方の意見をくみ取らせていただいて、警察でできることを全力でさせていただけたらと思います」

“「女性ならではの視点も」 広島県警「メイプル隊」被災地で活動(テレビ新広島)” の続きを読む

岡山・広島派遣の宮城県職員が「豪雨被災地の課題」を知事に報告(仙台放送)

情報元 : 岡山・広島派遣の宮城県職員が「豪雨被災地の課題」を知事に報告(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010007-oxv-l04
西日本を中心とした豪雨で岡山県と広島県に派遣されていた宮城県の職員が18日、県庁に戻り現地の状況などを村井知事に報告しました。
宮城県は西日本を中心とした豪雨被害を受け、情報収集にあたる職員を岡山県と広島県に、避難所での健康相談などの支援を行う職員を広島県に派遣していました。
1週間ほどの活動を終えて県庁に戻った職員たちは避難所運営の現状や、大量に発生している災害ごみの処理の問題など被災地域の課題を村井知事に報告しました。
情報収集チーム松平幸雄 さん
「これからは仮設住宅の問題だとか、災害廃棄物の処理の問題、こういったものが重点的になると思います」
県では戻ってきた職員の報告をもとに、今後の支援方針を検討することにしています。

“岡山・広島派遣の宮城県職員が「豪雨被災地の課題」を知事に報告(仙台放送)” の続きを読む

西日本豪雨支援へ歌声響かせ 岩手・高田一中有志(岩手日報)

情報元 : 西日本豪雨支援へ歌声響かせ 岩手・高田一中有志(岩手日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00186530-iwatenpv-l03
 陸前高田市高田町の高田一中(小野寺哲男校長、生徒271人)の有志は17日、西日本豪雨被災地を支援しようと17日、同町のアバッセたかたで「西日本豪雨災害募金チャリティミニコンサート」を開いた。東日本大震災の復興支援への感謝も込めて歌声を響かせた。
 有志約40人が、高田一中と統合する前の気仙中が歌い継いだ「空~ぼくらの第2章~」をはじめ、「絆」「糸」「市民歌」の4曲を披露。見守った約60人の買い物客らが次々と募金した。
 コンサートは生徒会が中心となり発案。生徒会書記長の新沼朱莉(あかり)さん(3年)は「震災で支援してもらった恩返しの思いが西日本に届けばいい」と力を込めた。

“西日本豪雨支援へ歌声響かせ 岩手・高田一中有志(岩手日報)” の続きを読む

広島~呉間を臨時バスやフェリーが運航 定期券がない場合の臨時バスも /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 広島~呉間を臨時バスやフェリーが運航 定期券がない場合の臨時バスも /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000055-minkei-l34
 平成30年7月豪雨の影響により、不通区間となった広島~呉間で通勤・通学に対応する臨時バスやフェリーの運航が始まった。(広島経済新聞)
 災害時緊急輸送として広島県からの要請を受けたJR、バス協会、旅客船協会、中国運輸局、中国地方整備局、NEXCOなどの関係機関が呉~広島間の緊急輸送バス、新幹線、船の運航を増強した。
 利用対象はJR呉線の不通区間を一部でも含む定期券・回数券を持つ利用者で、山陽新幹線(東広島~広島)もこだま号を増便し、臨時列車や車両数を拡大して対応にあたる。今月18日からは山陽本線の福山~三原間が復旧したため、山陽新幹線の代替輸送は三原~広島間とし、ひかり号、こだま号が引き続き、運行する。
 広島呉道路を経由する高速バス「クレアライン」を運行する広島電鉄は定期券や回数券を持たない利用者向けに呉駅前~広島バスセンター間で臨時バスを走らせた。18時55分に広島バスセンターを出発する便には長い行列ができ、列の最後にはプラカードを持つスタッフが立った。出発前にバスに定員60人が乗り込み、満席になると定刻前に出発。その後、新しいバスがホームに到着すると、事前に配布した整理券を手に持つ乗客が次々とバスに乗り込んだ。同社では1便あたり定員(60人)が決まっているため、あらかじめ整理券を配布し、人数を把握。夕方は利用客が多いと見越して予備車を用意していたという。
 臨時バスの運行は復旧途上の広島呉道路を走行するため、天候や2次災害発生の可能性などにより、運行しない場合もある。広島県によると、臨時バスの運行時間は、呉~広島駅間=約50分、呉~広島バスセンター間=約1時間と被災前と変わらないという。

“広島~呉間を臨時バスやフェリーが運航 定期券がない場合の臨時バスも /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む