三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)

情報元 : 三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000502-isenp-l24
 【尾鷲】今年度中に廃止が決定している中部電力尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市国市松泉町)の用地活用に関する協議会「おわせSEAモデル協議会」が24日、設立され、同市朝日町の尾鷲商工会議所で初会合があった。
 協議会は市と同社、尾鷲商議所の三者で設立。加藤千速市長、中電副社長で「発電カンパニー」社の小野田聡社長、伊藤整会頭、オブザーバーとして県の渡邉信一郎副知事と三重大の鶴岡信治理事が出席した。
 市と中電は今年5月、関連用地を含めた63万4000平方メートルの跡地利用に関する協定書を締結。協議会には市と同社の同意を得て尾鷲商議所が加わった。
 初会合では、加藤市長が「時間軸を念頭に置き、関係者と連携しながら尾鷲市の発展に取り組んでいきたい」とあいさつ。三者それぞれがリーダーとなる3つのプロジェクトを設置するといった23条の協議会規約や協議会のロゴ案など3議案を議決した。
 プロジェクトは、市が「市民サービス・文化・観光」、中電が「エネルギー」、尾鷲商議所が「農林水産業・商工業」を担当する。各プロジェクトにはそれぞれ具体的な検討の場となる部会を設置している。
 発電カンパニー事務局の報告では、発電用設備の撤去工事を3年ほどかけて実施するといった工程表案や、代替エネルギー設備を活用する産業施設などを配置したイメージ構想図案を紹介した。
 小野田社長は「自治体と地元産業界、電力会社が知恵を出し合って地域の発展に寄与する仕組みをつくっていくことは全国的にも大変珍しい取り組み」とし、「国内の先駆けとなるエネルギー利活用のモデル地域を目指したい」と述べた。

“三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)

情報元 : 志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000075-san-l24
 伊勢志摩国立公園内にある志摩市の「横山展望台」がリニューアルされた。展望デッキは2倍以上の広さとなり、「横山天空カフェテラス」もオープン。涼を取りながら英虞湾の絶景を一望できるとあって多くの観光客が訪れている。
 同展望台は昭和30年代から段階的に整備が進められてきた。平成28年には賢島で伊勢志摩サミットが開催され、オバマ元米大統領ら各国首脳が英虞湾の眺望を堪能した。
 環境省は28年に同公園を含めた全国8国立公園を世界水準のナショナルパークとして整備し、外国人観光客の増加を目指す「国立公園満喫プロジェクト」を展開。同公園では昨年9月から、約9億円をかけ駐車場やアクセス道も含めて整備していた。
 県産ヒノキの展望デッキはそれまでの92平方メートルから倍以上の225平方メートルに拡張。以前よりさらに斜面にせり出した。山側には木造2階建ての休憩所(延べ床面積約150平方メートル)を建設し、志摩地中海村(同市浜島町)に運営委託した。
 カフェテラスのメニューは軽食や飲み物、スイーツなど約30点。志摩市産の食材を使った「勝つおバーガー」や「アカモクアイス」「志摩シソヨーグルト」などをそろえた。
 さらに頂上側に「木もれ日テラス」や「そよ風テラス」を整備し、英虞湾のさまざまな表情を楽しめるようにリニューアルした。

“志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)” の続きを読む

地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)

情報元 : 地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00010005-minyu-l07
 会津大の学生らが地域課題と解決策を考える授業「創造力開発スタジオ」の成果発表会は24日、柳津町のほっとinやないづで開かれた。学生たちが観光客への情報発信強化などのアイデアを披露した。
 会津大や日大工学部、タイの大学などから22人が参加。「滞在人口率の増加」をテーマに、班ごとに分かれて現地調査などを行い、この日までにアイデアをまとめた。
 学生たちは「只見川の川霧の魅力発信」や「町内の観光スポットを複数言語で紹介するアプリの開発」などの考えを発表。班ごとに手作りの模型などを使ったプレゼンテーションも行い、来場者に実現性などを投票してもらった。
 今後、学生たちは意見を出し合い、町の情報発信などを手助けするスマートフォンのアプリを実際に開発する。

“地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)” の続きを読む

隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000015-minkei-l32
 隠岐・島前中ノ島の町歴史民俗資料館・民具館(海士町海士)が収蔵する古代の化石をモチーフに据えたイベント「カセキパーラー」が8月23日・24日、同館で開かれる。(隠岐経済新聞)「小さな自分」 イベントを開くのは、京都造形芸術大学(京都市)空間演出デザイン学科海士町ゼミの学生ら。ゼミ旅行で同島を訪れる機会をターゲットに約6カ月かけて企画・準備を進め、20日に来島した。
 モチーフに据えた化石は、収蔵を観光客や島民へアピールできていないのが実情。両日は、見やすさ・訪れやすさを工夫した空間を設けて化石を展示する。展示では、あらかじめ島民らに彩色で協力を求めてきた身長3センチメートルほどの人形「小さな自分」も使う。
 併せて同館前には飲食ブースを特設。いずれも「地層」「発掘」「化石」をテーマにフードクリエーター・小桧山聡子さんの監修を受けたスイーツで、ラスクを使った「地層サンド」(200円)や島特産のふくぎ(クロモジ)茶のシロップをかけた「発掘かき氷」(500円)、アイスクリームを島に見立てた「カセキフロート」(600円)を提供する。
 ゼミ代表の学生・新宮夏樹さんは「せっかくの化石を島の宝として認知してもらいたい。私たちが学んできたデザインの力で、もっと訪れたくなるような空間を演出できることも知ってもらえれば」と来場を呼び掛ける。化石は2020年4月のリニューアルオープンを目指す島内の宿泊施設「マリンポートホテル海士」に移して展示する予定もあるという。
 開催時間は11時~19時。

“隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)

情報元 : 山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000006-tysv-l35
来月、山口市で始まる山口ゆめ花博を海外にもPRしようと、台湾の旅行会社の関係者らが会場に招かれました。山口ゆめ花博の会場を訪れたのは、台湾の旅行会社や観光プロモーターの5人です。きょう来日し、来月の開幕に向けて工事が進む会場を視察しました。担当の職員は、県産のユリや日本で初めて披露される花などを紹介しました。また、ガイドは日本語だけなので通訳が必要になることなどを説明しました。今回視察に訪れた旅行会社では、すでに山口ゆめ花博を含むツアーを4泊5日で組んでいて、予約も入っているということです。

“山口・台湾の旅行会社が「ゆめ花博」会場視察(tysテレビ山口)” の続きを読む

京都・鴨川合流点、清濁くっきり 府担当課も原因分らず(京都新聞)

情報元 : 京都・鴨川合流点、清濁くっきり 府担当課も原因分らず(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000037-kyt-l26
 台風20号が過ぎ去った24日、京都市内を流れる鴨川と高野川との合流点で、泥濁りの水と澄んだ水が並行して流れる光景が見られた。道行く人たちが2色の流れを珍しそうに眺めていた。北区北部から流れる鴨川は茶色い濁流となり、所々に流木もあった。一方、左京区北部から流れる高野川は川底が見え、観光客らが足元を気にして飛び石を渡ったり、川遊びを楽しんだりしていた。
 京都府河川課によると、台風の影響で増水しているが、色の違いについては、はっきりとした理由は分からないという。

“京都・鴨川合流点、清濁くっきり 府担当課も原因分らず(京都新聞)” の続きを読む

沖縄県がヘビ「タイワンスジオ」を買い取ります 1匹5千円、200匹限定(沖縄タイムス)

情報元 : 沖縄県がヘビ「タイワンスジオ」を買い取ります 1匹5千円、200匹限定(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00303396-okinawat-oki
 県環境部は23日、本島中部に生息する特定外来生物のヘビ「タイワンスジオ」の分布状況と食性を調査するため、1匹5千円で買い取ると発表した。期限は11月30日まで。200匹に達し次第終了する。
 タイワンスジオは台湾原産のヘビ。無毒だが動きが速く、ほ乳類や鳥類を捕食する。全長は1・8~2・7メートルと大型で、体色は灰黄色や黄褐色。主に昼間に活動し、細長の頭で目の後ろと尾に黒いすじがある。
 県によると、1970年代末に沖縄本島に広まったとみられるが、侵入した経緯は分かっていない。観光施設での展示用として、輸入されたこともあったという。
 恩納村や読谷村、うるま市、沖縄市など本島中部に定着しており、2017年度は23件の発見報告が県に寄せられた。
 捕獲希望者は、事前に捕獲従事者の登録が必要。登録用紙のダウンロードや買い取り手順などの詳細は、タイワンスジオ買い取りホームページで。https://www.okinawa‐ikimono.com/sujio/

“沖縄県がヘビ「タイワンスジオ」を買い取ります 1匹5千円、200匹限定(沖縄タイムス)” の続きを読む

愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000005-hokuriku-l16
 井波彫刻の欄間が設置された名古屋城本丸御殿の公開を機に、愛知県から南砺市井波地域を訪れる観光客が目立つようになった。観光施設関係者らは、話題性が豊富な名古屋城本丸御殿を発信源としたアピール効果を実感し、井波彫刻への関心拡大を期待している。
 江戸初期の姿に復元された名古屋城本丸御殿の彫刻欄間7枚は、南砺市の井波彫刻協同組合メンバーが作った。サイズは最大で幅324センチ、高さ140センチ、厚さ27センチ。鶴や松、竹、梅などが彫られ、京都の職人の手で極彩色に彩られている。本丸御殿の中で最も格式が高い「上洛(じょうらく)殿」に設置され、豪華な風情を漂わせる。6月から一般向けに公開された。
 同市井波地域に愛知県からの観光客が目立つようになったのは7月以降。瑞泉寺近くにある国登録有形文化財の町家を活用した観光拠点「やえもんや」では7月、少なくとも40人余りに上り、8月に入っても3~6人グループの来訪が相次いでいる。以前は別の目的地の途中に立ち寄るケースが多かったが、7月以降は井波を目的地としている人が目立つという。
 この施設を運営する「やえもんやプロジェクト」代表、春田孝さん(79)によると、愛知から訪れた人のほとんどが「名古屋城本丸御殿の欄間を見て、ここに来た」と話していた。瑞泉寺の彫刻や、工房が並ぶ町並みに感動していたという。
 春田さんは「リピーターになってくれる可能性が高い人たち。次回は知り合いを連れて来るかもしれない」と、口コミなどによる一層の集客効果を期待する。
 井波彫刻総合会館(同市北川)にも、本丸御殿の欄間に関して、メールでの問い合わせや感想が寄せられ、関心の高さがうかがえる。
 井波彫刻協同組合の藤崎秀平理事長(59)は「大変ありがたいこと。彫刻の技が今も息づき、いろんな作品があることを知ってほしい」と願っている。

“愛知から観光客続々 井波の欄間、名古屋城設置が効果(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000015-minkei-l32
 隠岐・島前中ノ島の町歴史民俗資料館・民具館(海士町海士)が収蔵する古代の化石をモチーフに据えたイベント「カセキパーラー」が8月23日・24日、同館で開かれる。(隠岐経済新聞)「小さな自分」 イベントを開くのは、京都造形芸術大学(京都市)空間演出デザイン学科海士町ゼミの学生ら。ゼミ旅行で同島を訪れる機会をターゲットに約6カ月かけて企画・準備を進め、20日に来島した。
 モチーフに据えた化石は、収蔵を観光客や島民へアピールできていないのが実情。両日は、見やすさ・訪れやすさを工夫した空間を設けて化石を展示する。展示では、あらかじめ島民らに彩色で協力を求めてきた身長3センチメートルほどの人形「小さな自分」も使う。
 併せて同館前には飲食ブースを特設。いずれも「地層」「発掘」「化石」をテーマにフードクリエーター・小桧山聡子さんの監修を受けたスイーツで、ラスクを使った「地層サンド」(200円)や島特産のふくぎ(クロモジ)茶のシロップをかけた「発掘かき氷」(500円)、アイスクリームを島に見立てた「カセキフロート」(600円)を提供する。
 ゼミ代表の学生・新宮夏樹さんは「せっかくの化石を島の宝として認知してもらいたい。私たちが学んできたデザインの力で、もっと訪れたくなるような空間を演出できることも知ってもらえれば」と来場を呼び掛ける。化石は2020年4月のリニューアルオープンを目指す島内の宿泊施設「マリンポートホテル海士」に移して展示する予定もあるという。
 開催時間は11時~19時。

“隠岐・中ノ島で「カセキパーラー」 日の目見ぬ化石にスポット、京都の学生ら開く /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

福島県知事が復興の現状語る/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 福島県知事が復興の現状語る/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010002-bbcbiwakov-l25
東日本大震災の発生から7年半が経とうとしています。津波と原発事故で大きな被害を受けた福島県の現状を、関西の企業関係者などに知ってもらおうという催しが、大津市で、初めて開かれました。
この催しは、福島県が主催し、これまで大阪府などで開かれてきましたが、滋賀県は、現在も職員6人を福島県に応援派遣するなど強いつながりがあることから今回、初めて大津市で開催されました。
22日は、福島県の内堀知事自らがステージに立ち、参加者に原発事故の被害状況などを説明しました。
福島県では、去年1年間の観光客数が震災前の95%まで回復しましたが、内堀知事は、避難による人口の減少や風評被害などあえて苦しい現実も説明しました。
このほか会場の外には、観光情報や特産品を紹介するブースも設置され、訪れた人たちが復興に「挑戦する」福島県の現状を確認していました。

“福島県知事が復興の現状語る/滋賀(BBCびわ湖放送)” の続きを読む