ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)

情報元 : ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010001-fukui-l18
 福井県福井市内にある二つの自治会が、解散したことが分かった。ともに少数の高齢世帯で構成しており、地区の自治会連合会などから割り振られる役職を務める負担が大きくなったためとみられる。福井県市町振興課によると、合併に伴う解散以外で、住民が居住しながら自治会がなくなるのは県内で初めて。超高齢社会の影響や地域コミュニティーの希薄化に伴う自治会解散の連鎖も今後懸念される。
 解散したのは、美山地区の東俣町にある「東俣町自治会」と、市中心部に近い乾徳2丁目の一画にある「乾徳10自治会」。市は昨年12月27日と今年1月4日にそれぞれの自治会廃止届を受理した。
 東俣町自治会は6世帯14人、乾徳10自治会は6世帯11人で構成。ともに住民のほとんどが70歳を超えており、福祉委員、青少年育成推進員などの役職を担うことが負担になっていたようだ。
 「自治会は災害など万一の際に互助組織として機能する。できるならば維持することが望ましい」とする市は、東俣町に隣接自治会との合併を勧めたが、「(他の集落に)迷惑をかけたくない」などと了解を得られなかった。ただ、災害に備え最低限の連絡体制を残しておくため、市との情報伝達役になる行政嘱託員は住民に引き受けてもらった。住宅街にあり周辺に自治会が多数ある乾徳については、今後合併を働き掛けていく。
 自治会の解散により、防犯灯の設置・電気料の補助金、ごみステーション美化協力金などの各種補助が受けられなくなる。
 両地域の住民とも、解散前と変わらない暮らし、集落機能は維持したい意向。東俣町は地区に対し必要な負担金は今後も納めることを検討し、ごみステーションも住民が協力して管理していくとみられる。乾徳では街灯の電気代を自治会の積立金から支払う予定。
 市自治会連合会の奥村清治会長は「高齢者への目配りができなくなるのでは」と心配し、自治会の解散が今後連鎖する事態も危惧する。
 市まち未来創造室によると、市内には1543の自治会があり、平均世帯数は約50世帯。高齢化による役員の担い手不足に陥る自治会は増えているという。このため市は自治会の合併を後押しし、合併後3年間は補助金を交付している。2013~17年度に22自治会が9自治会に再編された。

“ほとんど70歳以上…役職もう無理 居住しながら自治会解散(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)

情報元 : 徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-03148977-tokushimav-l36
 四国大生が徳島駅前の活性化を目的としたイベント「四国大学 徳島駅前にぎわいキャンパス」を企画した。駅周辺の3会場をキャンパスに見立て、若者や親子連れを対象にした催しを行う。期間は12日から3月7日まで。
 徳島市から駅前のにぎわい創出への協力を求められ、四国大生活科学科の学生57人が企画した。徳島駅クレメントプラザとアミコ専門店街、ポッポ街商店街を会場に、バルーンアート体験やポスター展など六つの催し(いずれも無料)を実施する。事業費は66万円。徳島市の「市中心市街地賑わい創出事業」の補助(3分の2)を受けた。
 初日の12日は、3年生24人が、バルーンアート体験や歯磨き指導などを3会場で実施。親子連れらが大勢訪れ、犬やハート型の風船を作ったり、学生から歯の磨き方を教わったりした。
 学生が手掛けたバレンタインデー用ポップ広告の展示会(16日~2月14日)、駅前の24店を紹介するポスター展(2月15日~3月7日)を予定している。今月25、26両日は、来場者にカラーコーディネートを助言するブースを設ける。
 3年の國久真依さん(20)=徳島市多家良町=は「若い世代や子どもたちが楽しめる空間をつくり、駅前をにぎやかにしたい」と話した。

“徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)” の続きを読む

民間職員 受け入れ強化 ノウハウ生かし組織を活性化 茨城県、派遣企業募る(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 民間職員 受け入れ強化 ノウハウ生かし組織を活性化 茨城県、派遣企業募る(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000002-ibaraki-l08
民間のノウハウを組織活性化に生かそうと、茨城県は企業からの職員派遣の受け入れを強化する。企業とのネットワークを強めて施策に反映しやすくし、県政の情報発信や観光振興分野などに生かしたい考え。これまでは各部署が必要に応じて受け入れてきたが、対象を絞らずに幅広く呼び掛けて一括公募の形にする。県は職員派遣を希望する企業を募集している。
県行政経営課によると、勤務開始は来年4月から。募集、受け入れは企業側の人事異動などに応じて通年で順次実施する。期間は原則1年間だが、最大は3年間。派遣される職員は企業に在籍したまま県の業務に当たり、給料や手当は企業が負担する形とする。
職務内容や配属先は、企業側の希望を聞いた上で調整する。ただ、公正な業務執行に疑念を生じさせたり癒着が疑われたりしないよう、許認可や補助金交付に関係する部署は除かれる。
想定される主な業務として、観光振興▽国際観光▽農水産物の販売促進▽県政情報発信▽対日投資▽五輪・パラリンピックの機運醸成▽古民家活用▽偕楽園の利用促進▽働き方改革の推進-などと幅広く掲げている。
同課は、職員派遣が企業にとっても人材育成や新たな事業ニーズの発見につながる、としている。これまでは部署ごとに行っており、本年度は計7人が所属。業務上関連のある企業が多く、グローバル戦略チームが地元銀行から、科学技術振興課がガス会社、交通政策課がバス会社からの派遣を受けるなどしている。
問い合わせは同課(電)029(301)2267へ。
(黒崎哲夫)

“民間職員 受け入れ強化 ノウハウ生かし組織を活性化 茨城県、派遣企業募る(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010004-iwanichi-l03
 2018年度インスタントラーメン小学生レシピコンクール全国大会で、一関市立赤荻小学校6年の阿部悠君(11)の作品「エスニック香るガパオ麺」が努力賞を受賞した。初出場で全国初入賞を果たした阿部君は「ちょっと悔しかったけれど楽しめた。この料理をいっぱい作って上手になりたい」と話している。独創性光る「ガパオ麺」 同コンクールは日本即席食品工業協会が主催し、農林水産省、日本栄養士会が協力。身近な材料による食育が目的で、全国の小学4~6年生を対象に毎年行われている。阿部君は11月の札幌大会で優秀賞を獲得し、北海道・東北地区代表として全国大会に進出した。
 全国大会は9日に東京都で開かれ、阿部君を含め地区大会で優秀な成績を収めた小学生14人が出場。おいしさ、栄養バランス、盛り付け、手軽さ、独創性を基準に採点され、各賞が決まった。
 阿部君は札幌大会後、ガパオ麺に載せる卵を特に研究して全国大会に臨んだ。電子レンジで目玉焼きをきれいに作ろうと、卵が加熱中に爆発しないように黄身を竹串で数カ所刺し、何分温めればちょうどいいか何度も試した。自宅練習では成功していたが、本番は消費電力が自宅の物と違う電子レンジだったために2個失敗してしまい、残り2個は補助の栄養専門学校生にフライパンで半熟に作ってもらったという。
 ただ、「麺は素早く上手にできたので良かった」と手応えも感じた様子。母親と一緒に試食し、「いつもと変わらない味だった」とおいしさを改めて実感したようだ。
 農林水産大臣賞(最優秀賞)を狙っていた阿部君は、結果について「努力賞かぁ、という感じ」と少し残念そうにしながらも、「悔しかったけれど楽しめた。いろんな所に行き、いろんなことを知って楽しかった」と笑顔を見せる。
 独創性あるレシピができたのは一昨年の同コンクールを経験した姉のアドバイスが大きかったことから「今回の受賞は土台を築いてくれた姉のおかげ」と感謝。最近は小学1年の弟も料理を始めたといい「弟に僕の経験を伝え、いい賞を取ってもらいたい」と、きょうだい全員の同コンクール出場を夢見ている。

“全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010004-iwanichi-l03
 2018年度インスタントラーメン小学生レシピコンクール全国大会で、一関市立赤荻小学校6年の阿部悠君(11)の作品「エスニック香るガパオ麺」が努力賞を受賞した。初出場で全国初入賞を果たした阿部君は「ちょっと悔しかったけれど楽しめた。この料理をいっぱい作って上手になりたい」と話している。独創性光る「ガパオ麺」 同コンクールは日本即席食品工業協会が主催し、農林水産省、日本栄養士会が協力。身近な材料による食育が目的で、全国の小学4~6年生を対象に毎年行われている。阿部君は11月の札幌大会で優秀賞を獲得し、北海道・東北地区代表として全国大会に進出した。
 全国大会は9日に東京都で開かれ、阿部君を含め地区大会で優秀な成績を収めた小学生14人が出場。おいしさ、栄養バランス、盛り付け、手軽さ、独創性を基準に採点され、各賞が決まった。
 阿部君は札幌大会後、ガパオ麺に載せる卵を特に研究して全国大会に臨んだ。電子レンジで目玉焼きをきれいに作ろうと、卵が加熱中に爆発しないように黄身を竹串で数カ所刺し、何分温めればちょうどいいか何度も試した。自宅練習では成功していたが、本番は消費電力が自宅の物と違う電子レンジだったために2個失敗してしまい、残り2個は補助の栄養専門学校生にフライパンで半熟に作ってもらったという。
 ただ、「麺は素早く上手にできたので良かった」と手応えも感じた様子。母親と一緒に試食し、「いつもと変わらない味だった」とおいしさを改めて実感したようだ。
 農林水産大臣賞(最優秀賞)を狙っていた阿部君は、結果について「努力賞かぁ、という感じ」と少し残念そうにしながらも、「悔しかったけれど楽しめた。いろんな所に行き、いろんなことを知って楽しかった」と笑顔を見せる。
 独創性あるレシピができたのは一昨年の同コンクールを経験した姉のアドバイスが大きかったことから「今回の受賞は土台を築いてくれた姉のおかげ」と感謝。最近は小学1年の弟も料理を始めたといい「弟に僕の経験を伝え、いい賞を取ってもらいたい」と、きょうだい全員の同コンクール出場を夢見ている。

“全国大会で努力賞 即席麺小学生レシピコン 阿部君(赤荻6年)の「ガパオ麺」【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)

情報元 : 黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000552-san-l06
 上山城(山形県上山市湯町)周辺を黒板塀で景観形成しようと平成17年から活動している市民団体「城下町再生志士隊」(酒井信一郎隊長)が進めてきた旅館山城屋(同市湯町)の市松扇の黒板塀が完成し、12日にお披露目された。
 今回完成したのは、大正11年築の登録有形文化財「山城屋」入り口右手に連なる黒板塀で、既存のブロック塀裏に控え壁を取り付けて補強、ブロック塀を覆い隠す形で黒板塀を完成させ、高さ1・2~1・5メートル、長さ27・4メートルに及ぶ。山城屋は、上山市出身の歌人、斎藤茂吉の弟、高橋四郎兵衛が経営し、茂吉もたびたび訪れたところでもある。
 平成17年に上山城周辺の武家屋敷通りの整備が完了したことから、建築士、造園業、塗装業、左官業など多彩なメンバーが集まり、城下町再生志士隊を結成。「景観に対する市民の意識を高められれば」と、市民のボランティア18人が日曜に集まり、手弁当で8月から約2カ月をかけて進めてきた。酒井隊長は「東京五輪・パラリンピックを控え、末広がりの意味から扇模様を入れ、多くの人たちが集まり、一つ一つの縁がつながり、地域がつながればという意味を込めた」とした。
 14年目に入った黒板塀づくりは、今年の完成で16カ所、長さ約307・9メートルに及び、設置費用も寄付金や市民の善意で賄い、今年は上山市の補助金も含め約103万円かけて完成した。完成式典には横戸長兵衛市長も参加、「市のまちづくりのグレードアップにもつながっており、ボランティアでまちづくりをしてくれることに感謝している」と述べた。
 酒井隊長は「市民からオファーを受けた中から選び、来年以降も黒板塀づくりを続けていきたい」としている。

“黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)” の続きを読む

補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)

情報元 : 補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00362797-agara-l30
 和歌山県田辺市は、民間のブロック塀対策への補助金を増額する予算案を、12月市議会に提出している。6月の大阪府北部地震以降に相談が相次ぎ、9月の補正予算で200万円を追加していたが、今回新たに300万円を増額。当初予算の100万円から、総額を600万円に引き上げる。
 ブロック塀対策の補助制度は、2014年度に開始。公道などに面し、高さ60センチ以上、延長2メートル以上あるブロック塀を対象に、撤去したり、フェンスなどに転換したりする費用の2分の1(最大10万円)を補助している。
 昨年度までは利用が進まず、4年間の交付件数は17件。本年度の当初予算は100万円と、昨年度から半減させていた。
 しかし、大阪府北部地震で小学生がブロック塀の下敷きになって死亡した事故を受け、問い合わせが急増。市防災まちづくり課には、12月12日現在、102件の相談が寄せられている。うち申請済みは28件、申請見込みが28件。
 同課によると、9月には北海道胆振東部地震、11月には田辺市などで震度4の地震があったこともあり、問い合わせがコンスタントに続いているという。

“補助金予算を再度増額 民間のブロック塀撤去で田辺市(紀伊民報)” の続きを読む

黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)

情報元 : 黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000552-san-l06
 上山城(山形県上山市湯町)周辺を黒板塀で景観形成しようと平成17年から活動している市民団体「城下町再生志士隊」(酒井信一郎隊長)が進めてきた旅館山城屋(同市湯町)の市松扇の黒板塀が完成し、12日にお披露目された。
 今回完成したのは、大正11年築の登録有形文化財「山城屋」入り口右手に連なる黒板塀で、既存のブロック塀裏に控え壁を取り付けて補強、ブロック塀を覆い隠す形で黒板塀を完成させ、高さ1・2~1・5メートル、長さ27・4メートルに及ぶ。山城屋は、上山市出身の歌人、斎藤茂吉の弟、高橋四郎兵衛が経営し、茂吉もたびたび訪れたところでもある。
 平成17年に上山城周辺の武家屋敷通りの整備が完了したことから、建築士、造園業、塗装業、左官業など多彩なメンバーが集まり、城下町再生志士隊を結成。「景観に対する市民の意識を高められれば」と、市民のボランティア18人が日曜に集まり、手弁当で8月から約2カ月をかけて進めてきた。酒井隊長は「東京五輪・パラリンピックを控え、末広がりの意味から扇模様を入れ、多くの人たちが集まり、一つ一つの縁がつながり、地域がつながればという意味を込めた」とした。
 14年目に入った黒板塀づくりは、今年の完成で16カ所、長さ約307・9メートルに及び、設置費用も寄付金や市民の善意で賄い、今年は上山市の補助金も含め約103万円かけて完成した。完成式典には横戸長兵衛市長も参加、「市のまちづくりのグレードアップにもつながっており、ボランティアでまちづくりをしてくれることに感謝している」と述べた。
 酒井隊長は「市民からオファーを受けた中から選び、来年以降も黒板塀づくりを続けていきたい」としている。

“黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)” の続きを読む

【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)

情報元 : 【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000003-san-l19
 来年1月27日投開票の知事選に自民党推薦で立候補を予定している長崎幸太郎元衆院議員(50)が8日、甲府市内で総決起集会を開き、菅義偉官房長官、同党の三原じゅん子女性局長が応援に駆けつけた。
 総決起集会には、県選出国会議員、県議、市町村長などを含め、全県から約4千人が参加した。
 菅官房長官は「山梨県政は停滞している」とした上で、「前に進めるのは長崎さんしかいない。国と太いパイプがあり、周辺の県とも連携できる。行動力と未来を見据える政策があり、新しい山梨のかじ取り役になれる」と支持を訴えた。
 菅氏は「経済は国力の源だ。アベノミクスの成長戦略で観光と農林水産業の改革を徹底的にやった。山梨県の有効求人倍率は(政権発足前の)0・69倍から1・66倍になった」と安倍晋三政権の地方創生の成果を強調した。
 長崎氏は決意表明で、人口減少や過疎化に強い懸念を示し、県人口が約82万人の本県より少ない約71万人の高知に対する国の補助金が、本県よりも230億円多いことを紹介。「何もしないことは山梨にとって最大の失敗だ」と後藤斎県政を厳しく批判した。
 その上で、任期の4年間で約1千億円の資金を国から調達することで「災害や救急医療、リニア中央新幹線関連など、幅広い分野で予算が使えるはずだ」と指摘。「今こそ打って出る県政をつくろう」と呼びかけた。

“【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞)” の続きを読む

発達障がいへの理解深める 星槎大講師、特別支援教育で講演 鹿児島県沖永良部島(南海日日新聞)

情報元 : 発達障がいへの理解深める 星槎大講師、特別支援教育で講演 鹿児島県沖永良部島(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010004-nankainn-l46
 昨年、鹿児島県沖永良部島にサテライトカレッジを開校した星槎大学の講師陣による特別支援教育講演会が19日、知名町で始まった。3日間の日程。初日は町商工会館で、特別支援教育や心理学を専門とする西永堅准教授が「発達障害の定義と関わり方」と題して講演。約90人が参加し、発達障がいの種類や適切な支援の在り方を学んだ。
 西永准教授は「小学2年生で1年生より身長の低い児童もいれば、3年生より高い児童もいるのと同様に、脳の発達にも個人差がある」と指摘。学年で区切って同じ教科書を使い、授業を行う日本の教育システムの問題点にも言及した上で、子どもたちに合わせた教育指導の重要性を強調した。
 指導する際は「廊下は走らない」ではなく「廊下は歩きましょう」など、子どもたちがイメージできる具体的な指示が良いと助言。成功体験を繰り返すことで子どもに自信をつけさせることの大切さや、不安を取り除くために行動スケジュールを明確化するなど、見立ての重要性についても話した。
 講演会は特別支援教育への理解啓発や、星槎大学に関する情報提供などを目的に、知名町の地域課題解決人材育成事業補助金を活用して開催した。

“発達障がいへの理解深める 星槎大講師、特別支援教育で講演 鹿児島県沖永良部島(南海日日新聞)” の続きを読む