秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05
 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。
 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。
 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。
 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。
 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)

情報元 : きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000004-tbcv-l04
 16日は海の日、宮城県内は雲が多く、所々で雨が降るすっきりしない天気となりましたが、気温は上がり、丸森など6か所で真夏日となりました。
 海開きを迎えたばかりの海水浴場には、多くの人が訪れ冷たい水の感触を楽しんでいました。
 このうち、14日に震災後2度目の海開きを迎えた宮城県南三陸町の「サンオーレそではま」も多くの家族連れなどでにぎわいました。曇り空のもとでの海水浴となりましたが、待ちわびていた子どもたちは元気いっぱいです。
 3連休の人出は1万8000人に達しました。
 震災で地盤沈下し、復旧工事が完了した2017年再開を果たしたサンオーレそではま。再開1年目は天候不順で来場者が2万人に留まりましたが、町の観光協会では2018年は8月26日までの期間中5万人の人出を期待したいと話しています。
 一方、宮城県東松島市の野蒜海岸では、親子400人余りが地引き網に挑戦しました。震災の被災地ににぎわいを取り戻そうと地元の漁師らでつくる実行委員会が企画したもので、長さ100メートルの網を声を合わせて引くこと約20分。イシモチやカニなどがたくさん獲れました。そして網にはウミガメも。
 震災の津波被害を受けた野蒜海岸では、海水浴場の閉鎖が続いていますが、海の日の16日は、子どもたちのにぎやかな声が響き渡っていました。
 宮城県塩釜市では、日本三大船まつりの一つ、塩釜みなと祭が開かれました。16日はまず、1トンもある神輿2基が志波彦神社と塩釜神社を出発。担ぎ手の氏子らは息を合わせて202段の石段を慎重に降りていきました。そして神輿は港まで約2キロの道のりを練り歩きます。
 多くの見物客に見守られながら神輿は龍や鳳凰をかたどった御座船へ。御座船は大漁旗や吹流しで彩られた漁船100隻を従えて松島湾内を巡行する「神輿海上渡御」を披露しました。
 戦後の復興を願い始まった塩釜みなと祭。勇壮な船の列は、71回目の2018年もまちを大いに活気づけました。

“きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)” の続きを読む

鳥取県境港市の水木しげるロードリニューアル(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県境港市の水木しげるロードリニューアル(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010000-chukaiv-l31
境港市の水木しげるロードはリニューアル工事を終え14日に関係者らがパレードや式典をして完成を祝いました。
この日は、境港市長の中村勝冶市長や関係者が参加して新しくなった水木しげるロードの完成を祝いオープニングパレードを行いました。
この後、11体の着ぐるみと総勢150人の関係者がロードをパレードしました。
新しくなった水木しげるロードは、「すべての人にやさしく、誰もが楽しめる道づくり」をテーマにおよそ4年間工事が進められてきました。
800mの車道を一方通行にしてその分、歩道を4mから6mに拡張したり妖怪ブロンズ像を177体に増やしたり観光客への魅力アップを図ったりました。
リニューアル後の水木しげるロードは、夜間照明が設けられて夜も観光客を取り込む工夫がされています。

“鳥取県境港市の水木しげるロードリニューアル(中海テレビ放送)” の続きを読む

水木ロード観光にグルメマップ 69店舗分かりやすく紹介 鳥取(産経新聞)

情報元 : 水木ロード観光にグルメマップ 69店舗分かりやすく紹介 鳥取(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000027-san-l31
 鳥取県境港市の水木しげるロードが14日にリニューアルオープンするのに備え、市観光協会は、市内の飲食店などを紹介した「境港グルメマップ」を作製した。
 水木ロードは、歩道の幅を広げて妖怪像を再配置し、観光客にゆったりと過ごしてもらうように工夫。さらに、夜間照明を新設して、滞在型の観光地を目指している。これに合わせ、マップでは、水木ロードを中心とした地図に周辺の飲食店69店舗の位置などを分かりやすく紹介。日中や夜間の営業時間、定休日なども記した。また、市内8カ所の宿泊施設とその近くのATM、救急指定病院なども地図に示した。
 A3判2つ折りで、1万部を作製。市観光案内所や宿泊施設などで無料配布している。

“水木ロード観光にグルメマップ 69店舗分かりやすく紹介 鳥取(産経新聞)” の続きを読む

機具岩に柔らかな光 富来でライトアップ始まる(北國新聞社)

情報元 : 機具岩に柔らかな光 富来でライトアップ始まる(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00625223-hokkoku-l17
 志賀町富来七海(ひつみ)の機具(はたご)岩で15日、夏季のライトアップが始まった。波間に寄り添う夫婦(めおと)岩が日没とともに発光ダイオード(LED)の柔らかな光に照らされ、来場者を魅了した。
 夏季の誘客に向け、町観光協会が毎年、実施している。同町福浦(ふくら)港の旧福浦灯台でもライトアップが開始された。点灯時間はいずれも午後7~10時まで。9月30日まで行う。

“機具岩に柔らかな光 富来でライトアップ始まる(北國新聞社)” の続きを読む

鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010000-chukaiv-l31
中国からの観光客が6日に鳥取県大山町の大山寺を訪れ、県西部の文化や自然に触れました。6日は、中国南部の福建省から家族連れなど33人の中国人観光客が大山寺の本堂を訪れました。観光客らは、本堂の前で線香を焚いたあと手を合わせて祈りました。また、鐘を突いたり、記念撮影をしたりと大山寺の雰囲気を堪能しました。この中国人観光客は、「村走り」と呼ばれるウォーキングとマラソンを組み合わせた中国のスポーツイベントを体験しようとツアーに参加しました。村走りを取り入れたツアーは去年、東郷湖で初めて開かれ、好評だったことから今回が2回目の開催でした。しかし、あいにくの雨で「村走り」は中止となりましたが、主催した旅行会社は、今後も都市部に住む中国人を中心に旅行企画の提案を進めたいとしています。家族で参加した子どもの中には、嬉しいときに歌う歌を披露してくれた女の子もいました。村走りを企画した会社によりますと、来年以降も継続してツアーを実施し、鳥取県の魅力を感じている中国人観光客を呼び込むことにしています。

“鳥取県大山~中国人観光客へ魅力発信(中海テレビ放送)” の続きを読む

宮崎市公式インスタグラム写真展(宮崎日日新聞)

情報元 : 宮崎市公式インスタグラム写真展(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00013646-miyazaki-l45
 ◎…投稿者それぞれが見た宮崎の魅力を発信-。宮崎市は、同市公式インスタグラムに投稿された写真約230点を展示した作品展を、同市のボンベルタ橘で開催している=写真。
 ◎…同市のインスタは、市民らがお気に入りのスポットなどを撮影。毎日、数十~200件の投稿があり、市が毎日1作品を優秀作に選定。昨年4月に運用開始後、投稿は4万7千件を超えている。
 ◎…青島神社の鳥居の間から見える朝日や、灯籠が照らす宮崎神宮の参道など、印象的な作品ばかり。市の広報担当者は「とっておきの1枚で観光誘客をフォローしてほしい」と期待している。

“宮崎市公式インスタグラム写真展(宮崎日日新聞)” の続きを読む

吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)

情報元 : 吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010001-tvnv-l29
 去年4月に起きた事故から運休が続いている吉野山のロープウエーが、無期限で運休することが分かりました。
 運休が続いているのは、桜の名所として知られる吉野山のロープウエーです。去年4月、ゴンドラが停留所の設備に衝突する事故が発生したため、運休となっていました。運営業者が復旧は今年の夏ごろになるとしていましたが、おとといホームページで再開が未定であると発表しました。運営業者によりますと資金調達が難しいということで、吉野ビジターズビューローでは紅葉など秋の観光シーズンに向け、バスなど代わりの交通機関を考えたいとしています。

“吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)” の続きを読む

観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)

情報元 : 観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000003-san-l32
 松江市美保関町の観光スポット「青石畳通り」に13日、青い風鈴がつるされ、訪れた観光客らに涼を提供している。9月末まで。
 青石畳通りは、美保神社の門前町にある細い路地。近くの海岸から運ばれた凝灰岩が敷き詰められ、雨の日にはうっすら青色を帯びることから、この名で呼ばれている。梅雨が明けて暑さが募る中、訪れた人たちに少しでも涼んでもらおうと、松江観光協会美保関町支部が初めての試みとして取り組んだ。
 通り沿いにたたずむ廻船(かいせん)問屋や旅館、醤油(しょうゆ)蔵などレトロな建物の軒先に次々と風鈴がつるされると風情がいっそう増し、同支部では「石畳の碧(あお)と風鈴の青を味わって」と話していた。

“観光客らに涼提供、松江・美保関「青石畳通り」に青い風鈴(産経新聞)” の続きを読む

南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)

情報元 : 南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000005-rkkv-l43
熊本地震で甚大な被害が出た南阿蘇村のゴルフ場が、2年3か月ぶりに再開します。
来週の再開を前に一足早く取材しました。今月21日に営業を再開する南阿蘇村の阿蘇東急ゴルフクラブです。
43年前に開業したこのコースは、上級者も唸らせるチャンピオンコースとして、長年ゴルファーに親しまれてきました。しかし、熊本地震でクラブハウスは使えなくなり、道路やコースも崩壊して営業できない状態が続いていました。
「夢だろうと思いました。現実じゃないと思いましたね」(渡辺淳支配人)
32年間、このゴルフクラブを見守ってきた渡辺淳支配人です。渡辺支配人は熊本地震の本震のあと、南阿蘇村立野の自宅から、寸断された道路を迂回し、数時間かけてゴルフ場に駆けつけました。
「アスファルトがめくれあがって人が入っていける状況ではなかった」(渡辺淳支配人)
クラブハウスに通じる道路は崩壊。車を置いてどうにかクラブハウスにたどり着いた時、渡辺支配人の目の前には信じがたい光景が広がっていました。
「ここがクラブハウスがあった場所です。車とかも入れる状況になくボコボコの状態でした」(渡辺淳支配人)
クラブハウスの中はさらにひどい状態でした。
Q復旧できると思った?「いえ・・・正直な話。ただ茫然としていたのだけははっきり覚えています」(渡辺淳支配人)
そして、金峰山や普賢岳を望む阿蘇東急ゴルフクラブの名物ホールには・・・
「ずーっと亀裂が。元あったグリーンから真っすぐに亀裂が」(渡辺淳支配人)
川沿いのコースも一部が崩れ落ちるなど、被害はゴルフ場全体にまで及んでいました。それでも、阿蘇東急ゴルフクラブは復旧を決断。地元、南阿蘇村から受けた「残ってほしい」という強い要望もその決断を後押ししました。クラブ再開に向けてノウハウを持つスタッフを東京から呼び寄せ、コースに水を送る配水管設備もすべて一からやり直しました。一方で、従業員の多くが暮らす南阿蘇村のためにも一役買いました。
「新しい一番ホールです。震災直後、停電していた南阿蘇村に電力を送るためこちらには3基の鉄塔が建てられていました」(記者)
電力の復旧が急がれた震災直後には、応急の鉄塔を建てる場所を電力会社に提供したのです。南阿蘇村に暮らす従業員は、復旧工事が続く中、芝刈りなどをしながら再開の時を待ったといいます。
「観光客にもきてもらったりとか村の活性化につながってくれればという気持ちは地元としてあります。楽しんでいただけるように何度も来てもらえるようにがんばっていきたい」(従業員)
新しいクラブハウスは、研修施設だった場所を買い取って改装。スタート室も増設して、ゴルファーを迎える準備は万端です。
「会社もそうですし地域のみなさんもそうです感謝感謝。それしかありません。まさか再開できるとは思いもよらなかった。あの当時は」(渡辺淳支配人)
壊滅的な状況から新しく生まれ変わった阿蘇東急ゴルフクラブ。被災地の観光資源がまたひとつ戻ります。
「ここは阿蘇の玄関口になりますので、温泉とかこの地域はいっぱいありますからそういったところもみなさんきていただければありがたい」(渡辺淳支配人)

“南阿蘇村「阿蘇東急ゴルフクラブ」再開(RKK熊本放送)” の続きを読む