南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)

情報元 : 南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000008-rkkv-l43
熊本地震で大きな被害を受けた南阿蘇村の立野地区では、観光イチゴ園を営む木之内農園で再建の目途が立ち、安全祈願祭が行われました。
南阿蘇村立野地区にある木之内農園は、熊本地震の本震でイチゴの施設や苗が倒壊、また農業の生命線である水も来なくなったことから、イチゴ畑の閉鎖を余儀なくされ、壊滅的な被害を受けました。
地震から2年あまり。ようやくこれまでより少し離れた場所に新しい農園を借りることができ、立野地区で再建することになりました。
新しい敷地はおよそ8000平方メートルで来年1月にはハウスが完成。その後秋にはおよそ6万本のいちごの苗を植える予定です。
「地震の時に崩れ去ったハウスの前で呆然と立ち尽くしていたことを思い出すとまたここに新しいハウスが建つということは本当に嬉しいし、みなさんに来ていただいてこの地域にお客様の笑顔が戻ってこれると最高ですよね」(木之内農園:村上進社長)
木之内農園では来年の12月ごろから、観光いちご狩りを再開させたいということです。

“南阿蘇の観光イチゴ園 再建に一歩前進(RKK熊本放送)” の続きを読む

湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)

情報元 : 湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000001-nagasaki-l42
 全国各地の温泉をイメージして擬人化したキャラクターと声優によるクールジャパン戦略の一つ「温泉むすめ」。108人のキャラのうち、長崎県雲仙市の雲仙温泉街をモチーフにした「雲仙伊乃里(いのり)」が、人気投票の中間発表で部門別1位を獲得した。声優のサイン入りパネルがある雲仙温泉観光協会にはファンが“聖地巡礼”で訪れるなど、ホットなにぎわいをみせる。
 「温泉むすめ」は、アニメや漫画のキャラを通じて各温泉街の魅力を国内外へ発信する企画で、3月に始動。内閣府から「クールジャパン企業」に選ばれたイベント運営会社、エンバウンド(東京)が主催する。
 むすめは、「温泉に宿った神様」という設定で、全国3千カ所以上の温泉から選ばれた108人で長崎県は2人。それぞれ別のイラストレーターが描き、違う声優が演じる。
 伊乃里は、101番目のキャラとして5月に誕生した。争いを嫌う慈愛に満ちたシスターという設定で、声優は奥野香耶さん、原画はカグユヅさんが担当。雲仙温泉観光協会によると、奥野さん、カグユヅさんはもともとファンが多いこともあり、伊乃里は登場直後から高い人気を誇っていた。
 雲仙温泉観光協会には奥野さん直筆のサインとメッセージ入りパネルがある。このパネルを会員制交流サイト(SNS)で発信したところ、ファンが続々と訪れ、奥野さんの写真集や「温泉むすめ」の原画集などが同観光協会に寄贈。あっという間に“聖地”となった。
 伊乃里効果に手応えを感じた同観光協会は、連動企画を開始。11日に温泉街である音楽イベント「雲仙△(サンカク)フェス」で、伊乃里の缶バッジを先着100人にプレゼントする。長崎県にもう1人いるキャラクター、「平戸基恵(もとえ)」がいる平戸温泉との連携や、奥野さんを招いたイベントも検討中だ。
 「温泉むすめ」の「総選挙」は13日まで。専用の楽曲が制作される上位入賞を果たせば、さらに人気は高まるとみられる。同観光協会は「雲仙一丸となって後押ししたい」と、応援も一段と熱を帯びている。

“湯のまち擬人化・温泉むすめ「雲仙伊乃里」が熱い 人気投票中間発表1位 ファンの〝聖地巡礼〟も(長崎新聞)” の続きを読む

沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)

情報元 : 沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000009-ryu-oki
 任期満了に伴う県知事選(11月18日投開票)は11月月1日の告示まであと3カ月に迫った。現職の翁長雄志氏(67)は2期目への態度を明らかにしていないが、県政与党は知事が埋め立て承認を撤回した直後にも出馬に踏み切るとみる。一方、野党自民が擁立した宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)は8月中旬にも出馬会見を開く予定だ。政府との対立が続く翁長県政への評価や辺野古新基地建設の是非が最大の争点となる。保守、中道勢力が分裂した前回選挙とは打って変わって今回は事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。
 翁長氏は承認撤回を表明した7月27日、約1カ月半ぶりに与党県議と面談した。その席上、与党から2期目への出馬を求められ、「一日一日公務を着実にこなし、県民からの負託に応えていきたい」などと、述べるにとどめた。翁長氏が態度を明らかにしない中、政党や労組、企業などで組織する調整会議は、政策委員会を発足し後援会事務所の選定作業に入るなど、翁長氏再選に向けて選挙態勢づくりを急ピッチで進めている。
 一方、翁長氏は当初出席予定だった北海道での全国知事会議や国庫要請のための東京出張を体調を理由に取りやめるなど健康不安説が再燃する。ただ、与党幹部は「抗がん剤治療で日々体調に変化がある。翁長知事は必ず復帰する」と問題視しない考えだ。別の幹部は「今の段階で知事側から後継の話が出ないということは、知事選に自ら出馬するとのメッセージだ」と推し量り、知事の決断を期待する。
 一方、佐喜真氏は7月30日、自民党県連などでつくる候補者選考委員会の出馬要請を受諾。出馬の意思を表明した。月内にも選挙母体となる県民の会発足や政策発表、事務所開きなどを順次行い、選挙戦に備える予定。最大の課題は前回自主投票を決めた公明党との協力関係づくりだ。公明党への協力依頼と並行して維新にも推薦を求める考え。
 県政野党系では他に、元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信氏(48)も出馬を表明している。31日には、自民党県連が仲介する形で佐喜真氏と安里氏による初めての会合が開かれ、候補者一本化に向け協議を本格化させることを確認した。安里氏周辺や自民県連関係者によると、安里氏が支持者に対する説明責任などを果たせば、候補者の一本化は早期に実現するとの見通しを示す。県連幹部の一人は「佐喜真氏と安里氏、そして県連幹部との会合を持つということは、佐喜真氏に一本化する舞台を整えたということだ。分裂選挙になることは絶対にない」と強調した。

“沖縄県知事選告示まで3カ月 事実上の一騎打ちか(琉球新報)” の続きを読む

昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000014-hokuriku-l15
 レコードやおもちゃなど、昭和期の懐かしいグッズを集めた展覧会が8月2日、魚沼市七日市新田の温泉施設「ゆ~パーク薬師」で始まる。昭和レトロを観光振興に生かそうと、市民団体が進めている企画の第1弾だ。
 展示品は、同市青島の介護職員、桜井治さん(57)のコレクションの一部。桜井さんは自宅の隣に昭和をテーマにした「エリア878魚沼博物館」を開いている。おもちゃ、レコード、プロ野球関係資料など約10万点を展示・収蔵。著名人や新潟県内外からマニアが訪れている。
 桜井さんのコレクションに注目したのが市観光協会理事の榎本健二さん(50)。有志と「うおぬまレトロ化計画実行委員会」を結成し、昭和グッズを温泉地や中心商店街の集客につなげようと活動している。
 展覧会は「みて、さわって、あそべる しょうわレトロ展」と題し、レコード、映画ポスター、おもちゃなど約300点を展示する。ゴジラ映画のポスター、特撮番組やアニメのソノシートなど貴重な物だ。テレビゲーム機も展示され実際に遊ぶことができる。
 7月30日には、ゆ~パーク薬師で展示作業が行われた。桜井さん、榎本さん、実行委メンバーの高村保孝さん(35)が大広間のステージ上に展示品を並べた。
 桜井さんは「自分のコレクションが魚沼の活性化に役立てばうれしい」と話し、榎本さんは「これを足掛かりに、他の温泉地やまちなかにもレトロ化を広げたい」と意気込みを語った。
 今回の展覧会は、レトロ化計画実行委の働き掛けにゆ~パーク薬師が応じて実現した。総支配人の星勝義さん(49)は「昭和レトロのファンは相当数いると思う。企画を単発で終わらせず、成果があれば定期的な開催も検討したい」と期待を寄せた。
 同展は8月26日まで。4、14、25日は桜井さんによる展示品の解説が行われる。観覧には施設の入館料(大人650円、3~11歳400円)が必要。8、22日は休館。問い合わせは「ゆ~パーク薬師」、025(792)5554。

“昭和レトロ漂うまちに グッズ展示 8月2日から魚沼(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)

情報元 : 高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000036-san-l10
 上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の近くの路上で31日昼、69歳の女が運転する軽乗用車が親子連れに突っ込んだ死傷事故は、夏の余暇を楽しみにしていた観光客らに衝撃を与えた。高齢ドライバーが起こす交通事故が県内でも後を絶たない中、悲劇は繰り返された。藤岡署が詳しい原因を調べている。
 公園を管理する上野振興公社の滝沢延匡常務(38)が現場に駆けつけると、死亡した太田市宝町の獣医師、内山明彦さん(49)とともにはねられた小学2年の息子(8)の救出活動が行われていたという。
 車を運転していた上野村新羽丙の同社パート従業員、飯塚ふさみ容疑者=自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕=の様子について、滝沢常務は「放心状態だった」と証言した。
 飯塚容疑者は、近くのコテージの清掃業務を終え、管理事務所に戻る途中だった。現場は公園近くの道路で、飯塚容疑者からみて下り勾配だった。
 公園には、コテージやキャンプ場を併設。巨大つり橋「上野スカイブリッジ」などの観光スポットに近く、親子連れなど多くの観光客が訪れる。
 県内では、前橋市で85歳の男が運転する乗用車が自転車で登校中の女子高生2人をはねて死傷させる事故が1月に発生。県警が高齢者に運転免許の自主返納を促すなど事故の再発防止策を探っている。

“高齢ドライバーまた悲劇 群馬・上野の親子死傷 夏の観光地に衝撃(産経新聞)” の続きを読む

バスで高山市巡る 謎解きゲームイベント (岐阜新聞Web)

情報元 : バスで高山市巡る 謎解きゲームイベント (岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00061910-gifuweb-l21
 濃飛乗合自動車(濃飛バス、岐阜県高山市花里町)は8月1日から、バスで市内を巡って楽しむ謎解きゲームイベント「濃飛郎(のびろう)からの挑戦状 2018夏の陣」を開く。9月30日まで。
 夏休み中の子どもたちに市内の観光をより楽しんでもらおうと、同社の若手社員が中心となって企画。参加者は市内のバス停や観光名所を回り、隠されたキーワードを探す。2時間半程度でクリアでき、オリジナルグッズが受け取れる。
 ゲームに必要な道具がそろった「謎解きキット」を購入して参加する。市内を走る「まちなみバス」と「さるぼぼバス」の1日フリー乗車券、持ち運びに便利なファイルバッグなどが入っている。熱中症対策として、飲み物と交換できるチケットも付けた。
 キットは、1セット1500円(小学生以下1300円)。高山濃飛バスセンター(同町)で販売する。問い合わせは同センターツアーデスク、電話0577(33)0131。

“バスで高山市巡る 謎解きゲームイベント (岐阜新聞Web)” の続きを読む

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000001-utyv-l19
甲斐市篠原の山縣神社の南にあるカフェL.D.Kはママさんに人気のカフェ。
ソファ席などくつろげる店内や、オムツ替えのできるトイレなど、ママさんが喜ぶような店作り。
L.D.Kがおすすめするのは、地元の野菜をふんだんに使った地産地消ランチ。
画像はパスタですが、野菜の仕入れ状況によってカレーなどメニューが変わります。
この夏のおすすめスイーツは、L.D.K自家製のジェラート。
手作りのアイスは、フレーバーが6種類ほど。カップもコーンでできているこのアイスは濃厚な味。
TheCAFEL.D.K
住所:山梨県甲斐市篠原274-1
営業時間:11:00~22:30
     
休み:なし 
※UTYテレビ山梨のウェブサイトでは、写真を複数枚掲載しています。
 ぜひhttp://www.uty.co.jp/utopics/にアクセスを!
[UTYテレビ山梨]

“山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

佐賀空港の台北線、佐賀からの搭乗開始 LCCタイガーエア台湾運航(佐賀新聞)

情報元 : 佐賀空港の台北線、佐賀からの搭乗開始 LCCタイガーエア台湾運航(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-03252338-saga-l41
 台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾が運航する佐賀-台北線で、佐賀空港からの搭乗利用が29日、スタートした。従来、台湾からのツアー客を対象に運航していたが、佐賀空港から出発する人も利用できるようになった。カウンター前では、第1便となる午後12時30分発の搭乗手続きのため、日本国内での観光を終えた台湾の家族連れらでごった返した。
 佐賀空港での記念式典で山口祥義知事は「佐賀からの利用が可能になり、台湾の人は佐賀と近くなったと実感しているのでは」と歓迎の言葉を述べた。タイガーエア台湾の張鴻鐘董事長は、昨年6月から始まったツアー客限定のチャーター便の就航に至る経緯を振り返り「台北-佐賀間の定期便就航の手続きは最終段階にある。台北への第1便には当然、山口知事に乗ってもらうつもり」と話し、関係者の笑いを誘った。
 佐賀を中心に4日間、家族4人で観光地を巡った台北市の林芊彣さん(15)は「唐津城と祐徳稲荷神社が印象に残った」と話した。日本には数え切れないほど訪れたといい「佐賀を含め、日本と台湾を結ぶ拠点が多くなるのは喜ばしい」と笑みを浮かべた。
 台北便は週2往復で、木曜と日曜に運航している。

“佐賀空港の台北線、佐賀からの搭乗開始 LCCタイガーエア台湾運航(佐賀新聞)” の続きを読む

ハラール対応の宇都宮餃子開発 礼拝室なども設置 宇都宮のギョーザ店(下野新聞SOON)

情報元 : ハラール対応の宇都宮餃子開発 礼拝室なども設置 宇都宮のギョーザ店(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-03054732-soon-l09
 【宇都宮】イスラム教圏からの外国人観光客に宇都宮餃子(ぎょーざ)を味わってもらおうと、徳次郎地域の農家などでつくる「農村共同館コミュニティ徳次郎」(竹原俊夫(たけはらとしお)代表)がハラール餃子のメニュー化に乗り出した。8月上旬からの提供を控え、徳次郎町のギョーザ店「宇都宮餃子さつき」に礼拝室なども設置。異文化理解を深め、インバウンドのおもてなしに力を入れる。
 ハラール餃子は佐野市のラーメン店が開発・提供しているが、宇都宮餃子での展開は初めてという。同店の山下登貴雄(やましたときお)さん(64)は数年前から構想を温めてきた。外国人観光客が増加する中、「ギョーザを通して栃木の魅力を世界の人に発信したい」と興味を持ち始めたという。
 試作は昨年秋から取りかかった。6月には宇都宮大名誉教授で同大ハラール研究会の会長の友松篤信(ともまつあつのぶ)さんや留学生から指導を受け、ムスリムインバウンドへの知識を深めた。ギョーザの肉は鶏を代用。ハラール対応の調味料を使い手作りしている。
 20日には、メニュー考案などに協力した留学生約15人を招いて試食会を開いた。「宇都宮に住んでいながら、ギョーザを食べる機会がなかった」留学生は初めての「ハラール宇都宮餃子」に期待を膨らませて参加。食事前の洗浄や礼拝後、焼きたてのギョーザを堪能した。
 マレーシア出身のアザリア・ザハルディンさん(26)は「肉が入ったギョーザは食べたことがない。ジューシーでうま味がある」と完食していた。山下さんは「食文化が異なる外国人が好む味を知るきっかけとし、今後もさまざまな国の人に向けた宇都宮餃子のメニューを考案したい」と意気込んでいる。

“ハラール対応の宇都宮餃子開発 礼拝室なども設置 宇都宮のギョーザ店(下野新聞SOON)” の続きを読む

台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)

情報元 : 台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000002-izu-l22
 ■市内交通に乱れ 
 強い台風12号は28日午後4時現在、三宅島の南東約60キロの海上にあって時速45キロで西北西に進んでいる。気象庁によると、台風は次第に西寄りに進路をかえて同日深夜から29日未明にかけて東海地方から紀伊半島に上陸する見込み。伊豆地区には大雨、暴風、波浪、高潮の各警報を出し、警戒を呼び掛けている。
 中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から北東側130キロ、南西側90キロは風速25メートル以上の暴風域になっている。東側から本州に接近する異例の進路で、影響は余談を許さない。気象庁は29日正午までの24時間雨量が東海地方で400ミリに達する恐れがあるとしている。
 熱海市内では28日夕方から風雨が強まり、海上は終日大しけとなった。市は午後4時半過ぎ「避難準備・高齢者等避難開始」を発表。小中学校と南熱海マリンホール、上多賀会館を避難所として開放し、市民に厳重な警戒と避難を呼び掛けた。
 交通関係では熱海と初島、大島・神津島を結ぶ旅客船が全便欠航し、初島では宿泊施設利用者の一部が島内に足止めとなった。JR伊東線と伊豆急線は午後6時以降の運転を見合わせ、東海バスも一部路線を運休した。
 市内の3海水浴場は朝から遊泳禁止となり、行き場を失った家族連れなどで屋内温水プール「マリンスパあたみ」(和田浜南町)は朝から混雑した。関係者によると、午前9時の開館30分前から100人を超す人が行列をつくった。家族4人で行列に並んだ横浜市の会社員半藤誠さん(40)は「海水浴のつもりで熱海に来たが、台風では仕方ない」とあきらめ顔で語った。
 【写説】台風接近で市内の3海水浴場は遊泳禁止に。その影響で屋内施設のマリンスパあたみには朝から家族連れが長い行列をつくった=熱海市和田浜南町

“台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)” の続きを読む