九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)

情報元 : 九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000048-san-l42
 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備手法を検討している与党検討委員会は19日、結論を7月中には出さず、先送りすることを決めた。今後、全線フル規格かミニ新幹線方式かを選ぶ。新幹線は全国各地で整備計画や構想があり、地域間競争が激化している。決定時期の遅れによっては、長崎ルート全線の整備が取り残される恐れをはらむ。(高瀬真由子)
                   ◇
 検討委員会は、開発が難航しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入断念を正式に決めた。山陽新幹線や鹿児島ルートと同じフル規格で全線を整備するか、在来線を改良した「ミニ新幹線方式」のどちらかを選ぶ。
 検討に当たっては、山陽新幹線との乗り入れを可能とすることや、在来線と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」が固定化しないことを前提とする。
 整備方式をめぐり、時間短縮効果の大きい長崎県や、運行するJR九州は、全線フル規格化を求めてきた。長崎県議会で、特別委員会委員長を務める八江利春議員は「段階を踏んで、フル規格に向かう方向性が固まってきている。年内の早い時期に決定してほしい」と期待した。
 ただ、フル規格実現には難しい調整が待っている。
 佐賀県が、全線フル規格では追加負担が1100億円に上るとして、難色を示す。
 検討委員会は、佐賀県の負担を軽減するため、JR九州や長崎県と検討を進めてきたが、調整がつかなかった。会合後、検討委の山本幸三委員長は「佐賀県の負担をどれだけ軽減できるか詰める必要がある。合意には時間がかかる」と記者団に述べた。
 7月に方針が固まらなかったことで、平成31年度政府予算案の概算要求に、整備に向けた環境影響調査の費用などを盛り込むことは困難となった。
                 × × ×
 新幹線計画があるのは、長崎ルートだけではない。
 昭和48年に整備計画が決まった全国5つの新幹線のうち、未着工は長崎ルートの武雄温泉-新鳥栖と、北陸新幹線の敦賀-新大阪の2区間だ。
 このほか、四国4県を結ぶ四国新幹線や、東北エリアの奥羽(福島-山形-秋田)、羽越(富山-新潟-秋田-青森)両新幹線、山陰新幹線などの構想がある。
 国、自治体の予算が限られている以上、こうした計画・構想は、財源確保のライバル関係にある。
 長崎ルートの結論が持ち越しとなった19日、北信越5県の自治体でつくる北陸新幹線関係都市連絡協議会は、東京と大阪を結ぶ全線を平成42年度末ごろまでに開通させるよう求める要望書を自民、公明両党と国土交通省に提出した。
 福井県の西川一誠知事は4月の記者会見で「北陸新幹線は東海道新幹線の代替機能を持つ。他の地域に遅れるようなことがあってはいけない」と、長崎ルートを牽制(けんせい)した。
 長崎ルートのフル規格を求める佐賀県嬉野市商工会の小原健史会長は「新幹線の整備には、多くの地域が手を挙げている。長崎ルートの整備が遅れないようにしなければいけない。地域の人口流出は深刻で、一日も早いフル規格の整備が必要だ」と訴える。
                 × × ×
 フルかミニか-。3月に国交省が発表した報告書では、全線フル規格化の優位性が明確だった。長崎-博多の所要時間は、フル規格は51分、ミニ新幹線では1時間14~20分かかる。
 利用者の便益や事業者の収益を、建設費など総費用で割った費用対効果も、フル規格が最も高かった。
 長崎県諫早市の古賀文朗(ふみあき)自治会連合会会長(78)は「フル規格でこそ効果が出る。乗車時間を短縮できれば、九州、長崎に行ってみようと多くの観光客が来る。諫早を基点にした周遊のチャンスも増えるだろう」と語った。
 長崎ルートは、長崎-武雄温泉が着工済み、武雄温泉-新鳥栖が未着工で、平成34年度に、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ対面乗り換え(リレー)方式で開業する。このリレー方式が固定化すれば、地元への経済効果が限定的になる。
 今後、佐賀県の山口祥義知事の判断が大きく影響する。だが、今年12月には知事選もあり、山口氏も出馬を表明した。県にはオスプレイ配備など国政レベルの課題も多く、関係者には、「結論は選挙後」という見方もある。

“九州新幹線長崎ルート整備 検討委、結論持ち越し(産経新聞)” の続きを読む

砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)

情報元 : 砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00626632-hokkoku-l17
 羽咋市と宝達志水町にまたがる千里浜なぎさドライブウェイの一部区間で、例年以上に好天が続いた影響で砂が乾き、車が走りにくい状態となっている。波が穏やかなため車が集中する波打ち際はタイヤ跡で踏み固められて走りやすいが、21日からの臨時交通規制では、海水浴のため車両の進入が禁止される。車はより陸側の柔らかい砂地部分を走らざるを得ず、羽咋郡市広域圏事務組合は20日、車両通行帯の表層の砂を削る対策を行う。
 今月は、梅雨明けが過去3番目の早さとなるなど天候に恵まれた日が続き、波が押し寄せる範囲も狭くなり、陸側にいくほど砂が乾き切っている。波が比較的高ければ、車はより陸側を走って路面は踏み固められるが、今年はそれもない。
 特に走りにくくなっているのは、延長8キロのドライブウェイのうち、羽咋市の千里浜インター出入り口付近から宝達志水町方面へ約1・8キロの区間と、ドライブウェイ中間にある出浜海岸付近の約1キロの区間。柔らかい砂が所々にたまったり、走行に適した湿った部分の幅が狭くなったりしている。
 車が擦れ違う際、羽咋方面から宝達志水方面へ向かう車は、左手の陸側のさらさらした砂地を通過しなければならないためハンドルを取られ、減速を余儀なくされている。19日には、砂にはまって動けなくなったりするバイクも見られた。
 ドライブウェイを通過する車はこれまで、波打ち際に近い場所を通っていたが、交通規制に伴い、車両進入禁止区域や駐車帯と重なるところも多くなる。
 規制を実施する羽咋郡市広域圏事務組合は、20日にモーターグレーダーを使って車両通行帯にたまった柔らかい砂を取り除き、走行環境を改善する計画だ。担当者は「全国で唯一、車で走行できるなぎさを訪れるドライバーをがっかりさせられない。できる限り走りやすくしたい」と話した。
 臨時交通規制は、夏場に観光客が増えるため、交通事故を未然に防ぐことを目的とする。海水浴客の安全を確保するため、波打ち際付近への車両乗り入れ禁止や時速30キロ以下での走行、トラックの乗り入れ禁止などが盛り込まれている。

“砂乾き、走りにくい千里浜 好天続いた影響で(北國新聞社)” の続きを読む

金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000054-minkei-l17
 金沢・柿木畠に6月23日、グリルドチーズサンドイッチ店「#STANDBYCORNER(スタンド・バイ・コーナー)」(金沢市柿木畠、TEL090-9447-0999)がオープンした。(金沢経済新聞)【VRで読む】柿木畠にオープンしたグリルドチーズサンドイッチ店「#STANDBYCORNER」 市内で焼き鶏店「炭火焼鶏Ryo」2店舗を運営する「CLANS」(此花町2)による3店舗目。新店の店長を務める山崎大吾さんは、同焼き鶏店で人気のアイリッシュウイスキー「ジェムソン」をさらに多くの人に広めようと、当初アイリッシュパブでの出店を検討していたという。しかし、現物件に出合い、学生からビジネスマン、お年寄り、観光客まで幅広い層が行き来する立地から、日中から夜までお酒とフードを気軽に楽しんでもらえる店としてオープンすることにしたという。
 看板メニューの「グリルドチーズサンドイッチ」(14時以降提供)は、鉄板で丁寧に焼き上げる。中でも人気は、自家製ローストビーフとタマネギ、オレンジを挟んだボリュームたっぷりの「レンジビーフ」(990円)、アボカド、キュウリ、チェダーチーズなどを挟んだヘルシーな「アングリーン」(900円)だという。
 ランチタイム(11時~14時)は、ニューヨークの屋台で定番の「チキンオーバーライス」(800円)など、18時以降は自家製ローストビーフやソーセージなど、お酒にも合う食事を中心に用意する。
 ドリンクは、自家製の「レモネードソーダ」(400円)や「メロンクリームソーダ」(500円)が好評。お酒では、コーヒーやサングリア、加賀棒茶などを漬け込んだ「ジェムソン」で割ったソーダ割り(600円)がお薦めだという。
 店内にはカウンターとテーブル席合わせて18席を設け、ほぼ全ての商品テークアウト可能。
 山崎さんは「お昼から気軽にお酒を飲めて食事も楽しめる、そんな新しい感覚のお店を作っていきたい。ランチや仕事の合間、待ち合わせなど、コーヒー1杯、お酒1杯でも気軽に立ち寄ってもらえたら」と呼び掛ける。「今後はスイーツなど新しいメニューを増やしていきたい」とも。
 営業時間は11時~21時。水曜定休。

“金沢・柿木畠にグリルドチーズサンドイッチ店 テークアウト・昼飲みも /石川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

トキ鉄、北越急行に乗り「缶バッジ」ゲットしよう(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : トキ鉄、北越急行に乗り「缶バッジ」ゲットしよう(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000007-hokuriku-l15
 えちごトキめき鉄道(上越市)と北越急行(南魚沼市)は、両社の鉄道に乗って各駅を巡りながらまちの散策を楽しむ「トキてつ×ほくほく 駅スタンプラリー2018」を20日に始める。
 トキ鉄の妙高はねうまラインと日本海ひすいライン、北越急行ほくほく線の3路線で実施。トキ鉄線の11駅、ほくほく線の10駅に沿線地域のPRキャラクターなどをデザインしたスタンプ台を設置し、参加者は専用の台紙にスタンプを集めて回る。
 各社のスタンプを全部集めると、「トキ鉄線制覇賞」「ほくほく線制覇賞」として各先着300人に各社のオリジナル缶バッジが、全21駅のスタンプを集めると先着200人に両社が共同で製作したオリジナル缶バッジが贈られる。
 9月2日まで。問い合わせはえちごトキめき鉄道、025(543)7889(平日午前8時半~午後5時半)、または北越急行、025(750)1251(平日午前9時~午後6時)。

“トキ鉄、北越急行に乗り「缶バッジ」ゲットしよう(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000006-hokuriku-l15
 新潟県は柏崎市、三条市など5市の県営ダム計7カ所を巡ってスタンプを集める「にいがたダムスタンプラリー2018」を始めた。県が指定したダム7カ所を全て訪れてスタンプを押すと、「プレミアムダムカード」が手に入る。県は「ダム巡りと観光を楽しんでほしい」と呼び掛けている。
 スタンプラリーは地域のダムを観光に活用する県柏崎地域振興局が、同様の取り組みを行う振興局に声を掛け、初めて企画した。近年は全国でダムの愛好者が増えており、柏崎振興局は「広域で行うことで宿泊する人が増え、県内の経済効果が高まる」と期待する。
 専用の冊子はダム周辺にある道の駅など観光施設で配布。スタンプを七つ集めると、枚数限定のプレミアムダムカードが贈られる。
 スタンプラリーは10月31日まで。対象のダムと、冊子を配る観光施設は次の通り。柏崎市の鵜川ダムは建設中で見学できないため、近くの綾子舞会館(柏崎市)でスタンプを押せる。
【ダム】胎内川(胎内市)、内の倉(新発田市)、下条川(加茂市)、笠堀、大谷(三条市)、鯖石川、鵜川(柏崎市)
【観光施設】道の駅胎内(胎内市)、寺町たまり駅(新発田市)、加茂土産物センター(加茂市)、道の駅漢学の里しただ(三条市)、柏崎観光協会観光案内所(柏崎市)

“新潟県がスタンプラリー 県営7ダム巡り「カード」ゲット(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)

情報元 : 浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000021-ryu-oki
 【浦添】浦添市の浦添運動公園と公園内の各施設の命名権(ネーミングライツ)を全日本空輸(ANA、平子裕志社長)が取得した。同公園の愛称は「ANA SPORTS PARK 浦添」となる。公園内の野球場や体育館など各施設の名称は今後決定する。契約金は非公表。契約は2018年10月から3年間。
 浦添市は今年1月、年間2千万円の契約金で命名権のスポンサーを募集。ANAを含め4社から応募があり、事業内容や命名期間、愛称が市民に親しみやすいかなど9項目を審査し、ANAを選定した。
 浦添運動公園は市民球場で毎年、プロ野球の東京ヤクルトスワローズが春季キャンプを張るほか、今年10月にはてだこ祭りが開催される。公園内に愛称を記した看板が設置するほか、公園内の施設の改修も検討している。
 18日、浦添市役所で開かれた発表会見で、ANAの志岐隆史副社長は「浦添市の今後の発展に可能性を感じており、共に大きな飛躍を遂げていきたい。広告効果も十分に取れるだろうと確信している」と述べた。
 松本哲治市長は「浦添市は国内外に向けたまちづくりを目指しており、世界に打って出ているANAという素晴らしいパートナーに出会えた。市民、県民、観光客に足を運んでもらい、ANAファンになってもらえるよう取り組みたい」と語った。
 浦添運動公園は全天候型の陸上競技場、体育館、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールまじゅんらんどなどがある。【琉球新報電子版】

“浦添運動公園から「ANA SPORTS PARK 浦添」へ ANAが命名権取得(琉球新報)” の続きを読む

コラム凡語:仁徳天皇陵と世界遺産(京都新聞)

情報元 : コラム凡語:仁徳天皇陵と世界遺産(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000013-kyt-l26
 仁徳天皇陵として有名な堺市の大山古墳の全体像を地上から見るのは難しい。「あの鍵穴形の姿は空からしか見えず古墳時代の人は見ていない」と宮内庁の調査官も指摘する▼最大の古墳をどのように造ったのか、興味は尽きない。大山古墳を含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」は来年夏の世界遺産登録を目指す。市民講座をのぞくと、最新技術で測量した墳丘の図面には過去の地震で崩れた傷痕がくっきり刻まれていた▼埴輪(はにわ)や土器研究により仁徳天皇が生きたとされる4世紀より遅い5世紀中頃の築造とみられる。宮内庁管理の陵墓は被葬者の比定に学問の進展を反映しておらず、国際的に理解されるか疑問だ▼宮内庁が管理してきたことで戦後の乱開発から守られ良好に保全できた面はあるだろう。研究者の限定的な陵墓立ち入りも10年前から続く。古墳はお墓であり死者を敬う気持ちは大事だ▼「仁徳陵は地域の宝として大切にされたから残ってきた」とくだんの調査官は強調する。観光地化ではなく官民が協力して保全し、伐採木を地域で活用することを訴えた点に共感した▼毎年のように登録が話題になる世界遺産だが、一過性でなく地域の宝をどう守っていくのか、住民自ら考える姿勢が欠かせない。24年前に登録された京都は模範を示せているだろうか。

“コラム凡語:仁徳天皇陵と世界遺産(京都新聞)” の続きを読む

来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)

情報元 : 来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000074-san-l09
 文星芸術大(宇都宮市上戸祭)は来年度、動物をモチーフにした芸術作品やキャラクター制作での人材育成を目指す「アニマルアート」の新科目を導入する。アニメやグッズなど動物キャラクターは世界的に大きな市場があるが、本格的に学ぶ場がなかったことから着目。動物の生態学や動物園でのデッサンも取り入れるという。(松沢真美)
 同大は全国に先駆け、デジタル技術を取り入れた「未来のマンガ」に取り組む「ちばてつやMANGAイノベーション研究所」を平成28年に設置。画面の一部を動かす動画マンガ(モーション)の制作など産学連携で研究開発を進める。ほかにも帝京大宇都宮キャンパスと共同で、動画マンガを日本発の新しい表現として発信するシステムの開発にも取り組んでいる。
 新科目の「アニマルアート」は、関連市場が大きく需要が高まっていることから、人材育成も目的だ。新科目をプロデュースするマンガ専攻の田中誠一教授は「アート&サイエンスの時代。キャラクターとテクノロジーが結び付くことでさまざまな活躍ができる」と意欲を示す。
 講師は、田中教授や、那須町の伝説「九尾の狐(きつね)」をイメージしたキャラクターがスマートフォン上で観光案内をする「プロジェクト9b(キュービー)」でキャラクターデザインを担当した漫画家、姫川明輝(あきら)さん、宇都宮大農学部の青山真人准教授ら。動物についての知識と表現法を学び、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、3Dプリンターなどのテクノロジーも取り入れ、キャラクター、グッズ、CM、動画など、あらゆる方面で活躍できる人材を育成する。
 同大はほかに、日本の漫画を英訳する科目「マンガコミュニケーション」を32年度に新設する予定。

“来年度、文星芸大に新科目 「アニマルアート」の人材育成、関連市場の需要増加 栃木(産経新聞)” の続きを読む

秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000052-minkei-l05
 秋田県は現在、地域の活性化を題材に開く勉強会「あきた若者塾2018」の参加者を募集している。(秋田経済新聞)「あきた若者塾2018」ポスター 地元の若者が地域の未来や活性化について考える場を提供することなどを目的に、2016年から県が展開する同事業。「遊学舎」(上北手荒巻)や五城目町を会場に、NPO法人「あきたパートナーシップ」(秋田市上北手荒巻)が運営する。
 国際教養大学(雄和椿川)の熊谷嘉隆教授や実業家らを招いた講演会を開くほか、ワークショップや体験型研修など計7回の講座を通じ、コンテスト「秋田を元気にするプラン」向けプレゼンテーション資料の作成と発表に取り組む。東京大学卒業後、民間企業勤務を経て、現在、五城目町在住の柳澤龍さんがファシリテーターを務める。
 これまでに延べ約70人が参加した同事業。コンテストからは「県外在住の県出身者らがターゲットの旅行プラン」や、人手不足の行楽・観光地の運営者と大学生をつなぐ「ボランティアとアルバイトを組み合わせたプラン」などが生まれた。
 同NPOの担当者は「これまで気づかなかった秋田の魅力や課題に向き合いながら、仲間やネットワークづくりに取り組む。さまざまな立場の皆さんとの交流や意見交換ができる機会。高校生や大学生から、おおむね40歳前後の社会人まで多くの皆さんに参加いただければ」と呼び掛ける。
 開催期間は7月29日~12月9日。定員50人。参加無料。コンテストの優秀賞には2万~5万円の報奨金を進呈する。問い合わせは同NPO法人(TEL018-829-5801)まで。

“秋田で地域の未来を考える「あきた若者塾」 参加者募集 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)

情報元 : きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000004-tbcv-l04
 16日は海の日、宮城県内は雲が多く、所々で雨が降るすっきりしない天気となりましたが、気温は上がり、丸森など6か所で真夏日となりました。
 海開きを迎えたばかりの海水浴場には、多くの人が訪れ冷たい水の感触を楽しんでいました。
 このうち、14日に震災後2度目の海開きを迎えた宮城県南三陸町の「サンオーレそではま」も多くの家族連れなどでにぎわいました。曇り空のもとでの海水浴となりましたが、待ちわびていた子どもたちは元気いっぱいです。
 3連休の人出は1万8000人に達しました。
 震災で地盤沈下し、復旧工事が完了した2017年再開を果たしたサンオーレそではま。再開1年目は天候不順で来場者が2万人に留まりましたが、町の観光協会では2018年は8月26日までの期間中5万人の人出を期待したいと話しています。
 一方、宮城県東松島市の野蒜海岸では、親子400人余りが地引き網に挑戦しました。震災の被災地ににぎわいを取り戻そうと地元の漁師らでつくる実行委員会が企画したもので、長さ100メートルの網を声を合わせて引くこと約20分。イシモチやカニなどがたくさん獲れました。そして網にはウミガメも。
 震災の津波被害を受けた野蒜海岸では、海水浴場の閉鎖が続いていますが、海の日の16日は、子どもたちのにぎやかな声が響き渡っていました。
 宮城県塩釜市では、日本三大船まつりの一つ、塩釜みなと祭が開かれました。16日はまず、1トンもある神輿2基が志波彦神社と塩釜神社を出発。担ぎ手の氏子らは息を合わせて202段の石段を慎重に降りていきました。そして神輿は港まで約2キロの道のりを練り歩きます。
 多くの見物客に見守られながら神輿は龍や鳳凰をかたどった御座船へ。御座船は大漁旗や吹流しで彩られた漁船100隻を従えて松島湾内を巡行する「神輿海上渡御」を披露しました。
 戦後の復興を願い始まった塩釜みなと祭。勇壮な船の列は、71回目の2018年もまちを大いに活気づけました。

“きょうは「海の日」 各地にぎわう(TBC東北放送)” の続きを読む